ヘッドライン(NEWS)
ヘッドライン(やる夫)
最新記事
注目記事

[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです えぬじいふ 6
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(エピローグ)」
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(後編)」
[09/15] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十五話 『ホスピタル』
[08/15] コンビニアイアンメイデン #30
[08/15] 全裸の王様 【 メリーさん 】 & コンビニアイアンメイデン #28、29
[08/15] 全裸の王様 【 赤ちゃんはどこからくるのー? 】
[08/15] 橋の下の超人
[07/18] やる夫たちは五竜亭の常連客のようです 【練習問題その6 チーズと食いしん坊と公平な分け方】
[07/18] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 6 )
[07/02] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十四話 『赤ちゃんのバラード』
[07/02] ストライクウィッチーズ祭り
[07/02] やる夫は○○と相乗りするようです 第12話『Lを貫いて/こわれそうなアイのうた ( 1 ) 』
[07/02] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #29
[07/02] ほむら氏と長門さん 【 修道院 】
[07/02] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 5 )
[06/23] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #28
[06/23] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 4 )
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 終幕 【完】
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第十話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・後編 【完】
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・中編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 2 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 3 )
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第九話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・前編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 1 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 2 )
[06/21] クリスタル氏と長門さん 【 縦笛 】
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第八話

スポンサーサイト

 関連カテゴリLoading...... スポンサー広告 記事一覧 Loading......

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告PageTopカテゴリ&記事一覧

【AC04】やる夫航空戦記【エースコンバット】 番外編 『ユージア大陸現代史』

 関連カテゴリLoading...... 【AC04】やる夫航空戦記【エースコンバット】 記事一覧 Loading......

 
 

13 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:27:15 ID:9BYdUQRE


          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{     長門と、
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│


                                              (ヽ三/) ))
                                          __  ( i)))
                                         /⌒  ⌒\ \
                   やる夫の!             /( ●)  (●)\ )
                                     ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
                                     |    (⌒)|r┬-|     |
                                     ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
                                     | | | |  __ヽ、    /
                                     レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                     `ー---‐一' ̄

15 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:28:28 ID:9BYdUQRE


         _,. --─- ,_
       -''テ''´  _     ヽ
      ,r'ァ' ,r// , ,     `!                   (ヽ三/) ))
       ´ ' /,'/_ィ,イ ! |   |  ヽ              __  ( i)))
       l1,l ハ.、`|/| /トィ._|   |             /⌒  ⌒\ \
       〃 l lュ}  ', -、.V/ / |           /( ●)  (●)\ )
.       l| l  '   5iツ  ノ ハ|         ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
        ヽトlヽ`   /,.-シイ″         |    (⌒)|r┬-|     |
           `¨仁'-'ユ、             ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
           ,r=ニ.ヽ、  l             | | | |  __ヽ、    /
      _,.. イ   ヽ`、 ヽ            レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
     f-r'/|     l |   |            `ー---‐一' ̄
     | !′|    | |___{

             あまりよくわからない、試験にも出ない
                 ユージア大陸現代史!

       ※この講座の二人は、「やる夫航空戦記」の同名の登場人物とは別人です。
         文字数がかなり多いですが、肩の力を抜いてお楽しみください。

         なお、この設定を考えた人間は、あまり頭がよろしくありません。
         致命的な矛盾を孕んでいる可能性がありますが、生暖かい目で見守ってくださると嬉しいです。


16 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:30:05 ID:9BYdUQRE


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    さてさて、ユージア大陸現代史と銘打って始まった今回のコーナーですが。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     このコーナーでは、ユージア大陸に焦点を当て、
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     大まかな歴史の勉強をしてみたいと思います。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |     設定と言う名のオナニー披露大会? そうとも言う。



           __, -──- 、
        / /        `ヽ
          / ,'           \
       /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ
       ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ
      ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }
     ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ
        N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//      ユージアの現代は比較的簡単。
        ` レヽ ! ̄   ' └' //       近代史で一番難しいのは、恐らくベルカの現代史、
          `ヘ |>、  ‐   , イ/        それと、世界全体の「未来史」
            ,∨- ≧ー≦´W
         ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ__
         /::::\ , ――┘、/, ―‐┤
         /::::::::::|  ̄ ̄ ̄ iー 'i    , !、
         /::::::::::::レ┐    |  |   {  l
         〈:::_/::{  ]    |  |  └,ヘ


17 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:31:45 ID:9BYdUQRE


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \    企業間戦争関連の予言はしなくていいです。
  |      (__人__)  U  |    それはそうと、比較的簡単、と言いますと?
  \     ` ⌒´     /



   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
シャキーン/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l   ユージア現代史が簡単な理由はいくつかあるが、
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   大きなものとしてオーシアとユークトバニアの冷戦、
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙    それとベルカ戦争に深く関わらなかった事が挙げられる。
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


18 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:33:06 ID:9BYdUQRE


.      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /      しかし、やはりユージア史の大きな転換期が
.        Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//       ベルカ戦争直後にある事には変わりは無い。
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /
         `ヘ lヽ       _      厶 ./          まずは、ベルカ戦争以前の、
             ', {.代ト、          , イ | /           「ユージア武装平和時代」から始めようと思う。
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │


19 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:34:22 ID:9BYdUQRE


  1980年代末~90年代初頭 武装平和時代
                             ┏━━━━━━━┓
                              ┏━━━━━━┓
                              ┃   (FCU).. ..┃
┏━━━━━━┓                   ┃   中央...  ┃ 
┃        . ┃                   ┃.ユージア連合.┃
┃  エルジア  ┃        VS        ..┗━━━━━━┛
┃         .┃                   ┏━━━━━━┓
┗━━━━━━┛                    ┃        . ┃
                              ..┃  その他   ┃ 
                              ..┃.ユージア諸国.┃
                              ..┗━━━━━━┛ 
                             ┗━━━UTO━━━┛

古くから軍事大国エルジアは、東部ユージア諸国との折り合いが悪く、事あるごとに衝突を繰り返してきた。
それに対して東部ユージア諸国は、FCU(中央ユージア連合国)を中心に、UTO(中央ユージア条約機構)を結成。
軍事的・経済的に対等に渡り合うようになっていた。

実力が拮抗している状態になると、互いに手が出せなくなり冷戦になる。
奇しくも、時はオーシアとユークトバニアの冷戦の真っ只中。奇妙な事にこの時代の世界では、
2つの冷戦が同時に進行していたのである。


20 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:36:50 ID:9BYdUQRE


 世界の主要諸国相関図

ユークトバニア ━━━冷戦━━━━ オーシア ━━┓
   ┃                   .  ┃      ┃
  牽制                    牽制     .┃
   ┃                     .┃      ┃
   ┗━━━━━ユージア大陸━━━━┛      ┃
      (エルジア━━冷戦━━UTO).         .┃
        ┃          . .           .  ┃
      軍事協定?                     ┃
        ┃                      関係悪化
      (ベルカ)━━━━━━━━━━━━━━━┛


さらにこの時代、ユージア大陸の国々は、ユーク・オーシア間の冷戦とは距離を置く政策を採っていた。
二つの冷戦を一つにしない、この事だけに限ってはエルジア・UTO両勢力間の思惑が一致していたのである。
エルジアとUTOは対立しても、財政的にあまり対立が大規模化することは望んでいなかったのである。

なおエルジアは、当時財政が悪化していたベルカ公国と軍事協定を結び、
経済支援と引き換えに自国の軍備の増強に努めていたが、その協定の詳細については、未だに不明である。


21 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:38:28 ID:9BYdUQRE


   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l   そして1995年、ベルカ戦争が勃発したが……。
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   詳しい内容はユージア史とは関係ないので割愛させていただく。
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


22 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:40:37 ID:9BYdUQRE


   ●ベルカ VS 連合国○

1995年 ベルカ戦争直後

ユークトバニア ━━━和解━━━━ オーシア



            ユージア大陸
      (エルジア━━冷戦━━UTO).
        ┃          . . ┃
    ..亡命者受け入れ━━━━━┛
        ┃
       ベルカ
 (連合国による分割統治)

1995年の春に始まったベルカ戦争は、戦争に参加した諸国の国力を疲弊させた。
特に、連合軍の中核となったオーシア・ユークの疲弊は激しく、
これを機に両国間で行われていた冷戦は集結、急速に和解へと向かっていった。

エルジアとUTOは、「もうひとつの冷戦」に注意を払う必要がなくなったため、
オーシア・ユーク間とは逆に、急速に緊張度を高めていく。
しかし、その緊張もある出来事によって、一瞬で終わる事になる。


25 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:43:42 ID:9BYdUQRE


      _____
    / ―   \
  /ノ  ( ●)   \
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /    それは、何か新しい共通の敵ができた、ということですね?
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |



   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l   その通り。詳しくは「やる夫航空戦記」のプロローグを参照するといい。
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


26 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:44:20 ID:9BYdUQRE


 ―――やる夫航空戦記 プロローグより引用

1996年 4月20日
      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′  ユ
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|   激 地 リ
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \    突 球 シ
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >   す に │
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__    る    ズ
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /    !!    は
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../
       中央オーシア連合 キバヤシ大統領


27 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:45:32 ID:9BYdUQRE


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    そうか、小惑星ユリシーズ激突に対する対応に追われるようになり、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     対立どころの騒ぎじゃなくなったって事ですね!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /




          /                             \
.        / /    /   /         \         丶
.      / /  /  /   , /  .i        丶    ヽ    ヽ
      //.:   / ::/  .:::/ .:|  .::l  、   .::.  :ヽ   ::..:',    .ハ
.     〃/.::/ .:/ .::,' .::::/ .::!  :::{   ::\ .::ヽ::.  ::l   :::::::l: :. .  ハ
      l.::,' : .:l :::::l ::::::l ::::{  ::::ヽ ::::::::\:::::ヽ::.. ..::l  :::::::::l::: :: :::. :l.:l
        |:/! :.:::| ::::ハ : ::∧::::八. .:::::i\..::::::l \::::\::::l  :::::::::l::::::::::: ! |
        |{│.:.::::| ::::::ハ ::l ヽl  ', :::::|  ヽ::::l  _\{-ヽ|  :::::::::|:::::::::::: i::l
       ! ! :. ;小、.:::::{ 代ート、 ヽ ..::l   >七´__,ィ=-、.」  :::::::::j::::::::;::: l:,'
        ', :::: l:: \::ムx≠于=ミ、\ヽ x=≠旡丁 `ドレ!  ::::::::;イヽ ::i:::::
          ヽ:::::lヽ::::\<ヾハ{.::::ヽヽ _ {    V、::::::.}├|  :::::∧ l:::,' .::/    皮肉な事に、人類の脅威となる小惑星が、
         \l ∨::{!ハ  Vzイ} {!⌒ヘ}    r'zィリ / l .:::/ } ,ノ/l:::/    一時的とはいえ、人類の対立を止めた。
           `  ',:::ゝム   ー' /   ヽ、   ̄ノ' | ::/ フ´::/ ル′
              ヽ::::`ヘー ‐ '´ '      ̄      |.::/´;::〃/
              ヽ::::{\      ャ‐、         jl:/::/:/ ″
               \:ヘ ヽ 、    ¨        //イ::/V
                 \!  ヽ>,、     , イ 〃:|::ト、
                     ヽj父rー<: : : : : : : {::l) ヽ、
                    /...::::::| : : :    : : 'y'     \
                   / .::::::/ノ      : : /        \
                  / .:::::::::::{′    : : : : :/           \


28 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:46:26 ID:9BYdUQRE


         /ィ ,  /  /  / /             ヽ,
         / / / /  /  / ,.'   │     ヽ
        / / /  l  |   /   |    | ヽ  ヽ.,  、      |
      │ l  |   | ,∧ /、   |   \. | │ ヽ,    |
        │ ィ   |   ,ヘ、 |_,| | \  |\, | `'j、│   |   |
         レ │ ,ヘ  | _ゝ_メ._   \| _ハ,ヒ"_ヽ|   |. ! リ
         ヽ | _ヽ Y 行ッr`、 _ jl イ:マ丁j>   /ヽ| !
              ! _ヽ!、  ト、ン |´  `l.  トヘソ |  !) ルl/
          /_-、ヽ∧.. ニ  ' ,  ゝ .ニ イ  /ィ′     ところで、「国境なき世界」というものを聞いた事がある?
         {/ _ ヽ`l i       _        ! ∧l
         ヽ L`' ヽ.| \.    `′    , ィ' /!
           \ ヽ  }!    、      / /,ヘリ
            l    .ヘ     ri ー ´   l/  |
          r'ン   /  , ィ' /j     /   ヽ
       r ‐' ヽ _jヽイ ::/     ,/      \
       /  三三三三ノ//、 ヽ.. ー /        _\
       | 三三三三/ , 'ヘ \/      , ´ __ ., --ヽ




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    確か、ベルカ戦争終結直前に決起した、
./     ∩ノ ⊃  /     国際的クーデター組織が名乗った名前だったと記憶しています。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


29 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:46:44 ID:p9d6KJAY

おいィ!?


30 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:48:11 ID:9BYdUQRE


   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::   そう、その通り。
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i   「国境無き世界」の実態については未だに良く分かっていない。
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   その全容が判明するまで、まだ時間がかかると思われる。
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/     ……ベルカ・オーシアはおろか、ユークトバニア軍にまで食い込み、
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/      世界情勢の変革を望んだ「国境無き世界」。
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、      そんな彼らが、連合軍に鎮圧されたからといって、簡単に諦めると思う?
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/      思いませんね。ベルカ戦争後より、
 r、     r、/          ヘ      「国境無き世界」は既に組織ではなく
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ     完全にある種の「思想」になっていると私は考えています。
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |     頭を潰したからと言って、簡単にに駆逐できるような物ではないと、
    /´  /             |. |     私は思います。
    \. ィ                |  |
        |                |  |


31 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:49:05 ID:9BYdUQRE


               / .:::::::::::::::::::::::::::  /:   ..:: |:.  l:.   ヽ  ヽ、  、\
           //.::::::/::::::::::::::::::  /:::::  ..::::::::: !::.  !:. ヽ  ヽ  ヽ  ヽ、 ヽ
             //.:::::::i:::::::::::::::::::  /:::::..:::::::::::::::: i:::::  |:::. ',:.  !.   ',  ヾ、
         ノノ!.::::::::|::::,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
              |:::::::::::!::|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
              |::l::::::::',::|:::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
           !:i!:::::r‐t:::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
           ヽ', !/`!::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
             ヽヽ(_!::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/
              ヽ{ トヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/   その通り。
               `ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /     事実、ベルカ戦争後のユージア大陸には、
                    ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /        かなりの数の「国境なき世界派」の人間が
                /ハ:ト、! ` 、       _, < |イ::::: /  '         流入していた。
               /.:::::rノ. \  ` ‐r-‐<    'l::: /
           _,, -'"..:::::::::::l         {、ヽ:. \   ',/
       _,,_-'"‐、:::::::::::::::::::::::ヘ ___   ___ i::.  `ーt、_
     /´,-、 ̄`\\:::::::::::::::::::::ヘ _,, -‐" ̄ ゙ ‐-ヽ:::.   l `iヽ_
     ム   \   \ヘ::::::::::::::::::: ヘ_,, -‐  ̄ ゙‐-.__i:::::   !  | !ヘ
.    i´     \  ヽ\::::::::::::::. ヽ_,, -‐ ゙̄‐-.__|::::   |  | | \
    l       \  \\:::::::::::.  \      |:::    !. l. l l  ヽ


32 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:50:48 ID:9BYdUQRE


                      ,ィ, (fー--─‐- 、、
.                     ,イ/〃        ヾ= 、
         _,,r-‐''"´ ^ `N /l/               `ヽ
        彡        N! l                   `、
   ,, -‐- ,,-彡       l ヽ                     l` ´ ``‐ 、
 彡´      |    ,,w,,wヽヽ              ,,      |      `ヽ‐‐-- 、
_彡          |  //レ/ハl/ハ\ヾー        _,, ,,r,,/lヾ    |         }    `‐、
ハl/   ,/ハlヾヾ,l、 /三f、,,_   _,ヾニ_ ____彡ノノノノノ_ヾヾ   | ,l、 、     l、_ ,、-‐、  |
/レ  /l,,_/__ヽ lヾ ヽモ-ヽl ´fモチ7ヽ={ r‐ィッヾ ヽ-r'´〒fデF`lェr‐、ハlヽヽヽ   l     ヽ |
 l`=l fモチ)_{´ヽl!l     :l     l ll !l  `┴ー/ソl⌒ッ`┴┴' }//l l、 ,,、ァtッヒヽ、rゥ _,,ェヒ‐ l,-、
 ヾ}弋_シl弋 ヽl    ヽ-    ヽl lゝ__,ノ |  ゞ___ノl/l / l  `~゙´  lァノl 、fモチ lヾ;|
  ヾl   `'  `''´lヽ  ──   /l\l        l、,      l_ノ 〈 _     l!ノ l、,    lソ
   }\  ̄ ̄ ,ィl \   ̄  / l  l    ___    /  ──   丿 ─‐    丿
  ,/\ \__// \ \___/ ,,-''\|\    _       /|\  -   / |、  `  / ,|、
-‐'   \_,,-‐'\  `ヽ、  ,,r'   /|  \       / .|  \__/  ,,rヽ‐-‐ '' / l`ヽ
   ,,-‐''       \  /\/\  / \.  \____/  /\    ,,-‐''  /\ ,/  l  ヽ
-‐''´         \/  }゙ _,,,‐''\   \        /   /l\‐''    /  `ヽ、_ l
              _,,-‐''    ヽ   \      /    / l  ''‐-、,/       `‐-、_
          _,,-‐''´        ヽ    /V<´     / l      `‐- 、,,_

     ―――1997年初頭、オーシアでサミットが開かれた。
     議題は、当然前年に判明したユリシーズ激突への対処であった。

     既にFCUを初めとしたユージア大陸諸国は、ストーンヘンジ建造による隕石の迎撃を決定。
     オーシアやユークトバニアといった各国も、独自に対空ミサイル等を使用した迎撃体勢を整えるつもりだった。
     いざ迎撃するとなった時、それらの国々がどう連携をとるか―――、そんな事が話し合われる予定だったのだ。


33 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:51:33 ID:9BYdUQRE


                                   ,.
                                  /´i"
                                  7 i'
                                   /  |
                                /  L
                            ,.、、_/ ,. r''{、
                            'へ,-'  /   ) ̄ ̄_,.、ケ
                          ,. '′  , ′  イr‐'' "´
                 < 7 '' ' ― - ,z'"    ,. ′ _,/__
                 ヽ     /    ,/ ,//     ̄7 '' ー -- 、、
                  r{ヽ ,.-''´`ヽ  /  //           _,.. - ''"
               r'_/,ィ=、、  ,! ''′ //       _,,. ィ,‐''i"7/
                 /   ヽv'    //  _,,.. - '' ´ ,| //  ,レ'/
                ,.r'- 、、 _ノ    /,r ''"       ,レ'/   〈ン
             _,./     `    //         〈メ
           //</        /
           /'く _/'         /
            /'          /
       //,. - 、、      /   しかし……。
     ,/' i:;/   ヽ  ,//     1997年1月末、ユージア大陸内に浸透した「国境なき世界派」の兵隊達が、
    /   V     ,;i  ,/      大陸東部の島国ノースポイントを中心としてクーデターを起こし、
.  /     /   ,. -'';ノ/        ユージア大陸諸国はサミットどころの騒ぎではなくなってしまう。
/      /,. -''^`''' "
        ´


34 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:52:42 ID:9BYdUQRE


               / .:::::::::::::::::::::::::::  /:   ..:: |:.  l:.   ヽ  ヽ、  、\
           //.::::::/::::::::::::::::::  /:::::  ..::::::::: !::.  !:. ヽ  ヽ  ヽ  ヽ、 ヽ
             //.:::::::i:::::::::::::::::::  /:::::..:::::::::::::::: i:::::  |:::. ',:.  !.   ',  ヾ、
         ノノ!.::::::::|::::,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
              |:::::::::::!::|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
              |::l::::::::',::|:::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
           !:i!:::::r‐t:::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
           ヽ', !/`!::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !   各国軍は軍の首脳を抑えられ、
             ヽヽ(_!::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/    命令系統が混乱、クーデターの鎮圧どころの
              ヽ{ トヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/    騒ぎではなくなってしまった。
               `ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /
                    ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /        そんな中、唯一統制が取れていたのは、
                /ハ:ト、! ` 、       _, < |イ::::: /  '         当時大陸最強だったエルジア軍だった。
               /.:::::rノ. \  ` ‐r-‐<    'l::: /
           _,, -'"..:::::::::::l         {、ヽ:. \   ',/
       _,,_-'"‐、:::::::::::::::::::::::ヘ ___   ___ i::.  `ーt、_
     /´,-、 ̄`\\:::::::::::::::::::::ヘ _,, -‐" ̄ ゙ ‐-ヽ:::.   l `iヽ_
     ム   \   \ヘ::::::::::::::::::: ヘ_,, -‐  ̄ ゙‐-.__i:::::   !  | !ヘ
.    i´     \  ヽ\::::::::::::::. ヽ_,, -‐ ゙̄‐-.__|::::   |  | | \
    l       \  \\:::::::::::.  \      |:::    !. l. l l  ヽ



   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i    しかし、さすがのエルジア軍とて、
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l    かなりの数の戦力が行動不能となっていた。
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙     そこで、軍首脳部は傭兵を雇い入れ、
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/      彼らを主力としてクーデターの鎮圧を目指すことを決定した。
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


35 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:53:24 ID:9BYdUQRE


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   その中でも特に有名なのが―――
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /



                 /ィ ,  /  /  / /             ヽ,
                   / / / /  /  / ,.'   │     ヽ
                   / / /  l  |   /   |    | ヽ  ヽ.,  、      |
                  │ l  |   | ,∧ /、   |   \. | │ ヽ,    |
                  │ ィ   |   ,ヘ、 |_,| | \  |\, | `'j、│   |   |
                  レ │ ,ヘ  | _ゝ_メ._   \| _ハ,ヒ"_ヽ|   |. ! リ
                 ヽ | _ヽ Y 行ッr`、 _ jl イ:マ丁j>   /ヽ| !
                       ! _ヽ!、  ト、ン |´  `l.  トヘソ |  !) ルl/    傭兵部隊、スカーフェイス。
                  /_-、ヽ∧.. ニ  ' ,  ゝ .ニ イ  /ィ′
                 {/ _ ヽ`l i       _        ! ∧l
                 ヽ L`' ヽ.| \.    `′    , ィ' /!
                   \ ヽ  }!    、      / /,ヘリ
                    l    .ヘ     ri ー ´   l/  |
                  r'ン   /  , ィ' /j     /   ヽ
               r ‐' ヽ _jヽイ ::/     ,/      \
               /  三三三三ノ//、 ヽ.. ー /        _\
               | 三三三三/ , 'ヘ \/      , ´ __ ., --ヽ
             /ヽ三三三三 !/    〉′      // ´  ィ´三 !
            / 三三三三三/   /      //   /:: 三三l


36 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:54:16 ID:9BYdUQRE


               |/|lllllll/]llll/ |lli.,,,`i '.,,,,,,,iiii',ii| `-,L,>llllliiilllllllllliiiiii|/
               |' Llll/'''-/-..,,|'.,'-,`, `-,_iiv-'''二L,,,,,,,y',|lll,.r''-.,/
                 `.,|, --|t--,._'!, `-, '" ヽ|''"-ゝ--'"` ||l| r'''' |
                  `'i, `''"'''" `                |!j''" !

       スカーフェイスの隊長だった「スカーフェイス1」の詳細は、
       未だに謎に包まれている。
       しかし、当時の戦いで「スカーフェイス1」と「エッジ」のコンビが、
       驚異的な戦果を叩き出したという事だけは、軍の公開した記録に記されている。

              ,! .l il .!| |  .ヽ .l、 .!r、  .l_,!  │  ヽ. .l,
              'l、| |i!/'} l .l、  \.!.li.../ ゙l|__l_!,,_. .!   ヽ !
              ! .!'〃l|.l|!|'''ゝ、   ゙''/‐゙゙l,,..... ! !   .| \ . 、.ヽ.ヽ
              l ,i l  .! `;;- l      'ri|,,,,./ .l゙ │ ! !  ゝ\ヽ
             ./ /│  |, .`'゙‐' ,        │ .| !./     ゙' l、\


37 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:55:29 ID:9BYdUQRE


.      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /
.        Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//    約一年に及ぶ戦闘の末、
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /      クーデターは年内に鎮圧された。
         `ヘ lヽ       _      厶 ./
             ', {.代ト、          , イ | /        それから数ヶ月で混乱を収束させ、他の大陸の国々と条約を締結。
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./         ユリシーズに対する迎撃体勢を整えていった
            / ヽj       {`ヽ   ′         ユージア大陸諸国首脳の手腕は、評価されるべきだと思う。
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │


           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \     ストーンヘンジが完成したのが1999年の初頭……。
      |      (__人__)     |    そして、ユリシーズがロシュ限界を超え、大気圏に突入したのが
      \     ` ⌒´   ,/    同年の7月8日……。
      /     ー‐    \


38 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:56:11 ID:9BYdUQRE


   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l   そう。その迅速さは評価されるべきでも、
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   時間はあまりにも少なかった。
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   試撃も十分でないうちに、「その時」はやってきて―――
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


39 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:56:59 ID:9BYdUQRE


                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                  __,,:::========:::,,__
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                 ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...........
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                 ..‐´      ゙          `‐..゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            __,,:::========:::,,__       /                   \    ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............     ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;..‐´      ゙          `‐..'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
           /                   \                          ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
..........;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
゙゙゙゙゙゙゙      .'                           ヽ     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......  ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
        /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
      ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................               ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
    ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙´i,,.;,..  .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
    ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ|iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
    /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´
     `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
      ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
          ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


40 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:58:27 ID:9BYdUQRE


            、_
             >`ー―-. 、
          ,、 r 、 /: : : : : : : : : :ヽ.
          \ヽ∨/.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. V    衝突後の混乱、病気の蔓延等の二次災害による数も含めた
        ,- ' r-!イ.: 从:.! :.:.:.::.:.:!:八    死傷者の数はおよそ2000万以上。
         ̄^{::::V.:.!ハ:ヾ::ヽ::::ノ:::j:ゝ
          \{:小-ヘ、:ヘ:V/:;イリ    被害総額は大陸全土の国内総生産にして、およそ18か月分。
             ヾ:!::`ー仏-=<_     その惨状は、想像を絶するものだった。
            丶::イ     ヽ\
            xく l |:       ヽ\
            f:::::.ヽL..-―-、___> ヽ
            |::::::::!\_ /⌒ト-―'´



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \    そんな中でも衝突から数日以内に大陸首脳会議を開いた事は、
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   評価できると思います。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /   事実、それで助かった命も沢山ありましたから
     ゝ  ノ
   /   /


41 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 22:59:04 ID:9BYdUQRE


   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l   そう。迅速に会議を招集した事もまた、評価できる。
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   しかし、その会議が後に禍根を残すこととなってしまった。
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


42 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:00:04 ID:9BYdUQRE


                    ┃         ┏━━━━━━━┓
                    ┃          ┏━━━━━━┓
                    ┃          ┃   (FCU).. ..┃
┏━━━━━━┓        .┃ .          ┃   中央...  ┃
┃        . ┃        .┃  .         ┃.ユージア連合.┃
┃  エルジア  ┃        .┃  ..       ..┗━━━━━━┛
┃         .┃        .┃        .. ┏━━━━━━┓
┗━━━━━━┛        .┃        . .┃        . ┃
                    ┃         ..┃  その他   ┃
                    ┃         ..┃.ユージア諸国.┃
                    ┃         ..┗━━━━━━┛
                    ┃         ┗━━━UTO━━━┛

―――エルジアとUTO。この期に及んで、両者の対立は続いていた。

当時、エルジアは97年のクーデター鎮圧の立役者として、大陸内でもかなり発言力を強めていた。
UTOとしては、軍事的だけでなく、外交的に対してもイニシアチブをとられている現状は、
打開したいものだった。

首都に隕石の破片が直撃し、大被害を受けたエルジア。
UTOは、これを好機だと考えた。


43 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:02:00 ID:9BYdUQRE


       .┃ エルジア ┃ UTO諸国 ┃
━━━━━╋━━━━━╋━━━━━.╋
被害総額  ┃    1.  ┃   3 .  .┃
━━━━━╋━━━━━╋━━━━━.╋
死傷者   ┃    1  . .┃    3.1   .┃
━━━━━╋━━━━━╋━━━━━.╋
難民負担  ┃    1.  ┃   1.2  ..┃
━━━━━╋━━━━━╋━━━━━.╋


これが、当時のエルジアを1として、UTOと比較した図。

被害総額、死傷者共に、UTOの方が数値が大きいが、それは当たり前。
エルジアは一国でこの被害だが、UTOは複数国でこの被害なのだから。

一番下の「難民負担」というのは、会議で定められた、「最低受け入れなければならない難民の数」。

―――やる夫、こを見て、何か気がつかない?


44 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:03:39 ID:9BYdUQRE


     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |  UTO側は、やけに難民の受入数が少ないような気がしますね。
/     ∩ノ ⊃  /   エルジアは一国。UTOは複数。
(  \ / _ノ |  |    面積的にも経済的にも、UTOのほうが余裕があるはずなのに。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l   そう、UTO……というより、
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   その中核のFCUは、
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙    難民の半分近くを、エルジアに押し付けた。
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/      これによってエルジアの経済が圧迫され、
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、     .衰退していくと考えたから。
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


45 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:05:09 ID:9BYdUQRE


         ____
    ..   /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   どうしてエルジアは拒否しなかったんですか?
    |         (__人__)|   軍事大国エルジアはUTOの意見を拒否できたからこそ、
     \    u   .` ⌒/    今まで対立が成り立っていたんですよね?
    ノ           \
  /´               ヽ



       /                  ヽ
      /     ,     , '          ヽ
     / / / /  /  ,  /        ヽ     !
    〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !
    │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |
     ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l
     レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l !
       ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl   なかなか鋭い質問。
        /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ
      ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´      国際社会、主権国家体勢というものは、
      { /ニヽ ヽへ          ィ ハl       どんなに小さな国であろうとも1票は1票。
       ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、        複数の国の連合であるUTOと、たった一国のエルジア。
       _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ        多数決になればどちらが勝つかは明確。
      __/ |    /、‐'/ /   , '      \
     /    ─ '  } /へ、 /         \     さらに、当時のエルジアは軍事行動を起こす余裕が無いほど、
     {       / / ヽ、 , '      ィ ニ二二\   隕石によって甚大な被害を受けていた。
   , イ    ,'   〉/  /     // , -―─-}   軍を動かして、多数決の結果を覆す事はできなかった。
 /        / / /     // /       !


46 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:06:12 ID:9BYdUQRE


.      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /
.        Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /    エルジアは軍を動かせない。
         `ヘ lヽ       _      厶 ./     だからこそUTOはエルジアに対して高圧的に出る事ができた。
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./       エルジアの意見は黙殺され、
            / ヽj       {`ヽ   ′       数の暴力は、エルジアを完膚なきまでに叩きのめした。
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、    全てはUTOの思惑通りに動いた。
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧  ―――かに見えた。
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │


47 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:07:32 ID:9BYdUQRE


:,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/    四年間、エルジアは耐えた。
ヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/     耐えに耐えて、なんとか軍隊を動かすまでの力を取り戻した。
ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /
:ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /         しかし、未だに戦力は不足している。
::::::,-一 ` 、       _, < |イ::::: /  '          隕石衝突前は、たった一国でUTOと対等だった軍事力は、
:::/;;;;;;;;;;;ノ.  ` ‐r-‐<    'l::: /            見る影も無いほど、衰退していた。
`|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、;-、_;-´;;;;;;`i´  .',/             そこでエルジアは、ある方法を見出した。
 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;へ;;};;;;;;`i;;;;;;;;;;;;;}\




   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l   隕石を迎撃するために作られ、
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   そしてその役目を果たしきれなかった
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙    「極大射程の対空砲」
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/      ―――そう、ストーンヘンジを軍事転用する。
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\     エルジアがUTOと対等に戦うには、それしかなかった。
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


48 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:08:46 ID:9BYdUQRE


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   2003年夏、エルジアはストーンヘンジが置かれている中立都市国家
./     ∩ノ ⊃  /    「サンサルバシオン」に侵攻。これを占領。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     それに対し、UTOはそれまでの軍事的なつながりをさらに強め、
  \ /___ /      さらに加盟国を増やした「ISAF」へと生まれ変わり、
                 エルジアに対して反撃に出る……。


   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i   しかし、それは尽く失敗。
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   ISAFは大陸東部へと追いやられ、
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙    ついにはストーンヘンジ射程外の大陸の一部と、
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/     海を隔てた島国「ノースポイント」だけが、
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/     勢力範囲となってしまう。
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


49 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:09:33 ID:9BYdUQRE


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |  そして、その状況下から「やる夫航空戦記」は
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/   始まっていたんですね?
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


          /                             \
.        / /    /   /         \         丶
.      / /  /  /   , /  .i        丶    ヽ    ヽ
      //.:   / ::/  .:::/ .:|  .::l  、   .::.  :ヽ   ::..:',    .ハ
.     〃/.::/ .:/ .::,' .::::/ .::!  :::{   ::\ .::ヽ::.  ::l   :::::::l: :. .  ハ
      l.::,' : .:l :::::l ::::::l ::::{  ::::ヽ ::::::::\:::::ヽ::.. ..::l  :::::::::l::: :: :::. :l.:l
        |:/! :.:::| ::::ハ : ::∧::::八. .:::::i\..::::::l \::::\::::l  :::::::::l::::::::::: ! |
        |{│.:.::::| ::::::ハ ::l ヽl  ', :::::|  ヽ::::l  _\{-ヽ|  :::::::::|:::::::::::: i::l
       ! ! :. ;小、.:::::{ 代ート、 ヽ ..::l   >七´__,ィ=-、.」  :::::::::j::::::::;::: l:,'
        ', :::: l:: \::ムx≠于=ミ、\ヽ x=≠旡丁 `ドレ!  ::::::::;イヽ ::i:::::リ
          ヽ:::::lヽ::::\<ヾハ{.::::ヽヽ _ {    V、::::::.}├|  :::::∧ l:::,' .::/
         \l ∨::{!ハ  Vzイ} {!⌒ヘ}    r'zィリ / l .:::/ } ,ノ/l:::/    その通り。
           `  ',:::ゝム   ー' /   ヽ、   ̄ノ' | ::/ フ´::/ ル′    このあとの「歴史」は、
              ヽ::::`ヘー ‐ '´ '      ̄      |.::/´;::〃/       物語を通して明かされていくだろう。
              ヽ::::{\      ャ‐、         jl:/::/:/ ″
               \:ヘ ヽ 、    ¨        //イ::/V
                 \!  ヽ>,、     , イ 〃:|::ト、
                     ヽj父rー<: : : : : : : {::l) ヽ、
                    /...::::::| : : :    : : 'y'     \
                   / .::::::/ノ      : : /        \
                  / .:::::::::::{′    : : : : :/           \


50 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:10:14 ID:9BYdUQRE


           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \  それともうひとつ。
      |      (__人__)     |  「御託はいいからさっさと本編書き進めろボケ」
      \     ` ⌒´   ,/   という意見が聞こえるような気がしますが。
      /     ー‐    \




                           .. - ─……‐-. .、
                      ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                          ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
                     /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
                    , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
                     |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
                     |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
                     { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
                       ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
                       l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
                       l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
                        l: : l/ ヽ `/´ ̄ヽ〃: ∠ノl/     脱ぐから許せ。
                          \|   `/     ',ィ.l/l/
                          , ィ/      |,
                      ::;;_,.-、/,,;/      .|'i、
                     /'´, ' ,ノ| ;;;,       ノ`ヽ
                   ./  / |;;;/    ゙  /i   . ヽ
                   ./  / |;;;/    ゙  /i   . ヽ
                   |  ,ノ/ レ'     /'       i
                   ,|  ゙、' /     /    ,,|゙ /
                   i|   .y     ./  . /゙  /
                   ,i゙|  ,,/    /   /'゙  ./
                   | |      ./   ;;;/   /
                   | ト.    ./ ,,  /;;|'   /
                   |゙ |;;;i  ,ノ  ;; /;;;;;;;|    |
                  |  :;;|` ´    `、;;;;;;|    |
                  .|  ; |       、;;;;|    |
                  |   |        ヽ'|    |.
                 ,|   |     `゙ 、 '´`ヽ、 |.
                ,‐:ヽ.  |         ,,   \.
             ,,_ -'゙ ;:: ` , |         ヽ    `i、
           _,/´   ;: :  ; ノ          i     !ヽ
         ./´|´      ./             l       l
       /´  ,|      ,ノ            /      . |
     ,/´ ,. -─ ゙=、-‐'´ ̄   ::..        .,,;;'.       !
   / ,- '´      ``‐-_    ..   , '´`ヽ、;;,,. ,.´`ヽ.ノ
  / _ ,,,             ̄` ‐--`─'、    ヽ‐┴ 、,-‐` ̄ヽっ
 i`     _                        ゙ ̄ ヽ´_  /
 .\     `            ___;;;;;,,,,,    _,,,_ ,つ'´             【オワリー】
'


51 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:11:39 ID:F.GfJ/VE

許す!


52 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:11:50 ID:9BYdUQRE


以上です。タワ言に付き合っていただきありがとうございました。
読むのが面倒だったら飛ばしてもらって構いません。

……ユージアだのオーシアだのエルジアだの、どうしてこの世界の国名はこんなに似てるんだ。
紛らわしいっつーの。


53 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:12:21 ID:wPf1gckc

乙 許します


54 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:14:19 ID:yjPseT4A


うん、ゆる・・・さない
もっとやれ


55 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:14:46 ID:p9d6KJAY

まだ許したくないニダ


56 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:16:38 ID:9BYdUQRE


※注
 数値は>>1がテキトーに想像(妄想)したものです。公式のものではないので悪しからず。
 日付等に関してはできる限りエスコン公式のものを使っている「つもり」です。間違ってたらごめんなさい。


57 名前:1 ◆0m.sLiZS0k[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:17:39 ID:9BYdUQRE


            _. -一-冖ー ._
         _.  ´     ヽ \   \
        /           ヘ  ヽ.   ヽ
       // /        ヘ.| ヘ    ヘ
       //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
     /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
      / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
     |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
     |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
        ルl ヘ         /.//T/_
         | l.\   -  .イ ル'レー \
         ∨レ´ _>--ヶ´ム'  、 ̄  ̄`ヽ、
              /    .:.:.:::::ノ:!::. :. . ..........:::=≧=‐- 、
             _/ .:ヽ :i::::::::/.: /:::':.. .:..,. ''. ::     . :.:.:`ヽ
      , --―'´;.:.、... .: .:i :i::/:  .:::..:,.‐''".    .      .:、  :.:::}
     /   . :.:.ノ:. ..\.ヽヽ:  , -‐''´ ..::: ..    :     .::l . :.:.::|
   /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/     .:::、:.. .. . :.  :.  .::i ...:.:∧
    |  . . .:.:.:;イ::      .:i::.       . .::`''‐-=、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :!
  /{::. : : .: '´.:.i::.       . :|:      . .:: :.::::::::::::/゙"ヽ、:..:.::´::..: :|
  ,' `: :...:.:.:.::.::;!::.. .    .:.:|:     . . . :: :.:.:::::::::{::. .::;'`:‐ .::.: ;!:|.
 {   :. `''''゙´|:::.:.:. : . . . .:::l::. . . . .. .. .:.::..:.:::::::::::|::. . ::i   ..:::iく ::|
  {:.:.. .:.. . .:.:::ト、:.:.. . .  . .:.:;!、::.. . . . ... .:.::..:::::::_;;.ゝ、..:|  ..:ノ :. ヾ.
 /`'''  、,,,___:ノ \::. :.....:.:ノ::..`'ー::.....;;;_;;:.-‐''....:...:::,>'=、  .::i :.::}
. {:.:. .   ___\   ` ‐-=、:::.:.. ..::r ー-=、.....:...::..::::/      . .:::! :; ::|
 !ー: . /:::___;>┐    \:.. :! ,.-―:‐、:: ,,.:‐''´    . . :__;ノ.イ.:.:|
 ';.:../:::::/´、   ̄)ヽ. _,r―‐亠- 、!::::::::::::::|「:     . . - '''´. : :丿.:
    【許してくれない頑固サン達へのギリギリヌード】


61 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:24:22 ID:2z4qr9T2

>>36
>「スカーフェイス1」と「エッジ」のコンビが

「スラッシュ」のことも、時々でいいから思い出してあげてください……


62 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:31:32 ID:d3Aut9lo

乙!
目が潰れたw


63 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/22(日) 23:34:01 ID:Vm55JpVE


目がぁ~、目がぁぁ!



スポンサーサイト


 

NEXT    PREV
««     »»


2009/11/23 02:54 | 【AC04】やる夫航空戦記【エースコンバット】COMMENT(0)TRACKBACK(0)PageTopカテゴリ&記事一覧

コメント

コメントの投稿

・ ネタバレ。

・ 内容に関する異論・反論ではなく、作者への個人攻撃。(罵倒、誹謗、中傷等)

・ 内容の伴わない作品批判。(例:「つまらん」等の一言コメント)

・ その他、荒らし、度が過ぎる煽り等。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。