ヘッドライン(NEWS)
ヘッドライン(やる夫)
最新記事
注目記事

[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです えぬじいふ 6
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(エピローグ)」
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(後編)」
[09/15] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十五話 『ホスピタル』
[08/15] コンビニアイアンメイデン #30
[08/15] 全裸の王様 【 メリーさん 】 & コンビニアイアンメイデン #28、29
[08/15] 全裸の王様 【 赤ちゃんはどこからくるのー? 】
[08/15] 橋の下の超人
[07/18] やる夫たちは五竜亭の常連客のようです 【練習問題その6 チーズと食いしん坊と公平な分け方】
[07/18] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 6 )
[07/02] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十四話 『赤ちゃんのバラード』
[07/02] ストライクウィッチーズ祭り
[07/02] やる夫は○○と相乗りするようです 第12話『Lを貫いて/こわれそうなアイのうた ( 1 ) 』
[07/02] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #29
[07/02] ほむら氏と長門さん 【 修道院 】
[07/02] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 5 )
[06/23] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #28
[06/23] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 4 )
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 終幕 【完】
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第十話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・後編 【完】
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・中編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 2 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 3 )
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第九話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・前編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 1 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 2 )
[06/21] クリスタル氏と長門さん 【 縦笛 】
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第八話

【開始から】やる夫たちと学ぶ第一期(旧)ゾイド【再開まで】 第四回 トミー公式展開 ゾイドグラフィックスとパッケージストーリー

 関連カテゴリLoading...... 【開始から】やる夫たちと学ぶ第一期(旧)ゾイド【再開まで】 記事一覧 Loading......

 
 

762 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:02:36 ID:j0HTVECY


──────────────────────────────────
 第四回  トミー公式展開 ゾイドグラフィックスとパッケージストーリー
──────────────────────────────────

              引き続き 某月某日 やらない夫 邸

  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.

763 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:04:16 ID:j0HTVECY


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)            というわけで今回はゾイドグラフィックスを中心にした
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }             トミーの公式展開についてだろ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





  ___________________
/\__________________\
|\/                            ̄ヽ
| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
| |  |           ,,,,,-二二‐、_     |  |
| |  |        .〉 ̄ .ヽ   / ./i       |  |
| |  |        ./ ヽi`ヽヽ_i./`.i i       |  |   前回も触れましたが、トミーが発行していた小冊子は
| |  |        / /.i_,,,i´i .iヽ‐i i      |  |
| |  |        / /  ´ :: i i ::  ヽ.      |  |   「ゾイド情報 ─ HOBBY NEWS」でした。
| |  |       i、 ヽ ,、_ ,,、 .i i,,、,,,、./     |  |
| |  |   ,、-‐ヽi ヽ ゝ/    ̄  〉´       |  |
| |  |   ,i_ゝ/i ヽiミ─‐∠二ゝ‐<_、_    |  |
| |  |  /i /  ヽ  i三三 三 /    \i    |  |
\\ \_______________/ /
  \\________________../
    ̄    ||          |


764 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:05:16 ID:j0HTVECY


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \          それが7冊目から、ナンバリングを引き継いだ上で
      |    ( ●)(●)         「ゾイドグラフィックス」と名を改めたわけだ。
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ         また、途中から小冊子でなく
     .l^l^ln        }         一枚紙を折りたたんだ形式に変更されているだろ。
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))




     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \       こっちはあまり話を聞かなかったんだお。
|       (__人__)    |
.〉     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


765 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:06:11 ID:j0HTVECY


     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ           だろうな。
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫       ゾイドグラフィックスはカタログと違ってキットに入っておらず
    |     `⌒´ノ ∬        店頭で配布していたものだったからな。
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)        古いキットの未開封品を手に入れても
____/      イー┘ |        これが入っている事はまずないだろ。
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l      それに本じゃないから
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./      再販もされていない、というわけかお……。
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ


766 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:07:16 ID:j0HTVECY


       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ             「ゾイド情報 ─ HOBBY NEWS」については前回紹介した通りだ。
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ       そして「ゾイドグラフィックス」に変更になってから
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄        ストーリーが描かれたものは二冊目になるVol.8からだろ。
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \       ふむふむお。
|       (__人__)    |
.〉     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


767 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:08:34 ID:j0HTVECY


      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)          また、合わせてこの時期から、キットの箱に記載の
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ           「ゾイド・ストーリー」の記述が詳細になってくるだろ。
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゾイド・ストーリー(1) ※ガリウスから
時代は地球人類が太陽系に進出を果たして、恒星間飛行を目指す大航海時代に入った頃・・・
太陽系の全く正反対の位置に、太陽系とそっくりなゾイドゾーンが発見された。
惑星ゾイドは地球によく似た大気を持ち、金属鉱脈の露出が多い星だ。
そのため、金属イオン濃度の高い海に誕生した生命は、さまざまな進化を経て、
爬虫類型、昆虫型の金属細胞を持つ生物となった。

金属生命体「ゾイド」の誕生である。

また一方では、進化の途中で枝分かれし、独自の発展の末、知的生命体である「ゾイド星人」も誕生した。
後にゾイド星人は、共和国側、帝国側に二分され勢力争いが始まった。
そして両陣営は、ゾイドを主要武器である戦闘獣へと改造していった。
そして今、飛来した地球人の手により、ゾイドはさらに改良され戦闘能力も強化されて、
注目の「メカ生体・ゾイド」となっていったのである。

ゾイド・ストーリー(2) ※アイアンコングから
惑星ゾイドに出現した金属生命体「ゾイド」を主要武器として、ゾイド星人は共和国側、
帝国側に二分され勢力争いが始まった。そして今、飛来した地球人の手により、
ゾイドはさらに改良、強化され、注目の「メカ生体・ゾイド」となっていった。


ゾイド・ストーリー(3) ※ウルトラザウルス
帝国兵士のみならず、共和国兵士のどぎもを抜いた、
超ド級メカウルトラザウルスの開発コンセプトはどこにあるのか?
ゾイド大陸の戦いは長期化の一途をたどり、戦線は拡大する一方だ。
その結果、まとまった作戦行動が少なくなり、逆に、ゲリラ戦が中心になってきた。
このままでは、大きな敗戦がないかわりに勝利もない、泥沼のような消耗戦が果てしなく続くばかりである。
延びきって、寸断された戦線をつなぎ、組織的な作戦を実行するには?

共和国大統領ヘリックは、一機で指令機能をもち師団の中心となるメカとして
ウルトラザウルスの開発を決断したのであった。
全身は、武装、作戦機能すべてにわたって、「動く要塞」と呼ぶにふさわしい。
巨大ゆえに、その身を水上に置かなければならないためか、水上戦を得意とするが、
地上戦においても、負け知らずの威力を発揮することは、疑いのないところである。
帝国軍の危機は、いよいよ本格化した。


768 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:10:20 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\     確かに内容が詳しくなってきたんだお!
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /




  ___________________
/\__________________\
|\/                            ̄ヽ
| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
| |  |           ,,,,,-二二‐、_     |  |
| |  |        .〉 ̄ .ヽ   / ./i       |  |
| |  |        ./ ヽi`ヽヽ_i./`.i i       |  |   では以下でゾイドグラフィックスVol.8の紹介をします。
| |  |        / /.i_,,,i´i .iヽ‐i i      |  |
| |  |        / /  ´ :: i i ::  ヽ.      |  |   この時期はウルトラザウルスの発売直後ということもあり
| |  |       i、 ヽ ,、_ ,,、 .i i,,、,,,、./     |  |   ウルトラザウルスの活躍がメインになっています。
| |  |   ,、-‐ヽi ヽ ゝ/    ̄  〉´       |  |
| |  |   ,i_ゝ/i ヽiミ─‐∠二ゝ‐<_、_    |  |
| |  |  /i /  ヽ  i三三 三 /    \i    |  |
\\ \_______________/ /
  \\________________../
    ̄    ||          |


769 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:11:14 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.8 】━━━━━━━━━━━━━━

「ゾイド戦記」ファイル2
出現! ウルトラザウルス


■その日から正確に10ヶ月前 ヘリック大統領執務室

「体高/27.5メートル 全幅/14.1メートル 全重量/507トン 設計歩行速度/時速50キロ
乗員数/14名 搭載可能メカ機数/3機(ペガサロスクラス) 組み立て工場/第18DX地区(海底工場)
 メカ名/ウルトラザウルス 完成日時/決定から10ヶ月後 量産体制/12ヶ月後 コード名/トロイ」
 大統領はデスクの上のペンを取ると書類に承認のサインをした。


     |
     |   ____   ____
     |  (`),/|  /ヽ(゜,)
     |      'i /
     |      |i
     |      ||
     |      ||
     |      ||            _________
     |___ /|ヽ __________.γ'            `, ______
   /     / .| \    __,________|           ______i、
  /              i__i,_______i________,,i__i  |
/                 | ┌'          .:.:.:.:| .:.:.:|
     __,..、-ー=、       L..i─────────L____:j
     'i,     'i,
     )     ',',',',')      _________
     i',',',',',',',',')_/;j    /          /l
     |______,,j/   /          //i|
       ー┷ー      iニニニニニニニニレ
                |il          |i|


770 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:12:29 ID:j0HTVECY


■その日の朝。AM9:00 ゼネバス皇帝執務室

 その日の朝、ゼネバス皇帝は2つの報告を受けた。
ひとつは、自分の誕生日に対する国民と議員達の祝辞であり、
ひとつは、トロイという暗号名の共和国の作戦に関するものであった。
その作戦名については半年ほど前にキャッチしていたのだが、
内容が一向に掴めずやきもきしていたのであった。

「気のきかぬやつだ。よい知らせとロクでもない知らせを同時によこすとは」

 ゼネバスは報告を届けた副官をにらみかえしたが、敵の作戦に関する報告に目を通すや否や、緊急の会議を招集した。

「共和国のトロイ作戦とは、巨大な戦闘メカの開発のことと思われる。
その大きさは通常メカの数十倍あり、我が軍の主力メカ アイアンコングの2.5倍はゆうにあるものと思われる。
その存在が今日まで確認できなかった理由は、我々が発見しにくい巧妙な工場において
組みたてをすすめていたためらしい。残念ながら報告はここまでで、完成の日時などについても、はっきりとはしない」
 緊急会議の結論は、とにかく帝国全土に第一級の警戒警報を発令するにとどまった。
緊迫感が欠けたのは、軍部のメカ設計スタッフが現在の技術では、
報告にあったようなメカの組み立ては不可能であると主張し、その意見に皇帝が同調したためであった。
皇帝ゼネバスは「兄ヘリック。わしの誕生日にこのようなコケおどしをしおって」と云う気持ちが先に立ち、
冷静な判断を下す状態ではなかったのである。

        |  |  |: :∧ :∧ :|    |/| /\ |_;;l|____|_;;l| |/| /\.:|  , 〈〉:..|  | : :|
        | ヽ |_|_,;| ||-| ||::|    |/    |_;;l|____|_;;l| |/    ゙:|‐ /(_,||ィ:|_|/|
        |  |  |: :|_||: |_||::|            |_;;l|____|_;;l|        | |.┌|ト( |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | \|:|| . |  |: : |
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | rrー、|| . |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|          /_::/| :+: :+:  |!_;;;!       | ト|-:|:|| : |  |: : |
 ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |: : ||: : ||: :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ::l| :| :+: :+:  |:| ::ll:..  ̄ ̄ ̄| | |:::|:|| : |  | : :| ̄ ̄ ̄
────|  |  |: : ||: : ||: :|─────:| ::l|/| :+: :+:  |;| ::l|::───‐| ヽV::[| : |  |: : |───
 ̄ ̄ ̄ ̄ \ |_|_,;,:.: -‐'''"  ̄ ̄ ̄ ̄ /エ7|/'⌒⌒⌒⌒:|:|エ| ̄ ̄ ̄ ̄゛'' ‐-: ..;_|_|/ ̄ ̄ ̄
                          〔三〕イ  ´  ´  :|〔三〕... ... .. .
                           |  |/|三三三三三|:|  |:::::::::::::::::::::.::....................
                          〔三〕/         ゙〔三〕::::::::::: :
                      __________
                       / /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |:
  ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ / /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |: ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄
───┬─────┬───f -f '-, ' , '-, ' -, ' -, ' -, '|-|───┬─────‐:r───
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 7 '",""' ,"' ,"' ", . '" ,"T" |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \        \ _,,,... -‐'/  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' |   |: _,,,... -‐'''"~        \
    \  _,,,... -‐'''"~    ./  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , '.:|   |:   \         _,,,... -‐'''"~
_,,,... -‐'''"~    \      /  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' :|   |:     \ _,,,... -‐'''"~\


771 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:13:04 ID:j0HTVECY


■その日のPM12:20

 帝国軍の沿岸警備兵の1人が、昼食の交代を終えて監視任務をひきついだ時、
バレンシア湾の沖を西に進む異様な物体を確認した。彼は同僚に伝えたが、チラッと見ただけで、
「敵さんの定期便さ。フロレシオスが海のかげろうで大きく見えるのだろう」と簡単にかたずけてしまった。
その時、トロイ作戦に関する警報は、前線基地までは届いていなかったのである。


■その日のPM1:50

 ラウニクス工業地帯の各工場は午後の生産に入っており、工場から発する音は活気に満ち溢れていた。
工場地帯にはレッドホーンを主力とする強力な防衛軍は組織され、任務についていた。
しかし、ここにも共和国のトロイ作戦に関する警報は未着であった。
工場地帯を、まるで火山爆発によって引き起こされたような地震が襲ったのは13:50分であった。
それこそ、トロイ作戦のウルトラザウルスが帝国に第一歩を印した瞬間である。
防衛軍の兵士達が目にしたものは? 天をもつく巨大な、想像を絶する戦闘メカの姿であった。
勇敢な帝国軍兵士たちは、ただちに反撃に転じる。
空からはシンカーの編隊が、地上からはレッドホーンをはじめ
ヘルキャット、サイカーチスなどの精鋭メカがキバをむく。しかし、まったく歯が立たなかった。
防衛軍司令部からメーデー発信が打たれたのは、ウルトラザウルスの上陸開始5分後であった。

                        ,---、
                      ()ニ) ̄../´⌒ヽ
                      ,--(''´ {    }ヽ
                    ()ニ)  _`ー- `、-=〈≧)
                     マ /  ハ 「「ヘ  )
                   ()ニ)廾 三7lミ ヘ卅彳
                    l j-==-' `ー''´
                    j--「
                   「  l ̄l|)
                 〔二!== .l_l==二〕
                   凵 !   i 凵
                  ()ニ) 彳i l)
                   lト亠 !┤
                   'i,三一 .l
            .,(O) ,(O)/〉〉! 三})
           ./ / ./ /El イ≡≡l       ,(O) ,(O)
          // ///≡!i≧l三三|    ./ / ./ /
       へ/゙i l_//,, 'i≦ 〉一'´ ̄、l   //ヘ ̄ヽ
        /, .〉ー/ ̄ ̄l=- '丶ー /__ハ_///  〉===〉__
     ()ニ) /() V   l二 ゚  l 「olololol.|!一ヘ 〉 〈 ,'::::::::::::::ヽ、
     \/()〉!jl ̄ ̄7≧ o !_ l olololol.≧ \  〈 ,-、-、-、-!
       〕卞j゙i 二〔 三! ,-┼┼ー-==-!≧xVヽ ノ j 〉/ / /〉
      ()ニ)〉)!  ∧  〈三三,' ,' / ,'=7ニ=.〉 \_7 ./    /
       〉ハ j ̄ ̄l x≦i 三,' .,' / ,'=7≠〉〈 )、[【 V___, '


772 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:14:32 ID:j0HTVECY


■その日のPM1:57 ゼネバス城バルコニー

 ゼネバス皇帝は、誕生日の祝賀会のために城のバルコニーに立っていた。
ウルトラザウルス出現の知らせが届いた時、皇帝はただうなずいただけであった。
しかし、顔面は青白く、唇はこきざみにふるえていた。

「ヘリックのやりそうなことだ」

 皇帝はつぶやいた。

「ただちにX-Dayを発令せよ」

 ゼネバスは副官に命令した。


_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n........
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ ̄|─r‐┬|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i| /⌒\ /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三|i |二二! 三\
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―.、=ニ二>、|| 田 |
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二ニ‐- 、 ,,_丶、` ‐ 、_,,...> ___
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \ |l i l i l i`''ー-.、`、‐-、|皿皿|丶、_
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     `''‐-.l l_i l| i| il|`ヽ、`゙ヽ、  .vi==
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /         `ヽl| il| i|ノ   )、 |! ロ
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|   _   ._,,...-‐''´  _,.イj:::丶| l^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ヽ  ._,,..-‐<´-‐||:::::::::ヽ!
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /         \       |丶\ \ | | | 川 ノ::::::::::::::ヽ
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄||\
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_||川
/川 /                                                  \


773 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:15:00 ID:j0HTVECY


■その日のPM2:30

 ウルトラザウルスの破竹の進撃は続いていた。
ウラニクス工業地帯をガレキの山にかえ、オベリア平原をゼネバス帝国の首都に向かって進む。
帝国の第一攻撃師団が砂漠を越え、迎撃に向かった。
そして最初の接触をしたのが、師団の司令機、アイアンコングであった。
共和国のウルトラザウルスがいかに巨大とはいえ、一機である。
攻撃師団の組織的な攻撃の前に進撃力も弱まってきた。
しかし、ウルトラザウルスの量産体制は着々と進んでいる。帝国軍のX-Day計画は果たして間に合うか?
 帝国の危機はここにきて一気に強まった。
 ゼバネス皇帝は、強力な戦闘メカの出現を待っている。

            _ィ--..-..、
            ノニニエェ ゙┬っ
          ll鬥lljlIこ]]l 、..u''''゙''ミ^
          ヘ卅卅卅′(◎) ゙\冫
               l冖ー-..、 丶 Yヘ
                    ヘ、(◎)ヘ
                    |  !´ ‐ ハ|
                    ヘ 'ゝ(◎フ|
                   __ ゝゝ  ┤」
                 l壬=「"゙゙」=壬l r
                 ..:│!--! │ lll∥
                  /'/へ (◎ ミミ卜
             (0)ヽ    _ィイ/(0)ヽ      _
              `ヽ ヽ〉  }(◎l{.. `ヽ、ヽ、ユ  ⊂⊃
                 {∑_,丶 ゙〕爻 iエ中`ヽ、ヽ中ヘ ||
                ..ll|l什..  二’ヾ     、-..r 丶: 冖‐-- 、
          (0)'二二二.|!彡(0)'二二二二二「 [三(◎)彡 」.________
                  `'''''せ  _r='" |l|l|.,nn、,,,、   - 、 ┌‐''jillソ
                  _イ_______丿┌--┐彳卜       「゙゙゙l
               ┌j「olololol.|コ l や |!⊥-fヘ ゙|!    i(◎  l
               | 'flolololo」|コ└二┘'´(◎) _゙l{{◎}}「 「(◎)◎)
               ∟''エ二二エ'lゝ ヘ ヘ咋咋,{之    i i  ∠ヽ、
                 「\三i幵i三\彡(ヽ  ヽ-" ニミ `  i (◎)´ ヽ
                   /\ i卅i三\彡 ┌--┐(◎)  --、/ 丶◎ヽ、
                 ,,./  \ i買i三\彡ヽ  ヽ ̄ ̄丈ヽ ヽ 皿 ヘ  ヽ、
,.,;:;::、、.,;:;::、、,,:.:,..::、、,,:.:,.. ,.,;:;::、、,,:.:,.._,.,;:;::、、,,:.:,.. ,.,;:;::、、,,:.:,..、,.,;:;::、、,,:.:,..,.,;:;::、、,,:.:,..
,,;:;:;。;,;,,;:;:;。;,;:::;::::;,..;,;:::;::::;,..,,;:;:;。;,;:::;::::;,..,,;:;:;。;,;:::;::::;,.,,;:;:;。;,;:::;::::;,.,,;:;:;。;,;:::;::::,,;:;:;。;,;:::;::::;,..


774 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:17:02 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛

  ___________________
/\__________________\
|\/                            ̄ヽ
| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
| |  |           ,,,,,-二二‐、_     |  |
| |  |        .〉 ̄ .ヽ   / ./i       |  |
| |  |        ./ ヽi`ヽヽ_i./`.i i       |  |
| |  |        / /.i_,,,i´i .iヽ‐i i      |  |
| |  |        / /  ´ :: i i ::  ヽ.      |  |   以上、この分は誤字と思われる表記を
| |  |       i、 ヽ ,、_ ,,、 .i i,,、,,,、./     |  |
| |  |   ,、-‐ヽi ヽ ゝ/    ̄  〉´       |  |   そのままに紹介致しました。
| |  |   ,i_ゝ/i ヽiミ─‐∠二ゝ‐<_、_    |  |
| |  |  /i /  ヽ  i三三 三 /    \i    |  |
\\ \_______________/ /
  \\________________../
    ̄    ||          |



                              .            / ̄ ̄ ̄\
                              .         /─    ─  \
                                       / (●)  (●)  ヽ
ウルトラザウルスがたった一機で無双してるお・・・・・・。     |  (__人__)  u.   |
                                       \  `⌒ ´   __,/
                              .           /           \


775 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:18:27 ID:j0HTVECY


          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \
     |  ( ●)( ●)          だな。
        |      (__人__)
       |     `⌒ ´l          小学館学年誌でも、ウルトラは基本的に一機だけで
      |         }           大戦果を挙げているからな。
      ヽ        }
       ゝ     丿           この時期ウルトラザウルスが部隊になって帝国領土を攻撃というのは
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/      実は「ゾイドバトルストーリー」だけだったりするだろ。
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ_





     ___
   /      \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●) \      そいつは意外な話だったんだお。
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


776 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:19:22 ID:j0HTVECY


               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \           ともあれゼネバス帝国は
            ( ●)( ●)   |           ウルトラザウルスの登場によって
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __    一敗地にまみれ、中央大陸から
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ    脱出せざるを得なくなったわけだろ。
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /        そして次にストーリーが大きく動いたのはVol.10
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)   ゼネバスの逆襲だ。
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ




  ___________________
/\__________________\
|\/                            ̄ヽ
| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
| |  |           ,,,,,-二二‐、_     |  |
| |  |        .〉 ̄ .ヽ   / ./i       |  |
| |  |        ./ ヽi`ヽヽ_i./`.i i       |  |
| |  |        / /.i_,,,i´i .iヽ‐i i      |  |
| |  |        / /  ´ :: i i ::  ヽ.      |  |   ゾイドグラフィックスが小冊子から一枚紙になったのもここからですね。
| |  |       i、 ヽ ,、_ ,,、 .i i,,、,,,、./     |  |
| |  |   ,、-‐ヽi ヽ ゝ/    ̄  〉´       |  |
| |  |   ,i_ゝ/i ヽiミ─‐∠二ゝ‐<_、_    |  |
| |  |  /i /  ヽ  i三三 三 /    \i    |  |
\\ \_______________/ /
  \\________________../
    ̄    ||          |


777 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:21:07 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.10 】━━━━━━━━━━━━━━

           ((ゞ、
           il l\ゝ、             ,: ´ ⌒^ ヾヽ       (^)
           iU  \、゙,',::、⌒::;.,'."));":  (,, ""⌒ '' .. " ヾ )    -)}( -
           |  ; , `.、:.(`:'⌒::"`.;":   . :::::::( ノ( ソ( 、ノノ..:::.、    i|「
        、゙,',::、⌒::;.,'."));;((:;;`';::,");;)`.;   ,, :::::::'''(, イ")ノ::..:::::,,::::`  ,--,‐=‐; ,
        `.、:.(`:'⌒::"`.;":iXi><i       .,,, :::::(’''....ノソ),,::: : ;;.゛ 、゙,',::、⌒::;.,'."));
        ;;.゛;((:;;`';::,");;)`.;iXi><i .      .ノ(~~ノ(’''''ソ、' ::::: .  `.、:.(`:'⌒::"`.;":
                 iXi><i    ._ 、、...,,,Y),,,ノ:.:),, ,ツ.. _ ;;.゛;((:;;`';::,");;)`.;____ .       _,r'⌒(,      |
         、゙,',::、⌒::;.,'."));":><i   ..| | lニlニlニlニlニlニ|]ニニニl]==='| | |==l=l======l=l!|         鬥卅iii) ,: ´ ⌒^ ヾヽ
,ニニ,'´ ̄ ̄`', ,' `.、:.(`:'⌒::"`.;": '´ ̄ ̄`', . | | ロ ロ ロ、゙,',::、⌒::;.,'."));":ニi ロ,|冊|IニニlIl==l //l|         ¨¨¨゙i:o゙(,, ""⌒ '' .. " ヾ )
l、从へ从へ人へ从从へ从へ人 ニiニiニi|、从へ从へ人へ从从へ从へ、从へ从へ人へ从从へ从へ人 ll   ゙i:o゙i . :::::::( ノ( ソ( 、ノノ.
l从へ人へ从 人 从へ从へ人へ'''|'''|'''i|从へ人へ从 人 从へ从へ人从へ人へ从 人 从へ从へ人へll'´  《゙i:o゙,, :::::::'''(, イ")ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___ ゙i.,,, :::::(’''....ノソ),,
,:':;;....,,,,,,,,__,,,,,,::::::'~~'''':;.,_ノ'::;+'':;:; :,,,,...__:;:'´':;'’';` : : : : .,,_.,.,.,.,.:::::;;;'''''´~~`'''::::.,.,.,,.、_。+.,.,,:;::;:;:;:;'''''::;:;:;:;:;:;:;:''''':;、,|.,.,.,.,:::8三゙.ノ(~~ノ(’''''ソ、'
        :::::::::                    .,.,,.,.,..,.,    +      :;:;:;:;         ;:;:;:;  +    、、...,,,Y),,,ノ:.:),, ,


ゾイド大陸に、再び激しい戦雲がたなびきはじめた。
ゾイド中央大陸の戦いに敗れ、脱出したゼネバス皇帝が、
驚異的な新メカ軍団をひきつれて帰ってきたのだ。
共和国軍の予想に反し、その攻撃地点はバレシア湾だった。それも
特殊降下母船をつかった空からの奇襲で、同時に海からも上陸する両面作戦だった。
周到に練られたD-DAY(反撃)作戦はゼネバス皇帝の
計画どおりに進んだ。共和国軍の防衛ラインは一瞬にして突破された。

 ゼネバス皇帝の心を支えていたものは「逆襲」の2文字であった。
ブラッドロック戦役(ZAC暦2038年)に破れ、暗黒大陸へと敗走したあの屈辱の日から約1年。
皇帝は、D-DAYのこの日のために、復讐の炎を燃えたぎらせてきたのだ。

 一方、ヘリック共和国の大統領ヘリック2世も、ゼネバス逆襲の日を全く予期していなかったわけではない。
十分覚悟し、そのための防衛ラインもしき、全軍あげての演習もつづけていた。
しかし、大統領は2つのミスを犯していた。ひとつは、ゼネバス帝国軍の上陸地点を、
共和国の首都に近いクック湾と読んでいたことであり、
もうひとつは、帝国軍新メカの能力を過小評価していたことであった。
バレシア湾の北部には、魔の海域「トライアングル・ダラス」という自然の防御ラインがあった。
ヘリック大統領は、ゼネバス帝国軍がここを通過してバレシア湾に上陸するなどありえないと考えたのであった。

 ゼネバス皇帝は兄とまったく逆を考えていた。
「攻めにくいところこそ、いちばん防御の弱いところだ。それはバレシア湾をおいてない。
トライアングル・ダラスなど、我々の新メカにとっては、おとなしい湖のようなものだ」
 皇帝は自らつくりあげた新軍団に絶対の自信をもっていた。すでに彼の心のなかには、
中央大陸をすべて手中におさめたような、作戦成功の満足感であふれていた。


778 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:22:23 ID:j0HTVECY


■極秘 D-DAY作戦計画マニュアル

 これは、ゼネバス皇帝が全軍に発令したD-DAY作戦の実行マニュアルである。
D-DAYは、単なる上陸作戦ではなく、その目的は中央大陸全体の占領にある。
つまり、共和国軍を中央大陸から殲滅することを意味する。しかし、現在明らかにされた作戦は
ほんの一部にすぎない。皇帝の野望はどこまでとげられるのか、ゾイドファンには目を離せない一年になりそうだ。

■ゼネバス皇帝発令:
各師団司令部宛。本作戦のコード名は「D-DAY」とする。この作戦のマニュアルについては、
作戦実行日より72時間前までいっさい開封してはならない。D-DAYの日時については、
追って暗号により各司令部に通達するものとする。各師団、兵士諸君の健闘を祈る。


            ,,,_
.l,_________,,,,,,,,j廴二 ニ`ー 、
.゙l     l      l,゙゙ ケ------、,
  'l───‐l厂  ̄];,ll゙゙゙゙゙ ll  /iil,,゙゙‐‐‐ヘ,,,,,,,,_
  .'l     l,ゝ  ┘───l/───/──,''v、
  'l────l   l,,,,_,.,,l/ l゙`: ,,,l/    /  ゙゚゙゙゙゙\
   ll      li、 : ヽl゙.l/    il/    ゜/    /゙゚゙゙゙゙''''''゙゙\                 ,--‐‐‐‐‐
  ,レ゙l      i、 /───,/    / ̄ ̄ ̄/    /   `─‐‐‐、           _._.,。-:'・/\-l゙
    ゙l     l,,l,,_:    .゚,,l/ ̄ ̄ ̄/    / ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄─/、'  i、____,..--''""______// .,i゙,l°
    ..,,l     l     /    /    /     /   /゜ l,     =,_/   /,il゙` .,,l′
     ゙i ___゙i   / ̄ ̄ ̄/__ /     /   /─────l ̄ .`\,~'七w,/__\,l゙
      ――  ..―    / ̄ ̄ ̄/____/__/,        ,,i───,>___ll/   l゙
             "''ー--..,,__lllll/‐‐‐‐‐/‐‐---、/────────l゙lト_______`゚l<   l
             // /  ゙!_____________l─────────__l_____l______l___i>\\、、゙i
            // /    ^<'にゝ、                 l       ゙゙'l  \\`
             ヽヽ/     ^ェ\ ユュ、                        .\/\\
                      \\二ニ     ホエールカイザー            .\\
                        ゚\\ーゝ、
                           ゙゙゙゙`゙'''''


●作戦指令10号01

作戦名:ホエール・カイザー
攻撃地点:X6度5分 Y3度4分(バレシア湾)
攻撃日時:3月X日 0600時
攻撃主力師団:第一攻撃破壊師団
          海上戦闘師団
          第一航空師団



作戦行動:
第一攻撃破壊師団は、0500時、海上にて特殊降下母船(ホエールカイザー)にディメトロドンを搭載。
中央大陸バレシア湾の上空より内陸部へ侵攻し、降下。
同時にウォディックを中心とした海上戦闘師団は、バレシア湾へ0600時、突入。上陸を敢行する。
共和国軍の陸上・海上の両部隊を、水陸両面よりハサミうちの形でこれを殲滅する。
攻撃開始から2時間後0800時までには、バレシア湾はゼネバス帝国軍の支配下におくものとする。


779 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:23:30 ID:j0HTVECY


●作戦指令10号02

作戦名:キャッツ&ドッグ(どしゃぶりのように爆撃する)
攻撃地点:DA8度24分 HC18度12分(中央山脈)
攻撃主力部隊:爆撃航空戦隊
          戦闘航空群
          偵察索敵航空群



                       ,,∧
                    .,./ ::::\
               ,/ヽ、.、/'″::::::::::::::::\              ,,∧
             .,/:::::::::::::::       :::::::\          .,./ :::\
            /     .、 ::::::::ヽ   :::::::::::^''゙\ ,/ヽ、.、/'″ :::::::::::::::\
           _r'′    ,,/  :::::::::\     ::::::::::\::::::::::::::        ::::::\
         ._/      .´       .゙''-、   .‐、_::::::::::\ 、 :::::::ヽ   ::::::::::^''゙\
        ./         ::::::::::::::::ヽ       :::::::::.'ー.゙''\ ::::::::\      :::::::::
      _,/′ ::::::::::::::::            ::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::: ...  ゙''-、   .‐、_:::
.,,,/ヽ /    ,/''                ::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::: ...   ゙''-、 ::::::::::


作戦行動:
中央大陸は、中央山脈とグランドバロス山脈によって東西に二分されている。
山脈を管轄に置くことが、今後の作戦の主導権をにぎる上で重要だ。
バレシア地区を制圧した師団のうち、第一航空師団は、全軍をもって、中央山脈へ進出。
共和国の拠点を爆撃する。戦闘航空群は、地上の共和国防衛軍の壊滅にあたること。
また、偵察索敵航空群は、高度より敵の防衛ラインを完全に把握せよ。
共和国の航空隊が迎撃してくるものと予想されるが、空戦によりこれを撃破せよ。
制空権をにぎるのが、この初期活動の目的である。


780 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:24:31 ID:j0HTVECY


●作戦指令11号03

作戦名:ビッグスチーラーズ(大泥棒)
攻撃地点:AE16度6分 BW8度7分(ウラニクス工業地帯)
攻撃日時:未定
攻撃主力師団:特攻撃破師団
          特殊工作隊
          特殊潜攻隊

                      iエ:,.;. i,;: ェi          iエ:,.;. i,;: ェi         iエ:,.;. i,;: ェi
               ,,,-‐-,,,‐‐‐‐‐‐‐‐、ェi エ;:]‐‐‐,,,,,-‐-,,,‐‐‐‐‐‐‐‐、ェi エ;:]‐‐‐,,,-‐-,,,‐‐‐‐‐‐‐、ェi エ;:]‐‐‐‐‐
            ,,,-‐'''.,-‐-、.'''‐-,,,三三三三 ,,,-‐'''.,-‐-、.'''‐-,,,三三三三 ,,,-‐'''.,-‐-、.'''‐-,,,三三三三三三三
        ,,,-‐'''    {三三}   '''‐-,,,_,,,-‐'''    {三三}   '''‐-,,,_,,,-‐'''    {三三}   '''‐-,,,三三三三三
     ,,,-‐''.'==ニニニ二二二二二ニニニ=====ニニニ二二,二,二二ニニニ=====ニニニ二二二二二ニニニ==.'''‐-,,,三三三
  ,,,-‐''' ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i '''‐-,,,三
 <二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二>
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
  |l:/ヽ:l|_j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j_,-‐‐‐‐‐‐‐‐‐v‐‐‐‐‐‐‐‐‐-、_j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__|l:/ヽ:l|
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: ゚ ゚ ゚ ゚ ゚ :.i.: ゚ ゚ ゚ ゚ ゚ .:i:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
  |l:/ヽ:l|__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_ji: : : : : : i ______i__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;.|l:/ヽ:l|
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|  ...:::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|...::::::::::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|:::::::::::::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|:::::::::::::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|


作戦行動:
第二攻撃目標は、ウラニクス工業地帯である。戦闘の継続を可能にするには、
物資の補給を確実にすることである。そのためには、この工業地帯を征することが絶対条件といえる。
また、ただちに新メカの生産にとりかかる必要があり、攻撃目標は破壊せずに確保しなければならない。
バレシア湾の奇襲によって浮き足立つ共和国の防衛隊に、態勢を立て直すスキを与えずに
攻撃をくわえるため、特攻撃破師団はレッドホーンを中心にすみやかに行動作戦を
完了しなければならない。作戦完了は、1200時とする。


781 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:25:54 ID:j0HTVECY


●作戦指令11号04

作戦名:ブーメラン(帰還)
攻撃地点:G26度0分 F13度2分(ゼネバス城)
攻撃主力師団:突撃混成師団
       特攻撃破師団

                    ◯                  _____
_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n//n_n_n_n_n_n_n_n  ____/       \_________
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :// |\_____/                     /
森森森森森森森森п森::::::.... // │                              /.....
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌ // │       /二二二二二二二二二\      (;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─! //  │     // _⊿ヽ______  \\      )|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森//  │     ゙i ゙i \,ヘ―__    /   //     /斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|//   │      ゙i ゙i      / /   //      /|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二//   /       ゙i ゙i   了|´ /    //      /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄//   /         ゙i ゙i 巛│ |三フ //      / 三\
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,//   /         ゙i ゙i  ι││   //       │田 |
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.//   /          ゙i ゙i  ││ //        /> ___
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' //  /            ゙i ゙i  ∨ //"         /皿|丶、_
ニ―-┐γ´  r''´i i| i|// /              \\//          (、  .vi==
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"//<                 \/     _____\、 |! ロ
  r┐___     //   \__            ______/         ̄:::丶| l^
」 .i__|/∇___i_  (  ̄)       \________/      |ヽ  ._,,..-‐<´-‐||:::::::::ヽ!
   '-ll,,^ω^) / // / i||    /         \       |丶\ \ | | | 川 ノ::::::::::::::ヽ
-‐/⌒  _ / //〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄||\
 / \    //_/\⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_||川
/     ̄ ̄ ̄(_二_)                                            \


作戦行動:
第一期作戦の最終目的は、われらの城に自ら帰還することである。
キャッツ&ドッグ作戦は、敵の支援をたちきり、ゼネバス城奪還作戦を成功に導くためのものである。
制空権をにぎっているために、陸上軍を中心とした攻撃にする。砲撃による城の破損を極力避け、
敵軍の勇気ある投降を期待する。ゼネバス城は軍のシンボルであり、心のふるさとである。
城の奪還なくして作戦の終了はない。なお、ブーメラン作戦の総指揮は、ゼネバス皇帝自らがとる。


782 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:27:50 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛

            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |         というわけで小学館展開では具体的な状況が描かれなかった
          |   (__人/,〉.|
          {   ´フ´ ./._ }         ゼネバス帝国のD-DAY作戦の具体的内容が書かれていたのが
          ヽ  ./,二ニソ}         コノゾイドグラフィックスVol.10の特記事項と言えるだろ。
          _ヽ/  ,-― 、}ノ
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/




..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)       言われてみればバトストには具体的な内容は書かれてなかったお……。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ


783 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:30:24 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.11 】━━━━━━━━━━━━━━

■ゼネバス皇帝の真の目的は?

 ゼネバス皇帝がひきいる新生帝国軍団の反撃作戦は完全に成功した。
意表をつかれた共和国軍は、帝国の最新メカ…ウォディック、ディメトロドンなどの
強力な破壊力の前にもろくも敗れ去り、後退に後退をくりかえしてきた。
つぎつぎに突破される防衛ラインに、ヘリック大統領は共和国軍の建て直しをはかった。
しかし、新メカの投入にこぎつけたえのは帝国軍の反撃が開始されてから
2ヶ月もたってからであった。そのメカは、格闘戦及び機動力戦闘に重点をおき、
速攻力を中心にしたもので、シールドライガー(ライオン型)、コマンドウルフ(オオカミ型)など、
いずれもスーパーメカとよぶにふさわしい精鋭ぞろいだ。

 両軍の最新鋭メカが激突し、ついにゾイド大陸は総力戦に突入した。
しかし、ゼネバス皇帝には、もっと大きな目的があった。
それは? 共和国軍が占領しているウラニスク工業地帯の奪回であった。
そこには地下に大きな地下基地があり、帝国軍がゾイド大陸を脱出するときに、
完成寸前の超巨大メカをひそかに隠してあったのだ。
ウルトラザウルスをしのぐ空前絶後のそのメカが目覚める時、
それはゼネバス皇帝の野望、中央大陸の完全征服が実現するときだ。
ヘリック大統領は、その秘密をまだ知らない。

               _______--
            _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\三三=====
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\二======
       ___/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-====-::::::::::::::〉
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,─
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
―´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,,--‐ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ         _____
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        <::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└─-----、   二二二::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  <::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


784 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:31:17 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛



             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |        というわけでVol.11ではデスザウラーの登場が予告されているわけだが、
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |        完成寸前のものが地下基地に隠してあったという設定だっただろ。
            ヽ        }
          __,, -ヽ     ノ -、      これはキットの箱での記載にも共通している。
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"




     ____
   /      \        約一年間、放置している間に
  /  ─   ─\       もしその基地が共和国軍に発見されていたら
/    (一)  (一) \
|       (__人__)    |     デスザウラーは共和国ゾイドとして
.〉     ∩ノ ⊃  /      デビューする事になっていたかもなんだお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


785 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:33:43 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.13 】━━━━━━━━━━━━━━

共和国軍ゾイド24の登場で戦況は一挙に激しさをました

■ヘリック大統領、ついに首都を脱出!

 ZAC暦2043年、歴史上ただの一度も侵略されたことのないヘリック共和国の首都が炎上した。
帝国軍最大最強の破壊メカ、デスザウラーの前に、共和国軍が完全に敗れ去ったのだ。
大統領はひそかに中央山脈へ脱出した。
「ヘリックの息あるうちは完全勝利とは言えない…」
 復讐に燃える皇帝は、ついに新メカ、ゾイド24デスピオン隊を投入。
 中央山脈の奥深く、共和国軍を追った。



/(~~ノ(’''''ソ:.:.(、,,'''ノ(、、...,,,Y),,,ノ:::.:)~y(、(、、...,,,y. . (’’,,,/(~~ノ(’''''ソ:.:.(、,,'''ノ(、;''Y ,,ノ.ノ ,,,^ノ.ノ ,,,^ ^,,,;;;ノ
(’’,,,/(~~ノ(’''''ソ:.:.(、,,'''ノ(、、...,,,Y),,,ノ:::.:)~y(、(、、...,,,y. . (’’,,,/(~~ノ(’''''ソ:.:.(、,,'''ノ(、;''Y ,,ノ.ノ ,,,^ ^,,,;;;ノ)
(、,,'''ノ(、、...,,,y. . (’’,,,/(~~ノ(’''''ソ:.:.(、,,'''ノ(、、...,,,Y),,,ノ:::.:)~y(、,,'''ノ(、/\(、、...,,,y. . (’’,,,/(~~ノ(’''''ソ:.:.(、,,'''ノ
 (、、...,,,y. . (’’,,,/(~~ノ(’''''ソ:.:.(、,,'''ノ(、、...,,,Y),,,ノ:::.:)~y        //.:::.:.::〉  ゝ、、 (、;''Y ,,ノ.ノ ,,,^ ^,,,;;;ノ)
( ノ( ^ゝ、、ゝ..,,,,, ,'ソノ ) .ソ\     ( ノ( ^ゝ、、ゝ..,,,,, ,'ソノ ) .ソ 〉へ::.:/ヌ/〉 ( ノ( ^ゝ、、ゝ..,,,,, ,'ソノ ) .ソ
ゝ..,,ゞ (..  .,,,゛゛゛゛┌个┐| | .:_|___. ゝ..,,ゞ (..   /⌒) ゛ノ. .ノ )/'个y´ ̄Lム、、ゝ..,,ゞ (..  .,,,゛゛゛゛ノ. .ノ ) ,
 ゝ..,,ゞ (..  .,,,゛゛゛゛.:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i   | T/⌒)     .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|、、ゝ..,,ゞ (.. .,,,゛゛゛゛ノ. .ノ ) ,
‐く.:〈( ^ゝ、、ゝ..,  |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉:: /^7<:〈 .:::::::// : : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ( ^ゝ、、ゝ..,,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : : ``/...::|::::|/|\ ..::`刀.:.::|_|ト、:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : //ト、У〕:|:....;>.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: ://.:::::;>|::::l/ヘ「  └─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄\∧l\|工] 人 从へ从へ 。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!┘                    人从へ人へ从 人 从へ从へ人へ
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~                      人从へ人へ从 人 从へ从へ人へ
人从へ人へ从 人 从へ从へ人へ


786 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:35:20 ID:j0HTVECY


■共和国24vs帝国24の対決

 中央大陸の戦いは、ゾイド24の登場で完全にかわった。
ゾイドゴジュラスMK2 vs アイアンコングMK2の力の対決。
ウルトラザウルス vs デスザウラーのスーパーメカ対決。
そしてゾイド24同士の戦い。それは、機動力、スピードと破壊力の戦いだ。
いかに早く敵をとらえ、いかに早く攻撃するか?
そして、攻撃されたらどうやってそれをかわすか?
ヒット&アウェイのフットワークが勝敗を決める。
帝国軍も共和国軍も、新たな部隊編成を開始した。
その中心は巨大メカだが、実戦部隊は、ゾイド24によって編成されている。

 ここで、両軍の部隊編成にふれておこう。帝国軍のデスザウラー機甲師団は、史上最強だ。
しかし、24メカ開発の成功によって立て直されたウルトラザウルスE隊も、もう十分に力を蓄えている。
その上に、陸と空に伝統的に強いゾイドゴジュラスMK2とサラマンダーを中心とした混成部隊も、
大きな作戦で威力を発揮することは間違いない。

 いずれにしても、一度戦いが始まれば、いつ終わるか予想のつかない激突が
展開されることはまちがいない。そして共和国にとっては、ヘリック大統領が首都へ帰る日が「勝利の日」である。

                  ,. xっ..,,
                  ,'''''''''''''ノ'---'`7
   .|V |           /┌:ー'' ―' へ、,i
  、.| ニ゙|       ...   ノッ 弋\<==≡
  ,-‐l゙ l       ((◎  _(≡|,r' l'''´\_ソ
 /   ゙ir---...........,,,'|_|_゙i__ノに |‐´
 l           l⌒i,,,ー'に/
 ゙i\_______/Θ'に/))
 ゙iΘ   (○))l''Θ " Θ  ソ====≡
  \  丿 丿 ..  ⊂コ二==
    ソ ノ│__コィ7'J'
   (  、く'''''く
    ヘ ゙i ゙i 、ゝ
    し◯\\ \
       \\\  ))
        ∟ソ庁)庁)
      _ェ -ΘΘ こ 冖 -___,
     ‐ー'‐‐-一⊃⊂二 ニ-──'


787 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:36:16 ID:j0HTVECY


■中央山脈の秘密基地で…

 首都を追われたヘリック大統領は、わずかな部下を引き連れ、
中央山脈の谷間にある秘密基地に司令部を構えた。そこでまず手をつけたのが、
共和国24の開発であった。切り立つ断崖、細かく入り組む谷は自然の要塞であり、
帝国軍自慢の超巨大メカ、デスザウラーも動きがとれない。共和国軍が体勢を立て直すには、絶好の場所だった。
 首都脱出から数ヵ月後、早くも、共和国ゾイド24部隊は出撃を待つばかりになった。


■各地で展開されるゲリラ戦

 師団同士の大激突こそ少なくなったが、ゾイド大陸では、
あらゆるところで小規模の戦いがくりひろげられた。
それは共和国ゾイド24部隊による神出鬼没のゲリラ作戦であった。
中央山脈ではもちろん、ウラニスク工業地帯、ある時はゼネバスの首都にまで、
共和国軍のメガトプロス隊の精鋭が迫った。これは、やがてくる大きな決戦のための
前触れにすぎなかった。大統領と皇帝の野望が正面からぶつかるのは、もう時間の問題だ。


               / ,'   ,--、  .'i,'i,
               | i    ヘ‐'ヘ  'i,'i,
    (⌒ヽ        | l     i  ヘ  'i,'i,
     \, .ヘ      | l  ....--ヘ‐‐'.ヘ ̄ ̄`丶、
       \   \     .l |'´    ヘ   ヘ     `丶、
        \  \ , '| |      ヘ  ヘ       ヽ
          \  \ ! | ̄ ̄ ̄ ̄()ヘ ノ)       iヽヽ、
           ,r'"´⌒``丶、  /  `ー一'       | i
          ∧,r'"´``丶  `丶、一'´ ̄         | l
          j  l   ヽ i     `丶、         j{´
         j  i   i´;:;:;:i                , '  >
         ハ |   ヽ;:;:;:;:l               j´ 〕 (
        ハ  |  A .!;:;:;:;:j               l ≧x  )
        ハ /  i==l;:;:;:;:/                j   `ー'
       _!_!__,.. -ー、|             ,-‐'´゙i
    O二ヽヽ二二二二二l          ,-‐'´   | 0二二
    /  ヽヽ______|_     ,-‐'´,..:´  ,..:´  〉
   Oニ) Oニ)) )____!     /、 ,..:´ , ‐'´/  /
    \  //       !    / ヽ, ‐'´ /{    ヽ
    Oニ)/二二二二__!ヽ  /       /      ヽ
         `ー─l──────一j'´ ̄ハ´
            !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:/


788 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:38:43 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛


             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |       というわけだがVol.13では
            l` ⌒´    |
           {         |        まず共和国首都の炎上、そして
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、      共和国軍の中央山脈への撤退という展開になっただろ。
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


        ____
      /      \           あれ?
     /   u   ノ   \
   /      u (●)  \        バトストだと共和国軍は海側に逃げていたお。
    |         (__人__)|
   \    u   .` ⌒/
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


789 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:39:43 ID:j0HTVECY


               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\           トミー公式では中央山脈を拠点に各所でゲリラ戦、
             |  (●)(●) |           それも帝国領内に分け入って活動すらしている。
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
         /        \ ._|_____      やる夫の言う通り、共和国の逃走先が
       , --'、             /         `〉    海側だった小学館系とは正反対になっているだろ。
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ



  ___________________
/\__________________\
|\/                            ̄ヽ
| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
| |  |           ,,,,,-二二‐、_     |  |
| |  |        .〉 ̄ .ヽ   / ./i       |  |    また、ゲリラ戦がメインのため
| |  |        ./ ヽi`ヽヽ_i./`.i i       |  |    24シリーズの活躍が目立つ記事になっていて、
| |  |        / /.i_,,,i´i .iヽ‐i i      |  |
| |  |        / /  ´ :: i i ::  ヽ.      |  |    12、13、14、特に13と14は24ゾイドの扱いが
| |  |       i、 ヽ ,、_ ,,、 .i i,,、,,,、./     |  |    メインになっていました。
| |  |   ,、-‐ヽi ヽ ゝ/    ̄  〉´       |  |
| |  |   ,i_ゝ/i ヽiミ─‐∠二ゝ‐<_、_    |  |
| |  |  /i /  ヽ  i三三 三 /    \i    |  |
\\ \_______________/ /
  \\________________../
    ̄    ||          |




     ___
   /      \
  /  \   ,_\
/    (一)゛ (一) \        それだけ24シリーズを売り込みたかったんだお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


790 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:41:49 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.15 】━━━━━━━━━━━━━━

帝国軍、敗れる!?

■T型メカ、出撃す

 共和国軍の秘密基地に迫った帝国軍の切り札24メカ、ゴーレムの特殊レーダーがとらえたT型メカとは?
その答えは、ゼネバス皇帝が予測していた以上に早く出た。
 ゾイド中央山脈からなだれのように反撃してきた共和国軍の先陣をきっていたのは、
T型(トリケラトプス型)メカ、マッドサンダーであった。低いボディの頭部に装着した2本の回転ドリル、
コクピットのまわりを防御するぶ厚いシールド、そして、全身に攻撃力をまとったような重火器の数々。
それは、まさにあらゆるものを破壊するために設計された、超巨大メカであった。


                 yru 、..       _  _
                〔_     ̄ ̄ ̄ ̄〈.O》.《O〉
                  _l什lL ヾ|t┴‐‐' ̄ ̄` ´ ` ´
               jl  i  i i  HLー-ュ.____
              [><]/ /〔二二二二(.○l.○l.○)
            _ィl ,-----、   i/_/二二二ニニニ=ュ
           / f三l 0       ゙"゙/.ソ  ''' '' '' '' ヽ' ’ ‐ ',
           'il三三|〉       /./            〔
          nョl三三ゝヽ_皿.  /./          !買!  |二二ニニニ=────────────-----、
         l(Ⅷ)(Ⅷ)ゝ_二二| .i!      / ̄ ̄l「 「l=======================================ワミニニニ!
        jtll[ヘ  ヘ   ◎   l  l!     \__i! 〈 l 二二二二二二二二二二二二二二二二二二〈  ニニニ,
      /' ]lニ|ヘ  ヽ、  ◎◎◎\.i!         ゙└───――――――――――――――――‐‐゙ ̄ ̄´
     /_ llll|コ i二二二丶____   \\      ̄ ゙゙─────ュ.____________
    / ニl// |    |   ヘ   '丶 ``ー====ニ'ゞ、─--ァヽヽ  ヽ、               __.ノ
   /_r//   |y──i    ゙i  .. ''/ / i  i 二二二二ヽヽ  .. ∟l'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /_ //  イ  y──!    ゙i  ム-∑冂匚幵  <幵幵幵幵ヽヽ  メ
 /_  lrイ  ∠ .. :./ 二二二二二ニニゝ┤_i_i_i_ ^^^^^^^^^/_/ ̄
/_ 文T(j/ / 〈 〈         「.       丶--───ソ"
    /  / .. -、_ 丶 ィヽ二二二二二ニ一!ェoェ冖ェoェuょ - ヾ丶 \
.二二/ /l(◎)/二二、 / ' 「゙゙l\ヾ丶 \      「   ー\\\\
_|_|/  「   ー\\「   ー\\\\      l____|_l__l!__|
.        l____|_l____|_l__l!__|


■両雄、激突

 猛スピードで突撃するマッドサンダーは、まさに「怒りの雷」と化していた。
閃光のように突進したあとには、帝国軍メカの無残な残骸が戦場にころがるばかりであった。
2本のドリルは一撃でメカを破壊した。ほとんど火器を使う必要がなかった。
手をつけられないパワーとはまさにこのことであろう。
 ただ、デスザウラーは例外であった。
 両雄の激突は、オベリア平原の帝国軍基地近くではじまった。
マッドサンダーの突入を、デスザウラーはがっしりと受け止めた。4つにがっぷりと組み、
両雄はしばし動かなかった。先にしかけたのはデスザウラーだった。必殺兵器、荷電粒子砲が火をふいたのだ。
青白い光線がマッドサンダーを襲う。しかし、エリ部分に装備した反荷電粒子シールドがそれをことごとくはねかえした。


791 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:42:42 ID:j0HTVECY


■デスザウラー倒れる

 逆に、低くつきあげるようにマッドサンダーのドリルがデスザウラーの腹部をねらう。接近戦は不利だ…。
ドリルの威力を予想以上に感じたデスザウラーのパイロットがそう判断したときには、もう遅かった。
 ドリルは装甲を破り、内部のメカを裂き、生命体をえぐり、そして機能を完全に破壊した。
一瞬、デスザウラーの動きは止まった。まっかな口が大きく開かれ、戦場にもの悲しい叫び声がひびきわった。
それが、デスザウラーの最期だった。それを見た帝国軍はゆっくりと撤退をはじめた。
そう、帝国軍はついに敗れたのだ。

                               │
                           !     l .!
                        l  l     | l゙
                           .l  |    │|            ../ "、
                          l !.l     .l゙ !           ,ィゞ
                         l゙   l !.l     !│         〃ンll
                         i、   .! .l l゙    │.!         r|ン'゙./
 .゙.l-、                    │   . | l     l .| /      ./  ,,"
   ヽヽ、   ,,,  nl.|        | .|   ! !     .l゙│l゙       /   /
    ヽ.゙'l、    .゙.l i1|ィ `'ュ    ! |  "l゙     .,,、 -''/   /  ./
゙'x.   ヽ ヽ   l lミミへミ     ! |   l    イ  /,r ''了 / 了
、 .ヽ   .ヽ ヽ  l iミ{  'i,ミ   ,l′ti  .|   /  /,/  // ,//
..ヽ. \    ヽ.ヽi l ヘミ   'i,ミ  .|  .|.l  !   /   /:/  // _/ /  .,,            _..y='"
  `'、 .ヽ   ヾlil  ij ミ   }ユ,ュ、 ."l  |  イ  / / __/: l/       ,,,,、-∠   ,..-'彡'´
   ヽ ヽ   . Il∨l ヾ  _,.ィイ r'  .l、l゙  |.  / //__,         )   /  ,、'て ,,、ィ
    .\ \  . l l  ヘィ”   ィヽ、l .l゙i,!  |  レ '''"  /         フ /_,,、-イ /./ / .,,, ‐''"゛
      .゙'、 `x、 .∨  il、  ィ'´>'´ヽ、.「  |    ,、-ーー'        ,, /  ´   / / / /    ,,,、-ーァ_ii
. 、,     .\ ゙'!i、 `',_j' ヘ  /、   ,/ヽ |  r'         ィ, 、- '"   r''ー "/__l. / 」 ,,イ /   /゛
  .`''''゙Ni、,.,-‐ 、    ∨  ヾ,  〆/  |  |       ノ'''´  ,,、-'"/ /  ,,イ   /// .| / /,,,、イ
 `''ー ,/  .>'´'ー=ュ_  ヽ.   ヾヽ ヾ ′.'" |  | .       イ ,、-'"  ノ  / ,r'" (     )  (///´  /-―
. ,,. .. /   /、  .>'´ィ'´ヽ.ヽ   ゝヽ     /  |      /'´" /(  ) / ノ  /    ノ /  /  /
  `、∨ /  ヽ'´ /、  / .ヾ.、 ″    |  /         }  / /. /  )  |    //   / /¬、
ー ..,,,゙゙∨  / /ヽ /     .゛      |/          イ  } /  /  / /        // ̄ ̄
     \ ,'_ /   , ' .,..-'"     、       /        / /  | /   //

■ゼネバス皇帝の決意

「デスザウラー倒れる」
「帝国軍撤退開始!」
 次々と入る知らせはゼネバス皇帝の顔をくもらせた。
 帝国の城、ゼネバス城の城壁に立ち、皇帝は砂煙の上がる遠い戦場をながめた。
「もはや、私は歳をとりすぎた。ふたたび共和国軍と戦う気力はない」
 皇帝はつぶやいた。そのとき、皇帝の心の中では悪魔のような決意がなされていようとは、誰も知らなかった。
「いままで戦ってきたのは、この大陸からあのヘリックを、兄を追い出すためだった。
それが叶わぬいま、この大陸を誰の手にも渡すわけにはいかない」
 皇帝は1人の密使をはなった。
 その目的地は…「暗黒大陸」であった。
 皇帝は、暗黒大陸と手を結ぶことを決意したのだ。
 “この大陸を誰の手にも渡すわけにはいかない”とは何を意味するのか?
 そして暗黒大陸の果たす役割とは?
 ゾイド大陸の星人は、まだ何が起ころうとしているのか、何も知らない。
 ヘリック大統領ですら……。


792 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:45:27 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛



         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |      このシーンがイメージしているのは、
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |      ゾイドバトルビデオで描かれた対決の場面に近いだろ。
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\     おおおお!!
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |   真正面からの激突はやっぱり燃えるんだお!!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


793 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:48:12 ID:j0HTVECY


      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)           ちなみにこのVol.15によると
      |     ` ⌒´ノ
.     |         }           ゾイドバトルビデオには30分のTVアニメ二回分の
   .  ヽ        }              費用が掛けられていたそうだ。
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||


     ___
   /      \
  /  \   ,_\         あのビデオだけでそれだけかかったのか、
/    (一)゛ (一) \
|       (__人__)    |       それとも一つ一つのCMを含めた合計なのかは気になるところだお……。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


794 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:49:35 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.16 】━━━━━━━━━━━━━━

■帝国軍の滅亡

 共和国軍のマッドサンダー猛攻撃の前に、帝国軍のゼネバス皇帝は戦いに敗れたことを悟った。
そして、ついに悪魔のような決断を下した。それは、暗黒大陸に援軍をもとめることであった。
それがなぜ悪魔のような決断であるのか?
理由は、暗黒軍は、攻撃した敵を完全に破壊しつくすまで戦いをやめない恐怖の軍団だからだ。
暗黒軍がくるということは、中央大陸の最期を意味していた。
「ワシのものにならないなら…。
 この中央大陸を、兄ヘリックに渡すわけにはいかない」
 ゼネバス皇帝は、ヘリック大統領への憎しみでこりかたまっていたのだ。


         , ‐'´⌒``ー一-.
      ..... : ´::::::::::,───、::::ヽソニニハハュ
     {::::::::::::::::::::::::::`丶、/::::::::l≦ハ)))) (⌒))  __
   ()二`ーi i i i i i i i i、__/()二二二二二≧〉 ̄ ̄   \
      ()ニ)ニ,,i i   / ──     ()ニ)ニニ)/ l)二}     \
        j゙i゙iハハハハ (エエエエエエエエ)ル  `ー'―、´ ̄       /
        `ー--一i'i´ ̄ \ >   リ_,.. 、  //`iー─一'´ ̄
            j j    厶 .>    //j/ハ l
           ((',二ヽE`ヽ/ ,-,´-/////  l
         l l l\ ̄} E<   |´i∩ハ【=()フ  |ヽ
         VV 匚,、エエ)`フ l l∪ l一'   /く__
          `ー一'8   ヽ_i=l≦〈   /ヽ /ヽ__
            ()ニ)ニ8/一/  / /),r'"⌒〉  `l´   l
             ()ニ!  l l lヽ一´´ / /  -‐'  /           _
               ト、lヽヽ、`ー'i/ V爪个〔   /\-、、、_──、{ ̄ /
               'i,ヽ\! , ̄K  //7丿`ー一'  i }}}}}}l  ,,r=彡"
                'i,三l  l ̄ヽ-  〈 /\_/''''‐‐‐' ̄
             , -ー- \、! ̄-lヽ、\   ヽ
            /,.' ̄,--ー、=()() l  l   !
            {/ /        ヽ、....!___!.
             `'''''ヽヽヽ,r'゙ ̄-‐'´,'\i   !
                  〈 /  /   ,-‐´
                   〈_____/, ' V'´
                      V/

■サラバ、ゼネバス皇帝

 暗黒軍は、とつぜん海からわきあがるように、中央大陸に上陸してきた。
全身をブラックボディでつつみ、不気味な光を発するタルボサウルス型メカ、デッド・ボーダー。
鋭い牙を武器に持つイグアナ型メカ生体、ヘル・ディガンナー。これらメカ生体による大軍は
情け容赦のない破壊攻撃をしかけてきた。しかし、暗黒軍の攻撃目標は、
なんとゼネバス帝国軍に向けられたのだ。そして、ゼネバス皇帝の乗るアイアンコングMK2にも襲いかかってきた。
皇帝を必死に守ったのは、親衛隊の若き指揮官、シュテルマー中尉であった。しかし、皇帝機は爆発を起こして、
海の底へ沈んでいった。その生死を誰も確かめたものはいなかった。そして、シュテルマーも捕らわれの身となってしまった。


795 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:50:57 ID:j0HTVECY


■シュテルマーとエレナ

 暗黒大陸はガイロス帝国によって支配されていた。捕虜になったシュテルマーがその地で見たものは?
それは無傷のまま暗黒軍に捕獲されたゼネバス帝国メカ群と、ゼネバス皇帝の娘エレナであった。
ガイロス軍は、帝国軍のメカや兵士だけでなく、エレナもとらえ、暗黒大陸へつれてきていたのだ。
 ガイロス皇帝の目的は、いったい何だったのか?
 シュテルマーは、今、それを知った。ガイロス皇帝は、すぐれたゼネバス帝国軍のメカと兵士が必要だったのだ。
ガイロス皇帝は不気味な声でいった。
「この娘の命を助けたいと思うなら、ワシの命令に従え!
 共に中央大陸を攻撃するのだ」
 シュテルマーはエレナのためと、彼の抱いていた理想の帝国を再建するという夢を実現するために、
ガイロス皇帝の目的に手を貸さざるを得なかった。


         'マム三三三三三三三三三三三三三ニア
          'マム      _,r--─一r     /ニ/
       'マ三三三ム   〈二ー<三二ニニ一/ニ三三三ア
        'マム   _,. -‐ュヘ  丿三/ . ィ' ヽ    ,ムマ
         'マム  (三ニ ム /三ニ//三三ム   ムマ
          'マム `'ー ェソ/三三三三三三ililリ .ムマ
           'マム    .イ三三三三三三ilil/ ムマ
            'マム    i三ニ/ `丶三三ニ/ .ムマ
             'マム  ∨il1    ∨ニl/ .ムマ
              'マム  ヽム   /ニ/ ムマ
               'マム   ヽ. // ,ムマ
                'マム    /  ムマ
                 'マム     ムマ
                  'マム   .ムマ’
                   'マム  ムマ
                    'マムムマ
                     マilマ’
                           ∨


796 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:51:46 ID:j0HTVECY


■共和国におこる恐怖

 一方、中央大陸では戦いが終わり、平和な日々が続いていた。
だが、その平和もみせかけにすぎなかった。大陸では、不思議なできごとがつぎつぎに起こっていたのだ。
大地が割れ、緑が枯れ、島が消え、鳥などの生物がにげだしたり、しだいに大陸そのものが崩れはじめてきたのだ。
この恐怖現象の解明にのりだしたのは、若き科学者シュウであった。

         。
       ヽ、>,       _.。ャぁて丕刀フ7ゎ。._
         ’'<三ニ>,ィ炙ヲ ㌍≠┴⇒弍j込ス>。
            ’'<     '`'・ 、        `゙'<弖 心、
                ;夕’'<´      >.、       \ホi 心.
           んfi У’'<        >.、     ▽ij ∧
           从j 'Y    ’'<        i>..、   ∨i ハ
            .斤 W       /        /    ㌣ い
          |友 カ     ,/       /     }ソ 川
          い 叭    /        <、      仄 ガ
             Wi 从   ’'<          >.、   从 ノリ
             ∀t △     ’'<          >イ fリ /
            ゙マじ へ、       ’'<      ix、
             \夊i ㌧、_           ’'<     >.、
              `マ才i 「≧ェ。。..。っ夭テ 少'゚`' ・ 、  ェ、
                `゚'' ミ芝玉竺壬云=‐'´      `'  、

■飛べ! シュウ

 シュウは、この恐怖現象の鍵が、海から攻撃してきた真っ黒な軍団にあることを知った。
中央大陸を救うためには、暗黒大陸にわたらなければならない…。
シュウはヘリック大統領に会い、その許可をもらうとともに、大統領から最新のメカをあたえられた。
シュウと信頼できる部下達は、バッファロー型メカ「カノンフォート」と翼竜型メカ「レイノス」に搭乗し、
暗黒大陸をめざして偵察作戦に出発した。
 中央大陸を破壊しているものはないか?
 シュウたちを待ち受ける暗黒大陸とは?


797 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:52:43 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛
                                      / ̄ ̄\
                                     / ヽ、_   \
                                    (●)(● )    .|
                                    (__人__)゚o   │
                                     (,`⌒ ´       |
というわけでゾイドグラフィックスの主人公、           {        |
                                     {        ..:/
ゼネバス皇帝がここで退場となってしまっただろ……。       ` ー     \
                                      /    _    l
                                     /  ̄`Y´   ヾ;/  |
                                 __,|    |    |´  ハ
                                    |    |    |-‐'i′l.
                                    |__ |   _|   7'′
                                    (   (  ̄ノ `ー-'′\


                                   .            / ̄ ̄ ̄\
セリフらしいセリフがあったのはゼネバス皇帝ぐらいだったし          /─    ─  \
名のあるキャラがほとんど出てこなかったから、                  / (●)  (●)  ヽ
                                            |  (__人__)  u.   |
確かにゼネバス皇帝が主役だったんだお。                  \  `⌒ ´   __,/
                                   .           /            \


798 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:54:44 ID:j0HTVECY


  ___________________
/\__________________\
|\/                            ̄ヽ
| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
| |  |           ,,,,,-二二‐、_     |  |
| |  |        .〉 ̄ .ヽ   / ./i       |  |
| |  |        ./ ヽi`ヽヽ_i./`.i i       |  |    ここで新たに登場人物の設定がされていましたので
| |  |        / /.i_,,,i´i .iヽ‐i i      |  |
| |  |        / /  ´ :: i i ::  ヽ.      |  |    ついでに紹介しておきましょう。
| |  |       i、 ヽ ,、_ ,,、 .i i,,、,,,、./     |  |
| |  |   ,、-‐ヽi ヽ ゝ/    ̄  〉´       |  |
| |  |   ,i_ゝ/i ヽiミ─‐∠二ゝ‐<_、_    |  |
| |  |  /i /  ヽ  i三三 三 /    \i    |  |
\\ \_______________/ /
  \\________________../
    ̄    ||          |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●シュウ
陽気な科学者。共和国軍の長老、アイザック将軍の次男。
兄、アイザック・ケンドール大佐は、ブラッドロック戦役で壮烈な戦死を遂げた英雄。
父の強い希望によって科学者の道を歩む。
○年齢:15歳
○性格:陽気でくじけないタイプ。性格はかなりタフ。ちょっとおこっちょこちょい。
  科学者としてひじょうに優秀であるが、アイザック家の血は争えず、戦闘員としてもすぐれた能力をもっている。
  まだ少年であるが、部下からの信頼も厚い。
○身長:168㎝
○体重:53kg

●エレナ
勝気なプリンセス、エレナは、滅亡したゼネバス帝国皇帝 ゼネバスの一人娘である。
勝ち気で知的な瞳が印象的だ。ゼネバス皇帝に大切に育てられ、わがままな面もあるが、
どんな人に対してもやさしい心をもっている。帝国の星人に慕われ、愛されていた。
シュテルマーとは、小さいころから兄妹のように育った。シュテルマーは、エレナにだけは心を開いていた。

●シュテルマー
冷静な指揮官。帝国軍の英雄にして、ZAC暦2032年の帝国内乱で
ゼネバス皇帝を諌めて自決したガンビーノ将軍の遺児。
父の血を引き、帝国軍のなかでもっとも勇敢な士官といわれている。
ガンビーノの死後、まだ幼い彼をゼネバス皇帝が引き取り、実子同然に育てられる。皇帝の信頼が厚い。
小さいころからエレナと自分の国をつくる夢を抱いている理想主義者でもある。
○年齢:17歳
○性格:冷静沈着。頭脳明晰。いつも冷めていて、彼の笑顔を見たものはいない。
○愛機:攻撃改造型デスザウラー
○階級:帝国軍皇帝親衛中隊中尉(皇帝付き武官)
○身長:178㎝
○体重:62kg


●邪悪の皇帝 ガイロス
その生まれ、年齢、素顔など一切不明。
ただ情け容赦のない残虐な戦いぶりは、想像を絶するものがある。
勝利のためには手段を選ばない。


799 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:55:30 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛


                                     / ̄ ̄\
                                    _ノ  ヽ、  \
                                   (○)(○ )   |
                            .       (__人__)   u  .|
     それにしてもここからはなぁ……。   .        ヽ`⌒ ´    |
                                    {       /
                                    lヽ、  ,ィ'.) ./
                                    j .}ン// ヽ
                                    ノ '"´  ̄〉  |
                            .        {     勹.. |
                                    ヽ 、__,,ノ . |


         ____
       /     \             設定がかなりぶっ飛んできたお。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \         主人公のシュウはヒストリー・オブゾイドで登場した
  | / .イ '(ー) (ー) u|         将軍の次男で15歳で科学者で指揮官。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \         どんだけ親の七光りって話だお。
 /\ ヽ


800 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:57:15 ID:j0HTVECY


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \         あと、ここでエレナが登場したお!
    /   ///(__人__)/// \
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|     第二期展開では最重要人物の一人になったわけだが
        !  (__人__).u |
          , っ  `⌒´   |     第一期でのエレナ出番は……。まだ言うまい。
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |


801 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 22:58:46 ID:j0HTVECY


     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \       シュテルマーはありきたりなライバルキャラだお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /        それ以上もそれ以下もなく。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


  ___________________
/\__________________\
|\/                            ̄ヽ
| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
| |  |           ,,,,,-二二‐、_     |  |
| |  |        .〉 ̄ .ヽ   / ./i       |  |
| |  |        ./ ヽi`ヽヽ_i./`.i i       |  |    ガイロス皇帝はいきなり邪悪扱いされているところも
| |  |        / /.i_,,,i´i .iヽ‐i i      |  |
| |  |        / /  ´ :: i i ::  ヽ.      |  |    抑えておくべきポイントではないかと思います。
| |  |       i、 ヽ ,、_ ,,、 .i i,,、,,,、./     |  |
| |  |   ,、-‐ヽi ヽ ゝ/    ̄  〉´       |  |
| |  |   ,i_ゝ/i ヽiミ─‐∠二ゝ‐<_、_    |  |
| |  |  /i /  ヽ  i三三 三 /    \i    |  |
\\ \_______________/ /
  \\________________../
    ̄    ||          |


802 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:00:03 ID:j0HTVECY


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     そして凄まじいのは、シュウが暗黒大陸に渡る展開だお。
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /     まるで冒険ファンタジー作品のノリだお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( 一)(一,      まあ1989年だからな。ファンタジー作品が本格的に定着していた時期だから
   |      (__人__)
.   |        ノ       そっち方向に舵を切りたかったのかも知れんが……。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l      正直、今までの展開を踏まえたら超展開過ぎるお。
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ


803 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:01:01 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.17 】━━━━━━━━━━━━━━

■ついに、共和国軍と暗黒軍の激闘が開始された

 暗黒大陸をめざす、シュウを指揮官とする新生共和国軍の偵察部隊は、
魔の海域「トライアングルダラス」で、暗黒軍の手荒な歓迎を受けた。
だが、歴戦の勇士からなる共和国軍は敵メカを葬り去り、
暗黒大陸に接近し、一気にブラディゲートから上陸を敢行した。

 敵の反撃は思ったより弱かった。しかし、それは猛反撃のほんの前ぶれにすぎなかった。
ブラディゲートに陣をしいて、さらに奥地に一歩ふみこんだとたん、共和国軍は真っ黒な軍団の
猛攻撃にさらされることになった。真っ黒な軍団とは?
なんと、軍団の構成メカは、ゼネバス帝国軍伝説の名機「レッドホーン」を大改造した「ダーク・ホーン」であった。
レッドホーンは、背中に強力なハイブリットバルカン砲と集束ビーム砲を搭載し、
恐るべきメカにパワーアップして共和国軍を待ち受けていた。
 このメカ軍団を指揮するのは、いうまでもなく、かつてはゼネバス帝国軍、
今はガイロス帝国軍の勇敢で冷静な指揮官、シュテルマーである。
シュテルマーは、共和国軍を暗黒大陸の奥に引き込み、そこで一気にケリをつける作戦だったのである。

                         /()/()
                     __,,,//()//()
                    / / //,‐ ()/()´
                    ,,i ヽ/////
                  / ヽ ヽく//イ        ,,,、
                / //>、二二/         i ヽヽ/○
          /‐、  / /// >´ ̄          .i  ヽヽ/
       _,,,,,i.|__.〉‐´ /// /´             i   i .i
      /| /.| .○|/ /////              /.i   i i
     | / .| ○.|ゝ´ ////             / .|   | .i
     フ   .| ○|ヽ二二/  /_          ∠,,,_i──i─ヽ、
     .i‐´/ /ヽ/i  / / ̄─ 二三ヽ /i‐iフ ´ /i‐´ ̄i  ヽ__ヽ
     /  /  / .| | ̄`| | 二>、 /二‐、i  ,,, ‐/ i──|   |   |、
  i‐|二 /  /二i |  |二二,,,,,─‐ ̄`─/ | `‐´ ///‐、  |   |/
   ̄i_//  /_/| |  |,,─´_,,,,,,、──ヽ   __/  ,,,‐´i─‐`ヽ─‐/
    |_i‐ヽ/  `‐()´<二二__i─‐/,,、─i´ ヽ<i/i//´  .` ̄iii く_
     i二i     | i ̄`‐´ヽヽ ヽ/_i ノ_|   .i,,,─,,,,──i  i  | )
         ,,‐、`‐フ─/ /|─,,,_| | |.i/ >─ノノ─ww_─´`ヽ─´´
         / ヽ─i、__/ 〈 i、_ i / |./ .//|__‐,,,,,,__ ,‐´  .|
       ()二  |  ヽ  / /   ̄/  |〈__./────|  ̄|´i´〈_i
       フ   |   .|  /く_ __/ .//──_ /  | ̄  |
       _ヽ  /ヽ /i./   /ヽく //   / /   |_,,‐.´
      / ヽ/  /‐//   /  ─、─__/iヽ __─‐く
     ./\ /  // /   /─ ̄> 〉二二二二iヽ  ヽ ヽ
     ./  i ̄‐.〉/ /   /__<  ___/ヽ/、ヽ i‐´ i
   ,‐、〉 /  /// /`─.〈     ̄ ̄フ、 \__i ヽ ヽ  ヽゝ
   〉´ `ヽ /‐, i_/ / /       ヽく  |‐、‐´ヽ.ヽ ヽ く__
   /``‐ i´ >‐´/i >‐く __        `─`‐´ /‐、ヽ ̄iヽ __ヽ
    ̄─´─∠ヽ_二i | ̄/.i             .|、丿ノ  |  |  .ヽ
        |,,,   /ヽ フヽ′             ̄─‐.,,,,|,, ‐.─´
        | . ̄ ̄| ヽ/
        ────´


804 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:02:52 ID:j0HTVECY


■シュウの決意

 シュウは敵の予想外の攻撃をうけ、レイノス飛行隊に対して命令を下した。
ヘリック大統領に援軍の要請をすることであった。
「中央大陸に戻り、大統領に援軍を送るようにたのんでほしい。
 偵察するにも、この戦力では一歩もすすむことはできない、と伝えてほしい」
「わかりました。自分はただちに出発します。
 よい知らせを自分がもってくるまで頑張ってください」
 レイノス飛行隊はあっというまに雲のなかに消え去った。
懸命なら諸君なら、なぜ無線で連絡しないのかと思うだろうが、魔のトライアングルダラスは
磁気嵐が吹き荒れていて、いっさいの電波が通じないのだ。

 シュテルマーの指揮する暗黒軍の攻撃はますます激しさを増していった。
共和国軍の負傷者は増え、食料も完全に底をついた。しかし、戦意は決しておとろえることはなかった。
それどころか、接近するダーク・ホーンをことごとく撃破し、さすがのシュテルマーも作戦の変更を考え始めた。
ガイロス皇帝も、ことのほか長く戦いにいらだちを見せ始め「シュテルマーの攻撃がてぬるい」とせめたてた。
シュテルマーはついに最大級の総攻撃を全軍に命じた。

      _
      | .i
      |  .i
      j  i
      .i  j
      .i   ゙,
      .i   ゙、
       i    ヽ
   ,-‐‐-.j     \
   'フ7,-、ゝ__    ヽニ=-
        __,,,,`ヽ、   `'‐、- 、  /iニニ/゙ヽ                  _,,
    ,,-‐‐二二フ-''''-ヽ─‐/三7 ゝ/ニ./ヽ_ノ                 .//
    .`''‐-i,,_i ̄i三i三/  /三/ //ヽフ──、_,,,,-=''''´      _,,,/ /
         ̄ `'''ヽ .ヽ ヽ / 7__/二二ニ/ ̄i─────‐i.i─-,二ニ=--
           ニニゝ ヽ/ / // ヽ ヽ三彡二i二二二二二二/'''\.\
              `\ゝ∠フヽ /'''iヽ ヽ/`''''´            ヽ、.\
                   ヽ// /ii─二ゝ三ヾ///             \\
                    ヽ彡´ `'''‐-、`ヽ二´               ̄
                            `''‐ニ、‐-、_
                                ` ヽ`=,,、
                                     ` '''=-


805 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:03:44 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\           ええっと、シュウって「科学者」で「15歳」だったはずだお。
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |          どうみても軍人、それも指揮官で偵察というより進軍してるお。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)          まあ偵察作戦だから戦力も小さい、
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ          という先入観から捨て去った方がいいんだろうな。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



       ___
    /     \
   / ヽ  /  丶        それにしてもカノンフォートとレイノス、
  /  (●) (●) ヽ
  l::::⌒(__人__)⌒:::u:l         特にカノンフォートはこっちだと強すぎるんだお。
  \  |r┬-|   /
  /   `ー'´   ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l


806 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:05:09 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.17 】━━━━━━━━━━━━━━

■ビッグ・ジョン敵地をさぐる

 共和国軍にビッグ・ジョンと呼ばれる少年兵がいる。シュウよりも若く、まるで子供のようだが、
大人にまけない、いやそれいじょうの勇気を持ち、すごい働きをするので
誰いうこともなくビッグ(大きなやつ)ジョンと呼びはじめた。ジョンの仕事、それは偵察であった。
どんな敵も、子供は相手にしないのだ。兄ともあおぐシュウが未知の大陸にわたるときいて、
一肌ぬごうと、ついてきてくれたのだ。
 シュウは、ビッグ・ジョンが暗黒大陸の奥地へ忍び込み、敵兵や街人から聞き出し、
手に入れてきた情報を聞いた。それによると、この大陸を支配しているのはガイロス皇帝で、
中央大陸を攻撃した目的は、帝国軍のメカと兵士を手に入れることだった。
すぐれた帝国メカと兵士によって暗黒軍を最強の軍団にし、共和国軍を滅ぼし、ゾイド星を完全に支配する。
それがガイロスの野望なのだ。そしてガイロス城のなかに、ゼネバス皇帝の エレナ姫が捕らえられていること、
ダーク・ホーン部隊の指揮官も元ゼネバス帝国軍の勇士で、エレナ姫を人質にされているために
命令に従っているのだということまで探り出してきた。

 シュウは、それ以上に重要な秘密を聞いた。
ひとつは、中央大陸を破壊しているエネルギーがこの大陸のどこかにあること、
そして、もうひとつはビッグ・ジョンが敵地へ忍び込むために発見した秘密のルートのことだった。
 シュウは、その秘密ルートに、小型速攻メカ、ハウンドソルジャーとキングライガーを投入。
敵の背後をたたく作戦を立てた。敵はその狭いルートからメカが突入してくるとは思っていないはずだ。
 シュウの狙いはあたるのか?
 暗黒大陸の戦いは、一気に変わるのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\       15歳のシュウより若かったら、間違いなく子どもに決まってるお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |      というか「偵察」するだけなら、
/     ∩ノ ⊃  /         このビッグ・ジョン少年を送りこんでおけば済んだ話になってるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


807 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:06:47 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.18 】━━━━━━━━━━━━━━

暗黒軍の決定的な弱点、それは空軍力であった。
若き指揮官シュテルマーは、早くからガイロス皇帝に空軍力の強化を進言したが、
軍上層部には聞き入れてもらえなかった。彼の懸念は的中した。
空の守りの弱さをつかれ、暗黒軍は「ブラディゲート」「ゴッドクライ」の戦役を通し、
新生共和国軍に暗黒大陸の奥深くまで侵入をゆるしてしまった。

■空戦

 ヘリック共和国軍の指揮官、シュウは、中央大陸から届いたばかりのサラマンダーF2に乗り、
空から「デビルズメイズ(悪魔の迷路)」の偵察に出た。次の戦場となる「デビルズメイズ」は、
陸から攻めるには多くの犠牲を払うことになるが、空から見れば、無防備な迷路の谷にすぎない。
シュウは、サラマンダーF2部隊を主力に、この作戦を進める事を決心した。

「全機に告ぐ、よくこの地形を覚えておくように。悪魔の迷路は、君たちサラマンダーF2部隊に任せる。
この攻撃の成功がこれからの戦いを決定づけるだろう。検討を祈る」

 作戦実行の朝がきた。チーフパイロットのバード少尉は、シュウ達に見送られて編隊を組み、
デビルズメイズを目指し出撃した。まだ、暗黒大陸は眠りの中にあった。
なんの抵抗もなく、迷路の上空にさしかかる、バード少尉はサラマンダーF2の翼を左右に振り、
一斉に攻撃の合図を送った。
                                       //
                                    //
                                  / /
_____                         ///
`'‐-、    ` ̄ ̄'────-、__         ///
   `'‐-、 __,---------------〉      ///
      `'‐-、   \\,------―ヘ      / /\ヽ、‐,x,―¬‐‐ー、__
          `'‐-、__,------  `'──'´   `\ ''ゝ`─'´ ィ‐─フ
             `'‐-、 ヽ、 /\/\_\\/ ヘ..j,─´ rゞ
                `'‐-、// /  ゙i゙iヽ ヽヽ /-入`ヽ、 \
                   'ゝ' _Jリiノヘ; ソ <」.).三三)'´  ゙゙''''ヽソ
                   :( 厂∥にン  |     lコ
            'くニ''---rー':'7'!i'、斗ヘ(  |  | ̄| |‐´
              `‐'=-<ンハニ⊥ '冖ニ'’/ ///
                     ゙い _jur..r'  lエl |
                     _イVナ ヘ ハ_ニ0‐‐ニ0
                    イ  / ̄l  ソ / ゙̄i
                    │  i   |  | i__|
                    |1  |  |、  ヘ! ヘ-\ゞ
                   ..ェ;夕',----l>‐ `ヘ/`゙ー..ゝ
                    ヘ ! ヘ-\ゞ
                      ヘ/`゙ー..ゝ


808 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:08:27 ID:j0HTVECY


■ギルベイダー出現!!

 その一瞬、サラマンダーF2部隊のパイロット達は、空が真っ暗になったように感じた。
「くたばれ、共和国軍!!」
 冷静なシュテルマーの口をついてでた言葉は、彼自身の気持ちをよく表していた。
そう、いままで敗け続けてきた暗黒大陸の戦いに、はじめて勝利を確信することができたからだ。
シュテルマーが握っている操縦桿こそ、恐怖の破壊メカ。
それは、翼は飛ぶためではなく限りなく破壊することを、その胸は砲撃のために、頭部は敵をとらえるために。
全身が攻撃パワーに満ちあふれている。
 ギルベイダーの翼についた回転ノコ(ビームスマッシャー)が、サラマンダーF2を切り裂く。
胸のプラズマ粒子砲が正確に敵を打ち落とす。デビルズメイズの空は一瞬のうちにサラマンダーF2にとって
悪魔(デビル)の空となった。


                 i     ヽ             / /ミミミ /         ,,,
                 i`ヽ‐-,,,,,,,ヽ           / /ミミミ /       / /  ,,-''
                 i  i    ゙i         // ̄ヽミ/ /       ///,,,-‐''´
                 /、/ ̄\  j       / /ミミミミ/        i ゝ/
                i''ヽi  ,-、 i .i     /i///三三三/         / /
                ゝ .i ヽ丿 ヽヽ  .iフ/ /   ヽ三 /         //
                ,ヽ i    /  i  ,,i /     / /        / /
                 ヽヽ、_/  ,,i、 i /j     / /       ./  ./
                  i  ミミi ̄ミミ/ // i    /  /       /   /
                  .i  ゞ二二ゝ/ ゙゙ヽ-''  / >,,,,,_,,-'´   /
                   i ̄──ニニヽ i二二ii  / /二ニ‐'''  ,,,-'''´
             /iヽ-<_>‐''''´ ヽヽ/ /フ-7<ヽi|| (),-,=ニニ_
             / /フ二>-フ  /ヽヽ/ /iヽヽ-\ i//<_/ /-,,
            / .'//,,''゙∠ / /ii/ヽ ヽ─ヽ彡ヽ─i-‐ヽ、 iゝ_ii
           / /゙゙゙w/,--\ヽヽ彡| |/  /ヽ ヽヽ彡     ゝ-ゝヽ´
                //  /-//// ̄''  ヽニ二_i,,,7   ヽ/\j゙゙`
             -<__/  /   ´       ヽヽヽ i       ゙
            .//// //i/             .ヽゞヽi 〉
           ´ i/ i/'''´              /7フ ヽ
                               i ii、 i,,,_ヽ
                               ∨ ヽi ヽi

■シュウの決断

「まさか!」
 決して予想できなかった事ではなかった。しかし、シュウにとって暗黒軍の飛行メカの出現は意外であった。
それも新生共和国軍のもっとも優秀なパイロットが率いるあのサラマンダーF2部隊が全滅したとは。
バード少尉から最後の通信が入った時、シュウは無線機の前からしばし動けなかった。

ギルベイダーとは?

 シュウは直ちに作戦の変更をした。
「マッドサンダー全軍による総攻撃を開始する。
 危険だが、一気にデビルズメイズを制圧するのだ」


809 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:09:03 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \       相変わらず15の小僧と思えぬ貫録振りだお・・・・・・。
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /


810 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:11:14 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.19 】━━━━━━━━━━━━━━

キミがつくる
キミが動かすオルディオス

 暗黒大陸で快進撃を続けていた新生共和国軍の行く手に立ちはだかったのは、
シュテルマー率いるギル・ベイダー軍団であった。
ギル・ベイダーは共和国軍のメカをつぎつぎに破壊して進撃を開始した。
共和国軍の前線基地は、抵抗できぬままに突破されていく。
共和国軍の司令部には、苦戦する味方からのSOSがひっきりなしに届いていた。
 ギル・べイダーの前には、もはや打つ手がないのか?
 大軍をひきいたシュテルマーが共和国軍の残存部隊にとどめをさそうそうと総攻撃を開始した時、
鉛のような雲におおわれていた空から鋭い光がさしこんできた。そして、超高速で一機のメカがまい降りてきた。
ひそかに共和国軍が開発を進めていた新鋭メカ「オルディオス」であった。
 空からの攻撃に弱い暗黒軍の弱点をつくために開発されたオルディオス。
 時空間を自在に飛び、超高速で攻撃をしかける最強メカの誕生である。
 翼を広げ、いま、オルディオスはゾイド新時代に飛び立つ。

                                       ,,,
                                      / .i./i
                                     / // .i
                                   ./ ,,/ ./
                                  / .//=/
         \                      / ./彡/彡i
          .ヽ、                  / ,,,/彡三/彡i
           ヽヽ               / /彡三三 /三/
            ヽ.ヽ、、 _         / /彡彡三三/三/
          /==-ゝ__‐ヽヽ        iゝ/三三三三=./三/
           ヽ<`=´__ \二ゝ    / iミヾ三三三 /三/
              ヽヽヽヽ二>   / /ミミミ 三三/ /
               i i‐ i ヽ二ゝゝ / /ミミミミミ_//
             、ヽ i/i__ヽ、 ゝ二/ /ミミミミミ/ /
               iヽ <ヽヽ/  /ミミミミ//
              >‐/  \.ヽヽ‐、ヽミミミミ/く
          ,‐ヽ─i‐.i  /\  ヽヽ >/i i─_\\,,
          ゝ__/__ヽヽ‐、ゝi_ \ゝ 、 i i─二─ \
          ヽ ヽ ヽ ̄\─/、 ヽ_ゝi_ヽi /ヽヽ、/i
           ヽ ヽ  ヽ ゝ,‐、ヽ i  i ヽヽi /iヽ `‐´
           ヽ___ゝ、  く i   /`ヽ、ヽ/ヽ ヽ//ヽ、
            ヽ i i  \i  i iiiiiiiiii‐、ヽ/ /、/ .ヽヽ、
             \ヽ     ヽ 二二 /ヽ__〉 ヽ ヽ.ヽヽ
                      ヽ_/ヽ、  \ ヽi ヽ ヽヽ
                       ヽ   ヽ  ヽ/ヽ  i .iヽ
                        ヽ ,,,、ヽ  ヽ‐ ヽi  i .i
                          ゝ__,,i    ヽ `i  iヽ
                          ヽ  i    ヽiヽ ヽ.ヽ、
                           `i ヽ__   ヽヽ  ヽヽ_,,,
                            ヽ/ .i     ヽ\_,,,,,,‐<,,
                             \.i


811 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:12:22 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛

         ___
        / .u   \                ちょっと待つお。
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)  「オルディオスは時空間を自在に飛び」って……
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)           ワープ可能という事かも知れないだろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


          ___ _
       . /  >‐-、\
     . /~ヾ, j|  。 } \        ゾイドゾーンに設定が帰ったのかお・・・?
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


812 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:14:12 ID:j0HTVECY


  ___________________
/\__________________\
|\/                            ̄ヽ
| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
| |  |           ,,,,,-二二‐、_     |  |
| |  |        .〉 ̄ .ヽ   / ./i       |  |
| |  |        ./ ヽi`ヽヽ_i./`.i i       |  |    ともあれこのVol.19と次のVol.20での戦闘描写はごく僅かで
| |  |        / /.i_,,,i´i .iヽ‐i i      |  |
| |  |        / /  ´ :: i i ::  ヽ.      |  |    機体の設定解説が主になっていました。
| |  |       i、 ヽ ,、_ ,,、 .i i,,、,,,、./     |  |
| |  |   ,、-‐ヽi ヽ ゝ/    ̄  〉´       |  |
| |  |   ,i_ゝ/i ヽiミ─‐∠二ゝ‐<_、_    |  |
| |  |  /i /  ヽ  i三三 三 /    \i    |  |
\\ \_______________/ /
  \\________________../
    ̄    ||          |


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドグラフィックスVol.20 】━━━━━━━━━━━━━━

オルディスを指揮機とする新生共和国側の猛攻撃に、さしもの暗黒軍も危機をむかえた。
しかし、暗黒軍も秘密基地でニューメカの開発を進めていたのだ。
そして、新たな軍団編成も…。両軍団は、ついに「逆襲の河(リバー・オブ・リベンジ)」で激突の時を迎えた。

 新生共和国軍は、オルディオス中隊を先陣に、空と陸の二面作戦で奇襲をくりかえし、
暗黒軍の前線基地をつぎつぎに突破してきた。なかでも活躍のめざましかったのは、
トランスファイターで編成した特殊部隊である。
敵中ふかく侵入し、偵察・破壊工作の危険な任務をこなし、中隊の進撃をたすけた。
 その特殊部隊が暗黒軍の秘密基地にせまったそのとき、
とつぜん轟音が響き、あっという間に特殊部隊は炎につつまれた。
 巨大な口から火炎を放射し、おそいかかってきた暗黒軍メカは?
 新生共和国軍の総攻撃に備え、暗黒軍が開発した切り札「ガン・ギャラド」である。
ドラゴン型をプロトタイプとして、飛行時ポジションからバトルフォーメーションに変形する。
その武装は、火炎放射器、ハイパー荷電粒子砲など最新にして強力だ。
そして、暗黒軍部隊の指揮機として実戦配備されたのだ。


813 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:16:20 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛




             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |      ゾイドグラフィックスの記述から戦闘描写がなくなってきたわけだが
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |       この時期の箱での解説では共和国軍がゼネバス皇帝を
           {         |        救出しようと動いているという話が述べられている。
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、      以下はショットイーグル、ゴルゴランチャーのものだろ。
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━【 ゾイドバトルストーリー<出撃!共和国TF部隊> 】━━━━━━━━━━

ZAC2056年、ヘリック共和国軍は真の目的を達成すべく
ガイロス暗黒軍に対しゼネバス救出大作戦を敢行した。
この作戦の中で最前線に配備されるべく新部隊が編成された。TF特殊攻撃部隊である。
オルディオスとのフォーメーションで暗黒大陸への作戦が始まった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛

         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \      暗黒軍を呼び寄せた張本人を
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /      みんなで助けるために戦っていたのかお……。
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./


814 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:18:41 ID:j0HTVECY


               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |          そして次のVol.21では
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |          キングゴジュラスが登場。
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉   大活躍して・・・・・・
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ




      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |     大活躍して?
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |


815 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:19:35 ID:j0HTVECY


             / ̄ ̄\
            / ノ   .u ヽ
            |  (●)(●) |        ゾイドグラフィックス自体が終わっただろ。
            |.u (__人__) |
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"




         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・


816 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:20:26 ID:j0HTVECY


                      .:.:...        :.:.:                    :: :.:.:.:..     :::.:.
                      :.:.       .:.:.:..                    ..::.:     .::.:.   ::.:.
                       : ..: ::.. :. :::: :.::.         -──―-、        :.::    ::.::.:.:
                  : :.                   /                     .:.::    .:.:.::::.
じゃ、じゃあ隕石が        :.:                /、_ ー'    、、_,        .:.:.: ::.:    .::.:.  :.:.
衝突するって展開は        ::.:               //(_,|'      /´)`ヽ、   .|          :.:.:.:.:
                    .::.                 l  ー' / / / /lー cノ    l
どこに書かれていたんだお?::.:                >-─-、人__)  ̄ '"'   /
                        .:.:.::::.        /     .lー'        /      .:.::.:.:...
                        ::.:.  :.:..      / `''    /          く      .::::   ::.:
                  .       :.:.:.::     /      /

  ___________________
/\__________________\
|\/                            ̄ヽ
| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
| |  |           ,,,,,-二二‐、_     |  |
| |  |        .〉 ̄ .ヽ   / ./i       |  |
| |  |        ./ ヽi`ヽヽ_i./`.i i       |  |
| |  |        / /.i_,,,i´i .iヽ‐i i      |  |
| |  |        / /  ´ :: i i ::  ヽ.      |  |   デスキャットのパッケージの解説文で触れていました。
| |  |       i、 ヽ ,、_ ,,、 .i i,,、,,,、./     |  |
| |  |   ,、-‐ヽi ヽ ゝ/    ̄  〉´       |  |
| |  |   ,i_ゝ/i ヽiミ─‐∠二ゝ‐<_、_    |  |
| |  |  /i /  ヽ  i三三 三 /    \i    |  |
\\ \_______________/ /
  \\________________../
    ̄    ||          |


817 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:22:47 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━【 ゾイドバトルストーリー<終焉> 】━━━━━━━━━━━━━━


ZAC2056年、共和国軍と暗黒軍との戦いはその戦場を暗黒大陸に移し、
かつてない激しい最終決戦の時を迎えようとしていた。
共和国軍は新鋭ゾイドによる大部隊を編成し、総力をあげての大反撃を開始した。
次々と襲い来る暗黒軍ゾイドの奇襲攻撃により多くの損害を出しながらも進撃は休むことなく続けられ、
オルディオス、バトルクーガーら新鋭飛行ゾイドの支援を受け暗黒軍の首都にたどり着いた。
この共和国軍の大反撃作戦に対し暗黒軍はガンギャラドを戦線に出撃させオルディオスとの激しい空中戦を
展開した。一進一退の攻防を繰り返す中ヘリック大統領は一歩も引かぬ覚悟でこの総力戦にあたっていた。

しかしギルベイダーの参戦により戦況は徐々に暗黒軍にとって有利な方向へと傾いていった、その時である。
山を砕き、大地を揺るがし超巨大ゾイドが出現。一瞬にして数十体の暗黒ゾイドを撃破した。
これこそヘリックが待ち望んでいた最終決戦用の切り札、キングゴジュラスである。
その空前絶後の超破壊力の前に暗黒軍は次第に劣勢へと追い込まれていった。

だが、両国の存亡をかけた大決戦に決着がつこうとしていたその頃、
ゾイド星の運命を左右する大異変が起きようとしていた。
遙か宇宙の彼方からゾイド星を含むゾイド太陽系に向け一つの巨大な彗星が大接近してきたのである。
彗星はゾイド星の三つの月の一つを直撃した。凄まじい衝撃と共に月は崩壊し、砕け散った破片はゾイド星を襲った。
破片は隕石と化し猛烈な速度でゾイド星の中央大陸の反対側に落下。
月の一つを失ったゾイド星は引力バランスを崩し地軸がずれ、強力な磁気嵐はすべての戦闘用ゾイドを
活動不能にさせた。それだけではない、落下した隕石は大爆発を起こし数十キロもの大クレーターを作った。
その際の衝撃は地殻変動や大津波を引き起こし中央大陸は三つの大陸に引き裂かれ、
暗黒大陸の一部は海の中に沈んでいった。
共和国軍と暗黒軍との戦いの結末と共に・・・・・・。


   、  `  ヾ  、 ` ヾ 、  ' , ' ` 、′。 `  ' 、 . 、 ′ 。 . ,   '
 '  ' ヾ 、 ヾ、 `、 . '`、′。.・`; '、.・. '`、′。.、′。.・`; '、. `  ' 、
。 . ` ;   ' 、 '、′' . '、′' ・. '、ヾ 、` ;人. /;′。.・"; '、.・" 、 ′。 ` '、.
' 、 ′'、′'  、`' . 'ヾ `、ヾ 、`、,,  ',. '`、′。.・`; '、.`; '、.・" 、 ′" 。 . `
. '`、′。.・`; '、.、ヾ 、` ヾ・、 ', :  :  :,' , ', ,' '`、′。.・`; '、.・。 ` '、.
 '、′' . '、′' ・. ' 、,,  ',`  :   ::  :   :  ::  : /;′。.・"; '、.・" ` '、.
'、′'  、`' . 'ヾ `、ヾ 、` :  :   :      :   :   :, : /. '`、′。.・`; '、.・
、′' ・.'、ヾ 、` .\  、 `                    ," ´, ′( /:′。.・"; '
. '・.. '・、`ヽ `、  、                       ,  ,' ', _,. - '. '`、′。.
   `ヾ\'i,  ` 、                           ,  ', ,i '/,′",//
  \.`ヾ\ ,,)`   、                        , ' , ',  ´( / 〃´,. '
    `ヾ\'i,  `                          ,  ', ,i ’/,′",//
     \、ヾ \                            /, 〃, 〃/      ,゚
     `ヾ\'i,                              ´/,. ',〃/  ::    , 。
      ゚ \、ヾ                           ,/〃´,. '
.、、、 --- ―‐ 、`ヾ、                         ,〃´/,. '  `` '''''''' ―‐---  、.,,
:: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.: ..: :: :.:
: : :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.: ..::: :.:


818 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:23:28 ID:j0HTVECY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━┓
┗━━┛


  ___________________
/\__________________\
|\/                            ̄ヽ
| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
| |  |           ,,,,,-二二‐、_     |  |
| |  |        .〉 ̄ .ヽ   / ./i       |  |
| |  |        ./ ヽi`ヽヽ_i./`.i i       |  |
| |  |        / /.i_,,,i´i .iヽ‐i i      |  |
| |  |        / /  ´ :: i i ::  ヽ.      |  |   以上が第一期ゾイドにおけるトミーの公式展開でした。
| |  |       i、 ヽ ,、_ ,,、 .i i,,、,,,、./     |  |
| |  |   ,、-‐ヽi ヽ ゝ/    ̄  〉´       |  |
| |  |   ,i_ゝ/i ヽiミ─‐∠二ゝ‐<_、_    |  |
| |  |  /i /  ヽ  i三三 三 /    \i    |  |
\\ \_______________/ /
  \\________________../
    ̄    ||          |



         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j            ええええええええ
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )       シュウは?!シュテルマーは?!
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /          それよりエレナ姫の出番はどうなってるお!?
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)     ゼネバス皇帝はどうなったんだお?!
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `  --‐'´ `゙' 、_.)



                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\          ゾイドグラフィックスにおける、
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|          個々人の描写はVol19で終わっているだろ。
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }           だからシュウもシュテルマーもエレナも不明。
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).     そしてゼネバス皇帝もどうなったか記載はないだろ。
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´


819 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:24:12 ID:j0HTVECY


                                                 ごごごごご
                                     _ --― - 、
                                  _,__'´    \     `ヽ、
                                 (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
                                 / ̄     ̄ ̄      i
                                 ,' l、_人  ノ         l
じゃあ当然、中央大陸を                  i    l .l  ̄  ,    u   l
                                 ヽ  l l    /       /
破壊しているエネルギーってのも……。           `.l、_ノ__        /
                                       `l        `、
                                       /       ヽ、
                                   __/     _/    `ヽ、
                                   `ヽ、_/l  <_/     l
                                       l              l
                                        ヽ、        /
                                         `l   _,-   /
                                          l   /  /
                                         / ./ヽ、〈
                                          ̄    `




           / ̄ ̄\      *'``・* 。
         /   _ノ  \     .★     `*。
         |   ミィ赱、i .i_r赱   |       *
         |  ::::::⌒ (__人__)   .|       *     投げっぱなしに決まってるだろ。
         |     トエエエイ ./⌒l|       +゚
        . |     `""´} /  ノ       ゚*
        . ヽ        }/   /      +゚
          ヽ     ノ'  /     。*゚
.  , -―――一 ´        /   。*・ ゚
 ( _   _         /  。*・ ゚
    ""''',。 ヽ       。*・ ゚
      +  │  。*・ ゚ 〈 * 。
      `・+。。*・ ゚  ヽ_ ヽ、   `*。
         ヽ      \l     *
          \__、   |     *
            /  〉   く     ゚*
           _ノ   \__) ~。*゚
         (   /     ☆
          |_ノ''




          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \   ハハハハ バロス
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く


820 名前:名無しのやる夫だお[!sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:24:48 ID:zQxcNBXQ

俺たちの戦いは


821 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:26:43 ID:j0HTVECY


           __
         /   \
       /    _ノ \
     |     ( ●) )      新機軸を目指してミリタリー路線から脱却しようとしたが
     |        (__ノ_)
,      |       ` ⌒ノ      脱却しきれず何もかも中途半端になってしまったわけだ。
       |.           |
      | _____   |       さらに新たに人物を用意したのはいいが、
       /::::::::::::::::::::| ../       他のメディアと連動しておらず
     _ゝ_,─::、_|./ー,
    /´::::/.:::::::::::\`|::./      地名、地形などの設定さえも小学館学年誌と連動していなかった。
 /:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::\|
/::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::\,
 ::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::\





                              .            / ̄ ̄ ̄\
                              .           /─    ─  \
だから児童層が感情移入しやすそうな15歳、           / (●)  (●)  ヽ
科学者という設定だったはずなのに                 |  (__人__)  u.   |
                                       \  `⌒ ´    __,/
やっていることはミリタリー系の指揮官っていう  .           /            \
ちぐはぐな事になってしまったわけなんだお。         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                   (,,)          |       (,,)
                                    |           |        |


822 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:28:27 ID:j0HTVECY


            ___
.         /     \
        |_ノ ヽ、_   |
        |●) (●)  |           そしてゾイドグラフィックス全体に言える事だが、
        |(__人__)   |
       _| `⌒´   |、- 、__       ゾイグラは店頭配布の小冊子でキットに同梱されておらず
.     r..´:ヽ      /:|:::::::/ヽ      その結果、第一期世代に対してアピールが弱すぎて
.      | ::::::::|\  ./:::::/:::::/ ::::::|      ほとんど記憶にもとどめてもらえなかっただろ。
.     !、 :::::l/|二|ヽ、/:::::/::::::::::|
       |::∨ ::::|  ∨::::::::/ :::::::::/
       ∨∨゙::|   .∨:::::|::::::::::/
.         | ::∨:|    | :::::|::::::::::|
.        |:::::l ::|  /| :::::|::::::::::|
.         | ::::|:::|    | :::::|::::::::::|
       | ::::| ::|  / .| ::: |::::::::::|
      /::::/::::|/  | :::::|::::::::::|、
      〈 ::/ :::/   〈 :::: |::::::::::|/
      |/::/ヽ、__| :::: |::::::::::|〉
      /:::::|\_____| ::::::|::::::::::|ゝ


823 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:29:04 ID:j0HTVECY


                                               __
                                             /    \
                                             | \_    .|
対して小学館展開は学年誌やコロコロなどで                    | (●)   |
毎月ジオラマ写真での話が読めるわけだし                 __(人__) __|,二ヽ- 、
                                         ∠爪∠!´ ̄    .`l    \
ゾイドバトルストーリーは第一期が終了するころまでは        (___∨  ヽヽ、/      ∧
①から割と容易に入手できただろ。                     ∨  ∧ .`ー ‐ヽ、´ヽ      ∧
                                          ∨  ∧     \ ヽ    ゙∧
                                           ∨  ∧      .∨ |      ∧
                                               ∨  ∧      ) `ヽ     |
                                            ∨  ∧       /_   .|  ゙\|
                                             _∨_, -`─::´ ̄::::::\/.   \〉
                                           /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_  \/
                                           |::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,\__ゝ
                                         X/:::::::::::::,!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                        /:/::::::::::::/ .T'.TT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄TT'.T
                                      /::::/ ::::::::: /  .| | |           | | |
                            .    ,- 、__/` :::::/::::::::::: /   | | |           | | |
                            .    \   l `ヽ、__」::::::::::::/    .| | |           | | |
                            .     \_\   ∧:::::::::/     | | |           | | |
                                    ゙i__\_ ∧::::/      .| | |           | | |
                                       ゙i__∨        | |_l           |_| |

         ___
       /      \
      /  _ノ   ヽ_\              だから知名度は圧倒的に
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __       小学館のゾイドバトルストーリーの方が
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /       高かったわけなんだお。
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ


824 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:30:41 ID:j0HTVECY


             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |        この時期、同じようにアニメにメインを頼っていなかった
            |  (__人__) |        SDガンダムのBB戦士シリーズが取扱説明書にコミックを掲載して
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }        講談社のコミックボンボンとは異なる展開になっても
          __,, -ヽ     ノ -、       ほとんどの場合メイン認定されているのが
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \     キット掲載分だったりするのとは対照的だろ。
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"


                                     ___
そう考えると第二期は                       /      \
連載はコロコロコミックメインで                    /_ノ   ヽ_   \
                                   /(●)  (● )   ヽ
カタログを兼ねたグラフィックスも                |   (__人__)        |
しっかりキットに入っていたから              \   `⌒ ´      /
                                  /            \
その教訓をしっかり汲み取って             | ̄ ̄ ̄ ̄|~|       |
いたって事なんだお。       .          /  |        | .|-、  ノ   |
                    .         //  (つ       .|と  ̄”     ノ



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \              だな。
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)             まあ、第二期も極初期はアニメとも
       |     ` ⌒´ノ             連動していると謳っていたんだが
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }              途中でアニメはアニメ独自の路線に向かったから、
       ゝ  ノ    ノ              多少混乱はあったんだが
     /   /     \
    /   /        \            それでも第一期の混沌ぶりに比べれば整然としていただろ。
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


825 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:33:11 ID:j0HTVECY


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|     というわけで一通り
        !  (__人__)  |     トミー公式展開については語り終えたので
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /      次回は・・・・・・。
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |




        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \    次回はなんだお?!
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


826 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:33:49 ID:j0HTVECY


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \         お待ちかねの小学館展開、
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)        まずはゾイドバトルストーリーについて語る事にするだろ。
.     |     トエエエイ
.     ヽ     `""´}
       ヽ     ノ        \
       /    く  \        \
       |     \   \         \
        |    |ヽ、二⌒)、          \




   ┏┓  ┏━━┓         ___         ┏━┓┏━┓
 ┏┛┗┓┃┏┓┃        /⌒  ⌒\.         ┃  ┃┃  ┃
 ┗┓┏┛┃┗┛┃┏━━ /( ●)  (●)\━━━┓┃  ┃┃  ┃
 ┏┛┗┓┃┏┓┃┃   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ┃┃  ┃┃  ┃
 ┗┓┏┛┗┛┃┃┗━ |     |r┬-|       | ━┛┗━┛┗━┛
   ┃┃      ┃┃     \      `ー'´     /      ┏━┓┏━┓
   ┗┛      ┗┛                       ┗━┛┗━┛


827 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:34:20 ID:j0HTVECY


  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  | キターー!!. //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.


────────────────────────────────
 第四回  トミー公式展開 ゾイドグラフィックスとパッケージストーリー 了
────────────────────────────────


828 名前:弟者 ◆G/mRFv/Ji.[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:36:16 ID:j0HTVECY


というわけで今回はここまでとなります。

次回でゾイドバトルストーリーを語って、さらにその次は小学館学年誌展開について語る事にしますので
宜しくお願い致します。


829 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:37:09 ID:zQxcNBXQ

おつ
まぁちゃんと追いかけるのが大変な情報ではあったんだろうな
商品説明としての方がウェイトでかいし
展開が止まれば投げっぱなしもやむなしって感じか


830 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:38:36 ID:zMR0cJ5c


それは仕方ないが多すぎるなwww


832 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:54:40 ID:NFD9mxGI


なかなかにフリーダムな展開よのう。
この頃からゾイドは迷走しっぱなしだったのかもしれん。



スポンサーサイト




 

NEXT    PREV
««     »»


2010/12/12 08:38 | 【開始から】やる夫たちと学ぶ第一期(旧)ゾイド【再開まで】COMMENT(1)TRACKBACK(0)PageTopカテゴリ&記事一覧

コメント

とえりあえず、次にゾイドが復活するときはアニメもバトストも
同じ展開にしてもらいたいなあw

No:4561 2010/12/13 07:12 | #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

・ ネタバレ。

・ 内容に関する異論・反論ではなく、作者への個人攻撃。(罵倒、誹謗、中傷等)

・ 内容の伴わない作品批判。(例:「つまらん」等の一言コメント)

・ その他、荒らし、度が過ぎる煽り等。



管理者にだけ表示を許可する