ヘッドライン(NEWS)
ヘッドライン(やる夫)
最新記事
注目記事

[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです えぬじいふ 6
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(エピローグ)」
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(後編)」
[09/15] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十五話 『ホスピタル』
[08/15] コンビニアイアンメイデン #30
[08/15] 全裸の王様 【 メリーさん 】 & コンビニアイアンメイデン #28、29
[08/15] 全裸の王様 【 赤ちゃんはどこからくるのー? 】
[08/15] 橋の下の超人
[07/18] やる夫たちは五竜亭の常連客のようです 【練習問題その6 チーズと食いしん坊と公平な分け方】
[07/18] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 6 )
[07/02] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十四話 『赤ちゃんのバラード』
[07/02] ストライクウィッチーズ祭り
[07/02] やる夫は○○と相乗りするようです 第12話『Lを貫いて/こわれそうなアイのうた ( 1 ) 』
[07/02] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #29
[07/02] ほむら氏と長門さん 【 修道院 】
[07/02] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 5 )
[06/23] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #28
[06/23] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 4 )
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 終幕 【完】
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第十話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・後編 【完】
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・中編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 2 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 3 )
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第九話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・前編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 1 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 2 )
[06/21] クリスタル氏と長門さん 【 縦笛 】
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第八話

スポンサーサイト

 関連カテゴリLoading...... スポンサー広告 記事一覧 Loading......

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告PageTopカテゴリ&記事一覧

やる夫が軍艦総長になるようです。 第ニ部 第2話 軍人文相登場

 関連カテゴリLoading...... やる夫が軍艦総長になるようです。 記事一覧 Loading......

 
 

161 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:00:57 ID:29fVi4020


                      .. -‐‐-ミ
       .               , '´""´ ̄`゙⌒ヽ、
                   ,イ: : ................   `)`。
                  f: :-‐: . .  ..,,,,,,  ..:  i
                  {: :云ミ、: :',ニニミ ヽ. }
                 __{‐(.ィtッ、)ー( ィtッ、)―‐r‐ミ
                 (i:、l: `ー‐'.:: :.`ー‐': . : i'ぅ i}
                    ヽc}::. . : 、,,,;.    ,'"ノノ
       .             ゙圦: : .,, ‐-‐ 、`   .jー'´
                   ヽ: :.`二二´  ,イ
                    〉、..     /.∧
                   ,ィ/(:::`ー―彡' //aV⌒ヽ、     ____
           _____   rミ‐fj/{ミヽ、:. _,ィ≦'⌒))'〈 /0≫`ーァイ´ァ、`))ミ)
        r‐≦升〕8〕≦'>'´i个、raY´fro))ノ>'´ニ>‐-=__f´( `ー彡')),イハ
        { (_, -‐イノri:i´    i::i トミシヘii彡'´ニニ○ニニニニ圦二二彡ィ≦ ヽヽ
       . 〉、__,ィ≦ム', i:i    i::i /0()0/ニニニニ○ニニニニ/ l/ / 「 l ', ヽY } }
       ../ ノ } } }ハ i:i    i:_j`^´i_「 ̄ Tf  ̄.r‐-r‐{ { | | l  | l l /
       八/ ノ/ /ニiム i:i    〉 ○ 〈|  /::i i : |i i| :ム ヽ .l l l / //ノ
         ヽ/_j_ノニニ}ニ', i:i   ゙¨M¨´゙テ´゙テ´゙テ´゙テ'テ'´ゝ、{_j_j_/-'‐'´ニム
         /ニニニニニjニニ', i:i  トイ^トイ(___)(___)__)  ) .)ニニマニニニニニニ=ム
         ,'ニニニニニ∧,ィニム i:i ゙マMヌ i::i マニニニ`¨´ー'ニニニlニニニニニニニニ厶
        ムニニニニ=fミ// ○ム i:i     i::i マ○ニニニニニニニ{ニニニニニニニニニ
       . ムニニニニ={0)≪=ニニム i:i     i::i マニニ__NMNィ_ムニニニニニニニニニ
       .ムニニニニニムvfミ○ニニ厶 i:i      i::i マニ> (○<ムニニニニニニニニニ
       ムニニニニニニムVニニニニニニ', i:i     i::i マニ≧wv≦ニムニニニニニニニニ

     ┌──────────────────────────┐
     │                                     ...│
     │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
     │                                     ...│
     └──────────────────────────┘
           原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

162 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:01:57 ID:29fVi4020


| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!
|                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!! | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
\__________  ________/.  |
                 | /               .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
                 | /                \
    〉       |  _, -―- 、⌒ー、           ,  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /  ,       r宀くx. -―/⌒ \  し1       /. : : : : : : : : :/:ヽ
   { /{  , ---人__/   /|     \ く      /: : : : : : : : : : : :l: : : :',
    ∨八{  // |/   | ∧ l   |   V´     /: : : : : : : : : :> '´l: : : : i
     }'  ` /  l ||   /y≠Vヽ  h| |     ,: : : : : : :/:/    l: : : : :l
       ♀  vヘ、 {/ {rツ`  rテV /     |: : : : : :/⌒   -、|: : : l: |
       {}   { ヘ \{ `゚゙   〈{シ' /      l : : : : /=ミ`  _   |: : :/:/
            ゝ     ヽ _ ´厂       ヽl: : : l   ,  -=ミj: : :l/
          l ̄ ̄l 、      /          j:ハ: :|  ,、 _   /l: : l
         , --、ヘ.n  | 丶-‐<           _ノ : N、 Lノ  /: :l: :.|
      /   /^\ 寸ニ{\ / n          `ァ: : : /こヽく: : : :.ヽ:.!
       /   〈  ⌒ゝ'. } / / レヘ      / ̄/: : : /  --、J|: : : : : Y
       l    lハ   〈\V /ノ /⌒ 〉.     /  レ{: ::|  イ´ |j: : : :|: :ハ
      /   / 〉  /\V 〈 し、 /      〈   l人: |   |  /ノ: : ノレ  |
      / _ //  /   [|  l  イ1      l/   \.人 / _ノ ̄ノ   /
    /  /   /  ̄ \l/|  l〈        〈   /{  /l  ト、 く/  l/
    | r/   /     /' |   ヽl       l  ∧_/「 |`Y  |/   /
   〈/´   /  「l   { 「l|     |      /l /    ート-' ̄l   /l
    l    / 〉   |」   〉 |」 \_/     /-|     /|   ヽ /-|


163 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:03:20 ID:29fVi4020


            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。

 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html


164 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:04:20 ID:29fVi4020


                  /         /   |            ヽ
                    /       /     、            l    さて今回は、いよいよ大学からの
                /     /        ヽ         |
                ,'       /     , -―‐-l         |    退官を迎えるやる夫の生活と、
                |      /ー- 、    ,ィ冬ミメ|       :} |
                |    , ィ冬ミメ    /´{rしl| |     / /    当局からの圧力により揺れ動く東大、
                |   : :| {rし|     _辷ノ|     / /
                     .   : :| _辷ノ         |    / /      そしてその騒動の中心にいた
        l^ヽ.          l  : :|    ノ          |    / /
       ヽ. \     _   |  : : ハ    _  /    | :/ :/ /       河合栄治郎教授を描いてゆきます
        \ \  / l|  | : :/: :ゝ、   -      | :/|:/ /:{
         r\ ヽ{   |  | : :∧: : : ;^ ト 、     / |:/ j' : : ヽ __ ,   国策への迎合を求めた当局は、
    {` ー一'´  ,ヽ. }  ヽ | :/ !: : /  |: : :`:T"´   |': :  {: : : 、:_:ノ
    _ >―一≠  ノj   | |/  j: :/  ,ノ:/ : : l     /: :    ヽ: : \    河合と大学への圧力をいよいよ強めていくの
  く __ . イ  / /    〉   |:/ /: / : :/}  /:      |:_:_:_: }
     ノ 丿 / {    /    /: : :/: : :{ー- /:     ノ ノ-- 、`\


165 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:05:20 ID:29fVi4020


          レく _ノ }-‐ >―- ′\
          |// T" /    /   ̄`ヽ
 : : : :/ : : : : : ! /l  l /       /  /       |       せっかくやる夫さんが悠々自適の生活を
: : :/l : :r ---‐く: : l , -l :/  ,イ  /| :    /
: :/  l : :l: : :|: : : : : :!/ ヘ /   / | /、| :l   /        始めようとしている一方で、
ヽ{  \{\:ト、: : : :d  「 |  /  _∨  Vl:  /
         Vノ'/|ゝ.  ハ |   l jティ/l: /         時局は大学の自治を奪い去って
         / {/  }  ヘ.!   ` / / ´
       ,、/{                 〉             戦争協力へと追い立てていくんだね……
     / \\    、   -、_ /
    /\  \\ / \_/´                悲しいよ……
   /    \  \ ス
  / , - 、  \  \}


166 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:06:40 ID:29fVi4020


.



========================================================================

              第二部第2話(通算第16話)   軍人文相登場

=========================================================================



.


167 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:07:40 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────┐
│ 昭和13年(1938年)3月29日、三菱長崎造船所が戦艦「武蔵」の起工式を挙げた。 .....│
│ やる夫にとって、「武蔵」は彼が計画に関わった最後の戦艦となった。           .│
└────────────────────────────────────┘


                                .rnへ、
                               ,人r壺'
                               ∠/  |
                      rゝ、_、 ,∠x/  、:トャ
                       」ロpwLr∠xl,/   >j´
                      fLfffrrr[>≦「´   `U
                       ||LL⊥二〔、      _,,..-‐''`'ー-、_
 _,..-'''"~""''' ‐- ...,,___,,..-‐''~""''' ‐||>:<||><||...,,__'''""~       ~""''' ‐- ...,__、
                      ||><||><||       \r、__rf    ft__,rァ/
                      ,||>< ||><||       rゝ[ロrL   ,」ュロ[くャ
      |    .[森氷製菓]     .||><||><||  .r====l:┐|x|xlx|´    |x|xlx|
────!zュ   | lココココココ:|[㌔㍍] ,|| ̄ :|| ̄ ̄ || ::|l=====l|l|x|xlx| r─‐:|x|xlx|
 ○   /´   | lココココココ:|rェェェュ].,||≧≦||≧ ≦||  |l====,r:::::::::-、x〕kュュ 〔x|x(V_。_。V)
   ,/-‐─¬、  ,.-‐─¬、ェェェ:[ ,|| ̄ ̄:|| ̄ ̄ ||     `l::::::::::{  rェェェrへュ彡、:_:_:rミ
   / |[: ̄l ̄:]|  |[: ̄l ̄:]| ェェェ:|::||二二:l||二二l||   l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       :|γγヽ
::::::::ヘ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~:l|       :| ヽヽソ
~~`                              :|       :|
                                 ~~~~~~~~~~~~~~


168 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:08:40 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────────┐
│ 一日おいた昭和13年3月31日、やる夫は関東大震災からの復興がほぼ完成した          .│
│ 東京帝国大学を停年60歳で依願免本官となる。                                │
│ 同時に停年を迎えた教授は法学部2名、工学部5名、文学部1名、理学部3名、医学部1名。  ..│
└────────────────────────────────────────┘


            """"''""'""
             ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
           .::::/      \;;;;;;;;;;;;;;              やる夫の教授生活は
          ::;;;;;./  ~~~  ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;
         ::::/  ─ Ξ ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;           大正7年から昭和6年までと、
         ::;;;.i   (─)─(─)     };;;;,,,,,;;;;;;;;;;
         ::;;;;::... ::::(((__人__))):::::/;;;;;::;;;;;            昭和7年から昭和13年までの
         ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
       ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;            合わせて18年1ヶ月になるお……
       ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;
        ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;           我ながらよく勤めたお
         ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
         :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       だから悔いはないんだお……
        ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllllllllll
      .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllllli, ゙ lllllllllllllllll!゙゙llllllllllllllll
        `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllュ,,j'llll  !.llllllllllll


169 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:09:40 ID:29fVi4020


./          , ィ >ィノへ 〈
l    . . : : : :/´        l:ト
l . : : : : :/こV 、    ⌒\   l|
V: : : : : /  〉  `¨`7^5ミ V ノ           やる夫教授!!
 v: : : ∧ l     { ゞ' /マフ
  ヽ: : : : 〉,      ` ー' 〈             いよいよ停年退官となられましたが、
   }: :/〈    ,    - ,ノ
  ノイ   、    ⌒こイ              今後の計画は何かお持ちでしょうか?
/^ヽ    \     /´__
l    \     \__ /::::::::\
:l     \   /  /::::::::::::::::::::',
:::l         \〈\ {:::::::::::::::::::::::}
:::::l        人 l V| ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::l      / ハ / |____|
:::::::::l、   /ヘ.__/ l:l /   r ┐ /
:::::::::::l\/  / l l:: ̄/´ ̄ ̄`!
:::::::::::::l     /  | l::::/ ´ ̄ ̄`l



      ____
     / ~~~\                 そうですお……
   /(◎)―(◎).\
  /:::::( ((__人__)))::: \              まずは悠々自適しつつ、
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /              残る生涯を造艦の研究に捧げますお!!
       ̄ ̄ ̄
┌──────────────────────────────────┐
│ 軍事技術者を全うすること、それ以外にやる夫が考え得る余生はなかった。   .│
└──────────────────────────────────┘


170 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:10:40 ID:29fVi4020


┌──────────────────────────┐
│ 退官の翌日、次男の重孝が慶應義塾大学予科へ進む。  ...│
└──────────────────────────┘


             ___ _ゝ==ヘ、  ___
             >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´.:.:<.
           < ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
          / ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ            父さんの大学とは
          ̄/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|′
           !/!:.:!:.:/ハ:.|:.ト、:.ト、:.|ヾ|ヘ!ヽ!:.:.:.:ヾ!             違う大学へ進むつもりだけど、
           ∨レヘL_」ヘ!ヾ}、,りrt≦二リr‐:.!
              rラにテ!     ヒ少 レゝ }              僕は僕なりに行く道を決めるよ
              !ヘ ゞ=′    ` ̄´ ソノ
             ヾヘ  ′      /リ
                 \ ´  ̄  /  |
                 \__ / /  |
               「::::||::|  「| ̄ ̄ ̄ ̄|
             __,,、r┤:::||┘ |:|_:_:::::::::::::¬ ̄`ー...、,,_
       rー..'':::"´:::::::::\::::|| 、 _|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ーr、
        i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   |:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::i
      i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||ヘノ;;|:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::ト、
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||ヾ/!:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::/::::::::::::!::!
       l::::::',::|::::::::::::::::::::::::::||   |:|::::::______:::::::::::::|:::/::::::::::::::!:::|
       |::::::::',|::::::::::::::::::::::::::||   !:!::::::` ̄ ̄ ̄´::::::::::::!:/::::::::::::::::!::::i


171 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:11:40 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────────────┐
│ その同じ日、『国家総動員法』が交付され、日本は国民ぐるみの戦時体制に向けて走り出した。      .│
│ 日中戦争も深みに入り、4月7日には華北と華中の両戦線を結びつける徐州攻略作戦が開始された。   .│
└────────────────────────────────────────────┘


            ;::           ∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`
           ;::           (゚ー゚*)        (゚ー゚*)       (゚ー゚*)       (゚ー゚*)
           ;::           ( 人 ^ヽ      ( 人 ^ヽ       ( 人 ^ヽ     ( 人 ^ヽ
          ;::             , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)
   w      ;::        ∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,ヽ
         ;::        (゚ー゚*)        (゚ー゚*)       (゚ー゚*)       (゚ー゚*)
         ;::         ( 人 ^ヽ      ( 人 ^ヽ       ( 人 ^ヽ     ( 人 ^ヽ       ::;
        ;::        , |  -|lニ)     , |  -|lニ)    , |  -|lニ)      , |  -|lニ)     ::;
 、y,     ;::      ∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,ヽ   ::;
       ;::     (゚ー゚*)        (゚ー゚*)       (゚ー゚*)       (゚ー゚*)          ::;
       ;::      ( 人 ^ヽ      ( 人 ^ヽ       ( 人 ^ヽ     ( 人 ^ヽ        ::;
      ;::     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)      ::;
      ;::       <,_し`ヽ,)_,,ヽ   <,_し`ヽ,)_,,ヽ /l<_し`ヽ,)_,,ヽ   <,_し`ヽ,)_,,ヽ    ::;
     ;::                       l/                     ::;
     ;::        ∧,..,.         ∧∧ /                     ::;
    ;::        (゚ー゚*)        (゚ー゚*)/                     ::;
  w ;::         ( 人 ^ヽ       (i:i:i:i:iと)                     ::;
   ;::         , | ━|l二二ニ)   ノノヽ,/~                  ::;


172 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:12:39 ID:29fVi4020


┌───────────────────────┐
│ やる夫が退官して約一ヶ月の新緑の頃────   │
└───────────────────────┘


               i、 ノ,.'‐'´,.-'ニ'-‐ 'ッ
.               N .!' / , , -;=‐‐‐<
               !_,,. '_‐,ヽ_'´r''_,ニニ'' `ー,.-          あなたがやる夫予備役中将ですね?
              ノ,ニ-,._,`ーi`.i´ヽー-.、く
            _ /.i,='三_-' .ノヽ!ノ,!、ヽヽ.、ヽ           私、逓信省※のゴドーと申します
        ,.-r‐r',ノ'っ'ヾ三='‐'ヽノ'i;ド' '、i,ヽヾ`
        ,1,.!..iン' //.  'ーi'_,,,..  ノ  '_ゝN`           実はあなたにお願いがあって
  .     / 7´  ノ       ヽ.,, ,'_,'-‐'"´,. ‐`-,..,,_
       ,iー'  ,ィ'       '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"''''ー.、    やってまいりました
      io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
      l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i    我々の管轄化にある日本郵船は、現在
      /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !
      !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'    有事の際空母に改造するという条件で、
      ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
      i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'      海軍から融資を受けて27,000トン級
      |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
      ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ       豪華客船2隻の建造を行っています
       ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
         !r',.  i,__.i            //

※逓信省:戦前に存在した郵便や通信を管轄する中央官庁。


173 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:13:39 ID:29fVi4020


              /!/ ̄ー,
            |`''      ァ___                 そこであなたにお願いがあります
                (   .,,.‐、   ‐、ュ
                ,〉ー‐´~,`ーi~|´`i ..ァ                あなたは未だ艦政本部嘱託と
                |==='‐´,.!..|..|.)..|、,‐ゝ___,,,,,,、
                i==三´ニ_ノノヽ/.ヽ、~,.'.,ヽ  .\          三菱重工業技術顧問の二つの肩書きをお持ちだ
            `ー、_,´__. ../ ./ `,',..', 、  ..ヽ
             ,//ヽ,.__,/´ー,´ヽ..ヽ',.','..,ヽ  ..\        空母と客船のうまい兼ね合いができるよう
         /´ヽ、ヽ'.,'.,'~.'.,'.,ヽ.iーi 、...|.',', ',、    \
            ,'   ヽヽ',.'.,'.,'.,'.,ヽ '、..ヽ.|ヽ'.,..',ヽ    .ヽ     海軍と民間の意思疎通を図るまとめ役として
        /     .|',ヽヽ'.,'.,'.,ヽ、: ヽi.',', .|..|    ,/,∧
        j      |、'.,'.,'.,'.,'.,'.,',.v ..ヽ',', |..|   ,´,・ .ヽ   事務顧問への就任をお願いしたい
       /     .j..j',ヽ',.',.'.,'.,',.'.,',',  |.|.| |..| ̄(    .ヽ
      .(ー‐‐――(ヽヽ',..',',',',',..',',.',',.ヽ...|.|.|..|...| ...|    ...|    引き受けてくださいますか?


174 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:14:39 ID:29fVi4020


       ____
     / ~~~\            もちろんですお!!
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::( ((__人__)))::: \         船の仕事ならやる夫は何でも引き受けますお!!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

┌─────────────────────────────────┐
│ やる夫は逓信省の事務を5月7日付けで委託される。                   │
│ 時局柄不世出の軍事技術者が晴耕雨読など出来るはずもなかったのだ。 .....│
└─────────────────────────────────┘


175 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:15:39 ID:29fVi4020


┌───────────────────────────────────────┐
│ 同じ頃、三菱重工業技術顧問としての仕事が飛び込んできた。                    │
│ 戦艦「武蔵」の砲塔(3基、1基2,774トン)を呉工廠から三菱長崎造船所に運ぶ特殊艦の  ....│
│ 設計指導を行うことになったのだ。                                    │
│ やる夫はとりあえず、この二つの仕事に精力を集中した。                          │
└───────────────────────────────────────┘

         ___
       /~~~\                  新戦艦の砲塔は呉海軍工廠の
     /( ◎)―(◎)\
    /:::::( ((__人__)))::: \               砲熕工場でしか作れないんだお
    |     |r┬-|       |
    \      `ー'´     /               だからこれを長崎まで運ぶのには
   /´           `\
  /  /          l  l   .___       専門の艦を建造する必要があるんだお
__l  l_¶______/_/__/      ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l      大型の砲塔甲鈑を搭載するための大型船倉と
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..     円形の砲塔基部を搭載するための円形ハッチを備えた
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 特殊な艦なんだお


176 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:16:39 ID:29fVi4020


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       ┌────────────────────┐
       |                    |       │ 昭和13年8月5日、やる夫は思いがけなく   ..│
       |                    |       │                            ....│
       /    ̄ ̄ ̄ ̄ ..    ../       │ 教授生活20年以上を条件としてきた       .│
       /   名誉教授に    ./        │                            ....│
     /                /         │ 東京帝国大学名誉教授の称号を         │
     /    してやんよ    /          │                            ....│
    /   ____     /          │ 18年1ヶ月で授与された。            ...│
   /              /           │                            ....│
 /             /              │ やる夫と共に退官した12名のうち9名が   .....│
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        .      │                            ....│
                             .│ 名誉教授となり、内4名までが           .│
                             .│                            ....│
                             .│ 教授生活20年未満であった。          .│
                             .└────────────────────┘


177 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:17:39 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────────┐
│ 伝統の内規を改正した評議会の決断もさることながら、5月の内閣改造で文部大臣となった .....│
│ 荒木貞夫陸軍大将がこれを即決認価した事は、「文部省のヒット」と報じられた。         │
└────────────────────────────────────────┘

               _,,,,,,,,,,,,,_
             ,,r;:r""      ヽ、
          ,r'" "     ,r''"`   ヽ、
         ,r"  /   ,,r ,r"rヾ、`ヽ、 ヽ、          まあ、私の就任祝いだ
        ,|、_ (_   _ (_,r"'"  ヽ、 `ー、i
         ,|ヾl`'ー`ヽ!`i'"      ゙i、  _,〕          この程度の事はしてやろうよ……
         tヽ|     ゙i、      ヾー[」-!、
         ヾ|     ゙i、,|  _,,,;;;=''"`  ヽノ、 〕         いずれ我々軍部の意向を
          !i,‐-;;;;;;、,゙i、r'"-,ニlア    |i、゙`イ|
.          `i;-、ニlア i、 "      |、ヾ|l|゙         彼らに呑んでもらわんといけないのだからな……
.           ゙i,    |:|         | ゙i, ノ,
            ゙l、  `!_,,.       | ゙i |
             ゙!、  ,,,,.. -'''    /  | .|
              ゙i、   --    ,r'   ゙i_!-;
               `!、     ,r"_,,,r-'''ニ-‐''゙i
              rヾ、`ーr‐''ニ""-‐'"     ヽ,.........,___
             __λ i,ヾ| i''"       _,,.r-t"_,r'"_:_:_
    ____,......r-i'",r'ヽ | |:| |     _,,--'"   ~ヽ、:::::  !.
  < ̄ j'"ー'''''j;, ̄ ̄  `i | |:| |  _,,r''"        ヽ、:::::  `t、/
    冫>、i :::::,r'"      i i,r ノ_,,r'"           ヽ、:::::.. /
   |,イ'" ::,r"        ト,i",r'"              ヽ、 :::/
   /::::,r'" __     // |     r'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ヽ/

荒木貞夫(あらき さだお、1877年5月26日 - 1966年11月2日)最終階級:陸軍大将。男爵。

かつて皇道派の重鎮であり、昭和初期の血気盛んな青年将校のカリスマ的存在であった。
二・二六事件で予備役に編入されたが、第一次近衛内閣・平沼内閣において文部大臣を務める。
戦後A級戦犯として終身刑の判決を受け、昭和30年に釈放。


178 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:18:39 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────────┐
│ 家名を重んじるやる夫の妻にとって名誉教授の称号は、浮き浮きするような快事であった。   │
│ その妻にふさわしい自己修養を誓い、日記の筆に力を込める。                        │
└────────────────────────────────────────┘


           _ノ;.;.;.;;;;;;;;. ´         ``ヽ;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.(_        「一枝の白百合のきよき匂ひの如く
         r'´.;.;.;.;;;;;;,ィ'´              \;;;;;;;;;.;.;.;.;.)ー-┐
       r‐(;.;.;.;;;;;;;;;〃                 ヽ;;;;;;;.;.〔二ニ 1     床しく、桜花の爛漫たる心、
        「「(;.;.;.;;;;;;〃                   `、;;:;:.;)ト、//
       | | );.;.;.;.〃      i |        |: i      i;;;.;( //}      寒中に堪ゆる梅花の如く凛然たるを
       ヽL_, イ: (.:.:.:   | | |        |: |.  l l |.l;;.;.;)//ノ
       ///(.:.:{ .i i l | .l:| | |.   l   l  /l:.∧  l l l:.|;.;ノ i:.ト、      心がくべし。
        ///.:ハ.:{i i l | .l:| | ト、   !   ! //l/ l ./:.:/ l:.l;.!. l:.| i.|
        / l, .:.:| i::N i ヽ「 士士Nト、 ',  /// イ七/i:./ ///ノi: |:.| |:|     黄色の色のいとも賑やかなる福寿草の
      l .:.| . .:| l::| N: .:l:lV7´尓ミヽ \V/ィ´o示ミヽィィイノソ i::|. l.:| |」
      l/ . . l l::| {{薔トト、ヘ 辷。ソ       L辷ソノ l/ iシノ |::|: : |       如く、若竹のすぐなる姿、松のみどりの
         l . :.:l l::|   i ハ             /l .:.「.  |_|  :.|
         | . :.:| l:」  i.:/,.ヘ     ┌--┐    /´l .:.|     i .:|       枝葉めでたきやうに、又、菊花の大輪
         | . :.:|    // .i  >   `ー '   ..イ.  l .:.|    l :.|
         | . :.:|   /./ /:|. '´  ̄``ミ= 彡'´  ̄`ヽ  l     l :.|       小輪ともに其の花の寿命の長きが如く、
         | . :.:|  /.:/ / l:|     ,. 'ニ{{薔}}ニヽ.   /∧ l   l :.|
         | . .:i| ノ.:/  > リ  , ´ ̄`Y介Y´ ̄`  //  ヽ\. l :.|       又、美しくのびのびしたる枝葉の愛すべき
         | . .:l|.:∠ / `Y´    /l  ト、    //     〉 〉.l :.|
         | . .:||    ̄ ̄``ヽ _, ィ .:|   | \ // _ _//. l .:|       アマリゝスの白花のきよき姿、其の葉の
         | . .「 ̄ ̄¨¨¨`丶、 マ / :|   |   \ ̄ 二ニ === .:l
         |/| 「二二ニニ`ヽミヽV  :|   |  ,. '"´_  -===┐.:.l      つやゝかさの如くあらまほしと、
        〈 : :| |        `ヽミヽ、:|   レ'´,r'"´       l | ̄``ヽ
         ト、:/⌒)            i 「 ̄ ̄| i          | (⌒ヽ /    我が心に思へり。大に心に誓わむとす」


179 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:19:39 ID:29fVi4020


┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 花尽くしの誓いを立てたにもかかわらず、かたくななまでに閉じられた道徳精神が彼女を支配していた。 .....│
└─────────────────────────────────────────────┘


                     ヾ''''''-,へ.
                  ヾ ̄:ヾ: : : : : : : ヘ_
                /~ : : : : : : : : : : : : : !
                ~/: : : : : : : : : : : : : : : :!
                /: : :!!/!/リ\!\!、: : : :!             琥珀さん、いつも大変だね
                ~/!: !--、  -‐‐‐ ヽ,--、!
                  ヽ、!⌒   ⌒   .!/~) !ヽ、         今日は俺、少し時間があるんだ
                   !ヽヽ  ヽヽ ,/_ノ
                   \. !'''フ  ヽ!               夕食の用意手伝ってやるよ
                     `‐`,, ‐''   >--,-,,,,,
                  ,.-i''''!"~.! !  /:::::/ /::::''-、
                   /:::::! !/~1ヽ//~ヽ! !::::::::::::ヽ
                  /::::::::! !  `-'"  ___!__!_:::::::::::::::ヽ
                 /:::::::::::!''''''''''''''' ̄ ̄ ̄ ̄  !、::::::::::::::`
                /::::::::::::::!            !ヽ、:::::::::
   '-i-i'_     _,,,,...-‐'::::::::::::::::/!            ヽ!ヽ:::::::
   ,!~!_!_''---!~~::::::::::::::::::::::::::::::::/ !             ! ヽ:::
   !~!ヽ二,,____丶::::::::::::::::::::::::::/  !              !  ヽ
   ヽ~‐''!'!__,../!;;;;;;;;;;...:::::::.ノ    !              !
      ̄~~               !              !


180 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:20:39 ID:29fVi4020


            .  --  ._
    ___ _/         ̄ `   .
   f´     /                ヽ、
   l      ∧   / /            \
   |    ∧ \/  / /  /    ハ  、     \          重孝様、そんな……
   |   ∧ \ / / /  / / / l li l      ヽ
   |   ∧ \./l  l/r ィ‐r ぐ _/   | ll l i i  ll i l i
   `ー/  \/ .i  レ' r1ノ;:;::l`     レナメl .l i  ll l l |        お気持ちだけ戴きますわ
.    /ll  i i| l  |. tゞ.ー''/    ´三ミ .l i l  i.l l i |
   /l |l  l l| l  | """ ~´     i{r' ;::ハi/ / / l i/ !        これは私の仕事ですから
.  / .l |l  l l| l  |        .  ー '  リ / / i/レ''
  〈  | |l  l l| l  |\    `ー‐   ""/イ' /レ'l           重孝様に手伝っていただくなんて、
.  ヽ.j |l  l l| l  |.  \         _,.イ .|  i  ll|.
.     从 ハl l  l`\  「  ̄ / // /.|  l  ll|           そんな恐れ多いこと出来ませんもの……
 r‐‐ ‐‐→~ ヽへ.j\ \ \  / // //l  l  ll|
 {´ ̄ `ヽ     \\ \ \jヽ / ' ///  /  レ
  〉  / 乂_ ̄`ヽ ′ \ \ \.   /イ  / /
 i`ー i     i ーへ   \ \  ヽ V / /
. \_|     t二ヽ. ヽ    \ \  ヽ ` ̄`ヽ
 〈´ .|  ヽ    i  V    \ \  Vハ  _.}
  Vj|   ヽ    | \!        ̄  ̄`ヽ/´  〉
   N     ヽ  ゝ.  ヽ           V  〉
   |    ヽ ヽ   } ノ        ヽ   V/.
  /|     ヽ \ V }         i   }ハ
 i  .|       ヽ ヽ V           ノ   リ V


181 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:22:35 ID:29fVi4020


       {    ! ∠          _  |
ィ彡三ミヽ  `ヽ    .〔 、     . '  ̄     .|
彡'⌒ヾミヽ..   `ー L    / i        |
     ヾ、       !--  / ./ | i  i  | |          見ていましたよ
  _      `ー―' つ   l ! |  l |  l | ! |
彡三ミミヽ        ヾ  |  |  i 丶、|r,エル |          重孝……
彡'   ヾ、    _.ノ ~∟ゞ. Y ミヾ  ヾ_ソ.|
      `ー '           ヾ  ヾ ソ     ,.‐-、
 ,ィ彡三ニミヽ  __.ノ     |! iノゝ、_  ̄__〉´っ
彡'      ` ̄         ノl ! / :: :: :: @とフ
      _  __ ノ  ┌l__- ^-、 :: :: :: ::| |
   ,ィ彡'   ̄       .ヘ=. = 、`l´:: ::/:::!l |
ミ三彡'          ./⌒ (=-ニ\〉::´:::/.: i |


182 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:24:39 ID:29fVi4020


    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l          女中ごときに気安く声を掛けるとは
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/         一体なんですか!!
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _                    重孝、あなたはもう少し身分というものを
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\          よく考えなさい!!
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::


183 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:24:57 ID:29fVi4020


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ':::-‐::::::::::::::::::`ニ=‐   ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ_  ´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:;ゝ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}            ……母さん、俺の通ってる学校の
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::ヽ::l,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::::::::}            創始者福沢諭吉の言葉は
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::!:::ト             「天は人の上に人を作らず」だぜ?
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;rィ )::/:;ィ|::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ/ /,ィ'/'',r'/'               母さんみたいに身分の上下にこだわるなんて
:!::;:::::::::;;:::::::::;::::::;ィ' }! |/ ' /
'Vl;ィ〃//' "´   `'′ /                  馬鹿馬鹿しいよ……
           /      ノ
         /   ,. '´                    俺には父さんのあけっぴろさのほうが
-.、    { / 、_/
:::::::`ヽ.、 '〈                          よっぽど好感が持てるよ
‐-、:::::::::::`:ー-、
  |::::::::::::::::::::::`ヽ、_                     こんな生き方の違いがあっては、
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐:..、
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:>=‐-...、             父さんと母さんの魂は遂に触れ合うことなく
    l::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::::::::::::::::ヽ
    l::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           終るんだろうな……
     l:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

┌───────────────────┐
│ 重孝はただ、一人相撲の母を哀れんだ。   │
└───────────────────┘


184 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:25:21 ID:29fVi4020


┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 名誉教授の内規改正で大学に同調した軍人文相であったが、一方で戦時体制への流れに乗り       .│
│ 密かに大学の国家による統制をもくろんでいた。                                       │
│ 名誉教授9名の発令から一週間前の7月28日、彼は帝国大学六校の総長を帝国学士院に集めていた。  .│
└─────────────────────────────────────────────┘


       |      |                                    |      |
       |      |                                    |      |
       |      |                                    |      |
       |      |                [ ̄ ̄ ̄]                  |      |
       |      |             |    |               |      |
───--|___|──── / ̄ ̄ ̄ヽ───´ ̄ ̄ ̄ヽ,─────|___|──
                 / l|||||]         (('=')) ヽ,
                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
                 |                   |
                 |                   |
                 |                   |

      ∧_∧
      (    )_______          _______
      (    /        ∩_∩    ∩∩          /|
      (_@_/□    □ (    )   (,,   )      ∧_∧
      ∧∧ /        日と    )   (  つ     (´Д`* )
     (,,   ) O      // _@_) /■\ ◎   ⊂二 ⊂二  )
      (  つ日      //     (     )        //__)
    ∧_∧/      □ /∧_∧  (   つ ▽   □(( ))))
   ( ´∀`) O   ◎ /(・∀・ )  (_ / ○    ○ (Д` !!)
   (  つ日⊿      日と   )    /        日と   )
   (__/                   /          //__)


185 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:27:30 ID:29fVi4020


                 xァァ'7¨ ̄ ̄ミ・ .
               斗{{ {     _   \           ……これまで帝国大学の総長や学部長は
                /{{  ` ミ \ __i〃 ̄     ヽ
            / ≫" ̄ ̄〃゙刈⌒ー-=ミ ハ         すべて大学内で公選するのが
            ,'〃|′    リ   |l       | `!
             {/ |       リ       ト、|        慣例となっていた
            レ7! x¬=-〟 ヽ  , -=¬x ト、 !
                |ノ ! x:ぞテ㍉~ r' x:ぞテ㍉||        しかしこれでは我々文部省の意思が反映できない
              r㍉|        |         k㍉
              |fぅリ          j         ぶ!|        したがって文相としては陛下に責任が取れない
              ヽぶ        ^ {_〉       !ノノ
              `rヘ        ___       /1         よって今後、文部省が人選を監督する
             | ヘ   ‐´―‐`‐    / リ
             レ'| l丶     ̄    , ' |/          官選制を導入し、大学人事を文部省の
                k‐|  \       /  |‐ォ
                l \_ ` ー--‐'  _/|         管理下におく
                |     ̄l゙Y゙「 ̄//////!
              ノ      ||| //////八         諸君らにはこれを承知してもらいたい
        | ̄ ̄l< _         ||| ////////`| ̄ ̄|
     .r≦|__|   `  .   ||| /////////|__|≧ 〟
    ____/          ` ー┼|┼               \______
    _/                  |||               \_

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 呼びつけた各大学総長に対して、荒木文相は大学人事官選案を突きつけた。                       │
│ 荒木は東大に反国家的言論が頻発しているのも、大内教授の起訴前処分がなかなか実行されないのも   │
│ 要は総て従来の公選制に禍根があると考えていたのだ。                                   │
│ これは明らかに文部省の大学に対する監督権を強化しようとするもので、大学自治を根本的に         │
│ 揺るがすものに他ならなかった。                                                │
└─────────────────────────────────────────────┘


186 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:28:01 ID:29fVi4020


.  _r;>-<::::l::__l:::r‐‐ォ':::/::::7
  〈::〈::::::/:⌒:f--:}l:::::::l::__:::::/┐
  ヽ:ヽ::ヽ::::::l|:::::::|:l::::::/::::〉/::7
   ,ハ、L }::::j、‐-ク`r/:::://:::/l         ……荒木文相の指示は、明らかに
   ト、丶、ー':::::::::::::ヽ=ヘ /ニ{
   .}二三ニ>、____,. <ニ二l         大学自治に対する重大な挑戦だ
   }三二二>-‐<ニ二三ヨ
   ,小:::‐-:..、 l l l  __>::::::オ .       我々はこれを跳ね除け、
   / ハ 〈弋ゥ、〉人レィ‐t:ァラ´.lヽ
   ヽ{ | '  ̄ノ´} } ト ̄   l) 〉       なんとしても大学を防衛しなくてはならない……
    ヽl  ,ノl | l ノ ヽU   !_/
    /^ヽ / \_,ノ┘  ヽ. l ヽ
  __|0 l∨ .「ミ-一ニ7  ∨ヽ
./ .ト-く ',. ヽ ` ̄__ノ  / /
   | { ハ ハ   ̄   / /
.   ! 0 }  \_ _,..イ  /
    ヽ._ノ\      /


188 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:29:29 ID:29fVi4020


      ,ゝ:;:l´    i::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     '´ /l (     ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::l          まあ、なんとかしないと
       ! | ヽー‐-‐   `i:::::::;;::::::::::::::::::l
 :: ;;; ,,    l        !:/´`ヽ:::::::::::::|          しょうがないでしょうな……
  :::;;;;ヽ   l ミ=-‐'    ,'   l::::::::::::/
   ヾ::::::)  l       i ー-‐'ヾ:::::::く          私も出来るだけ踏ん張ってみます
   ノ;::ノ   「       '     〉;;;,-‐L
   ヾ::)   ヽ-┬┬ ' >     ./く    \        総長、あんたも弱腰になりなさんなよ……
     ゙・━  ゝ┴┴ '   ,/   ヽ、
          ヽ__,,,..-‐ '´ /    | ヽ-‐ '´

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 六帝大の代表を自覚する東京帝国大学は、断固防衛の決意を固めた。                     │
│ 病弱のため弱気になりがちな長與総長を、田中法学部長が実質的な参謀役として脇を固めて支えた。    │
└─────────────────────────────────────────────┘


190 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:30:29 ID:29fVi4020


┌───────────────────────────────────────────┐
│ さらにこの頃、東大には別の圧力がかけられていた。                               │
│ 右翼の国家主義者である蓑田胸喜らが、河合教授の自由主義に対しての攻撃を強めてきたのだ。  │
└───────────────────────────────────────────┘


            f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノノフイく,ノ三ノr=ヽ'
           ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノノシ/F三ノニト
          ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ     河合の自由主義ってのは
          ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
            、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ     共産主義と方法論において
          ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_
        、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ    異なるだけで、ほとんど
       =〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、
       `ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、   紙一重の内容だ
           ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"´
         ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、    気にいらねえなぁ!!
       `~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ
        ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)
           '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
            ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
           ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,,_
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙`'''ヽ、,,
         ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ,.:ィ'''"~´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝノ\ ゙ヽ  ヽ、    _ノ  ,'   '^,,.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ,:r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノヽ、、、  ヾ `''''''"´ /  ,' ,.:ィ ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    ヽ   /   r''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

蓑田胸喜(みのだ むねき、1894年1月26日 - 1946年1月30日)当時国士舘専門学校教授。

雑誌「原理日本」の主催者として知られる国粋主義者。戦後「日本のマッカーシー」と名付けられたほどに
凶悪な思想狩りを行い、戦前日本の言論思想界を裏から支配したとまで言われる。
狂気と紙一重と思えるその弁論と発行書から、「蓑田狂気」(胸喜のもじり)と学生に囁かれたという。


191 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:31:28 ID:29fVi4020


┌───────────────────────────────────────┐
│ 二重の嵐に晒された東大であったが、その自治を守るべく、8月12日に開かれた文相との  │
│ 第1回懇談において田中法学部長が自治の効用を熱っぽく訴えた。                    │
└───────────────────────────────────────┘


                \-_
                 /  \           ……大学の自治は大学の生命です
        ,,,,___,,.-‐一'' ";;-‐ヽ  ヽ
        「        \ ノ    l         また大学が溌溂たる生命を維持し、これを発達するために
       i         , へ
        "j          <             国家に対し大学が負担している光栄ある義務です
        }      __,,_,,./ } ヽ
        "「   .,/'゙ !`\   /           それは学問を究めることと最高の教育とを国家が
   __   ll   /″  ・〆ゝ  ヽ
  √  i !!!!/      丶.´ l /  \         大学を信頼して委託し、大学がその信頼に背かぬよう
  | r⌒ヾ !!          '     丶.
  | { て !!!               /       実行していくための最良の方法と信じます
  | L  )  !!!   ゝ、          ゝ
  \ ""ヽ      \         /        それに大学自治とは、大学が政治的な立場を脱して
    \_ソ      {         "";
     i        {          /        政党官僚の対立に巻き込まれることなく
_,, .-‐''"    i ゝ             ヽ
         i  l              i       中正に国家の為に役立ちえる方法であるとも考えます
         l  -             /
          t  ゝ丶、._______/
          ゝ        ノ
           ヽ      /


192 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:32:28 ID:29fVi4020


          , -‐'´ ̄ ̄ ̄`'ー-、
          ノ  r'´ r'  , -‐- `ヽ              (ふん、口では勇ましいことをいうが、
        〈 ,'ー-'-i-― '"`'i`'ー-、|
         |/   ノ      |=ー- |             所詮は学者にすぎぬ
         ||=-、ヽ _, -=ー- `iー-  |
          |ーr,、  --r,r  |ir-、 |              大学の教授なぞ、我々の言うことに
          |  ̄/    ̄゛  リr、ト、|
         | 〈-,       l-イi |              ただハイと言っておればよいのだ)
  .       λ  ‐--     / リ|| |
            ヽ. ゛   /   |l|リ
              >r-‐ ' _, -―'´i
    , -‐‐-----,―|`ii´ ̄      ,ゝー,―------‐‐-,
    〉、-----/  .| ∥      /   / ----------,〈

┌─────────────────────────────────────┐
│ 公選か官選か、自治か統制かの双方の意見は平行線を辿るばかりでかみ合わず、  .│
│ 止む無く懇談を後日に送って散会した。                              │
└─────────────────────────────────────┘


193 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:33:28 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────────┐
│ 荒木文相は大学の自治に干渉する一方、学会の統制にも意欲を燃やし、3日後の8月15日 ......│
│ 自然科学関係の大同団結を図る「科学振興調査会」を発足させた。                 │
│ 「世界的学者」の一人として、やる夫も約40名の委員名簿に名を連ねた。             .│
│ さらにやる夫は、8月下旬から9月上旬にかけて文部省の命令で占領下の中国を訪れ、     .│
│ いわば文化使節として中国の学者との交流を深めた。                          │
└────────────────────────────────────────┘

                                  A
                                / ̄ ̄ ̄\
                            /        \
                              (           )
                     ____ ⌒⌒⌒┃⌒⌒⌒
                   /⌒ ~⌒\ . . .┃          やる夫は中国へ出張なんだお
          三      /( ◎)―(◎)\   ┃
                /:::::( ((__人__))):::: \/⌒)
                |     |r┬-|      | ノ          かつては敵同士であっても
              __\.    `ー'´    / /
            (⌒               |_,,,ノ            友好を深めるために
             ""''''''ヽ_         |
                  |           |              お話を聞くんだお
                  |         |
             三   i      ̄\ ./
                  \_     |/
                   _ノ \___)
                 (    _/
                  |_ノ''


194 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:34:28 ID:29fVi4020


┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫が中国に出張中の8月27日、文相と東京帝国大学との第2回懇談会が開かれ、 .....│
│ 席上、大学人事に関する文部省の具体的方針が示された。                      │
└──────────────────────────────────────┘


            ,.. - ..,_,.. - 、.、
            , ‐''''´       `'ヽ"'ヽ             我々とて決して大学の特殊性を
          /         ̄`'ー、ヽ , \
       /  __-、ヽ       ! i ノ,._ ';           認識していないわけではない
      r'  '" r'/''`'rrー- ..,,__,,.=,く'´ー;  {
      r' _,...  /   '       !l  ! .!          大学の人事は充分考慮しよう
      ヽ'.r''ーr'i ..,,,_    、  .,'/  | ./
      ', !l ; !l !.  -r‐i゙;i''ー.) ヽ. /r;i‐;'' i-'           ……しかし、大学教授は総長を補佐する責任を
       ',ヾー.|{     ̄     l´  ̄ /
       ', `"!'           !    ,'             明確にするために、選挙で投票を行う際に
        !,! !、       ー '   /
        '_'、.l`ヽ     ――  /              署名意見書か口頭でその意見をはっきりと
       ,'、;-' ,_ \    "   ,.'
       ,'  `"''ー"=‐'_- _ ..,__,.ノ- 、              述べて貰おうではないか
,.. -、----、'- 、      `"'ー`;'ir,j,''r'--.、
-―ヽ__ヽ `'ー .,_      !l!l ,',' !___ヽニニニニニ ー_-=,―''''フ
ニ"-l l         `'ー 、   l !l l !.,'    ヽヽ..二''_-、ヽヽ-'´
'ニ7,'/              `'ー !ヾ.!l/        \ヾー_'_. ', ', !


195 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:35:28 ID:29fVi4020


                               r::「::::Y´::;ヘ
               ,.--、         rヘ,ハ__人/::::::>_
       ___ _/-、 ,ハ           /r-ミ≡=モニ{::::::::>
  ̄ ̄ヽ//// / ノ    〉i  '、-、     /, `T゚`r rェ≧ミ、´::)    バカな……選挙で候補に投票した理由を
    ./::/://:/  /   \  ヽ_,ノ 〉 _/ ,.-、 ヒ'^ヽヽrノ川二}
     {:::i:::l::l:::{  ヽ \ ヽ.ノ、__ソf'´ /u/し'^ヽ  》 Τ/jl-┤    述べよだと……!?
    l:::l:::l::';::ヽ.__ _\ノ¨´\ ( ̄ヽ /_ノ-/⌒リ U{ /〈:レ' ̄
    ヽヽ:\ー::__/ ̄ / ̄ ̄,ニニ,.イ ヽ \__/   /ィ'ノ        投票に公正な意見を反映させるためには
      `T¨l ̄     {   `ヽ /  \ ー一'   ,∠ィ´
.     // /    ト-┬- _`丶、  ̄ ̄ ̄¨{  }         無記名投票こそ望ましい
    // /    __.ヽ_,ィ'⌒ヽ,.二、_,.-─r'⌒ヽー{
.    /  /  ./ ̄     {  ノl   }  )  リ、___,ノニト、        しかし!! 文部省案はそれを否定した!!
  /       /      lニ´ィ'ヽ-ァ'`¨´  ̄   __,,.  --ヽ-
.         /      / ̄|  /    ,. ´              しかも署名意見書を出せば、文部省がその内容に
       /      /  l/    /
        /      /  /     /                  異議を唱え、人選を却下しかねない!!


196 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:36:28 ID:29fVi4020


       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、           いやはや、手の込んだ公選否定ですねー
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,         しかし総長、公選の全面否定が
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l         無記名投票の否定に絞られた事は、
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll         交渉の前途に手がかりが出来ましたよ
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i
     i     l :::.      ..::::  ,/          各帝大と連絡を密に取り合いながら、
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ       無記名投票の実を取る代案を作成しましょう
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i        要は官選のように見えて公選という形に
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i        すればいいんです

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ こうして東京帝国大学では早速内規改正の委員会を設け、無記名投票の実を取る代案に取り組んだ。 ......│
└─────────────────────────────────────────────┘


197 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:37:28 ID:29fVi4020


┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 折も折、国家主義者たちの河合攻撃が、遂に処刑の行動を開始した。                      │
│ 8月25日、貴族院議員の三室戸敬光らが蓑田胸喜を同道して東京帝大を訪問、長與総長らと会談して   │
│ 大学に対する意見書を提出するという前代未聞の挙に出た。                                 │
│ その中では特に河合に対する罷免要求が強調されていた。                                  │
└─────────────────────────────────────────────┘


、ヽ'ノ    、__,..-‐'  ヽ` } ''´ヘ_',彡Z//
-ソ'   ,       -'" ̄` } i /ヽ、_`ヽ三/    河 合 の 罷 免 な く し て
イ!  /  ,.  _,.rニ_`ヽ   ' -' ! ,-_、,, `''!ミl
ソ  ヽ _,.ィ二ィニ-'´ィ     ヽ'='=`' (三|    大 学 の 赤 化 阻 止 は
'   -‐ '"´´`"´´  _,    ` ヽ、__  ヽ三、
             ノ   ,.-'" ̄ ,.ト、 ',ミニヽ あ り え ね ェ ・ ・ ・
         _,.-‐'´   ,ィ r:-'、 イ ,ヽ ノミミ三ヽ、  ________
       /   _,-'" `   ___ ヽiミミ三ニZ7/ニ、-、ミ三キニヽ,
、      ,'  -'"     ,.-_',´..--, } i三ニキ二くヱ、ヽヾ-、ヽr⌒ /´⌒`ヽ
 `,=‐'  :  ,. ,.-‐'   , -,'-' _, -―┴,)} iミミ、ヾミヽハヽ | ヽ_  `='、
r''ヽ、   ヽ 'i ( 、_,,,.∠-‐'"     f i /ミミヾヽ,`fヽ ヽ|_ヽ、_,  ̄ヽ  )
'   r-、  ヽヽヽ    ` -―_''  _ i./ミ三、iヾ、}iヽ-_ヽ__,
`ヽ-'、   ',  ヽ ヽ      r'      ヽ!、-―}トtrノニ-―、_,
 ,   ` ‐-' 、  ',  '    ,ィ       ',-ヽマ'´| i´` ̄`
  ;         `ー、ヽ '  r'  `‐     .イ、 `T`ヽヽ-'´


198 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:38:28 ID:29fVi4020


┌──────────────────────────────┐
│ 当の河合は既に1週間ほど前から、身辺に迫る殺気を感じていた。 .....│
└──────────────────────────────┘


          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!         「────臆せず躊躇わず、
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i          純理を貫徹して往こう。
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ          それで仆れたら運命だし、
              ヾ、          リイ:|リ
              リヽ  _ `´ _  /イ:::i             又死中に活をうる所以でもあるのだ────」
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、     (河合の8月17日の日記より)
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |


199 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:39:27 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────────┐
│ それは河合らしい"Entweder - Oder"(独語で「二者択一」)であった。                │
│ この独語は河合の日常の言葉といえた。                                 │
│ 絶対に妥協を許さない黒白弁別主義の故に、彼は必要以上の敵を周りに作っていたのだ。  .│
└────────────────────────────────────────┘

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ        「汝の道を進め、
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!        而して人をして語るに任せよ」
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/         ……僕の好きなダンテの言葉だ
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/          人が何を言おうと、僕はその信じる
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /             理想主義の道を歩むのさ
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


200 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:40:27 ID:29fVi4020


  V , -‐ァ'     トrイ-/  ,/ ! /|  ,   \-‐-、
  `  {/⌒ ー' /| V  / ,二|/` |l ト、 l   l〕  |-、     ねえせつな、この「国粋主義者」って
         / Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l   |    |
        /゚ 〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /    `ァ    どういう主張をしている人たちなの?
            ヽ_   `    , ヒrノノリ /|    }
                l     _   ` イイ |ノ`ヽ jノ     赤化阻止とか言ってたし、黒い宣伝カーに乗って
               ∧     /゙}    / ゚|    レ'
               /  \ / /  イ |           宣伝放送をして回る人たちの
      / ̄`マT ´  /7/ /¨´
     /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ              同類なんだろうとは思うんだけど……
     |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |


201 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:41:27 ID:29fVi4020


       /               .ィ'   l
      /             . -‐  ´ |    l     簡単に言えば、絶対的な天皇中心主義者なの
     ,           /        |   l
     |            ∠`ヽ         |    |     天皇の権威とその意志、即ち「国体」を無条件に最上位に置く
     |   l :|    /{りハ     __ |   ,'
     |   | :|    /`¬′  / ィァャ、|  /     排他的な考えよ
     |   | :|    /        ,  {りノ V:: /
     |   | :|  :/      丶   /: : /      彼らにとっては河合の自由主義も、マルクス主義と同列に
      j :! ノイ|  :/    __      /: : /
    /: :/  ハ :/ 、    -`    イ: : /        天皇を中心に置かない排除せらるるべき存在なの
 ト- : : : /    :ハ|  \      ィ  l: :/
 ` ー:/   :/      \_  イ | j:/
    /     {      /: :  j  \/
   {: . {   \    {: : : .       \


202 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:42:27 ID:29fVi4020


    /: . . . . . . . . . . . . . -― '   1: : : l
    l: : : : : : : : : : : ∠         !: : :|        そして彼らはさらに、
    |: :|: : : : : : :,ィfテミ \_  _ l: : : :|
    |: :|: : : : : :/ `¬    ィfテミ7: : :/         民主主義は「民」中心で天皇が「主」でないからだめ、
    l: :|: :|: : :/        `¬ /: : :/
    ,: :j: :j: : ;         {    /: : :/          議会中心主義も同様で、議会は天皇の翼賛にのみ
    /: /イ: :| 、   - 、  /:/: :/
―/: / :|l: :|  \     イ:/: :/            存在すべきだと説いたのよ
/: : /: : :从v:|   />rイ: : /|: : /



l: /: :ム: : :l {{ /:トイ:l  l \ヘ|: :/  _ヘ: :| : : : : : : |
|: / ヘハ: : |  {:::7リ ノ    l:/ ≦z._  V: : : : : : :/        そんな!!
∨ / \{  `¨`      ':/い  }} l/: : : : : /
{ 〈   j|         / {:しリ  ノ' /: : : : :/:         それじゃあ常識的な考えのほとんどが
 ヽ _」 u    , - 、    `¨   /: : : /.::::::
_ 」/|      /⌒ヽ. \_    ∠ =-‐く __ノ         反国体ってことになるじゃない!!
    > 、_/     l /    u/}   |
   / -―┴┐   /      /ノ   l
 ,     ̄  \/     /´    9


203 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:43:27 ID:29fVi4020


           _.  -―‐-、_
            /: : : : : : :  : :\
        /: : : :     j  : : :\           ええそうよ、天皇中心以外の考えは彼らには
       /: : : :     /^l  : : : ヽ
       /: : :     /    l   : : : :',         許しがたいの
      /: : :   /     ヽ  : : : l
     ,: : :    /-、_    _, - l  : : : |          だから、彼らは東大法学部や経済学部を目の敵にし、
     |: : :  /幵ミ    ィf幵 l  : : : |
     l: : :  lハ リ       { リ l  : : : |         その閉鎖を説いたの
       V:   |     '       |  :l: :/
      V:l  |      __      !  Ⅳ          そしてそのためにまず大内や矢内原の排除を阻止し、
       Ⅵ lゝ、  ´二`   イ  /!
       リハ l: : \    /: l /|           学内自治を強く主張した河合は排除しなければ
         ノ:ハl: : : :|>-<|:: : :j/:  l
      /:  / : ::l     !:: :  }  \          ならない存在であったのよ
       l   卜、V     V ,イ  l   l
     __|   { :\ 、____, /  /  /_         そのために反マルクス主義者であるはずの河合に
   /ヘ. ゝ- ト _>   < _∠-‐' /\
   /   ∧     \____/      ∧   ',      「共産主義者」とのレッテルを貼ることまでしたわ
   l     V              V     l
   |    /    ...::::::::::::::::::::::::.....    ヽ.    |


204 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:44:27 ID:29fVi4020


    : : } }ー /      |     l         マ ー } }: :
    : : {ノナー/      | |     ゝ         V _广lー': :
    : :ノ : | ,'     ! : :/ヘt     l \         Vl  !: : :        今となってはあまりに
   . : : : : :l |    | : :|_,ノ\.    |\ \.       | ! |: : : : : :
 : : / : : : : ノ ||  : : :t. : :|    \  |   ̄\ :|   l |  、: : : : : : :     異常な考えだよ……
: : :/l: :r'´   |l  : : :| \| __,ノ   \! ゝ. _ ヽ: |: : , !  \: : : : :
: : ' ゝ|    ∧  : : :| r斗ャテ1       fテト、ァV|: : / |    }: : : :     当時の日本はまだまだ未成熟で、
ゝ{        〇 \: : :|  ゞ='   j|    ゞ='  /!: / 〇  ノイ: : :
         ハ   l\|                  jイ   ハ    j: : :     そんなカビの生えたような論理が
        V    、 ハ             ハ l   V   /-‐ ´
            \ ヘ     , -‐- 、   / /               まかり通っていたんだね……
              /:\        /:\
              /l   | l>  ___  <l |   l\              それが戦争の一つの要因かもしれないよ
          / /  ヽ. \      / /   \ \
          /l  \   \ >-< /   /   l\


205 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:45:27 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────────┐
│ 河合批判が日に日に強まる中、長與総長はその対応に苦悶した。                      │
│ 東京帝大に対する批判の「80パーセント」は河合に向けられたものだと判断したのである。    │
└────────────────────────────────────────┘


ヾ   `‐、  'ー-.,,,_  `''ー--..,_  ゝ ̄`‐-ヽ    _,,..-‐ l
.ll |    `テ‐-..,,_  `''ー-..,,_   --..,,__ > ヽ ヽ三二ニニ彡<ノ      河合の旧著である『ファッシズム批判』に
.||.|  ,--、 |    `ー-..,,___    _ ̄_ソ丶  --―</
.ll.|ゝ /.  `'     _ ヽ、  へ、 ̄ ̄    /-   `ー-、_,,.ソ―-、    今始めて目を通してみたが……
.ll.| ヾ'        =ィ-‐´`''‐-..,,_`''‐、     亅_,,-‐,-‐´/,ノ
ノ .,       >,-‐― ヽ、   l´O`i `‐、 `ニi! 〈 ,_,.‐彳 .)./          不穏当な表現があまりに多いし、
 ゝ     /       ヽ、_ゝ=´-‐_,,,..- ‐ ,∠io`) ノ〈
 ;      |            /      |ゝ.`ー´. /.,_          意図的な伏字も非常に多い
 ;        |         l  (       | L /   /三 `ー-、
 .;        |     ̄ ̄ ̄   ヽ、     | `  /  ミ    ヾ      これでは世間の誤解を招くのは
 .;      |            レ      |    /   ヘ    \
 ..;     |ヽ       _..,,,,、 .ヾ`7‐-、 |  / | ヾ   ヽ    丶   当然だ……
 ヾ     ヾ     _.∠,-‐-..,,_.  ゝ-‐'´ ̄ /  |    〈ヽ    丶
  ヽ     ヘ   〈 イ‐-、.__ `''-、,‐-i   /   !--7 ヽ    ヽ  ヽ   当局からの批判を少しでも遅らせるため、
.\ ヾ    |    l .イ‐-、_  ̄ ̄ ̄ 7  /l        |    ヽ  |
  \ ヽ   |   ヽ ,ゝ‐-、,,二二ニソ  /    ,-ー,    〉    ヾ |  この本を河合教授に自発的に
  ヽヽヽ   |    ヽ..,,_      ,_/,  |  |  ;|           | |
    へ  ヽ       !´ `ー-―´ /   |.|  .   |    |      ヘ |  絶版にさせるしかない……
    |   \ \          /      |  |   |      | |
    |        ヽ、.._     .,,_ノ    | , |  |           | ´
    丿            ̄ ̄       |   |  |   |


206 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:46:27 ID:29fVi4020


┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 9月16日、長與は経済学部舞出長五郎、経済学部評議員上野道輔を呼びつけ、『ファッシズム批判』を   │
│ 自発的な絶版にするよう河合に伝えさせた。                                         │
└─────────────────────────────────────────────┘

        .,,.--';;;;;;;;;;三ミミ;;/'-、
       ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミ/三;;;;;;;ヽ
       /彡;;;;;彡三三;;/三三;ミミ;;;;}.          河合君とはその主義において
     {;;;;;/~//~~~~  `~ヾミ;;;;;;;|
     ヽ;{ / /     ___  /;;;;;;;;;;;|          相容れない所がありますが、
      .ヾl '~|~`ー--'~    .`-;;--'、
      c{ ,-==   ===-、   ヽ'> |          分かりました、
      ヾ|. 'エ9` .< 'エ9`    /' /.
        `|   |        y'~           学部長としてしかと
        ヽ  |. ヘ      ,|
         ヽ  `=='-、     //y、_          その伝言、伝えましょう
     '   ヽ ‘--ー'~   ///:|:::
       ,..-::::>、  ̄    /  /::::ヽ
   __,--::::::::/:::>、___,/  /:::::::::::
_,-:::::::::::::::::/::::::/ ,---、     /:::::::::::::


207 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:47:26 ID:29fVi4020


      , --...- .._          /
     , '"::::::::::::/:::::::::::ハ 、     .|   自発的絶版!?
    ./:://:::/::::l:::::::::|::::::::ハ     |
   /::::/::::/:::/::::l::::::l::::|:::::::::ノ::::、  .|  そんなことしませんよ
  ./:::l;/::::l::::/:::::::l::::ノ:/:::::::::ハ:ハ     |
  .|:::::/::::/::/:/:/|:::::::/:::://l:::::::ハ / \  僕は一歩も引けない
  |::::/::::/::::l::::/,::::/:::::ノハ |:::/ハ -  \
  .| l |::::|l::ル/ ・ `ル//ノ ・/`l::|:リ  ヽ   /ヘ________
  .|::::l:::::::|/  ` ̄´   i ̄.´/|::/
  `::::::ミ::::|l      _ ;   l::/
  l::::::ミヘ:|   ._    _,  .l::/
   l|::ハ ` 、   ~ ̄二´  /|
   ハ::|  `       .//
     l::|   ` 、_  /リ
     ,《|..,,__     ´ |
   i!i!i!`  ~""'''‐v,-'、"l~'''‐- ...
-'''i!i!i!i!i!`、   /ヘ彡.|\ |i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!'''‐- .
i!i!i!i!i!i!i!i!丶  /  iミ.|  |i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!iヽ
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!`、/  l.ミヽ  .|i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヽ
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヽ  |ミミ\|i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!|

┌───────────────────────────────────────────┐
│ ところが、伝言を受けた河合は即座に首を振り、「一歩も引けない」と拒絶した。                │
│ 翌日、長與は直接河合に再考を求めたが、二日おいてやはり「一歩も引けない」と答えを出した。   .│
│ 「戦闘的自由主義者」河合は、そのような妥協策に応じるつもりはなかったのだ。             │
└───────────────────────────────────────────┘


208 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:48:27 ID:29fVi4020


                 _____
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_//
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:/
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/|  __イゝ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ://
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:〈_
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./  _,
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:/′/ ∠>
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ∠_
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:. <
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.  /
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:/
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:./
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ∠
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ..て
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ <ヽ
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、 ⌒
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄

┌─────────────────────────────────────────┐
│ そして遂に10月5日、内務省図書課は河合の旧著五冊『社会政策原理』『改訂社会政策原理』 .....│
│ 『ファッシズム批判』『時局と自由主義』『第二学生生活』に発禁の処分を下した。          ..│
│ その中に河合が教科書として講座で使用した『改訂社会政策原理』が含まれていたことで、    ..│
│ 文部省は「講座そのものが内務当局により安寧を乱すと断ぜられたのも同様である」として   ....│
│ 河合の進退問題を口にし始めたのである。                                     │
└─────────────────────────────────────────┘


209 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:49:26 ID:29fVi4020


::|::::ハ::|:::::i::::|::::|`゙ヾ=、_゙l::::lヽ:\ \::\::::::゙、::::::ヽ:::::|ヽ、::::::ヽ::::;:\:::::::::::::::::::::::::::
:::|:::|:::ト:i:::::l:::|ヾ、ー‐-r二l:::ヽ_\\::::\::\::\::::::ヾ、:l__,,..-\'ニ三 ̄ヽ、:::::::::::::::::
i:::|:::ト::|ヽ::::i:::i::::|ヾ、 弋__ゝ、ヽ`゙‐\:::::\:::\ヽ::::::i'='',二ニ'フ ̄ノ`゙` アi゙:::::::::::::::::::   例え発禁になったとしても
::i::|:::|ハ! ヽ::l::|:i:::|ヾ、ヽ、_____\ヽ>;;;;;;;\:::\::::\:::::<´ `¨ー'"__,,. ノ;;;;;|:::::::::::::::::::
 ゙l::::ト::i:::::ト、::i::|:::|     ‐‐‐\\ ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、::\::ヽ`゙‐‐‐'"  ,,;;;  |::::::::::::::::::   僕の意図が悪かったとは
   |:::ト:::::::l \:i:::l              !;;;;;;, `゙`‐-ゝ         |:::::/|::::!::::
   |::|ヾ:::::i  \:l、             |;;;;;;;;,             l::::/ |:::|i::::   思わない
    i:| ヽ、:i   \、            |;;;;;;;;;,             |::/ |::l |:::
    |!  ヽ:l.    ゙             |;;;;;;;;;;;;;,,,,,          |/   |:! |:::   僕の学説が誤謬であったとも
     !   ヽ!           ,,,,,ヘ、;;;;;;;;;;r‐';;;;;'''           ,イリ レ'i
          i、    ヾ、_     ''';;;;;;;;;;;;;;;''''''''     ,イヾ    /       思わない
          ヽ     ゙i `゙‐-、.._________,,...-‐''"/      /
           ヽ.    ゙ト‐-、...______,,...-‐,ィ'"    /         これについて僕は一歩たりとも
             \   ヾ、ー‐------------‐‐ィ'      /
              \   `゙`‐‐───‐‐‐''"´     /            譲歩する事はない!!
               \    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       /
                 \   ''''''''''''''''      /

┌────────────────────────────────────────────┐
│ しかし河合はその無謀とさえ思える戦意を発揮し、自己の理想主義的自由主義思想を説明することで   │
│ 発禁の不当性を主張した。                                                   │
└────────────────────────────────────────────┘


210 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:50:26 ID:29fVi4020


.彡⌒ミ                               ┌──────────────────────┐
( `Д´)∩                              │ おりしも10月6日、人民戦線事件で検挙された  .....│
(ヽ^Yソ ノ                            ... │                                │
 ̄ ̄ ̄ ̄|∧∧                         │ 有沢助教授が起訴された。               │
  zzz  (,,゚Д゚)                        ..│                                │
(⌒>> / つつ                          │ これにより文官分限令による有沢の休職が     .│
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                         │                                │
       ヽ( `Д´)ノ          ∧_∧        │ 即日発令される。                   .....│
 ( ・∀・)ノ (   )         ,o  (∀・ ; )       │                                │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      ┌┴┬と   |       .│ これで残る大内教授、脇村助教授の起訴も     .│
                |      |  | |   ○       │                                │
                |      |  | (  ) )        │ 時間の問題となったのである。             │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     └──────────────────────┘


211 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:51:26 ID:29fVi4020


      /´  , -‐- 、.           /
.      i  /::::::::::  `''‐ 、..__,. ‐'´ヽ. /
.      !  ,'::::::::::    、       ∨           くくく……
     |  i::::::::::  、 、`''ー---‐''´  ヽ
     |. l:::::::: /へ.\` ー---‐ ´/,.ヘ          大内・脇村が起訴されれば休職が発令される
     │ \:::::::: _\\,   /∠_  |
      |. /"ヽヽ:::==。=`,,   /=。==│         そして河合に対しても当局はいずれ同様の
      | { i⌒| |:::::` ー-‐'    .::.\-‐ ´│
    /|. l ト、|.|:::::: ー-‐ '   ::::::::::: l::-‐'.|         判断を下すことになるだろう
  /  | ヽ.._||::r':; -‐‐' r __::::::::::::: l ー、|
_/    |   /l!:::/:: ー----------ー'--.|         河合を排除すればもはや経済学部には
.!     .|  ./ ::|::::::::::              |
|     │./  ::|:::::::::::     =====     |\        私に逆らえるものはいない
|     |/   ::|:::::::::::::...          ,.イ  .!`
|     |\   :`'' ‐- 、::_:.......   ,. ‐'´/|  │       私が再び経済学部の実権を握るのだっ……!!
|    │ \   ::::::::::::::::::`~`''"::::::::/ .|    |


212 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:52:26 ID:29fVi4020


┌───────────────────────────────────────┐
│ 近い将来の復権を夢想した土方は、官憲に呼応するかのように文部省の学界統制組織   .│
│ 「日本諸学振興委員会」の経済部会に参加して、その持論の統制経済学を披露した。     .│
└───────────────────────────────────────┘


               ,.、-rァァァァァ‐-,.、.                                ・
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ               産業に従事致します者は、分を尽くして
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl                          ・
            || へ、_`ー '_,._へ ||               その業に従事し、分に応じた産業の
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|              拡張をしなければなりません
.             ,ゞ|   人__人   |く               ・
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._        分に応じない場合には統制の必要があり、
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l      時としては私有のあるものを統制しなければ
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }     ならぬ場合もあるのでございます
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
  〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈


213 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:53:26 ID:29fVi4020


         ト、 .l\  、
  .    、ー- 、| `'   ヽ} ヽハ              初期の資本家は多く士族であった
  .  ┌-ヽ          ' レ1
  .  |    ,.へ、 ,.-、     !            彼らは実業界において武士道を商業道徳に移した
    「`   /_  `¨  ヽ.  ノィ
  . ト!  _〈`ー゙ニュ r,キヘ   ノ            その心構えの復活、即ち国家に尽くすための
  . ト.  {fil.| ===_ .=== |∩ 7
   ト.  ヾ;||  ー゚-__|Lー゚r' !|リ フ            事業経営であるならば、日本の経済界はスムーズに
   ヽ.   l|/  .r_||_、 ! |´ Z
  二ス  .ハ (二ニ二)V ,∠             統制経済の方向へ転換しえるのではないかと
  /: /\/ ヽ   - V<\:\_
  . : /: /: ハ   ヽ__./| : :ヽ ヽ: ヽ`:ー-: 、_      思うのであります
  イ:/: /: /ト:ヽ   :::::::::,ハ: : :l: : |: : |: : : : : : :`ヽ,
  |: : /: /: |:ヾ\    /,小: : : : | : :| : : : : : : : / ヽ
  ヽ: : /| : |: : `Y^Y^Yr': :| |ヽ: : : : : | : : : : : :/ : : : \

┌──────────────────────────────────────┐
│ 土方派の本位田は、「統制経済の精神」と題して、経済学における武士道を披露した。 .....│
│ このように、軍事国家に不可欠な統制が推進されていき、これに追随する           │
│ 曲学が大手を振っていたのである。                                    │
└──────────────────────────────────────┘


214 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:54:26 ID:29fVi4020


         /: : : : : : : : : : : : ; : : : ヘ            ……このように、本来正しかるべき学問が
         /: : : : : : : : : : /l : : : :ヘ
          l: : : : : :  ,  ´   l : : : : l           時流に合わせて曲解され、
         |: : : :  /     ヽ : : :|
         l: : :  /\_    _/ l : : !           正しいことを述べる者は皆、片端から
         l: |: 7f于テ   f于テl : l:|
            V:  l` ̄ -ニ二= ̄´l  :l:l           反国家の烙印を押されていったの
    , -――  | l l    l{:    l  li ――- 、
   l      レ| :l\   ‐_ー /l  l/       !      当時の学者たちが取れた態度は二つ、
   |         人 :|:::::l>  <l:::::l 人       |
   |    /`T杉}イ:::::l      l::::jイ彡レヘ.     |      曲学に進んで参加するか、時流の狂濤が
   |  _rイ   : :l ゝ'_    jノ /: :    ト   |
   |   | \  . : :`Tヒ´    `7´: :   _ノ'|  |      静まるまで待つか、どちらか一つよ
   |  l\  ー- : :\     /: :-‐   /}   |
   |  /   \   : : : : \  /: : -― /  l |     しかし、河合はあえて時流の狂濤に立ち向かったの


215 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:55:25 ID:29fVi4020


    /⌒ ー-ァ'´ -     -‐{_:::::::::::人      _      \
 r-/  _rf´ ̄`    -―‐- 、└t=く  ゝ. __,ノヘ、   〉  厂    私は間違ったことをそのまま
 ヽ   [:::::!           \ l ハ         |  /|  /
 t┘   }/゙|                 l_  l        レ' l/      通すなんて絶対いやだけど、
  `7 人/ ヽ、 l   卜 \  l  |ハ |
   レ′ |  、\、  |,二,.__\|  |〈 | /                  たった一人では時代には
       ヽt  N弌\|ハノl | 亅|  / ノイ
       \ 入リ   ー'  j/ / 〈                   立ち向かえないよね……
            `T´ ′      /   ',
          ゝ. - ―   /    ゝ. __ ,、_            河合さんは昭和のドン・キホーテ
            `> 、__/ \       }}  `l ー}`丶
           /  |ー| -- 、{{     }}-‐ ノーノ    \       だったのかな……


216 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:56:25 ID:29fVi4020


                     / {  ヽ、 ii  l/\ヽ \! 、 l  ヽ\  !  l
    馬 バ   言 ぃ      /〃グヽ  ヽリ  i!  lヾ、  ヾ !  ヽ \l   l ト、     :     :
                   / /!. / \  \i|  K `ヽ、 ヽ |   i、  ヽ  li :     :     :
    鹿 ヵ    っ       /l /,ィ"/ /| ヽ、  \/::ヾ  |:::lヽ i l  lヾ ヽ  l!
                  ! i リ::|/l / ヽ l  `ヽ、  ヾヒ、 i::!、`,/| i  l:::ヽ ヽ、 !i      :     :
    ば     て      l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l, `i.      :     :
                   リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !  ;
    か     も      1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l ::..      :     :
                  l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ ヽ  ;     :     :
    り     わ       リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\ ヽ ;
                   |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l\i t..
     :     か       / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/:::ヽi i ::... ..
     :              i  |>"                  l /   i l  l  :::リl / / ヒ/ {:::::r
          ら       !  《    _               レ   i/    :://l |!  ヾ::ィ
                    ヽ、  `^ ̄ヽ                /    ノ-"^ノヾl l   ti
          ぬ          ヾ、                         ///  :|      .:::
                       l ヽ                       /        _/:::::
                       !/, -―- - 、 ,,__                        /^::::::::::::

┌─────────────────────────────────────────────┐
│「戦闘的自由主義者」河合の戦意は衰えるところなく、追い詰められた長與総長の立場など意に介さず    .│
│10月10日、自説の正当性を論じた上申書を長與に提出した。                             │
│さらに『中央公論』1938年12月号に自らの思想に関する一文を投稿し、自らの思想に関する説明を行った。 . │
└─────────────────────────────────────────────┘


217 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:57:25 ID:29fVi4020


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 大学への思想統制の圧力がいっそう強くなったこのころ、やる夫にはようやく悠々自適の       .│
│ 生活が見えてきた。                                                     │
│ 空母化客船も砲塔運搬艦も既にやる夫の指導で設計の大綱がまとまっており、               │
│ 米国の第二次ヴィンソン法案による海軍拡張計画に対抗するため昭和14年度艦艇充実計画     . │
│ (通称④計画)で示された戦艦2隻の建造計画(110号艦、111号艦)もその計画は大和型戦艦に   .│
│ 準じるとの事で、やる夫が特に相談を求められることもなかった。                       │
└──────────────────────────────────────────┘


  ::::::::  ::    ::     :::::  ::  :::
  ::::::  ::   ____   :::::  ::::  :::
  ::::::  :::: /_~~~\ :::   :::   ::
  ::::  ::::/  ~~~  \::  :::  ::       もう海軍も三菱も、大した相談を
 ::::  /:::    ─    ─ \ ::  ::
 :::  |  ::   .(_)  (_)  | :  ::::       持ち掛けてくることもないお
  :::   \  ( ( (__人__))),/ :  :::
  ::  ノ      ` ⌒´   \ :   :::        やる夫は遂に艦船に関る事はなくなるんだお……
  /´               ヽ  :::
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


218 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:58:25 ID:29fVi4020


〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓_〓__〓_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii: .. (;;;;∧;;;;). . :iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....||||||||||||||||||||||||||[[][][][:: . .    . . :][][][][][][][]]|||||||||||||||||| .┌────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||.|.|.|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| .└────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....| ̄ ̄ ̄||.. .  .∥|┌┬┬┬┬┐|┌┬┬┬|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | .┌────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      ||. . . .∥|├┼┼┼┼┤|├┼┼┼||           | .└────   これからは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....|      ||. . . .∥|├┼┼┼┼┤|├┼┼┼||           | .┌────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      ||______...∥|└┴┴┴ ___┴┴┴||           | .└────   ゆっくりと菊の手入れでも
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....|      ||[][][]| ∥|.| ̄ ̄ ̄/ ~~~\  .||           | .┌────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      ||[][][]| ∥|.|   /  ~~~ .\ii:||           | .└────   やって、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....|      ||[][][]|_∥|.|  /    _ノ   ―   \|         | .┌────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      || ̄ ̄^∥|.|_|   (ー)─(ー)   |        ..| .└────   老人らしく残りの人生を
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....|      || ̄ ̄ ̄//  \ ( ( (__人__)))  イ|         | .┌────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |___||____//_/´ ̄         .ィヽ||_____ | .└────   過ごしていくんだお……
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....|::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::i              i:::::::::::::::::::::: :: ::| .┌────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::.l |           | l::::::::::::::::::: ::: ::::| .└────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....|::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::l |           ..| l::::::::::::::::::::: :: ::| .┌────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |::::::::::::::::::::::::://:::::::_/ 〆 ヽ     /⌒::| \_::::::::::::::: ::::::::| .└────   いや、ひとつだけ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....|::::::::::::::::::::::://::::::::::`ー´    |ノ-‐-‐-|   |`ー´:::::::::::::::: ::: ::| .┌────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |≡≡≡≡≡≡≡≡≡ヽ  _,l- 、    |  .|≡≡≡≡≡≡:::| .└────   心残りがあるんだお……
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽl´   |   〉  〈iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `-‐´  ...ヽ__ソ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|_,,.、--‐'''^'''¨´'''^'''´´'''^'''^´`'''´^`''''~-、、.,,,_|: |_,,.、 --‐'''^'''¨´'''^'''´´'''^'''^´`'''´^`''''~-、、.,,,_
|__________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.___________
";゙゙''";;''"';='"゙゙'; "'; ;'"'' "';'/∵ .∴   ∵  ∴   ∵  . ∴ ヽ''";;'='"';'"゙゙'; "'; ;'"'' "'
";゙゙=''";;''"';'"゙゙'; ="'; ;'"'' / ∴   ∵  ∴   ∵    ∴    ヽ''";;''"'=;'"゙゙'; "'=; ;'"'' "'
";゙゙''";;''"';'="゙゙'; "'; ;'="'' | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´|''";;''"';'"゙゙'; ="'; ;'"'' "'
'";;''"';'"゙゙'; ="'; ;'"'' "''";;''"';'"゙゙'; ="'; ;'"'' "''";;''"';'"゙゙'; ="'; ;'"'' "''";;''"';'"゙゙'; ="'; ;'"'' "''";;''"';'"゙゙'


271 名前:◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 23:26:57 ID:irbDUDiY0


┌─────────────────────────────────────────────┐
│やる夫は菊の手入れを楽しみながら、かねてから保管していた艦船計画資料の整理に取り掛かった。   ....│
│それはやる夫の分身でもあり、ナルシシズムをすら感じさせる彼の保存志向の集積でもあった。         ..│
└─────────────────────────────────────────────┘


               _,, ー'''"'''~- ..,,,_
          _,, ー''"゛   -ニ广   _,,..,゙,゙'''― ..,,,_
      .x;;;;''"    . ミSi;;;; ..,,_  '`- ..,、._,,ニ>  _,,...`-
      .!  `゙'''ー ..,,_  `"'`-、,,.`゛   _,,.. -‐''"´   .|
      .! .''ー-..,,_.   `゙''''ー ..,,,,, -''''"´            !
      .!  .- ,,,,_ `゙'''ー ..,,、 .|             ,.. イ  |
      .!      `゙゙'''‐    .!      _.. ‐'"  /   .|
      .!    ''''―--.....   |   ._.. ‐'"    ./    !
      .!  `"'ー- ..,,、     .!  ''― ..,,,,_   /    !
      .!           `゙'''   .,!        ´゙"′    |
      .!  |'''ー-..,,_      |          _,,,    .|
     │  .|     `'ニッ.  .,!    _,,, -''''"´     .!
     |  !,,,.. -''''"゛    |  ´     _,, -''''"゛ .,!
     |            !   ._,, -''''"゛  _,, ‐  .!
     | .`''ー ..,、         |    ._,,.. -''''"゛     !、
     | .`''ー- ..,,_`''ー-.   |   '"´    ._,,, ー'''' ,./ . ゙';;i.
     |  `゙'''ー ,,,`゙'''ー   !   ._,,.. -‐''"゛    .ィr‐''广
     | ー ..,,,、  ``    .| ‘´          _,, ー  |
     |   ,;;‐ニニ;;-    |    ._,,, ー'',゙,゙ ー'''゙,゙.  |
     | ,,、 '''''`-二ー    |   '"゛ ‐''"_,, ー''"゛   ,!
      `''ー ,,,`''ー ,,、     |     ''"゛   ._.. -'''"
            `''ー 、, `゙'~  !      ._,, ‐''"
             `゙''- 、、| _.. -'''"゛
                 `゙'"゛


219 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:00:25 ID:29fVi4020


┌─────────────────────────────────────────┐
│ 既に八八艦隊時代のものはクリップがさび付き、その部分の紙面を茶色く腐食させていたが、  .│
│ 仄かに鼻をつくカビの臭いが、波瀾の往時を懐かしく回想させた。                        │
│ この技術資料を系統的に纏め上げるのは自分しかいないという使命感が、              │
│ やる夫の「悠々自適」を始動させた。                                         │
└─────────────────────────────────────────┘


      (○)                         (○)
┌─l ̄   ̄l─────────────l ̄   ̄l──┐
│;:;:;l___l::::                 :::::l___l::::   │
│ :::::::::::::::::::::::::                   ::::::::::::::::::::::::::   │
│      .                             │
│      .                             │


220 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:01:25 ID:29fVi4020


┌─────────────────────────────────────────┐
│ 大学人事問題に関しては、大学側の無記名投票の実を取るための懸命な工作が行われた。   .│
│ その甲斐あって文部省側とようやく合意への軌道に乗り、昭和13年10月28日、最終的な      .│
│ 合意案が成立の運びとなった。                                           │
└─────────────────────────────────────────┘


   ̄二三、\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ、
  二二二ニ_丶\.二二二 ̄ ̄ ̄¨ヽ}       合意案ではこれまで総長は全教授の選挙で、
 _:::::<,_ ̄ l  }  ̄`丶二ニニ、‐  ̄>
  モtット、:::i { i ハ__/  \¨ ̄__ ̄  〉       学部長は学部教授会の選挙で決めていたものを
 ー`ニ´__ソヽソノ,.ィ::ニ::ニ二二::ヽl:::: ̄了
    ノオ /'¨`Yく. く 弋ヒ夕'ヽ;j:::::/¨}        まず「選挙」という言葉を止め、「文部大臣に推薦」
   ,l「 { i   l  ト、  ̄`二´ l::/ ノ|│
   〃 } l   / .j 》    ノ  レ,イ | l |        という形を取る
  /  i ノ´¨゙i イ  \ /  ./__ノ lノ/
 /   \_ ノ.-┘   リ   /{_//         さらに推薦という名の投票については、必ず記名を
     ヽ:::::::/    》  /L,. <^ヽ
  ─-ミヽ--- 、     〈 / //〉 ヽ \       行うこととされた
  、   `===-ミ>    V i L、{:::|   /\
   `>‐--   -‐'    '/  { l ヽV! /  /     つまり、我々は文部省の記名投票原則に屈した形と|
            /   ヽ`二イ /   ノ\_
            ./   / ̄ ヽ./  / /  ̄  なるのだが……


221 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:02:24 ID:29fVi4020


    ,, -―――
   〃:::〃::::::;;、:::::::::::ヽ
    Yア( ̄  {_:::彡::::|
    {{;ィ..::ャ=ミ ヽ::r:、|                まあ、そこらへんはぬかりはありませんよ
    代・} 弋・フ / ^}リ
     ';::.:L .:::  {  r〈                 理学部に頭のいいのがいましてね……
     ';t‐ェェタ  イ >、_
      i:::二  / // \             彼の考えた面白い方法を使えば、
       `ー</ /o\  \
        rヘo// ̄ ̄:.::\∧           我々には無記名投票の実が、
        ∨//.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽハ
        /7ロ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} _}          文部省側には記名投票の建前が残ることになります
         { |圦:.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::「 |
        V |.:}ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::. く|          一つ、これでやってみましょうよ?
         {ノ:ノ ハ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.}
         Ⅳ   ∧.::.::.::.::.::.::.::.::.:}
         }リ / 〈.::.::.::.::.::.::.::.::.::}
        くく   〔.::.::.::.::.::.::.::.::.:{


222 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:03:24 ID:29fVi4020


┌──────────────────────────────────────┐
│ こうして、大学側は双方の利を満たすために推薦用紙(投票用紙)に、脱法スレスレの  ..│
│ 工夫を凝らした。                                            │
└──────────────────────────────────────┘


①               ②                ③               ④
┌──────┐     ┌──────┐      ┌──────┐     ┌──────┐
│            │     │            │      │1        ...│     │1        ..│
│            │     │            │      │        . ..│     │ た な か......│
│            │     │            │      │            │     │            │
│            │     ├------┤      ├------┤     ├------┤
│            │     │            │      │1        ....│     │1        ....│
│            │     │            │      │         .│     │ な が よ . ..│
│            │     │            │      │            │     │            │
└──────┘     └──────┘      └──────┘     └──────┘
投票用紙を          中央に             上下に同じ番号を      上に推薦者
用意する            ミシン目を入れる       打っておく             下に候補者名を書く


223 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:04:24 ID:29fVi4020



   ┌──────┐        ┌------┐      上下を切り離して袋に投票
   │1        ..│        │1        ....│
   │ た な か......│        │ な が よ . ..│      推薦者名のある上半分の袋は
   │            │        │            │
   └------┘        └──────┘      厳封の上いったん保管

        ↓                  ↓            候補者名のある下半分の袋を

    -二-二-二-          -二-二-二-       開封して集計を行う
    \_____/          \_____/
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \      必要がある場合は厳封袋を開封し
   /           \       /           \
  /    厳封袋     ヽ     /     集計袋     ヽ   番号を照らし合わせる
 │               │   │               │
  ヽ、________ノ     ヽ、________ノ    任命された時点で厳封袋は焼却


224 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:05:24 ID:29fVi4020


          , -‐'´ ̄ ̄ ̄`'ー-、
          ノ  r'´ r'  , -‐- `ヽ
        〈 ,'ー-'-i-― '"`'i`'ー-、|
         |/   ノ      |=ー- |              まあいいだろう……
         ||=-、ヽ _, -=ー- `iー-  |
          |ーr,、  --r,r  |ir-、 |              推薦という形を取らせたことで
          |  ̄/    ̄゛  リr、ト、|
         | 〈-,       l-イi |               我々は大学側から自治権を奪ったも同然、
  .       λ  ‐--     / リ|| |
            ヽ. ゛   /   |l|リ               それよりも、河合追放という
              >r-‐ ' _, -―'´i
    , -‐‐-----,―|`ii´ ̄      ,ゝー,―------‐‐-,    喫緊の問題があるのでな……
    〉、-----/  .| ∥      /   / ----------,〈


225 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:06:24 ID:29fVi4020


                                 /
                                (,
                               ,/´        ┌───────────────────┐
                      、--、  _    (´       │ 大学人事問題を片付けた文部当局は、  . │
               北京:::::::::::ノ  / /  ̄|   `ヽ      │                          ......│
      ○::::::::::::::::::::::::::::::::::○:::::,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ    .│ 河合に対する威圧を一気に高めた。   ... .│
     太源:::::::::::::::::::::::::::::::::○(_  ,‐-っ,      く   `|..   ..│                          ......│
            .::::::::::::::::::天津 `‐´ /´      )  /  .. ..│ その意地ともいえる攻撃は、まるで     ..│
                .:::::::::::::::::::::::/        レ´        │                          ......│
                    .::::::::::::::::く,,_                 │ 一向に好転しない対中戦争の焦りが    . .│
              .:::::::::::::::::::::::::::::::::::\             ...│                          ......│
          .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>       .. .  .│ 投影されたかのようだった。          .│
               .::::::::::::::::::::○:::::::::::::>             │                          ......│
                  .:::::::南京 ○し、_             │ 戦争は、広東や武漢三鎮を攻略した段階で.│
                      .:::::::上海 |            .│                          ......│
                ○::::::::::::::::::::::::::::::::ノ´           . .│ もはや兵力の限界に達していた。        │
       ●       漢口:::::::::::::::::::::::::::ノ           ..│                          ......│
       重慶             .:::::::::::|            ..│ 焦る陸軍は、蒋介石と不仲とされる汪兆銘...│
                         ノ            ..│                          ......│
                        ノ           ..  ..│ を担ぎ出そうと画策を始めたのだ。      │
                .:::::::::::.   ノ´            ...  └───────────────────┘
                .:::::,、:_ - ‐´
               _,, -´
         / ̄( /´
       _/    `´


226 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:07:24 ID:29fVi4020


┌──────────┐
│ 11月4日──── ......│
└──────────┘

                    ___
                  , <:.:.:.:.:.:.:.:.:.> 、
                   /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                /:.:.:! ̄/ ̄ヽ ̄}  ̄!:.:ハ          長與総長、突然抜き打ちの評議会開催とは
                 l:.:.:ノ,ィr=ヽ  !オj=、ヽ:.j
                !:.:i f'‐tr‐}  '{‐tr‐ゝ i:.l          はて何かもくろみでもあるのか
                ゝ:! ゝ _ノ,イ  ゝ _ノ l人
               l ∧、   く _} _    ィ う          それとも────
               ゝ_ l ヽ   ′   / レノ
                 |  !       l f´
                 ヽ     ´_`    ,イ
                /i \      /ト ヽ
               /:::::∧ ヽ__i__/  リ!:::ハ
                 /:::::::l  \ ヽ   / j::::::::ハ
            //:::::::::::ト、 _ >=< _ /l::::::::::ハ`> 、
            /:::::i::::::::::::::l ヽV∧//∧V / j:::::::::::::',::::::::::::\
       , <:::::::::::イ:::::::::::::::l  `'  >/< `  i::::::::::::::::ト、::::::::::::\
     ,イ:::::::::::::::::/::l:::::::::::::::::i ヽ  //∧  ノ !::::::::::::::::l::::ヽ::::::::::::::\


227 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:08:24 ID:29fVi4020


             ____
             |\   ∧∧
             |  \ミ゚Д゚ミ
             |   |ミ   ミ⊃.
             |   |ミ   ミ
___________|  c | し`J______________
              \  |
                \|
_______∧_∧               _______
  /\__  /(∀・ )          ∧∧ |__/||
  /  /:::::::::/ / ⊂  )           (*゚∀゚).||:::::::| |
  \/::::::::/  / ┌___)          | つつ|:::::::| |
    ̄ ̄  / (_) ||            (_ ヽ||:::::: |/
       /       ̄           ||∪∪| ̄ ̄
      /                      |
      /                      |
     /                       |
     /      _________      |
    /    /  ∧_∧  ⊿__|\    |
    /   /   (    )         \   .|
   /  /     | ̄ ̄ ̄|           \ .|                ┌─────┐
       | ̄ ̄ ̄ ̄|      | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                │ 会議室   │
       |        |      |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                └─────┘


228 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:09:24 ID:29fVi4020


                               _
                          r弋"「| 冂´゙l7'ァ
                         (`ヽ,rェ豆呈呈足、
                        L`>タ彡≡三三ニミ、             もはや私はこれ以上
                        レ/j^Y∵∵:∵`ヾ:) __
                       |j u `i_リ厶 ===-弌'' ̄_-= }         総長を続けられる
                      u ,r'"「 ヾ:/ |:::::::::t-\\ニl
                     |j /::::::ノ,r ニ ‐- ´ ̄/::::l\ `ヽ         健康状態にない……
                      /l::/(__  _  \:::::: ̄} ;\
                      ノ フ     ̄ ‐-   ヾ下ノ_ノ  ヽ       私は辞任します
                    /-‐ _.. =- - .._ `ヽ\  V::    ',、
     _             / ,r='7:´: : : :ヾ彡: : :`ヽ ヽ  }:.      ', \     皆さん、後は任せました……
     fO!               ( (ミミ/: : : : : : :ミ : : : : : :ヽ  / ;:::.     ',  ',
      |::_}            \ヾミ{: : : : : : ミ: : : : : : : : }_ノ_ノニ=:..    ',  ',
⊂''ー-┘::}___           {`ソ:ヾ: : : :ノヾ、 : : : :r≦、三三ニ=:::.   l   ',
⊆: : : ‐-:////゙二ニ=-‐''´: ̄: ̄:``ヽ:、:_ フ":ヽ: : :ヽ: : :ムミニヽ\三三三:/  !  }
と'': :ー: :((((: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : : : : : : : :八\ヽ \\三:/三/   /


229 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:11:34 ID:29fVi4020


          ,. =======-、
          , ≦三三三三三 ヽ
         /三 ̄`7 ̄ヽ ̄ヽ ̄!ハ
      /三 |  {   |  ,」 .|ニi
        !三 / /`ヽ'  ' r'_ヽヽリ              ………おいおい、本当かよ
        |三/ f ̄・`   i ・ ` |!
        |三! ゝ、_,ノ   ゝ_ノ  i!              総長の体調が悪いのはよく承知しているが
      ハ!f_            ハ
      ヽ!  ヽ         イノ              まさかこんなタイミングで辞任とはね……
       ヽ_           |
        |     r‐┐    !
        ト 、      ̄   /
           !  \   l  ,イ
           }__ `ー―‐ ' !_
       __ノ _ ̄r‐r、 r=く !
    ,. ク'´ . K, ∨ /=ミ====イヽハ>=、
   ク. . . . . . ハヽ,/   ∨///   `{. . . . >へ__
   . . . . . . . . . ', \   `!∧  ハ. . . . . . `=ヽー-、
   . . . . . . . . . . ,   \ |/∧/ ハ. . . . . . . . . .∨: :ヽ

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 突然抜き打ちの評議会を開いた長與総長は、健康を理由に総長交替を要望した。               │
│ 夏ごろから胃潰瘍の痛みをモルヒネで抑えながら大学人事問題に取り組んできた総長は、もはや   │
│ 精も根も尽き果てて残る河合問題の処理に当たれる体調ではなかったのだ。               │
└───────────────────────────────────────────┘


230 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:12:04 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────────────┐
│ 評議会は止む無く長與の辞意を受け入れ、四日後に依願免本官が発令される。              ..│
│ 変わって先任学部長の佐藤寛次農学部長が総長事務取扱となり、新総長決定までの時間を繋いだ。  │
└────────────────────────────────────────────┘

                         __
                     ,. ´   `ヽ.
             / ̄`ヽ  /  , ‐ 、 , ‐'.
          /, ⌒ヽ i |  `⌒  ⌒i
             { { 、__ノ ,ノ |^v=「  ̄`H´ ̄}           まあ、新総長決定までの
           い、 __ノ}:ーァ!  ヽ__ハ__,イ‐.、
          ,ゝ、  ,イ.:|{`┐ ,. -‐~ー〈:.:. :.\        いわばショートリリーフじゃな
         /. .:.:.`i_}.: :ヽ`ーV : : :, へ.:.::',:.:. :. :.ヽ,
         / . : .:.:./´ _}ヽ : `!7 : /.:.::::,ハ.::}.:.:',:.l.:. :.',      ぶっちゃけ出ても出なくてもいい、
       / :, -‐ァ´|  _」丿: : !{/iヽ.:.::/: :l/.:.:.:l/.:. : :′
      ./ :/.:.:.:/ / 、 ―j.:. .: .:i―┼‐∨.:. .:. .:.:.:l:. : : : :i      この話に大したかかわりのない
     |: : .:.:.:.i | ,l ̄l:.:. .: .:|__|__|:. :. :. .:.:.:|:. : : : :|
     |: : .:.:.:.l  l/ |  |.:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|:. : : .:/      役どころじゃい
      .\: .:.:.:\ \,.|  l.:. .: .:!__!__!:. :. :. .:.:.:!: : /
         `ー―→一'|  l:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|/
             /: .:.:.:.|  |: .: :,'―┼―',:. :. : : : :',
            .〈: .:.:.:.:.:l  |: .: '  ∧  ',:. :. : : : :〉
             丶、.:.:l  l: /  /:::::',  ',:.:. .:./
               丶i  l/  / ::::::::',   ,/

佐藤寛次(さとう かんじ、1879年1月26日 - 1967年5月31日)農学博士。

専攻は農業経済学。1938年農学部長在任時に、長與又郎総長の辞任をうけて後任総長就任まで
総長事務取扱を務める。
東大退職後に東京農業大学第三代学長に就任。


231 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:12:41 ID:29fVi4020


           ______              ┌────────────────────┐
          (⊂二二二⊃)             │ 長與の辞任は、文部当局の態度に対して   │
             ̄ ̄ ̄ ̄               │                            ....│
                                   │ 暗黙の抗議をしたためとも噂された。    ......│
         ,.ヘ'´:l:::::l::::::i::/¨>、             │                            ....│
         入:::V:l-:ト-:K:::/:::/               .│ 長與の精神は、国家主義の執念によって  ....│
         >''ニ=‐,、ニ`ーム/_7              ...│                            ....│
        }彡イ''"i^`>ミ、\ )            .│ 徹底的に痛めつけられたのである。     .....│
        フ/ =ミ.! f´,z=、ヽミ{            ...│                            ....│
        コ.i ノ └-'´ヽ  ilノ            ...│ 辞任に際し長與は、                 │
        ハl lノ /ニニこ! フ .!l'ハ            . │                            ....│
        Vl l l:;.-r‐ 、:l レ ハ i            . │ 「体は大学を離れるが、精神は永久に     │
      /⌒l/i ト!_  ,リ イ lイ、             │                            ....│
       i  lヽi.ヽ、二フ//,レi  i             │ 大学を離れない」と言い残した。        ...│
     ,. ー-',l. ハ `ー-.' /イ >-<              .│                            ....│
.     i  ハ ト、 ヽ ..._// /  .ハ            .│ 約3年後の1941年8月16日、癌の為に    .....│
  ,. ィ´ヽ.__ノヽ、.\   _,.ィ.l   人__            .│                            ....│
 ̄--─、 i  `ヽ‐-、`¨´  ノ>'⌒ヽi/ ̄/        │ 死去。享年63歳。                .....│
¨゙ヽ \  人.__ソ‐-、  イ __i   ノ  /         └────────────────────┘
  .ハ ',    i   l-─f´ `ヽ‐'  /


232 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:14:01 ID:29fVi4020


               .. - ´ ̄    `  .
            . イ              ` .、         例え総長が交代しようが、
.            ,ィ´   ィ彡⌒              .、
          い(_ ノ´ 廴             ;       我々は河合攻撃の手を緩める気はない
          ハ!    ヾ、、                 !
.            l     ヾミニx气          l       場合によっては総長の具上権※を
           !{_,ノ⌒    ミイ  ∨          }
           ゞfjフ     !{く_,} 〉ヾ        ,'       無視してでも直接河合教授を
          /        从Y /∨      /
          /         リハイ ノノ       {        休職に持ち込む
          `ヾ_           从ハ     乂
           ヽ ´    , ′     乂 ヘ   ヽヽ     そのためすぐにでも、東大側に
            l      /  /       У乂八 リ
            ヽ   イ    ,/   __,,、rfチ三≧x,乂     本問題処理の促進を促す
               」,ム≠≡≦三三三三三ノリ:ヘ
      r==ュ、___...ィ::::|| |三三三三三三三才´:::::::ハ、、

※具上権:教授の進退については、行政官の専断を許さずに総長が直接文部大臣に上申するよう
       定められている。この権利を具上権と呼ぶ。


233 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:15:01 ID:29fVi4020


      ____
     /三ミ三ミ\
    /ミミ ヾミ 三 ヾ\         次官・局長級の会議で
   /ノ/^゙⌒゙⌒ヾミ  ヘ
   レ|      \ヾ|        近日中に総長もしくは学部長を
   レイ⌒\ /⌒ || |
   V(●ヽ ィ●) |ヘ/         文部省に招致し、
   (Y  |     レ|
   O|  (_    Oノ          河合の自発的辞職を勧告することを
    丶〈―――〉 从
    /\  ̄ / ∧          決定いたしました
   /  )`―-′ /||
   \ /8    / | \         河合の辞職は時間の問題です
   /|| ゚∞∞/ ノ


234 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:16:01 ID:29fVi4020


┌─────────────────────────┐
│ 文部省のこのような動きを知った河合は競い立った。    .│
└─────────────────────────┘

        _ ,;--、_ , 、-;: 、       ヽ、
     _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
    ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    く
 , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |    そ
/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:! リi/ヽl /  /    っ
ーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
 j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´    !!
 /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \
   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
!   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \   「───今の大学や学部に未練もない。
   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /    小さいことで心を労して、大学の河合、学部の河合に
   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /      なるよりは、日本の河合になったほうがよいのだ。
   | l   / ,>  / //        /
,   |    /ゝ--tr'´ ./        //        (略)自分と共に日本の運命が危殆に瀕しているのだ。
  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
 ./ ノ/     /         / /         日本も自分も一寸先が闇なのだ。
   /      ./        ./  ./   ./
  /       ./        /   lj  / /     何事もどうなるか分からない」 (河合日記 S13.11.9)
/       ./                /


235 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:17:01 ID:29fVi4020


┌─────────────────────────────────────────┐
│ 自意識のあまり彼の攻撃は、味方にすべき人物にまで及ぶ。                      .│
│ 舞出経済学部長が積極的な支援行動を起こさないのに業を煮やし、彼を侮蔑したのである。    │
└─────────────────────────────────────────┘


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.   「昨夕M(舞出長五郎)と
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   U(上野道輔)と話した。
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.   Mが中央公論の論文を
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.   止めて呉れと云った。
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.   僕は断ったが、少しMと議論して
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:   Mも度胸のない下らない男だと思った。
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:   こうした男が野垂れ死にをするのだな
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ    と思った」 (同上、S13.11.11)
                ヽ L__                /三


236 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:18:01 ID:29fVi4020


┌──────────────────────────────────────────┐
│ こうした独善といえるほどに戦う姿勢を崩さない河合を、文部当局はかさにかかって攻め立てた。   │
│ 11月11日には、総長事務取扱の佐藤を呼びつけ、当局による直接罷免をちらつかせながら     │
│ 河合休職を具上するよう迫ったのである。                                     │
│ いかにも早急な強要であった。                                          │
└──────────────────────────────────────────┘


./          , ィ >ィノへ 〈
l    . . : : : :/´        l:ト
l . : : : : :/こV 、    ⌒\   l|
V: : : : : /  〉  `¨`7^5ミ V ノ           佐藤総長代理!!
 v: : : ∧ l     { ゞ' /マフ
  ヽ: : : : 〉,      ` ー' 〈             文部省に呼び出されたようですが、
   }: :/〈    ,    - ,ノ
  ノイ   、    ⌒こイ              一体どんなことを話し合われたのでしょうか!?
/^ヽ    \     /´__
l    \     \__ /::::::::\
:l     \   /  /::::::::::::::::::::',
:::l         \〈\ {:::::::::::::::::::::::}
:::::l        人 l V| ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::l      / ハ / |____|
:::::::::l、   /ヘ.__/ l:l /   r ┐ /
:::::::::::l\/  / l l:: ̄/´ ̄ ̄`!
:::::::::::::l     /  | l::::/ ´ ̄ ̄`l


237 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:19:36 ID:29fVi4020


              /  ̄ ⌒  丶
    _ -        /         \                    ……今日は文部当局のご意見を
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _             伺っただけじゃ
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ      しかし大学というところは、総長がいないと
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \   何も出来ん
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ | 一日でも早く新総長を決めねばのう……
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)
    \::::::;;;;;;/ /  |  / ∨\     |:: /;;;::  /   |:|     /    丶 ヽ代行では出来ることと出来んことがある
    (::::::::;;/  /  | /    ヽ    | |;:: /    |:|    /      \
   (⌒  ̄ )ヽ  //|/      \   |r;:/
   r⌒  ̄ )し  //          ) \ )


238 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:20:30 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────────────┐
│ 正式総長の不在につけこむような文部当局に対して、学内からは反発する言葉が一斉に上がった。    │
│ 河合門下の山田文雄教授は、学内発行の『帝国大学新聞』に一文を寄せ、                      │
│ 河合の自由主義を共産主義とする強弁に抗議する一方、文部・大学双方の慎重な対処を要望した。    .│
└────────────────────────────────────────────┘


 /  |.:.:./.:.:.:/:::::::.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::i::::: 入:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         「────大学問題の解決案と
    |.:.:/.:.:.:|::::::.:.:.:./:::::::::::::::::::/:::::::::::|::::::| \:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ
    |.:.:.:.:::::::|.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::/::::/::::::j:::::|  __,,_ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\        河合問題の間に、かくの如き
    |.:.|..::::::.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::/::::/::::::/j:::j‐゛_,ィ -‐-\i::::ヽ::::::::::::::::::::::::\\
   /.:.:|.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::://::://:// ,,|::j,/(o:) '´ |:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::ヽ ヽ       重大なる相即不離の関係あるに
  // |::||.:.:.:::::::::/::::::/:::///‐-//  // ``     |.:.::::::::::::::::::::|::::::::::::::\
/   |:| ||...:::i:::/::::/::<'"(o)`/   i/        |::|.:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ       鑑み、文部当局も大学も、
    ||  |.:.:.:|::::::::/::|        |        |:| |:::::::::::::::::::::|::::::|:::::::\ \            カツ
     |  |.:.::|:::::::|::::::|        |        || |::::::::::::::::::::::|::::::|:ヽ:::::ヽ、 `     共に慎重且公正に事態を処理
     |  |::::|:::::::::|:::::ヽ      、  ,,      j ||::::::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::\
      |:::| |.:::||::|:::::::ヽ                |,|::::::::::::::::::::::::::|::::::|:::|::::::::::::ヽ    せられん事を吾々は切望して
      |:| |.::| |::::::::::::\    ,-‐‐'''^ ̄~    //:::::::::::::::::|::::::::λ::::||::::::::::::::::::ヽ
      j  |:|::::::|.::ヽ::::::::::::::ヽ    '' ""     ///|:::::::j::::::::::|::|::|:::ヽ::ヽ:::::::::::::::::|   止まざるものである」
        ||:::::::::|..::::::ヽ::::::::::::::|ヽ        / / |:::::/..:/::::::::|:|::|::::::丶\::::::::::::::::|
      /.:..:.:.:::::::|..::::::|:::|:::::|::::::::| ヽ,    ./  .//|::|//\:::::ヽ:::ト::::::::::::::ヽ::::::::::::::|
     /.:.:.:::.:.:.::::::::|::::::|:::|::::::::|::::|ヽ  `""´   / / |:::/ /::\:::ヽ:::::::::::::\ヽ:::::::::::::|
    /.:.:.::::::.:.:.:.::::::::|:::::||::|::::::|ヽ::ト、,,_   ,,,/  /   | /:::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::|
   /.:.:.::::::::.:.:.:.:.:.::::::::|::|::::::|::::::| ヽヽ,.ィ‐Y‐へ       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

山田文雄(やまだ ふみお、1897年 - 1978年8月16日)

経済学部教授。工業政策専攻。
河合栄治郎の直弟子で、京城帝国大学助教授から河合によって呼び出されて教授に就任。
「平賀粛学」で河合と行動を共にすることになる。
東大では極めて優秀な学生であったが、京城時代に酒色に溺れ、経済学部では
「無能教授」の烙印を押されていたという。
戦後は47年東京都副知事を経て50年愛知大学法経学部教授。69年~70年の大学紛争時には同大学学長を務める。


239 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:21:55 ID:29fVi4020


┌────────────────────────┐
│ このような中で、11月15日に評議会が招集された。    .│
└────────────────────────┘


                                                       ||\
                                                       ||  \
                                                       || 「\\
                                                       || |   \\
    ∧_∧     ∧ ∧     ∧ ∧      ∧巛∧                   || \  | ||
   ( ・∀・)     ( ゚Д゚)       (z゚ -゚)       ( ´∀`)                   ||\. \」 ||
   (. <y> )      (| :| |)     < 天 >      (. <y> )                 ∧彡∧  ||  \    ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ∧ ̄\         ( @∀@) ||    \  ||
       ( 'д)    (   ゚_ゝ    (.  ‘∀)      ( *゚ -)   \       ( <y> つ 」L     \||
 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ) ̄ ̄ ̄| ̄|| <) ̄ ̄ ̄| ̄|| <) ̄ ̄ ̄| ̄||  | ̄|| ̄|「      | | |   ̄      ||
        | ̄|| ̄|    |_||_ ┐    |_||_ ┐    |_||_ヽ 」L ||     (_(__)           ||
        |  ||  |    | ̄|| ̄|__)     | ̄|| ̄|__)     | ̄|| ̄|J ̄ 」L                    ||
                                               ̄                      」L


240 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:22:28 ID:29fVi4020


┌───────────────────────────────────────┐
│ この席上で、田中法学部長や舞出経済学部長は文部当局の強要を明確に拒否するよう  ..│
│ 佐藤事務取扱に迫り、事務取扱には権限がないといわんばかりに、正式総長による       .│
│ 問題処理を主張した。                                          .│
└───────────────────────────────────────┘


          _..-‐‐ ゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶 、
        ..-‐";;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
     ノ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
    _/;;;;;;;;;;;;;; _,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..- 一―'―─────────────────
   :,';;;;;;;;;;;ノ'"` 1;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..‐'´
  _..];;;;;;;;;丿   1;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..广   佐藤代理……
_// 〃'ナ │    丨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
,'’ l′│ ./ 、    '、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;; _-/     「事務取扱としては取り扱うことが出来ません」と
’ │  ′f   ゝ  ´゙゙''''‐ー--..、;;;;;;;;;/ │
  ヽ_ │_」rっ冖 ̄        \_丿 〕      文部当局にはっきりと申上げたほうが
   ` lン' t―ー-..,,、        ゙ヤ' 〔
   :f'、 _t┌'⌒T            卜     良かったのではありませんか?
    ゙lょ ヾヘq j′           1
     '.l   ゙'''´       ___,     '、     曖昧にしていては却って不安です
     .|          /´       ヘ
    │         ´          ヽ、  評議会の意見を聞いてから問題の処理をしてください
    │ ..=                 Tゝ
    │ ン''''、                〕‐'`ゝ、__     _..
     `=-彳  _ry             r′  l `fフ────────────────────
        卜_r彡''´           /    1 ヽ   /   ../ ノ
        `''゙j''′           /      ヽ、ヽ、 丿  / _、  l
         ゙゙'ヽ、         /        ヽ `ゝ'´ ノ'´ /′ ノ
            |        ,,/          ^L/ン´ /   /
            .|      _ィ彡iぅ冖 、        /ン′ r'、   /
            ゙ー-...._-‐'" ..r丿   丶..--_ _ _ノ^丶 _〃 ヘ   ′
                 _/ 丿    :厂 ̄` ア    :l廴____) /
                 ll′ 丨     1   _ノ ...._    ̄   ,'
                 l 、 l      `'' ‐′   "゛-ー--.._│
               ../゙l)∟│
              冖―'冖‐’ ーー―――――――――――――ー


241 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:23:28 ID:29fVi4020


             ,. -==ニ二三三三
           ,.ィ≦三三三三三三三
           ィ≦三三三三三三,. -==
         ィ≦三三三三三∠三三         これは、河合教授一箇所の問題ではなく
      /  ̄ \ ⌒Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヒ三
.  / ̄ ̄\ 、け   } 、_ _    仁三         経済学部全体に関連する問題です
 / ̄\ Lけ  ,. -┤       〈三三
/   -、  }  | /  ,ハ 仁二二>   `ー=         したがって、大学全体に関する意味を
     {け  `   / } 仗フ
 ー一' Y     / /                    有するのですから
     {  /   j
       /     {__,.ィ                  正式な総長に処理していただきたい
     ,.イ           }__
、____/j        r┴─′
     /         }
.    /            ヽ    ,. -==
ー- 〈          /`アア´
   /        ∠二/ ,ハ     /
.  /           / /V  ,.\  /
  /      ,. イ  /:::::/ /::/∨


242 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:24:36 ID:29fVi4020


              , '´r'⌒ヽ ̄>、
     _ , ―/  /r―‐ 、  r',ニヽ
    ´  ヽ /  u | r'⌒ヽ  レ‐、ト、ー-、                  わしだってそんな事は
.        __/      V           ∨ \
    -―/ /|  U  ___    __!_/ \               百も承知じゃい……
      / /⌒ヽ__/:::::::::::::::::`ー':::::::::::::ヽ \_〉、_
     / イ { }`――、:::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::/! { { /(( ( ヽ           ともかく、
     r「「Y^l ヽ///_ヽ;;;;;;;;;;;/  ヽ;;;;;;;;/l ト、__| | | |  !、ヽヽ
    /// / |   r,´――、_,ィ_ _) -――く`| | | } |  }_}        正式総長の選出を
.    || || レ /                \ ̄ ̄  !   \
.    | | || {Y __,rー‐┬┬―‐'´`ー―――r‐、l /   「`ヽ ̄ `ヽ     急がねばのう……
.    |   ヽ ∨ イ     ̄  ____r┐ /ィ′ |  |   ト、   l
.    ヽ     ト、ヽ`ー――┴―──―'´| ヽ、ー、_/l   l l   !
.     ヽ    |  \                | ,ハ    /   |   l
        l    ハ   \              /   l  /    /   /
        |  /      \            /    Y´     /   /

┌────────────────────────────────────────────┐
│ こうして正式総長に問題処理をゆだねるとの提案が妥当な判断と認められ、評議会の総意となった。 .....│
└────────────────────────────────────────────┘


243 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:25:20 ID:29fVi4020


   , -‐―- 、        , -― - 、          , - ― - 、
  /:: :: :: \ヽヽ、    r'´::::::::::::::::::::::::ヽ、     //:: :: :: :: :: ::ヽ
  .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、  ./::l´,ゝ-┌、‐´`i:::l   ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
  ヾ:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`‐l:::ノ_,---ヽ--、__ヾ:l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: :/    さて、正式総長を選ぶことが
   ヾ:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: ::l::i  f・ソ,. 、f・.>`):|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
   l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: ::ilト、 ` ,  `  レi:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: :::/     最優先となったのはいいけれど、
   ヾ:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ヾi !  ゙ ‐'   /レソ;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: :/
    l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ=l   r┐  /__,/´ヽ:: :: ::l::|:: ::/:: :/      実は選出方法の細目が
    ヾ!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》ヽ、. i ./-‐| ヾ、 ヽ;; :: |::l:: /:: :/
     ヾ|:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽソZ二Zゞ,ノ!:. :. v:. :ヽ:: l::|::/:: /       全く決まっちゃいないんだよねー
      i:: :::l:: /:. :. :. :.ロ:∧‐、_ヾ::/ `‐/l:ロ:. :. :. :ヾ!::l::l:: /
      l:: :::|::/:. :. :. :. :./  ` /::l /   l:. :. :. :. :. iノ:l::/         こりゃあ、明日の評議会も
      ヾ;: :レiヽ、:. :. :.〈   ./::::l ´  ,-└:. :. :., -|、::/
       ∨ lO) `ヽ _ ` ヽ.」:::;;;レ' ´  _, -―lol:.Y          大変だわ……
        i:. /「ヽ:. :. ;._ >‐'´_ , -―´ l:. :. :. :./l:. :.|


244 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:26:30 ID:29fVi4020


          _,,,,,_                  ┌───────────────────┐
   _ξ__ `γ ^ヽ/___           .│ 総長の具体的な選出方法については    │
   |(◎)   ヾゝーノテ    |           │                          ......│
   |         (/     |           │ 文部省との間に                  │
   |     /\      !/ξ .|           │                          ......│
<⌒。ー-、  /X /\   (( ))⊂ー、           .│ 「記名投票にして無記名投票」という      │
 |  〔|〉 ̄ / x/  \ ┌──γ⌒7         .│                          ......│
<,__ ゚ノi  /タ \  /  |i !|ii|||(〈  〕|         │ 灰色の合意があっただけで          │
  `ヽ⊃ ζ /  /  └── ゝ-、!         │                          ......│
    | (◎) o /       ⊂ノ         ...│ 細目はまだ決まっていなかった。      ...│
   n    \/     (◎)   |            │                          ......│
   /~〉‐‐、η__ ,-- 、∩_|            │ これを巡って評議会は翌日も          │
   ゝ   フ)ノ     (~~__)ノ             ..│                          ......│
      ̄       `ーー´              │ 会議を続けた。                 .│
                                .└───────────────────┘


245 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:27:20 ID:29fVi4020


       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ          まあ、これで大体煮詰まりましたね……
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i         まず、総長候補選考委員を
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i         各学部4名ずつ、7学部で計28名選出して
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i         その中で候補者数名を選び、
     i     l :::.      ..::::  ,/
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_         内1名を全学教授の投票で文部大臣に
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,        推薦します
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l        佐藤代理、いかがですか?
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i


246 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:28:20 ID:29fVi4020


              /  ̄ ⌒  丶
    _ -        /         \                    わしには全く異存はない
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _             とにかく、一刻も早く総長を
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ      選出せねばのう……
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)
    \::::::;;;;;;/ /  |  / ∨\     |:: /;;;::  /   |:|     /    丶 ヽ
    (::::::::;;/  /  | /    ヽ    | |;:: /    |:|    /      \
   (⌒  ̄ )ヽ  //|/      \   |r;:/
   r⌒  ̄ )し  //          ) \ )


247 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:29:20 ID:29fVi4020


                      ''';;';';;'';;;,.,    来…ます…た…
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   聴講に…来…
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
             rっ        vymyvwymyvymyvy、   聴講に来ますた
             ||       mVvvMvyvmVvvmvyvmVvv、
             | ハ,,ハ   .ハ,,ハ (゚ ゚)ハ,,ハ (゚ ゚) /ハ(゚ ゚) ハ,,ハ  聴講に来ますた
             ( ゚ω゚ )( ゚ω゚ ),,ハ( ゚ω゚)/,,ハ ゚ω゚)  ( ゚ω)-っ 聴講に来ますた
        ハ,,ハ   |   _二二二つ ω゚ )(\ ( ゚ω゚ )二⊃   ハ,,ハ      聴講に来ますた
  ((⊂二( ゚ω゚ )二ノ   /( ゚ω゚ )  ⊂二\\_/ハ,,ハ二二(  ゚ω゚)二⊃))    聴講に来ますた
       ヽ    | (´ ._ノ ヽ    ハ,,ハ つ  \(  ゚ω゚)   |    /
        ソ  ) \\⊂二二二( ゚ω゚ )二二二⊃ ⊂_) ( ヽノ
       ( < \  レ’\\   ヽ   /   i ) ノ     ノ>ノ
        \|\|      レ  (⌒) |   /ノ ̄      レレ

┌────────────────────────────────────────┐
│ たまたまこの日は河合の講義日であったが、事件以来河合に対する支持は高まっており、  ...│
│ この日も600名以上の学生を集めていた。                                  │
└────────────────────────────────────────┘


248 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:30:20 ID:29fVi4020


                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _          頼むは自分の信念だけだ!!
                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、
                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、      これだけを信頼して堂々と
                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',
                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }′    戦う事だけが自分に残されて
                  |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,
                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′      いるのだ!!
        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
.   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
   {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´
    〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }   /
   {  /    /                   {  {            `V    /
    、_/     /                     l   ',               / / /
      、   /        /            l  ′   ̄ ̄``ー一r′i/\
     {    /       /              l  {               }  }   ヽ、
      ヽ、/       /                |  \    _____ノ ノ  }   ヽ

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 発禁処分とされた教科書『改訂社会政策原理』の代わりに雑誌『中央公論』に渡した弁明論文を   │
│ 学生に渡した河合は、その内容を殉教者のように説き、熱烈な喝采を浴びた。               │
│ それは官憲に対する意識的な、ほとんど狂気じみた熱情にかられるままの挑戦であった。        .│
└──────────────────────────────────────────┘


249 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:31:19 ID:29fVi4020


                 _____
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_//
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:/               .┌────────────────┐
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/|  __イゝ          │ 敵意を募らせた内務当局は、   .....│
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ://            │                       .│
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:〈_             │ 4日後の11月20日、弁明論文に    .│
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./  _,          ..│                       .│
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:/′/ ∠>     │ 掲載禁止の処分を下し、       .│
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ∠_       ...│                       .│
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:. <         │ 筆による弁明の道を断った。    ...│
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.  /        ..└────────────────┘
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:/
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:./
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ∠
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ..て
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ <ヽ
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、 ⌒
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄


250 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:32:19 ID:29fVi4020


             ,.r-‐ァ'""`ヽ、
          ,. ィ" ''" 、'"    `ヽ、
         ( / ,.r-、  ミ .._ ~`  ヽ           今はこのあたりでよかろう……
          ゞ'   ヾ、ミ r=、     |
         l | ,ィ'二   |  ! ;i ノ    |           河合休職への道筋は既についた
         `f `'” .::::::| ル'7       !
            /;::  :::::::::::レ^' レi     |           まずは正式総長の選定を待ち、
          ヾ;   ::::::::::ノ   人 :;  ; |
  r=‐-、_     T´  .::::::/:::,,.----キ; : ハ           その後河合休職を認めさせればいい……
  ヾ:::::::::::\`ー: 、∟...::::;;y;''"     ル リ
    ヾ::::,r‐‐'^ヽ、_,,,.-‐^  逆シャア  リイ人


251 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:33:19 ID:29fVi4020


                              ,.ィ=t.、 i! i! i!. ,.ィ=t.、
                         | | | |_i!i=i!i=i!i_| | | |
                         | | | | |!l>=<l l | | | |
                         | | | | |く○ >| | | | |
                         | | | | |!l:TT:l!| | | | |
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
                         | | |ET〒夲〒Tヨ | |
                         | | | |:l_ _i从i_ _l:| | |
                    lニニニ二:| | | | | |!| |i| | | | | |二ニニニl
                    `△     | | | | |_|!|_|i|_| | | | |    △´
                        | |_.il._.i!_.| | | | |_|!|_|i|_| | | | |_.i!_.il_.| |
          lニニニ二二二二| | |i| |i| i| | | | | |!| |i| | | | | | |i| |i| | |二二二二ニニニl
 lニニニニニニ△    △      | |_|i|_|i|_i| | | | | |!| |i| | | | | |_|i|_|i|_| |     .△    △ニニニニ
 r┤.i! i! r=i   | |_i!_i!_| |_i!_i!_.i!_| |_|i|_|i|_i! | | | | |!| |i| | | | | |_|i|_|i|_| |_!i._!i_!i_| |_i!_i!_| |  .r=i. !
 | .|_|i|_l|_| |_i!_ .| | i! i! | | || || ||..| | |i| |i| |_>fffi==、r==t==jjj1l ̄|| |i| | |..|| || || | | i! i! | |. _i!_| |_|
 | .|_|i|_l|_| |_||_|.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| |_|i|_|i|_||T|l l|  |.|  l.|  |l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_i! i! | |. _i!_| |_|
 | .| |i| l| | | || |.| | l| l| | | || || ||..| |_|i|_|i|_||.|l| ||  |.|.,.、l.|  |l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_i! i! l木木木. |_|
 | .|_|i|_l|_| |_||_|.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| | |i| |i| ||.|l| || /.:::.\ |l l|  || |i| | |..|| || || | | i! i.z木木木木.|
 | .|_|i|_l| | |_||_|.| | l| l| | | || || ||..| |_|i|_|i|_||.|l| ||〃.::::::::: : ハ|l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_i!z木木木木木
 | .| |i| l| | | || |.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| | |i| |i| ||.|l| ||{{:::::::::::::::: }}|l l|  || |i| | |..||_||_||_| |_林林林林林林
森森森森森森森森森二二二二二二二二|Lli|_||{{:::::::::::::::: }}|l_l|_二二二l森森森森森森森|i|森森森

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 11月29日、文部省の意を受けた大学側は、総長候補選考委員会の設置を12月3日、          │
│ 同委員会による候補者選定を12月6日に予定した。                             │
│ 新総長選定、そして河合問題と、東京帝国大学は否も応もない正念場に立たされたのである。   .│
└──────────────────────────────────────────┘


252 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:34:19 ID:29fVi4020


     /: : : : : : : : : : : : . . . . .    : : : : :l
      l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . .  ,/:|       ……さて、正念場といえば、日本の国そのものも
      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:/
      |: : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : /ー/:/        大きな正念場に立たされていたのよ
      l : : : |: :!: : :|: : : : : : : : : ィ≦、/:/
      j : : : |: :!: : :|: : : : : : / ´  〈/         そのきっかけとなったのは、近衛首相が
 ___,ノ: : : /: :j : : |: : : : ; ´     /
 \:/ : : / : /: : /!: : : /   ` ァ┘           昭和13年(1938年)11月3日に発表した「東亜新秩序」宣言よ
 /: : : / : /: / 」: : /l:\_/´


253 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:35:19 ID:29fVi4020


    /::::::::::::::::::::::"ヘヽ
    /:::::::::::::::::::::::::ノ  ヽヽ     「────帝国の冀求する所は、東亜永遠の安定を確保すべき新秩序の
   /::::::;;;;...-‐'""´    .|;;|
   |::::::::|     。    |     建設に在り。今次征戦究極の目的亦此に在す。
   |::::::/  ,,,.....    ...,,,,, ||
   ,ヘ;;|   ,,-・‐,  ‐・= .|      この新秩序の建設は日満支三国相携へ、政治、経済、文化等各般に亘り
  (〔y    -ー'_ | ''ー |
   ヽ,,,,    /(,、_,.)ヽ .|      互助連環の関係を樹立するを以て根幹とし、東亜に於ける国際正義の確立、
    ヾ.|   ヽ-----ノ /
     |\   ̄二´ /       共同防共の達成、新文化の創造、経済結合の実現を期するにあり────」
   _ /:|\   ....,,,,./\__
 ''":/::::::::|  \__/ |::::::::::

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 近衛首相は戦争の目的を日・満・支3国の結束と相互扶助防衛を実現するためのものとし、         ..│
│ 新秩序建設への支那国民政府の参加を呼びかけた。                                 │
│ すなわち、日本・満州・支那の3国による経済ブロックの建設を行い、日本がその盟主を目指したのだ。 ......│
└─────────────────────────────────────────────┘


254 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:36:19 ID:29fVi4020


             , -‐f:  ̄`ヽ
          /: : /{: : : : : : ',            この日本の動きを、米英は日本による
             ,: : /ィfj : : : l: : |
             l: /,   ヽ: :|: l            中国独占支配と見なしたわ
            l:ハ -   l/イ:l: {
          lハ:>ーュ / /:::ト:ミァ          そのために蒋介石政府への借款援助を決め、
           {:::{く_ ノノ::ノ/´ ',
           人:ゝ-∠ノ 〈   |          日本の汪兆銘を通した和平工作を潰しに掛かったの
              lノ‐-r T 丁 ¬} |
           { :::l::l:::|::::::  /ヘ  ',         このためにさらに米英への反発を強めた日本では、
            ∧ ::l::     ,'  l   ,
           / }      {   l  ',        ドイツに接近して米英を牽制しようという動きが
           / /      ハ   ',  .
           /  レ-―¬ー-、}  ',   l       強まってきたのよ
          /  /゚ l   ゚l   l  l  l
          /  /l゚ |    ゚l   l  l  }


255 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:37:50 ID:29fVi4020


 ゝ{  { /⌒\_ ノ `ァ'´   /⌒\ - 、 \    /     \ へ、
    ヽ{      /   / l       \ ヘ-―く            |
           /l  / /l./| l   /l     V|三 ニ]          し1
             /´l / /´l`ヽV:l / .  |   vlノーへ _、 、     く
         /l  V /fィ心` v! l -‐\|    |! l     )ノ\  l  ノ
          l/  〈N 弋ソ   ヽ|ィ心`Y   / |        }ノレ′
            l     ,   弋ソ ノ  /'  |
            ヽ         / イ   ハ        でもさー、戦前の日本は
        , -―-、/\ r,    /ー '    V
       / l   / / 〈丶- ┬<                石油の輸入をほとんどアメリカに頼って
      _/ l   / / . ゝ.-‐' / ! \
      /  l   \l/{::::/l  / |  / l              いたんだよね
      /   ,  /| /::l l/_」 / !
     /  /  ヽ  l./::::l/ \  / |             だったらアメリカと喧嘩したらだめだよね?
    /   l     \\/ _/-/´ /


256 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:38:23 ID:29fVi4020


    |: : : : : : : : : :/-―-       ̄-――- | : : : : : : : :
    l : : : : : : : : />-― \     ¬〒テー-1: : : : : : : :     全くその通りよ
    !: : : : : : : ;斗ャヤt テ  }      十tヒンリ|:: : : : : : : :
      v : : : : : : l  弋ヒソ          ` `¬ー'!: : : : : : : :     にもかかわらず、ドイツという味方が得られると
     ',: : : : : : |  ̄                   |: : : : : : : :
      ',: : : : : :|       ノ           |: : : : : : : :     確信した陸軍は、米英に強固な態度を取り
       ', : : : :|                      |: : : : : : : :
       iハ: : : lハ       __        |: : : : : : : /    そしてその穴埋めにボルネオ・ジャワ・スマトラといった
       | ',: : |: ゝ.    ´ -- 丶      |: : : : : : /:
       |  ',: :l: : : \               ,|: : : : : /: :     南方地域の石油に目を付けることになるの
       l  ',: : : : :|丶.           / |: : : : /: : :
       |   ',: : : : :|  l\         /  |: : : /: : : :


257 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:39:00 ID:29fVi4020


┌────────────────────────────────────────────────┐
│           ト、 ト、 ∧                         .ィ´三三三三三三ミ`ヽ               . │
│         |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|                    ..ィ{L三三三三三三三ミ」}}                ..│
│       弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ                   /V.:.:.7.:.7.:.:.:/.:.:./.:.:ヘニヽ三ト、               ..│
│       <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>  アメリカに勝つ?     |:ノ.:.:./:._/.:.:i/:/.:/.:./.:.{⌒Y.:.:.:.:!  英米を         ..│
│      <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>                ィ.:.:.:.:从/」`メ;/.:/.:.//」ナヽ !..:.:.:.!                .│
│      厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...> 無理無理         |从.:i ,xf::::ハ ノルイ/f:::::ハ //:.:.:.|  敵に回すことは   │
│       厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之                イ.:{ ヘ 弋少    込少 /.:.:.ハj                │
│        八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、  ちったあ        /:!.:.ヽ.j       ,       ,'`):|   絶対に        ..│
│         ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!          .       /:∧.:.:/ヘ.          /.イ.:|                │
│          \  - 、  ,イⅣV    てめえの足元を   /}/ i.::ハ.:.:.\    ̄   . イ.:.:.八|   回避すべきと    ...│
│             ム|` -  Ⅳ              .        |/ ノ人.:.{`  .. _ ..イ.:.:ノ.:从                  .│
│          __i     {       見ろや          _.. <   \   /くノ.イ}/  )   米内は考えます  .. . │
│       ,. -<ヽ `ー―― 予-、_                {ニニミヽ: :\.  `フ⌒ヽ                       .│
│     /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、             /__  \\: : :ヽ/  { ゚八                    .│
│    ∧                  \           ′  、 \ヽ: : :\ \{ Y\                    .│
│   / !                  / ハ          {      \ j j: : : : :.\ j゚jリ: : :`ヽ                  ...│
└────────────────────────────────────────────────┘

    __         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .'  ヽ`ヽ       |  もちろん米英との戦争に勝ち目がないとする人物もいたわ
.  ! i 人 !      |
   )W゚ ‐゚ノ!|     <  米内光政海相や山本五十六次官を中心とする海軍良識派ね
   ソ)ル並ル'、      |
  (ソ[:工:]<)      |  しかし、海軍の中でさえ艦隊派の流れを汲む対米強硬派が主流だったの
    ヒ!ヒ!        \________________________________


258 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:40:00 ID:29fVi4020


         /            l ヽ
        /                 l   l      このように、日本は孤立化を深めていき、
        /             ノ  |
       ,          >  ´ |  |      さらに世界の反発を買うことになるの
       l          ,.ィ≦`    |  l
       |  |    /ソ`   ,ィ≦| ,'      そして国内では統制の嵐が吹き荒れ、
       |  | |   /       ヒソ ,: /
       /  || /       .{   /: /       良識は押さえ込まれるのよ
    、__/,   l/|: /ゝ  - 、  イ: /
    `ァ'     ! l/  、\ ´ /l:/ /         ……さて、今回はここまでとします
    /:/    ト、___ ,>ーくl  l'|/
   /: :/   , ,'   /     l            次回はいよいよ行われる東大総長選挙、
   {: :i   /l:/  /      /
   V:{ /  ノ  {      〉ヽ           そして、突然その渦中に放り込まれたやる夫の
    Ⅵ/    \ V       | _.}
    lV ーrr ―寸|     |´ノ           驚きと決意を描いていきます


259 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:41:00 ID:29fVi4020


  : :└/    .' |       l         \└t  _ノ: : : : : : : : :
 : : : ::/    /  ,l l    |ヽ        V T" {: : : : : : : : : :
: : : :::/| |    ! /-\t    | -\\  |   l |l  丶--- ⌒!: : l
___/ ! l   卜.| ___ \.  |  ___\l |   | |'       ノ_.ノ
     ヽ.   | 彡=ミ   \l 彡=ミ V    ,' /1              なんだかやる夫さん大活躍の
    |\ l ィ/l/  ,     ィ/l/|   /V |
    ♀ { ト   、___ /   / イ / ♀             予感だよ!!
     {}  `l           {     / /   {}
          丶            /一'
             \        /                    それじゃあ、次回もよろしく!!
            丶、   . イ{
        ___/{壬 < 〉、 ____
      /     // .ヘ   / \    , \            みんな、幸せゲットだよ!!
     / l    〈  l、/}:::::{\/   /    /   !
      | l    /  | /::::l /   〈    /   |



第16話  軍人文相登場  終わり

第17話  軍艦総長誕生  へ続きます


260 名前:◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/09/18(火) 22:41:56 ID:29fVi4020


◎第16話「軍人文相登場」


平賀やる夫                東京帝国大学工学部長(艦政本部業務嘱託):やる夫(AA)


荒木貞夫              文部大臣:シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)


河合栄治郎              . 東京帝大経済学部教授:夜神 月(DEATH NOTE)


田中耕太郎              . 東京帝大法学部長:後藤喜一(機動警察パトレイバー)


土方成美              東京帝大経済学部長:利根川幸雄(賭博黙示録カイジ)
蓑田胸喜              雑誌「原理日本」主催者:範馬勇次郎(グラップラー刃牙・シリーズ)
本位田祥男             東京帝大経済学部教授:天 貴史(天 天和通りの快男児)

舞出長五郎             東京帝大経済学部教授:井之頭五郎(孤独のグルメ)
長與又郎              東京帝国大学総長:モハメド・アヴドゥル(ジョジョの奇妙な冒険)
佐藤寛次              東京帝大総長事務取扱:亀仙人(ドラゴンボール)

山川建                文部省官僚:蓮舫(実在人物)
山田文雄              東京帝大経済学部教授:魅上 照(DEATH NOTE)
報道記者              アナウンサー(フレッシュプリキュア!)
逓信省官僚             ゴドー(逆転裁判3)
平賀家女中             琥珀(月姫)


平賀カズ                やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)

平賀重孝              やる夫の次男:衛宮士郎(Fate/stay night)

近衛文麿              総理大臣:菅 直人(実在人物)


山本五十六             海軍次官:上条当麻(とある魔術の禁書目録)


米内光政              海軍大臣:御坂妹(とある魔術の禁書目録)


261 名前:◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 22:44:17 ID:29fVi4020


本日は以上です。読んでくださった方、お疲れ様でした。

今回はやる夫の出番が非常に少なかったですが、次回以降は再び
やる夫の活躍が見られると思います。

それでは、また次回。


262 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 22:45:55 ID:hf.BPYnM0

乙!

流れとしてはこのまま隠居のムードなのになぁ


264 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 22:50:42 ID:DyVnvaFI0

乙乙! 熱病とも思えるくらいの執拗さだな。
やる夫はこのままフェードアウトしても違和感ないけど、あの性格で引っ込んでもいられないか。

良識派と言うには違和感バリバリ


263 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 22:49:58 ID:X2L4GHGc0

乙~
しかし、真紅は相変わらず空気読まない女だな


265 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 23:27:24 ID:5Dvb5JVs0

>>263
しかし何気に修飾過多だが文才はあるなw


266 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 23:32:16 ID:X2L4GHGc0

>>265
文才というか、賢しい中二病が書いたようにも思える


267 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 00:42:44 ID:IgP.yduA0

乙でしたー

>>266
ああ、なるほど
真紅の日記、何かに似てると思ったらラノベっぽいんだな、あれw


268 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 01:02:18 ID:8KfczTDQ0

作文とかで添削対象にされそうな文章なのよ
まぁ、日記だから何書こうと自由なんだけど…


269 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 11:36:38 ID:pjAVR.4I0

乙でした

月はなんでもうちょっと大人の態度が取れないんだろう?融通とか根回しとか。



スポンサーサイト


 

NEXT    PREV
««     »»


2012/09/26 14:22 | やる夫が軍艦総長になるようです。COMMENT(0)PageTopカテゴリ&記事一覧

コメント

コメントの投稿

・ ネタバレ。

・ 内容に関する異論・反論ではなく、作者への個人攻撃。(罵倒、誹謗、中傷等)

・ 内容の伴わない作品批判。(例:「つまらん」等の一言コメント)

・ その他、荒らし、度が過ぎる煽り等。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。