ヘッドライン(NEWS)
ヘッドライン(やる夫)
最新記事
注目記事

[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです えぬじいふ 6
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(エピローグ)」
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(後編)」
[09/15] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十五話 『ホスピタル』
[08/15] コンビニアイアンメイデン #30
[08/15] 全裸の王様 【 メリーさん 】 & コンビニアイアンメイデン #28、29
[08/15] 全裸の王様 【 赤ちゃんはどこからくるのー? 】
[08/15] 橋の下の超人
[07/18] やる夫たちは五竜亭の常連客のようです 【練習問題その6 チーズと食いしん坊と公平な分け方】
[07/18] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 6 )
[07/02] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十四話 『赤ちゃんのバラード』
[07/02] ストライクウィッチーズ祭り
[07/02] やる夫は○○と相乗りするようです 第12話『Lを貫いて/こわれそうなアイのうた ( 1 ) 』
[07/02] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #29
[07/02] ほむら氏と長門さん 【 修道院 】
[07/02] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 5 )
[06/23] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #28
[06/23] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 4 )
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 終幕 【完】
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第十話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・後編 【完】
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・中編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 2 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 3 )
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第九話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・前編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 1 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 2 )
[06/21] クリスタル氏と長門さん 【 縦笛 】
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第八話

スポンサーサイト

 関連カテゴリLoading...... スポンサー広告 記事一覧 Loading......

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告PageTopカテゴリ&記事一覧

(予告)【ヤラナイコ】 オペレーション・ビター・チョコレート 【バラライカ】

タグ: 予告 R-Type
 関連カテゴリLoading...... 予告集3 記事一覧 Loading......

 
 

317 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:18:19 ID:2W44CJPM


――――――――
「私達は何と戦うのか?
 どこへ行こうとしているのか?」

『アイレムぶるるん2009』より抜粋
         ――――――――

┌――――――――――――――――──┐
|./\                       │
|..\/       _              ...│
| | ̄| .へ/ヽ / ___丶ヽ ..| ̄__⌒.__⌒.l    │
| |  |丶. .( l /  _` l..|  | |  | |  |    │ 「アイレム」
| |  | 丶 ヽl lニニ--'  .|  | |  | |  |    │
| |_|   ヽ/丶`  ̄´.ノ |_| |_| |_|    │
|           ̄               .│
└――――――――――――――――──┘

318 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:19:08 ID:2W44CJPM


┌────────────────────────────────┐
│ある日、太陽系に謎の生命体が襲来した。                   ......│
│                                              ..│
│生命体の群れは驚異的な増殖移動を繰り返し、人々を恐怖に陥れた。   ...│
│                                              ..│
│私達人間は、この生命体を「バイド」と呼んだ。                 ......│
└────────────────────────────────┘

                     /フ
              , -、_ //
       ,-,ー-=  ̄` ー'`ー`' ̄\
     ( ノ  ___;: ; ;:;: ::;:; ;:; ;;ヽ____
      /;:' ::,:' ゚o ヽ ;: ;:::;;::;(二| -====_(=)
     l_;:; `ー   ' ( ゚ ) ;:;: __  ̄/ ̄
     i/`ー、;:;;;: ;::;;.. .. ̄;::;;: l l  ̄# ̄i`-、
      //  ̄`ーl\_ヽ`、__| |[::] ̄ ̄ _l
     .//     i l   \入 ヽ_ヽ/ ̄
     `'    .   ! !    `'
            l、,|


319 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:19:39 ID:2W44CJPM


┌──────────────────────────────────────────┐
│バイドの進行を妨げるべく開発された次元戦闘機は                             ...│
│                                                            ....│
│その機動性と戦艦並みの火力によって、局地的にはバイドとの戦いでめざましい戦果をあげた。   .│
└──────────────────────────────────────────┘

                                /r=i      //ラ
                                //〔/   ,--v// /
                          ___,-'ィ-、>v/7 //=/::::............
                        /:::   `l==/(ニiニー/=イl    ::::::::
                       /::`-、  三トー'-、/_// /ー'::::::::::::::::
                       Y ̄`ト|==フーr'::ノ三///_,--、...............
             _,,-r─-、_  7/`ー──-、_ノ ∠-< __|レ─-、:::::::::......
          _,,-'' ̄::::::::::: ̄`-、-ニ-' '  _,-─llコ-'-<`-、>\ .::>ミi |.....................
       _,-' ̄::::::::::::::     ノO〕/|  r'::::;-' ̄`-、  |__,-|`Y /ミノ:::::::::
    _,-' ̄::::::::::::::::::::::::::::::;-'o/ Lr|l-' ̄\::::::::::  |   |。  /./o/へ〈:::::::::
 ,-' ̄:::::::::::::::::::::::  _,,7-'' ̄,-─' ̄トr-iー | |_r─-|_= o iir',-、/、_/::|
/:::::::::::::::::::: _,,-─'ニt─'フ`ー'  `-、] /i__,-─=コ__,,--L-:::〉__つ、
|:::::::: _,-─_,,-─`ー─'       ー-、_/ ,,, _,,-─ニ(O_ノ〈 /┐::r:::;-
ヽー、_,-─''                  L,,-─'    /_/`ー-、:r-<
                                      .\-、\


320 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:20:19 ID:2W44CJPM


:::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 十:::::::::::::::::::::::::: 十:::
::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::
:::○:::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄~"'''‐-,.、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡⊂二⊃::::::::::::::::::::::彡⊂二⊃::::::::::::::::::::::
:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::
l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::+::::。:::::::::::::::::::::::::::::
"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・:::::
┌───────────────────────────────────────┐
│しかし・・・                                                    │
│                                                         .│
│局地的な勝利を積み重ねた所で大挙するバイドの攻勢をしりぞけることはできなかった。    │
│                                                         .│
│ついに彼らは母なる地球に手の届く所までその触手を伸ばしていた。              ....│
└───────────────────────────────────────┘
  (:::::::/                   :,:::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::
  ノ::::/                    ;:::::+::::。::::::::::::::::::::::::::::::::+::::。:::::::::::::::::::::::::::::
  |::::|                     i::::::::::::::::::::::::::::::::::::・:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・:::::


321 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:20:51 ID:2W44CJPM


┌──────────────────────┐
│そこで、一人の英雄が歴史の表舞台に登場する   │
└──────────────────────┘

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)      ┌───────────────────────┐
 .         |     (__人__).      │かの「若き英雄」ヴィップ・デ・ヤラナイオである     ..│
           |     ` ⌒´ノ       .└───────────────────────┘
 .          |         }
 .          ヽ        }
              ヽ     ノ
            _,/( `' 、 _゙T         ┌─────────────────────────────┐
        ノ.ヽ`ヽ. ヽ`ヽム `       │彼は凶悪かつ強大なバイドの群れを僅かな兵力で撃破し続け、     │
    _.. -‐ ´  ヽ   \  l;;::ヽ.         │太陽系から駆逐していった。 彼の活躍は伝説的である。        │
/´         ヽ   ハ/`ァヘヽ       │その様々な逸話に……                            │
. : .         ` ー/   ヽ|:. ヘ \、_...   │                                           .│
, : : . \        ヽ    ヽ:::. ' <. ヽ..  │   私は心を躍らせた                           ......│
l: : : : . ヽ: .       ヽ    ヘ:::. l ^l |..  │ ⇒私は強く憧れた                              .│
!: :     ヽ: : : :       ヽ   ヘ:: l  .! .|   │   私は英雄の活躍を妬んだ                       ....│
´: : :     ': : :        \   ヘ:l  | |.  │   英雄の採った戦術に興味を持った                    │
: :    /イ: .           ',    l| .! l .  └─────────────────────────────┘
:   / /: : : : : : . .        ',   } .! |
 /  /: : : : : : : : : : : : : : : .   ',   l | j
   ∧: : : : : : : : : : : : : : : : .   ', :l | l
.  /  ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :   ハ | l: l!
、 /    `ト、: : : : : : : : : : : : : : . : :l! ,' l|
: .\    〈: :ヽ: : : : : : : : : : : : : : . :j /: l.|


322 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:21:27 ID:2W44CJPM


.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i.       ┌────────────────────┐
     |  (●)(●)./  リ.      │私は英雄に強く憧れた。             .....│
    . |  (__人__)..|  /.        │私も彼のように地球を守りたいと思った。      │
      |   ` ⌒´ リ  ヒ.         └────────────────────┘
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ........┌──────────────────────────┐
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|....  │そして私は士官学校に進んだが、英雄の活躍によって     │
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │...  │既にバイドはほとんど太陽系に姿を見せなくなっていた。   ...│
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|..    └──────────────────────────┘




          /                 ヽ
         ノ                ___l,,,,,,,,,,,,___
           |           _,,,..-='''''~~~____::::::::::: ̄~~'''ュ
        |    _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::_,,-‐、ノノ 、〉::::::::::::::_,.=''
       _,,,|..-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::r''''~,="ツ, 、_〈__,,..=''''~
 _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ~''~,ィ'~(i~  乂       ┌───────────────────────┐
(~::::::::::::::::::::::::::::r=~ _,,,_ :::::::::::::::::::    '  ̄ノ    ヽ      │しかし、まだ倒さなければならない敵は残っている   ..│
 ~''''''''''''''''''''''~(:::::(("~ヽ~ヽ :::::::::       ..:r   )      └───────────────────────┘
         ):::::ヾ、  l|_、_ :::::::        r`ー'f
          (:::::::::::`l、  _,-、         /  ヽ  次! 戦略科卒業生代表!
          ヽ:::::::::::ゝ,,_ ノ         '  ,イノ
          `i::::      :::l          .〈 〈    戦略科主席! ヴィップ・デ・ヤラナイコ! 前へ!
           \     :::l          ヽ1
            \    ::ヘ       ノ    ソ
              \   :::ヘ    /    f
               \      _,,..=ー---‐


323 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:22:12 ID:2W44CJPM


             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}      ┌───────────────────────┐
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|      │私は勝ち続けなければならない。               ..│
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:       │                                  │
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、.    │自分のために、憧れのあの人のために           ...│
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>   │                                  │
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l:::::l\!    、:| `イi::::::|:::::l\::::::::|ゝイ     │新米副官 ヴィップ・デ・ヤラナイコの日記より抜粋    .│
  {::::::/:::://|'::::::l::/L_:;ヽ    ヽィl二,_ j:::|::::,ト、:::\::lル     ...└───────────────────────┘
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ..
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶....  はい!
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,      ;l|::::|::/イ|::l     )          貴官を巡洋艦『ユリシーズ」副官に任命する!>
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l         はい!
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,.     ┃『英雄の妹』                   .....┃
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ. . .   ┃ ヴィップ・デ・ヤラナイコ 22歳          ┃
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ    ┃ 階級:宇宙艦隊中尉              .┃
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }........ ┃ ノートニー士官学校戦略科主席卒業      .┃
    /      {{              ヾ.j.           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


324 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:22:40 ID:2W44CJPM


           _ _ _ _ :_ :_    _ _
  _ _ _ _    _ _ _ _ :_ :_  _ _  _ _ _ _    ┏━━━━━━━━━━━┓
      _ _ _       :  :      _ _       ..┃   地球衛星軌道上...  ┃
                     _ _ _ _ _ _      ┃ ―巡洋艦ユリシーズ― .┃
   r-一-----、、、、,,,,,_      _        _ _     .┗━━━━━━━━━━━┛
   |0 O|  :|  L  `''‐,.‐'´鬱 У、__,,,.-―--、
   |0 O|  :|     : [ i    : ノ |   EΞ}
   |-ー'''|  :|  [   : [______|__EΞ{
   |0 O|  :|       l      _  l   E三}
   |0 O|__}_903、へへ一一一-ヽ\/__エΞ}
    ̄ ̄       ̄ 「「「   _ _   ̄
   _ _ _ _             :_ _



                , '  ヾ   ',:: ト 、   ....┌───────────────────────┐
              _/{   | |  i ';::..|! }....  │つい先日の事だ、一艦長であった私に辞令が下った。. │
            _/¨´ / ,|    | |  l  ';: |! |   └───────────────────────┘
             〈 ' / {:/|    | |:: l  i |! !
           / / /  |    l l  |  | '; l
           }ハ八', / |   ! !  l  l  i ',   ヴァナルガンド級巡洋艦「ユリシーズ」並びに
.             ヾ 〉、!、 l   ! !  l  l:: l: ',  早期警戒機「ミッドナイト・アイ」1機
                 | |ヾY |   l !  l  l:: l  l  地球軍主力戦闘機「アローヘッド」3機
                 | l 《ヽ,| :l  l !  |  |:: l  l  付属の「スタンダードフォース」が1機
                 | | l゙ ! l  :l !  |  !::: : :::|  補給ユニット「Powアーマー」1機……
                 | |: 八!,イ::   !:!  l  ::::: :  :ト 、それと、クルー及びパイロット……。
.              / Y:l / !::  l !   :::::: : ::|i \
            } j::j / |::  l l  |  :::::::.  |:!:  \
               ゞ´/   } l  !:!  |  ::::::::   :i    )
        .<::::::::(.、 / /:  l:!     :::::::    ',::   /:`.ー..、
     .<::::::::::::::::::::::)) l /   l:!  l  ::::::    {:: 八::::::::::::`x._ ..┌─────────────────────┐
      |::::::::::::::::::::::::::ノ :}  (:   l!  l  :::::::.、 八(   \::::::/:::::} │それは、望んでもいない昇進に加えて        .│
      |::::::::::::::::::::/ / i  )   ll     :::::::.ヽ   ヾ.    \:::::::l. │提督となり、艦隊を組織せよとのことだった。  ......│
      |:::::::::::::::::(  {   l {     !   j   ::::::::::}   \}   ):::l.....└─────────────────────┘
      |::::::::::::::::::::)  )  ! l:   ノ  /   :::::.::::八     )  (::::::l


325 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:23:34 ID:2W44CJPM


                       〃〃    ヾ ヽ
                    ,レ''¨¨爪|¨¨`ヽート|     ┌───────────────────┐
                  トァー⌒ヽ__ル | ハ ハ....   │迷惑な話だが、辞令は辞令だ。           ...│
                   rーZ  ⌒ ´∧/ヽへへ}、_...... │軍人である私には拒否する権利はない。   │
                   ソ'〃/  从/ィ     ヽ.  └───────────────────┘
                /从( /从(ソ  | |. | | 、./
               / | ,イ.xtッ≧  メム_ノ ノ .ノ|
             __z-ー=彡.| |ミミミ  イ =tォイ___/lハ   確かに、受領した。
          rzイ// ノ   イ| レ' 〉ミ  」   彡'ii, l | ヽ、 ご苦労様でした、ヤン提督。
          (〃{/ ,,彡イ // .ム<二二ニア |\ ,|  ハー-、
          ル <   |//     -ーヾz:::::. |  >- 、 ヽ  ヽ
      r<       ,ノ./      イ´  / .|     `> 、.|
      |  \     ,リ|      /   / l |ヽ        >、
      |   \ 、.  ノ/    rーイヽ ´ ̄j | | 〉         /
        ム    ミソ ( ∧    /ミゝ    ({ |  ヽ          / . ....┌───────────────────┐
      {∧      人 ` ̄ ̄ヽ  ,  人 l l   〉       /ヽ ...│しかし、この程度の戦力で「艦隊」とは……  │
      | ∧       /  \_ []/|\i| /  川   リ        /   〉 └───────────────────┘



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"  お疲れ様、バラライカ大佐。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ   いや……バラライカ提督と呼ぶべきかな?
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_          ┌──────────────────┐
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i.           │紅茶提督の悪趣味な皮肉も笑えない   ...│
             ト  ヾぃ  )  L,,_       └──────────────────┘


326 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:24:15 ID:2W44CJPM


         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ソ;:;:;:;:;:;:;:ゝ、
       〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Yイ|;:;:ヘ;:;:ヽ:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽ;:;:;:ハ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
     ノイ;:;:ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノノ ハヘ ∧;:;:;:;:;:;:;:ヽ
      ルノノ;:;:;:;:ノノ;:;:ノ彡'ソ/ノ ヾミハ;:;:;:;:从リ
      /彡彡ニ彡イ彡ニニ"   __ ヘ;:;:ハル'
       ト彡イ イ.l|   ̄`   ´fォッ` /ソ''
      ヾ;;;;ヾ. ソ         {    ,'        随分と不満そうだね、提督
       ル;;;;ヽヘ      ー-'   ノ                  ┌──────────────┐
       从;;;;;;;;;|    / ̄ ̄ ̄`ミ辷ニニヘ           │それはもう、大いに不満だが   │
         >ハルj ヽ  l´        |  i `ヽ、         └──────────────┘
       |>ー--、.ヽヘ           /ニニ≧.  |. でも、今の状況では仕方がないよ。
        |.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ゝミ、      zヘ、___.  、 |. 僕だって優秀な部下が引きぬかれて困るんだ。
     /.:.:|φl.:.:.:.:トY´ ̄`Yニニ>ヾ::(    、 |___
--一'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.   ハ ヘ   |.:l´ ̄  、  ∨.:` ̄`ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人   |::  J  j.:.:ヽ、       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ト、___∠.:.:.:.:.:ヘ、.   /.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミヽ='.:.:.:.:.:.:.:     ┌───────────────────┐
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:     │困った事に、状況は日に日に悪くなっている....│
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:....     │バイドはほぼいなくなったというのにだ。    ...│
                                     └───────────────────┘


327 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:24:46 ID:2W44CJPM


┌────────────────────────────────┐
│人類は永い戦いの間に、凶悪かつ強大なバイドに対抗するために、       .│
│バイドを人類の兵器として利用する“フォースシステム”を開発していた。  .....│
└────────────────────────────────┘

           .,-へ.
          / /^´
       _/7 |/                 ┌┬.__
      へ人」/                     ̄┴─_二二=┐
     「///LニヘYヽ                       /└Ц^\
     r´L/´    ヾ\,,,-─-¨ニl       ┌┬┬─┴┬-┘]┐ │
   」|      ..,,- ┬ニニ,,-´ ̄         └┴┴─┬┴-┐]┘ │
  .. | |     └--┘] ̄                    \┌Π./
    V        ノ_/                _┬─ ̄二二=┘
     ヽ.「」_.,/_丿                └┴." ̄ ̄
      ヾ‐_∧八´ゝー¨フ

┌────────────────────────────────────────┐
│そしてバイドとの戦いが少なくなってからも、この強大な兵器を手放すことができなかった。   ....│
└────────────────────────────────────────┘


328 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:25:17 ID:2W44CJPM


                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
      ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
    /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
                     人類は二つに分かれた

      一つは未知の敵に備えてバイド兵器を保持・開発し続けるべきというグループ

           もう一つはバイド兵器を破棄すべきだと主張するグループにだ。

              お互いの主張は噛み合うことなく、対立は深まっていった
  ゙:                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.                     :'
  丶                      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:          .:.:.:.: .:.:.: .     .,"
   ゙,         .:.:.:.:.:.:            .:.:.:.:.:.:.:.:                      /
   丶          .:.:.:.:.:.:.:             .:.:.:.:.:.:.:                 ,."
    `、            .:.:.:.:.:.     .:.:.:.:.:.:.:.:..                     .;."
     ヽ                     .:.:.:.:.:.:                   ,."
      ゙、          .:.:.:.:  .:.:.:.:.:.:.:                       ...,"
       \....:.:.:  .:.:.:   .:.:.: .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  .:   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....:.:.,."
        ゙ ‐、.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.......:.:.:.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.:.:../
          ゙ヽ、.:.:.:.:.::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.,.''"
             ゙‐、.:.:.:.:.::::::::::::::::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,..‐'"
               ゙ ‐:::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,.:-''"
                  ゙ ‐-  ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,. -‐'''"
                       ゙""'''''''‐‐‐'''''''""~´


329 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:25:51 ID:2W44CJPM


    //       |彡へ
    /  , y  /ヽ|/∧ヽ\ー-、,     ┌────────────────────────────┐
    イ  イ ハ イ`''''''y/爪. | ヽ ヘ,     │私が所属する地球連合軍はバイド兵器を支持している。      ...│
   .|ハ  | |=| |       } |  | | 〉.    │その事に少なくない軍人が拒否を示し、軍を抜け敵方についた。.......│
  ルハミヽトミ{ミチ==イ    ムイ / j {      │昨日までは共に闘っていたというのに。     .                 .│
  彡<ニ二tテミミ、   /==ームイ / /}     └────────────────────────────┘
  彡辷三三ツ´   (ミ、   〉彡イ j
  彡彡≦イ      <_tテ // /'
  彡炎ミrチ.   r  〉  ィ彡ノノ
  三ミツ       イ  z彡ソ'
  彡イ 、____      j          呆れるものですな、バイドを退けたと思ったら
  彡ミi  ` <ィィィヌイイヌヌヌヌヌヌヌヌヌ(:::(::)   次は人間同士で戦争ときたものだ。
  彡ミム  ー- 、_つ ̄ ̄Z テ ̄ ̄ ̄
  イ彡f         /| |
  炎彡{        /| | |             ┌──────────────────────────┐
  ヽ、キ}.      /| | | |          │その穴埋めで私は昇進させられたのだ。                 │
    > 、 __/| | | | |          │                                        ..│
     イ...川川川 | | | |          │聞けば、私のような急な昇進を受けたものも少なくないという。..│
     /:::::::::::::::::| | | | | |ー-- 、_.     └──────────────────────────┘
     /:::::::::::::::::::| | | | | |::::::::::::::::::::


330 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:26:57 ID:2W44CJPM


           , rr-―- 、
           {_,-―- 、 \
         //   、 ' 、 ヽ
        /    .へ \   }
       ,ィ´ ゝ  .、 i   `   \
      {  / n,ヘ}从 | i. |介__}   }
      ヽ { ((  jノノ,斗- | |.c)  i
        ヽ从ィtj  f=ツ,| |ソi   !     さて、紅茶野郎も帰った事だし仕事を……ん?
          |ミソ_    .j| i || \ \
          | ヽ -  ノ.| i |ト 、.\ \  ほう、これはこれは……
         __| | i.`_- < .| |/ `ー--┴- 、
        / . | | }  / ノ ./ /          |
       j  ノ /./  .{   ( {.             |
      ノ  { .' /   |ミ;. /\ヽ、           |
      (   `、.}    |;/.   \ヽ        |      ┌───────────────────────┐
     ノ  / (/          ソ         |    .│雑談もそこそこに切り上げ、私は仕事に戻った。    .│
    /   {               |       |     .│                                  │
   /    ヾC                 |       |   ....│そこで、一通の異動通達書に目が留まった。       │
  /        ゝ、         C      |       |   ....└───────────────────────┘
/    く\/  }       c    丿 _  |
      ,.\\.ク ー-- 、.,__,..  -‐ '''""~    |
―――― ,ィ`/,―    \.、          ノ―
      `ゝゝ し⊂二______)}\ __,,..  -‐ '''"
                  ̄



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃┌────────────────┐                           .┃
┃│  , ⌒ハ           ハ⌒ 、     │                           .┃
┃│  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i      │ヴィップ・デ・ヤラナイコ           .┃
┃│ ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i    .│            22歳        ....┃
┃│ ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ     │                           .┃
┃│  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ    .│ ルナ・ベース出身            ┃
┃│    リ::::::( ( ●) (●::(         │ ノートニー士官学校戦略科卒    .┃
┃│.    ハ::::ハ  ,, 、_,、_, リ) )       │                           .┃
┃│     ) ) )、    ノくハ(       ..│ (以下、詳細な資料)          ..┃
┃│    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))        │                           .┃
┃└────────────────┘                           .┃
┃          ┌─────────────────────────┐
┃          │どうやら私の元に配属される新任副官らしい         ..│
┃          │通達書のデータと写真を交互に見ながら私は思った。     │
┃          │                                   .....│
┃          │  とにかく増員されるのはいいことだ               .│
┃          │  うむ、これは頼もしい!                    ...│
┃          │  頼りなさそうだが、大丈夫か?                ..│
┃          │⇒おっ、はっきり言って私の好みだ!             ...│
┃          │  そんなことよりおなかがすいたよ              .....│
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


331 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:27:58 ID:2W44CJPM


        ,.             へー-
       〃                  \._
    ,.r‐''"    .// / /     /^\   `‐、
.    /  /   /ー-、/、_ :/ ',  rV/l \\ ', ヽ
   /  /  r―´   ´  /   i ト/^\< ̄ヾヘ ヽ
   !  l  ノ          ヘ | ,、  \ヽ  \\ \
   ! /| i ,.イ        / ハi,|/|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ ゝ
  / i l  /   i ハ  i /  i|`  `´ ', ! 、   ', ヽi ヽ
  |  ! ヽ  'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   /リ |  〉  }  }l  i
  |  ! !ヽ ハ/|  |iL__V`'くハハ    、__/厶| /|  /} | |
.  !. i.l  \  \  >t,≧彡     ミ三 .,イl | / /
   ! il|   iヽ   `7l |ヽゞ:.:7        〃 } ||メ/
   ! ll|   ! } !  { l l !ミ彡{  _ ,.   /  !  提督と副官……うむ、ありだな。
   ! lリ  i  从__ l|ヽ  ヽ::/ `ー ' _, イ   /、        .┌───────────────────────┐
   ! 〃  i / / `ト, \  `.!'ー-ァ' ´ {´  /-、_ヽ        .│おっ、はっきり言って私の好みだ!と           .│
   ! ii    !./ / / __,.>、〉  iヽ ト'^ヽ l  |--、``ヽ,     .│実物を見れることを楽しみにして、私は業務に戻った .....│
  //   //,./ ノ!/-‐- 、!  ! Y´:ヽ,.:ヽ, ヽ,/~ヽ、 ヽ     .│                                     .....│
  〃  ノ ./ ./' /     |  |  ト : : |: : :ヽ、 ヽ、 ヽ      │新米提督 バラライカの日記より抜粋             │
                                       └───────────────────────┘



新米副官と新米提督、二人のラブストーリー(?)兼SFファンタジー(?)
【ヤラナイコ】 オペレーション・ビター・チョコレート 【バラライカ】
                               鋭意作成……中?


332 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:28:26 ID:2W44CJPM


原作
『R-TYPE TACTICSⅡ -Operation BITTER CHOCOLATE-』 製作アイレム

発売一周年記念でやりたかったのに二日も遅刻してしまったorz
変な改変もしちゃって、ファンの皆様すみませんすみませんすみませんorzorz

┌───────────────────────────────┐
│↓AAの一部をお借りしました、ID:◆9z59XDfxvM 提督の作品はこちら↓.│
│                                               ...│
│        【R-TYPE】やる夫が提督になるようです【TACTICS】         ...│
└───────────────────────────────┘




                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ     Q.そんな嘘予告作者をどうしますか?
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |    A.⇒「とにかく拷問だ 拷問にかけろ!」
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ    ┌────────────────┐
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫     │ご褒美で…お目汚し失礼しました   .│
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\     .└────────────────┘
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::


333 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:31:16 ID:wWSyBWb.


R-TYPEなつかしいなあ・・・


334 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 09:45:34 ID:I2wYDS4E


TACTICSってシミュレーションなのか
設定的に難易度がえらく高そうだがw


335 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 09:49:39 ID:fka2AFA6


女二人か……ありだな!

>>334
SRPGに慣れてない人がやると間違いなく詰む位にはきつい
慣れてても何回か躓く筈



スポンサーサイト


 

NEXT    PREV
««     »»


2010/12/14 21:19 | 予告集3COMMENT(2)TRACKBACK(0)PageTopカテゴリ&記事一覧

コメント

アイレムで女二人が揃ったら…そりゃあ百合が始まるでしょうよ!

No:4604 2010/12/15 04:44 | #- URL [ 編集 ]

実は男提督、男副官でも…アッー!

No:4634 2010/12/16 21:59 | B-wf1Dα #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

・ ネタバレ。

・ 内容に関する異論・反論ではなく、作者への個人攻撃。(罵倒、誹謗、中傷等)

・ 内容の伴わない作品批判。(例:「つまらん」等の一言コメント)

・ その他、荒らし、度が過ぎる煽り等。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。