ヘッドライン(NEWS)
ヘッドライン(やる夫)
最新記事
注目記事

[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです えぬじいふ 6
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(エピローグ)」
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(後編)」
[09/15] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十五話 『ホスピタル』
[08/15] コンビニアイアンメイデン #30
[08/15] 全裸の王様 【 メリーさん 】 & コンビニアイアンメイデン #28、29
[08/15] 全裸の王様 【 赤ちゃんはどこからくるのー? 】
[08/15] 橋の下の超人
[07/18] やる夫たちは五竜亭の常連客のようです 【練習問題その6 チーズと食いしん坊と公平な分け方】
[07/18] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 6 )
[07/02] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十四話 『赤ちゃんのバラード』
[07/02] ストライクウィッチーズ祭り
[07/02] やる夫は○○と相乗りするようです 第12話『Lを貫いて/こわれそうなアイのうた ( 1 ) 』
[07/02] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #29
[07/02] ほむら氏と長門さん 【 修道院 】
[07/02] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 5 )
[06/23] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #28
[06/23] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 4 )
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 終幕 【完】
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第十話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・後編 【完】
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・中編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 2 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 3 )
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第九話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・前編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 1 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 2 )
[06/21] クリスタル氏と長門さん 【 縦笛 】
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第八話

スポンサーサイト

 関連カテゴリLoading...... スポンサー広告 記事一覧 Loading......

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告PageTopカテゴリ&記事一覧

やる夫が軍艦総長になるようです。 第ニ部 第8話 学徒動員

 関連カテゴリLoading...... やる夫が軍艦総長になるようです。 記事一覧 Loading......

 
 

898 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:07:54 ID:DbL9Hla60


                      .. -‐‐-ミ
       .               , '´""´ ̄`゙⌒ヽ、
                   ,イ: : ................   `)`。
                  f: :-‐: . .  ..,,,,,,  ..:  i
                  {: :云ミ、: :',ニニミ ヽ. }
                 __{‐(.ィtッ、)ー( ィtッ、)―‐r‐ミ
                 (i:、l: `ー‐'.:: :.`ー‐': . : i'ぅ i}
                    ヽc}::. . : 、,,,;.    ,'"ノノ
       .             ゙圦: : .,, ‐-‐ 、`   .jー'´
                   ヽ: :.`二二´  ,イ
                    〉、..     /.∧
                   ,ィ/(:::`ー―彡' //aV⌒ヽ、     ____
           _____   rミ‐fj/{ミヽ、:. _,ィ≦'⌒))'〈 /0≫`ーァイ´ァ、`))ミ)
        r‐≦升〕8〕≦'>'´i个、raY´fro))ノ>'´ニ>‐-=__f´( `ー彡')),イハ
        { (_, -‐イノri:i´    i::i トミシヘii彡'´ニニ○ニニニニ圦二二彡ィ≦ ヽヽ
       . 〉、__,ィ≦ム', i:i    i::i /0()0/ニニニニ○ニニニニ/ l/ / 「 l ', ヽY } }
       ../ ノ } } }ハ i:i    i:_j`^´i_「 ̄ Tf  ̄.r‐-r‐{ { | | l  | l l /
       八/ ノ/ /ニiム i:i    〉 ○ 〈|  /::i i : |i i| :ム ヽ .l l l / //ノ
         ヽ/_j_ノニニ}ニ', i:i   ゙¨M¨´゙テ´゙テ´゙テ´゙テ'テ'´ゝ、{_j_j_/-'‐'´ニム
         /ニニニニニjニニ', i:i  トイ^トイ(___)(___)__)  ) .)ニニマニニニニニニ=ム
         ,'ニニニニニ∧,ィニム i:i ゙マMヌ i::i マニニニ`¨´ー'ニニニlニニニニニニニニ厶
        ムニニニニ=fミ// ○ム i:i     i::i マ○ニニニニニニニ{ニニニニニニニニニ
       . ムニニニニ={0)≪=ニニム i:i     i::i マニニ__NMNィ_ムニニニニニニニニニ
       .ムニニニニニムvfミ○ニニ厶 i:i      i::i マニ> (○<ムニニニニニニニニニ
       ムニニニニニニムVニニニニニニ', i:i     i::i マニ≧wv≦ニムニニニニニニニニ

     ┌──────────────────────────┐
     │                                     ...│
     │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
     │                                     ...│
     └──────────────────────────┘
           原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

899 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:08:54 ID:DbL9Hla60


| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!
|                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!! | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
\__________  ________/.  |
                 | /               .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
                 | /                \
    〉       |  _, -―- 、⌒ー、           ,  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /  ,       r宀くx. -―/⌒ \  し1       /. : : : : : : : : :/:ヽ
   { /{  , ---人__/   /|     \ く      /: : : : : : : : : : : :l: : : :',
    ∨八{  // |/   | ∧ l   |   V´     /: : : : : : : : : :> '´l: : : : i
     }'  ` /  l ||   /y≠Vヽ  h| |     ,: : : : : : :/:/    l: : : : :l
       ♀  vヘ、 {/ {rツ`  rテV /     |: : : : : :/⌒   -、|: : : l: |
       {}   { ヘ \{ `゚゙   〈{シ' /      l : : : : /=ミ`  _   |: : :/:/
            ゝ     ヽ _ ´厂       ヽl: : : l   ,  -=ミj: : :l/
          l ̄ ̄l 、      /          j:ハ: :|  ,、 _   /l: : l
         , --、ヘ.n  | 丶-‐<           _ノ : N、 Lノ  /: :l: :.|
      /   /^\ 寸ニ{\ / n          `ァ: : : /こヽく: : : :.ヽ:.!
       /   〈  ⌒ゝ'. } / / レヘ      / ̄/: : : /  --、J|: : : : : Y
       l    lハ   〈\V /ノ /⌒ 〉.     /  レ{: ::|  イ´ |j: : : :|: :ハ
      /   / 〉  /\V 〈 し、 /      〈   l人: |   |  /ノ: : ノレ  |
      / _ //  /   [|  l  イ1      l/   \.人 / _ノ ̄ノ   /
    /  /   /  ̄ \l/|  l〈        〈   /{  /l  ト、 く/  l/
    | r/   /     /' |   ヽl       l  ∧_/「 |`Y  |/   /
   〈/´   /  「l   { 「l|     |      /l /    ート-' ̄l   /l
    l    / 〉   |」   〉 |」 \_/     /-|     /|   ヽ /-|


900 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:09:53 ID:DbL9Hla60


            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。

 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html


901 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:10:53 ID:DbL9Hla60


          /            l   \
         /                l     ヽ
          /              :        ',
       /              l        l
       ,              ∧        |
        l              /  v     |        ……さて、前回の話ではやる夫が苦労して
        |              /   V    l !
       l         / /      V   l|        築き上げた大学新体制がいとも簡単に
          l   |    //         . -∨  V
          .  ∥   k _       ィ行〒|  |         崩されようとするところまでを描きました
        ヽ  l|     |行〒`     ゞ斗'|  /
          \|   :|ゞ斗          l: ./         前回も述べた通り、これはアメリカとの交渉が
           l:.   :|       l    /: 小
           |:ハ  |      , - /: /: ト\        行き詰って対英米戦必須と見られたからよ
           |' ∧ |> .._   ´ /V: /  |
          // ∧| _ 8 〉   ̄ 8 l:/:   |`>、
          /l /   { l\8`  -‐8//   l|  /\
        /  {  l ヽ  8 -― 8 / _,/  /| /   l
         |   l \{  ト\8   8  ̄/  ///     |


902 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:11:53 ID:DbL9Hla60


-‐  ´            /   ノノ\: : : : : : : : : : :
              // , ィf〒テ ハ : : : : : : : : :
            /  //弋ヒン/ l : : : : : : : : |      そして軍は東南アジアに進出さえすれば
         .   ´  、./   ー一'   l: : : : : : : : :|
        イ≧:x._   ´            l: : : : : : : : :l      アメリカから得られなくなった資源を得られ、
   .  ´: : | 弋rソ`             |: : : : : : : :/:
ィ:´: : : : : :|¬'´              |: : : : :/: / :      例えアメリカを敵に回しても「大和魂」で
 l: : : : : : : |\     }〉          | : : : /!:/ : :
 ヽ: : : : |: :l: : :\     _, -‐¬    /|: : : /:j/: : :       勝利出来ると楽観的に思い込んでいたの
   \ : l: :l: : : : :ゝ     `二´   / /: : :/l : : : : :
     V\: : : : : : :|> 、     /  /: : ://: : : : : :


903 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:12:53 ID:DbL9Hla60


: : : : : : ナーァノ  _  /     _  ヘ ー 人: : : : : :
: : : : :/   /! /   |       \ /}tf´  \: : : : : :
 ̄ ̄   / j/      | |     /     V1 ヽ     ̄ ̄
       / ||   l  N     !      l:|  l           客観的に見れば、そんな都合のいい理屈が
     ,   Vl    ハ. |ヘ:   |\  |  :k  |
      |  {ヘ: :  |_」 |ーヽ:  |ーヽハ  :ハ}  |           通るわけないよね……
     ハ   ゝ\: lヒ弐lテ  \|弐テナ: :/ノ  ハ
     V      ∧ト    {l    /ィ    V           どうしてみんなそんなに出来るはずも無い
             八   _   八
             \ ´  ` /                 勝利の皮算用を弾こうとしたんだろう……
             /}≧ェ≦{\
           イ   \ /  ト
     , -―     l     人   l    ―- 、
    /l        \ /::::::\/       l\


904 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:14:20 ID:DbL9Hla60


.



========================================================================

               第二部第8話(通算第22話)   学徒動員

=========================================================================



.


905 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:14:54 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────┐
│ 昭和16年(1941年)9月6日、開戦決意のタイムリミットを決める議案が、宮中東一ノ間で      │
│ 開かれた御前会議に上程された。                                   │
│ これは対米交渉期限を10月上旬に区切り、この時までに要求が受け入れられない場合、   │
│ アメリカ・オランダ・イギリスに対する開戦を決意するというものであった。                 │
└───────────────────────────────────────┘

                    __
                  . '´ ヾヽ
            ∧_∧   !--/-o-i.!
           ( ・∀・)  ! |/゚ ペノリ
          i^i ̄(iノ '^:^')  /~  : ~ヽ   ∧_∧\
        ∧_∧|  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ (∀`∧_∧
     /(   ・∀) /            \: (∀` __)\
     ∧_∧V:)./                \:  ∧_∧
   /(   ・∀) /                     \(∀` __)\
  ∧_∧ V:/                      \:  ∧_∧
/(   ・∀)/                       \(∀` __)\
i^i(  V:/                            \:  ~~) i^i
| | (  ⌒| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   )| |
| | ̄(__|                                  |_) ̄| |


906 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:15:54 ID:DbL9Hla60


                     _  _
                ,...-‐::: ̄:::::::`´:::::: ̄::::‐-...、
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ            「四方の海
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /\::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::\::::::::::::::::::::::::::::,-─‐- _::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         みなはらからと
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ̄`'''''´ ̄l:::::::::::::l
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヾ======⊂())==|::::::::::::::l
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      _        l::::::::::::::l         思ふ世に
          /:::::::::::::/`::::::::::::::::::::/`‐--─テ     、_ l:::::::::::::::l
         /::::::::::::::、 |::::::: ::::::: :::l   _      ´`  ノ:::::::::::::::l
        /:::::::::::::::::`'::::::: :::::::::::l'フ::::::7‐<    ,==、,,ィ/::::::::::::::::l::l        など波風の
          /:::::::::::::::::::::|:::::: ::::::::::K:::::o_'      /:o'' ''/::::::::::::::::::::::ll::l
        /::::::::::::::l:::::::|::::::: :::::::l::|  ̄       `"´/:::::::::::::::::::::::::l l::l
        l::::::::::::::::l:::::::l:::l::::::::::ハ:l        、   /::::::::::::::::::::::::::::l l:l       立ちさわぐらん」
          l:::::::::::::::::l:::::::l::::l:::::::::ト|:l          ノ::::::::::::::::::::::::::::::l l:l
    ,/ ̄ ̄ ̄Y´ |::::::::`:lヽ:::::l l:lヽ、   ,-ッ,_....-::':l /:::::/::::::::::::::::::/ /
   //      /  l::::::::::::::lヾヾ ヾ、>、_∠´:::::::::::::/ l/l/ヽフ:::ノ//‐-、      (四方の海にある国々は
  l l       |   l:::::::::::::::〉、`` ヾ〈ヽ/ /::::::::::::/     l/     ヽ
.  l l        |   l:::::::::::::ハ`、 「 ̄7/  l::::::::::::/        |         ノ     皆兄弟姉妹と思う世に
   l l        |   l::::::::::::l ヽヽ/ /´  l:::::::::::/       |      / ノ
   ヽヽ       |   l:::::::::::l   V /   l:::::::::/          |    / /     なぜ波風が騒ぎ立てるのであろう)
   | \ヽ     |   l::::::::/   Y    /:::::::/  /        |  //  |
.   |  \\  |   l:::::::lヽ /    /:::::::/  /       | //   ヽ

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 軍首脳の説明が具体性を欠くにもかかわらず表だって反対する意見はなかった。             │
│ 昭和天皇は開戦に反対し、この決定を拒否する意思を表わすために明治天皇の御歌を引用した。   .│
│ しかし、議案そのものは裁可されたのである。                                   │
└───────────────────────────────────────────┘


907 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:16:54 ID:DbL9Hla60


┌─────────────────────────────────────┐
│ 天皇の真意が不戦にあろうと、「期限付き開戦」と裁可が降りたのには変わりない。     │
│ 直ちに作戦準備が発動され、陸軍は約10個師団による南方占領作戦を、海軍は      │
│ ハワイ奇襲を含む海上侵攻作戦をそれざれ追い立てられるように手配していく。      │
└─────────────────────────────────────┘


 ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、       、` 彡、        、`\     、`\     、`\
   / __     / / __     /´>  )    / ノ..//    /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/


908 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:17:53 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────┐          _____
│ 御前会議と同じ日、軍部と示し合わせたように文部省は   ......│         / ヽ____//
│                                       .│         /   /   /
│ 「学生生徒卒業期繰上ニ関スル件」(発専177号)と題する   ..│        /   /   /
│                                       .│        /   /   /
│ 内報を各官公私立大学、各高等専門学校に送りつけた。    .│       /   /   /
│                                       .│       /   /   /
│ これは閣議決定まで取り付けての抜き打ちであった。     ....│      /   /   /
└───────────────────────────┘       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


909 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:18:53 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────┐
│ 届いた内報をやる夫は読み進めた。                               │
│ しかし、次第にやる夫は不快感を覚え、やがてそれは怒りへと変わっていった。   .│
└───────────────────────────────────┘

      ノ L ___
     ⌒    /\           「現下ノ緊迫セル時局ニ対応シ、国家ノ人的資源ニ
    /  ─-  -─\
  /──( )─( )- \         対スル最高度活用ノ要望ニ応ズル為、学生生徒ノ
  |    ( ((__人__)))  |
  \        |\  / /|       在学、修業期間ヲ出来得ル限リ短縮シ、速ヤカニ国家ノ
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |       要請ニ即応スルノ措置ヲ講ズルハ、喫緊ノ要務ト被存ニ付……」


910 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:20:46 ID:DbL9Hla60


         _____
        /  ~~~  \          「……昭和十六年度卒業者ハ其ノ在学年限、修業年限ヲ
      / ヽ  、: : ,  /   \
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \        三ヶ月短縮シ、昭和十六年十二月ニ卒業セシムルコト」
   / ─ ( ○ ):.─:.( ○ ) ─  ヽ
    |      /   !  ヽ        |
    |   ( ( ゝ _ノ ゝ _ノ )) l j  |      ふ、ふざけるなお!! 来年3月末の卒業を12月末にしたら
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \      卒業まで残り4ヶ月もないお!!
  /       ー――‐ '       ヽ


911 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:21:22 ID:DbL9Hla60


      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))          大体奴らは学生を単なる「人的資源」としか見てないのかお!!
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)-( ●)\ ∩⌒)彡⌒)           そもそも在学期間の短縮なんかされたら
   |  :::: ( ((__人__)))::::/ ノ
   |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))   教育そのものが全うできないお!!
   \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
   / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))    なにが「最高度活用」だお、ふざけるな!!
  (___)    /      ))

┌────────────────────────────────────┐
│ 怒るやる夫の下に、繰上げ卒業の火の元が陸軍だという情報が入ってくる。        │
│ 幹部士官の不足が理由とされ、繰上げ卒業の五割を当てる計算のようであった。   │
│ 残り五割で技術、事務、労務の大量需要を賄うとも聞いた。                │
└────────────────────────────────────┘


912 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:22:55 ID:DbL9Hla60


      ⊂⊃
      ノノノノ               ⊂⊃                 .┌──────────────────┐
     (゚∈゚ )                ( 'A`)              . │ 9月9日の緊急学部長会議でやる夫から......|
    /⌒|/⌒ヽ              (J J               │                           .│
    \ミ/彡丿  ⊂⊃         ) ノ                │ 「報国隊の訓令」と               ..│
     ヽ  /    ('A`)        _ノ (          ⊂⊃     .│                           .│
    。ノ  (、   (J J       r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、   ('A` )    ..│ 「卒業期繰上げの内報」の二つの      ..│
   ゚  j  ゙L゙i    ヽ `ニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)    (J J     │                          . │
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ    )rテ-┴- 、 ) ノ      │ 報告を受けた出席者達は息を飲んだ。......│
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、  tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ ´(        │                          . │
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙i::、  _,,ノ ,  ゙t::、 ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,     ...│ 中でも後者については絶対反対しか  . . .│
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l       ..│                          . │
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ      〉:,r-、::リ     . │ ありえなかった。                .│
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l       . │                           .│
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、  │ これで大学を挙げての防衛が     .. ..│
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、:::゙i .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙.. │                           ...│
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;.  │ 確認された。               ... ..│
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; └──────────────────┘
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;


913 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:24:13 ID:DbL9Hla60


         |           ┌───────────────────────────────┐
     \  __  /       │ 「報国隊の訓令」に関しては学内に知恵者がおり、文部省が示した    │
     _ (m) _        . │                                            ....│
        |ミ|            .│ 編制要領の穴を突いて東大の既存の組織をそのまま流用して       │
     /  .`´  \       .│                                            ....│
       ∧_∧         │ 編制しなおした「東京帝国大学報国隊」の試案が作られ          ..│
      (´∀` ∩       . │                                            ....│
      (つ  丿       . │ 文部省の認可を仰ぐことになった。                       │
      ⊂_ ノ          ..│                                            ....│
        (_)          ..│ これで全学会の組織はそのまま温存できたのである。            │
                   .└───────────────────────────────┘


914 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:24:53 ID:DbL9Hla60


         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\            ミンナノキモチハワカッタオ!!
    /. ー (●)─(●) \
     |   :::::( ( (__人__))):: |          特ニ卒業繰上ゲニ関シテハ絶対ニ
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ        皆デボウエイスルンダオ!!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄           タイコウサクヲカンガエルンダオ!!
.      |          |

┌────────────────────────────────────┐
│ やる夫は戦意をたぎらせて陣頭に立って指揮を行った。                      │
│ ただ、一つ気がかりなのは8月の末頃から声が妙にしゃがれはじめた事であった。  │
│ これは軽度の声帯カタルと診断され、精密検査もせずにそのまま職務をこなした。  │
└────────────────────────────────────┘


915 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:26:18 ID:DbL9Hla60


         ____
       /~~u \          試案が認められるかどうかは別として、時間稼ぎにはなるお……
      /  /~~\\
    /  し (◎)―(◎) \       それよりも問題は卒業繰上げだお
    | ∪ ::::(((__人__)))J|
     \  u   `⌒´   /       反論を繰り返すには時間がなさすぎるお……


916 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:27:09 ID:DbL9Hla60


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        ┌──────────────────────────┐
       |                    |        │ やる夫は9月20日、穂積法学部長の手になる         ..│
       |                    |        │                                     ...│
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____...  │ 再考を求める意見書を橋田文相に提出した。         .│
       /              /ヽ__//  . │                                     ...│
     /    無理ぽ       /  /   /....  │ これは卒業繰上げの問題とその困難さを訴えた後に     │
     /              /  /   / .   . │                                     ...│
    /   ____     /  /   /    ..│ 「教育及ビ学問ノ百年ノ大計ヲ確保スル様            │
   /             /  /   /      │                                     ...│
 /             /    /   /      │ 最善ノ方策ヲ御決定相成度、切望ニ不堪候」と結ばれた。   │
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /...     .└──────────────────────────┘


917 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:28:09 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────┐
│ ところが、文相からの返事は全くなかった。                        │
│ 報国隊の試案はまもなく認可されたのに、こちらは梨のつぶてだったのである。   .│
│ しかも、次年度の卒業は6ヶ月短縮との情報も流れてきた。                │
│ 怒ったやる夫は、自ら筆を取って10月2日付けで再度意見書を突きつけた。     │
└───────────────────────────────────┘

        .____
     ;/   ノ( \;         橋田の馬鹿は狂ったのかお!!
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;      大学を軍のために磨り潰す気なのかお!!
 ;.| ⌒ (((__人__))) ノ( |.;
 ..;\ u. . |++++|   ⌒/;


918 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:29:08 ID:DbL9Hla60


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        「万一修学期ガ更ニ短縮セラルルコトトモ相成候ハバ、
       |                    |
       |                    |        卒業生ノ素質ト学力トノ一層ノ低落ハ到底免カレ得ザル所ニ有之、
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____...
       /              /ヽ__//  . 本学トシテ教授上研究上ノ重責ヲ果シ得ザルノミナラズ、
     /    遺憾千万     /  /   /....
     /              /  /   / .   . 国家現在及ビ将来ノ大損失ナルコト多言ヲ要ゼザル次第ニ御座候。
    /   ____     /  /   /    ..
   /             /  /   /      (略)斯クテハ正ニ我国学制ノ全組織ヲ攪乱破壊スル結果ト可相成、
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /...     .教学ノ為真ニ憂慮スベキ事態ニ御座候」

┌──────────────────────────────┐
│ しかしやる夫の燃える様な再度の意見書にも橋田の返書はなかった。  │
└──────────────────────────────┘


919 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:30:08 ID:DbL9Hla60


┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫が怒りに燃えたこの日、日米交渉中のアメリカが野村吉三郎駐米大使に覚書を寄せ、  ..│
│ 中国・仏印からの全面撤兵を要求してきた。                                     │
└─────────────────────────────────────────┘


                  - ―― -  、
               /          \
                 , '            ヽ             以前交渉の前提として提示した
             /       j __/_    ハ
               /  、ヽ ハ   /// `//   }           四原則を完全に実行させるのが
                レ  ィくム从 /イtァテ</     !
              i ハゝ 仡i Y-{ ゞ'┘/:/   ,′          アメリカの使命
              l !ヘ\__,ノ' ` ー‐7 /   /
              リl 八   .   /イ ///             それ以外の解決策はありえない
              ヽヘ > 、   ,.ィ//ル′
                ` \N、l`71-‐〃´ ̄ヽ
                〃 ̄ V }{ヽ/    _>
        ___      /\_,.ィ=ヽ/_.. -‐ヘ
        l\ミミヽ、   ,ィ≦三彡'´ ̄「ヽ     ヽ
        |   `ヾミヽイ彡'"      |        \
        j_    l≡l         !_         \
        { ヽ   |  !         _ とニヽ        ヽ
        ヾー;ヘ   l  l       ヾー- !\` 、     }


920 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:31:08 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────┐
│ これを受けた東條陸相を初めとする陸軍は強硬姿勢を崩さず、海軍も軍令部を中心に    │
│ この考えに同調する。                                           │
│ しかも及川海相は「和戦の決定は総理に一任する」と近衛に責任を丸投げにした。      │
└───────────────────────────────────────┘

           _,-ー' ̄ ̄ ̄`ー-、
          r'´      |     `ヽ、
        r'´    ___|_ _    ヽ
        l   r' ´__☆_ `ヽ、  l          日中戦争の戦果を無にするような
         ヽ r';´=──── == j- '´
          l `ヽ'´  ̄ ̄ ̄ ̄` --Ll            中国からの撤兵要求は
          k';_ ` ̄_ ̄ ̄二`─'~l
         f^ヽ``l´セユY`k'ヤユヽ`。            外交交渉の道を絶つに等しい!!
          ヽl  `-、_丿 lヽ__ ノソi
           l   , .r_、_,hヽ  ノ             御前会議で決めた「期限付き開戦」の
           ヽ  r,yllllllllllllllk) l
            l  '  ̄`- ' ̄ソノ              期限を撤廃せよ!!
         _ノ´~\ __ _ /ノl
     _ ,-ー´  ヽ  ,、`ヽ__,_ ノ ,、kヽ-、_
  rt-'~        ヽヽヽ  | k ' /ノ     `ー 、
../ ヽ          \~,- t ~/        /ヽ
/   ヽl          ~l _(~)_ ____ ______l  l、
     l          l |_|_|_|_|.|_|_|.| | | | | | | |0 lヽヽ
     l          l`-+-' `-+-'-'-'-'-'-'-' lk   l
     l          l .;'"`; ;'"`;;'"`;;'"`;'"`;)) l  ヽ
     .l          ヽ.`'''' `''' `'''' `'''' `'''   l   l

東條英機(とうじょう ひでき、1884年7月30日 - 1948年12月23日)最終階級:陸軍大将。

「統制派」の重鎮として頭角を現し、関東憲兵隊司令官、関東軍参謀長、陸軍次官と要職を歴任して、
この当時は陸軍大臣(中将)。
対英米開戦論を展開して近衛内閣を崩壊させた後首相に就任。同時に内相、陸相を兼任する等、
絶対的権限を掌握して国内に統制強化による独裁体制を構築する。
サイパン島陥落の責任を取って辞職し、敗戦後にA級戦犯として巣鴨拘置所で法務死。


921 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:32:08 ID:DbL9Hla60


┌────────────────────────────────────────────┐
│ これに対し、責任を一身に負う根性のない近衛は、日中戦争の拡大の際や新体制運動の際のように    │
│ 自信がないとしてあっさりと10月16日内閣を投げ出し、総辞職した。                       │
└────────────────────────────────────────────┘

          _.,,,,,,.....,,,
        /::::::::::::::::::::::"ヘヽ
       /:::::::::::::::::::::::::ノ  ヽヽ
      /::::::;;;;...-‐'""´´   |;;|
       |::::::::|  ─  。 ─ |;ノ
      ,ヘ;;|   -・‐  ‐・- |   さ~て、
       ヽ,,,,    (__人__) /
    / ̄ ̄ ̄ ̄\`ー'_/    後は知らないっと♪
    |       / ̄ ヽ
    \____/  、__)
        |::::::::::    |
        \:::〉:::: ノ
         〈:::::_/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


922 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:33:08 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────┐
│ 近衛内閣瓦解のこの日、「大学学部等ノ在学年限又ハ修学年限ノ臨時短縮ニ関スル件」    │
│ と題する勅令第九二四号が出し抜けに公布された。                          │
└───────────────────────────────────────┘


`~~`~`~`~`~`~`~`~`~`~`~`~`~`~`~`~.|
官   報           ...    |         「大学学部等ノ在学年限、又ハ大学予科、
.──────────────┤
          .       _   ......|         高等学校高等科、専門学校若ハ実業専門学校ノ
    __.   修 大  |官|    |
㍍㍽㌶㍑㌶   学 学  |  |  .....|         修学年限ハ、当分ノ内夫々六月以内之ヲ
㌍㌶㌍㌫㌢.  年:. 学.   |報|  .....|
㍊㍑㌶㌫㌶:  限 部..   ̄    .|         短縮スルコトヲ得」
㍑㍗㍑㍊㌍..  ノ: 等         .|
㌍㍍㍽㍊㌫   臨 ノ        |
㍑㍗㌍㌢㍍..  時 在:        .|
㍑㌶㍊㌫㌶..  短 学:        .|
㌫ ㌶ ㍑㌍..  縮 年        |
㌫㌶㍑㌶.㍑.  ニ 限       ..|
㌶㌍㌫㌢㍍   関 又        | ̄ヽ
㍑㌶㌫㌶㍊   ス .ハ     __|>  ヽ
㍊㍑㍊㌍㌣   ル     ((__l_     `
㌢㍑㍊㌶㍼   件          T ー    `


923 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:34:08 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────┐
│ 文部省は、即日勅令に応じた。                          .│
│*昭和17年3月末卒業を3ヶ月短縮して、昭和16年12月末に繰り上げ    │
│*昭和18年3月末卒業を6ヶ月短縮して、昭和17年9月末に繰り上げ     .│
│ などの措置を決めたのである。                         .│
└───────────────────────────────┘

        ,, -‐''"^⌒⌒⌒⌒⌒゙^'''‐- 、、
      ,r''´ ,.、            ,.、. `ヽ
     r' ./  `''‐ 、      ,. ‐'"´ ヽ. ゙i          国の危局に臨んで学生生徒が
.     i ./ ,. -‐- 、.`'ー--‐'´ ,. -‐- 、. ヽ. !
     l ./         `''ー--‐''´       ヽ i         常時よりも速やかに学窓を出て実務に就き、
      {〈.  ,.r''"⌒'ヽ、    ,r'"⌒'''‐、  〉}
     {.ヽ ´ ,. -‐-       " -‐- 、  `,/ }         或は召集されて兵役に就いて天業を翼賛する事は、
    i'⌒l│   ==。=     =。==  | l⌒i
   l i´.|.|    `ー--‐'l      lー--‐'´  .|.!r´ !        何か事があれば直ちに立ち上がる覚悟を
.   !.r‐||   `‐--‐l.      l‐--‐'    || ヘ !
    ヽ._|! ,r'⌒ヽ、_.ノl       lヽ.__, -‐-、|!_,ノ        平生から持っている学生生徒の本懐を
      │l. lヾi;、.,,,,,,,゙ー^ー'^ー',,,,,,,,.:ッ:;シ! !
.      !  ゙、L工工工工工工工工工」ノ l          満たすものであることを信じている
       !  ヽ、匚匚匚匚匚匚匚匚レ' l
      ./!、        ___        !\._
.-‐''"´/::┃::`'i‐ 、     ̄ ̄     ,. ‐i´::┃ヽ`''‐- 、.._
::┃::::/::::┃:::::l;;ヽ `''‐ 、.     ,. ‐'´ /;l::::┃::::i、:::::┃::
::┃::/::::::┃:::::|;;;;;;\   `'' ー '"´  ./;;;;;;;|::::┃::::::i、:::┃::
::┃/::::::::┃:::::|;;;;;;;;;;;;\        /;;;;;;;;;;;;;|::::┃::::::::i、:┃::
:::::/::::::::::┃:::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::┃::::::::::i :┃::


924 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:35:08 ID:DbL9Hla60


             / ̄ ̄ ̄\            ノ.    橋田の馬鹿め、遂にやりおったお!!
           / ノΞΞヽ \           ).
         /  (◎)─(◎) ヽ          ヽ   やる夫が説いた「教育及ビ学問ノ百年ノ大計」を
          | :::::( ((__人__))):::|          . i
          \  ヽ |!!il|!|!l| //          く.    完全に無視したお!!
        /   _.|ェェェェ|   \   グシャッ   .厶,
         l  ヽ ヾ `ゞ/7    l           ヽ  文部省は最早陸軍の走狗に過ぎないのかお!!
       _ヽ___(((,,)Y(,,)))___ノ_           ヽ
      /      イ  x ヾ       \           レ、⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
    /       ヽ,、__/        \

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 卒業短縮に対応して学生をすぐに徴兵できるよう、学生に対する徴兵猶予の期限も改められた。   │
│ 早生まれは満24歳が23歳に、遅生まれは満25歳が24歳に、それぞれ一年短縮されたのである。  │
└──────────────────────────────────────────┘


925 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:36:07 ID:DbL9Hla60


         ,  -─-
       , -'´       `丶、             ┌──────────────────────┐
      /            \            .│ 何かにつけ権柄ずくの東條は、やる夫の性に   ..│
     /                  ヽ          ..│                                │
    /            _     ',          │ 合う人物ではなかった。               ......│
   l   -‐  --──-- _     |            │                                │
   |  /`ヽ、    , -- 、     __,|         ..│ それが事もあろうに、近衛に代わる首相に    .....│
   |__, ===─i=r === 、_, -‐'{.トl|          .│                                │
  /f'il -=ユヾj  {.l にニ=‐}}    レ'´゙!          .│ 任命されて、10月18日、陸相・内相を兼ねて    ..│
  ヽ_}ヽ '´ ̄  /  ヽ  ̄` .ノ     rj/         │                                │
   l `=='/     ヽ= '      /            │ 新内閣を発足させたのである。             .│
    l     /{,. -、_, -、j\        !           │                                │
     l   /  /lllllllllll\  ヽ      l            ..│ しかも彼はこの時現役のまま大将に進級した。  . │
     ! { llllllllllllllllllllllllllヽ }     /           ...└──────────────────────┘
      ',  '´  ̄二 ̄ ̄ `   /jヽ
      \           //  l
        | \____/ '´     !
     .__| |\ \_,. -‐'_, ‐i       }─-
_,. -‐'"´ | |丑ュl | r‐'´  。 |    /
       \セヨ| | | 。 °/ /
        \_| ! -‐'´ -‐'´
          , =、'"´


926 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:37:07 ID:DbL9Hla60


┌─────────────────────────┐
│ 東條を首相に推したのは、内大臣木戸幸一であった。   .│
│ この人選に、彼にはそれなりの思惑があったのである。   │
└─────────────────────────┘

      l
      |      /       ,       |
     l       〉    _j‐'           |          皇族の東久邇宮を首相に推す向きもありますが、
     |〉    _}― '' "       _,, 、-''|
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!          万一戦争回避が皇族内閣で出来なければ
    j、,___}___ 、-‐ '' " l、!::::l!::::::: l
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !         その恨みが皇室にまで広がるかもしれません
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!         それは絶対不可です
   | l!:|.:::|!            |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',        東條は確かに開戦派ですが、それ以上に陛下に忠実です
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、      ですので却って陸軍を押さえて戦争回避に
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/--へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、    動くやも知れません
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''- ̄´"7l:::'、

木戸幸一(きど こういち、1889年7月18日 - 1977年4月6日)侯爵。当時の内大臣。

学友である近衛文麿の引きで政界に入り、文部大臣・厚生大臣・内務大臣を歴任。
内大臣として天皇の信任篤く、その行動に大きな影響を与える。
戦後、A級戦犯として東京裁判で終身禁固の判決を受ける。1955年に仮釈放。


927 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:38:07 ID:DbL9Hla60


               .  -‐‐‐‐‐-   .
           , ‐、´.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          /.::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.           /.::::::::/__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}       「虎穴にいらずんば虎児を得ず」
         /.::::::::厶, 、`¨´ ̄`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
      /.::::::::/ 弋ノ」 ー- 、ム::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::!:ハ       ということですね
.     /.:::::::::i=ミ、  ` ー- 、_l::::::::::::::::::::「二二ニニl:::::}
     /.::::::::::::{ ,斗    ‐=ミ、  |::::::::::::::::::::!:::::::::|::::::::::::::::l       東條の忠誠は私も存じています
.    /.:::::::::::::::i,忙}    、_ \l::::::::::::::::::::l::::::::::!::::::::::::::::!
   /.::::::::::::::::::代シ   _,ィ尓x  }::::|:::::::::::::::|:::::::::l:::::::::::::::::!      では卿の言う通りに東條の
   .′.:::::::::::::::::| ,     {rfikiトj:::::}:::::::::::::::}:::::::::l:::::::::::::::::l
  i .:イ::::::::::::::::::l 、     弋Yシ/.::/.::::::::::::/.:::::::::j::::::::::::::::::!       組閣に同意しましょう
  { ::{::::::::::::::::::::{、 、__     /.::/.::::::::::::/.::::::::::/::::::::::::::::::l
  L::ト、::::::::ハ/  ヽゝ-`- /.::/.::::::::::::/.::::::::::/.::::::::::::::::::::l
     ヽ{`     ヽ`  ⌒7__//;;;/}::::::::::/.:::::::::::::::::::::::!
             }`¨¨く`ヽメ、_ノV.:::::::/.::::::::::::::::::::::::::l
             /.::::::::/〉、_」、_L,/.::::::/::::::::::::::::::::::::::::::l
               /.::::::::イ〈  l /7.:::::::/|:::::::::::::::::::::::::::::::l
           /.:::/ レ' /.イ.::::::::/ !:::::::::::::::::::::::::::::::!

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 確かに東條は首相になるといったんは対米交渉に力を入れ始める。                   │
│ しかし、陸海の統帥部(参謀本部および軍令部)の開戦派は東條の登場を開戦決定と見なし、    │
│ 何よりもアメリカは東條内閣を「強い国家主義的で、強い反米的なもの」と分析したのだ。        │
└─────────────────────────────────────────┘


928 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:39:07 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────┐
│┌─────────────────────────────────────┐│
││                                 _,   -──- 、_            ...││
││                             , -‐''´       |    `''ー 、          ││
││                           /          |       ヽ        ..││
││        ,. -───‐- 、           l     _,. -‐─☆─-、    l       ......││
││      //´ ̄`ヽ、..__,.ノ^\          ヽ  /,  -───- 、 ヽ、 /        ...││
││      l |    ̄`ヽ. __,.ノ'"´ ヽ          ヽ/ ,.. ====== 、_  i´         ...││
││      | L._  ̄`\    / ̄ ゙}           }'´ヽ、_,. -──-、_ `7          ││
││    | r‐、} F==`   ':==ラ |            l‐-、 _, -‐ 、_ , ‐-、`‐l           .││
││    |.| F||  `ー ゚.1  ド .〃 |           i´`i   l ‐= }}~{{´ =-、}‐r,           ││
││   /| `ァ1`,二ニ L、__,.」ニ二、|           ヾ"l   ゝ、_ノ! lヽ、_ ノ l/            .││
││,. イ  :| / |/r'〒〒r‐r‐r〒〒i|、_           ゝ!   ,.イ,,, ,,ヽ   ノ           ..││
││  |  |/  |. E〒〒〒〒〒〒イ  `''ー-、        l  /,,,,,ィミミミ、,ヽ , l            ││
││  |.  |\ `ヽ . ̄ ̄二 ̄´,.イ      | ヽ       ヽ l ゙゙゙゙゙‐‐‐゙゙゙゙ノ//            . .││
││ │  |  \   `` ー-,.イ  |.    l  ヽ      / \   '''   ,イ             ..││
││ |    |   \   /  |   |.    l   ヽ __/ ̄!   ヽ、   / l-、_          ...││
││   │_    ><    |   |   ,_, -‐''´     \ l`ー、`~i´, -‐i l   ` ー- 、        .││
││    │   /| oト、   /| .∠_  /ヽ          \`ー、l | l,.-‐'/        `ヽ    ....││
││    .}´ヽ/ | o| ヽ/ |   / /  l           `ーr‐ 'ゝ-'´           l     .││
││    │  :| o|    |   //    l l           | O_________/_ ヽ   ....││
│└─────────────────────────────────────┘│
└───────────────────────────────────────┘

┌──────────────────────────────────┐
│ 東條内閣の文相としては、橋田が留任した。                          │
│ やる夫はこれを、東條が橋田に卒業期繰上げを完成させるためと解釈した。  .│
│ そして東條に擦り寄る橋田に軽蔑以上の憎悪を燃やしたのである。           │
└──────────────────────────────────┘


929 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:40:07 ID:DbL9Hla60


              / ̄ ̄ ̄\
            / ノΞΞヽ \            _人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_
          /  (◎)─(◎) ヽ         __,ノ
           | :::::( ((__人__))):::|           )   橋田の阿呆め!!
           \  ヽ |!!il|!|!l| //          ソ.
         /   _.|ェェェェ|   \ ビリッ!    ,)    東條の隣に立つとはなにごとなんだお!!
          | ̄ ̄そ  三 Σ ̄ ̄|       ⌒ヽ
       _(,,)三  ヾ三  三て 三(,,)_        ノ.   そこまでして東條に媚を売りたいのかお!!
       /  |    ヤ 三  〆   .|  \       ヽ
     /    |___λ三メ____」   \      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫の憎悪は凄まじく、新聞に出た閣僚の集合写真で橋田が東條の横に立ったことにまで   .│
│ 額に青筋を立てて文句をつけた。                                        │
└─────────────────────────────────────────┘


930 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:41:07 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────┐
│ 東條内閣成立の2日後に帝国大学総長会議が開かれたが、その席でやる夫は  .│
│ 声帯カタルのしゃがれ声を振り絞って橋田を難詰した。                   │
└───────────────────────────────────┘

     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )               カカル重大問題ヲナゼ事前ニ
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |                     相談シナカッタンダオ!!
       ノ L,l ,|| |、l、
       ⌒:::\:::::/::\                  何デ一方的ニ片付ケタンダオ!!
      / (◎)─(◎).\
     / :::::( ((__人__)))::: \               ソモソモ卒業期モ繰リアゲ、
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!|               徴兵猶予期限モ繰リアゲトナルト、期末試験ト
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi               徴兵検査ガ重ナルンダオ!!
   (   丶- 、       しE |    ドンッ!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ >             誰モソノ混乱ニ気ガツカナカッタノカオ!!
               レY^V^ヽ


931 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:42:07 ID:DbL9Hla60


       ,. -─────‐- 、
.     /,.ヘ.    ,. ‐''"⌒ヽ、  \
.     //   ヽ-‐'´ u,    ヽ   l              そ、それは……
.   /へ \`ー-'_/ ,. -ー''⌒  l   l
   { u \ U ̄  /  u'  J~│   l              ただ軍部の都合であります
   l F==ミ、,, ,,〃===''ヲ  /    !
    ! ヽ、_゚/ v ;ヽ° _,r' v |. |ニヽ |             軍部が必要であるが故に
.  〈 v ~U/ J~ ;ヽ~U"、___‐- | |⌒l |│
   )-ー' !__,、__,.ru┘,,,,,,,,,,,,,,\ |.|こリ |             実施に踏み切ったものであります……!!
  <_,,,,,0,,,,,U;-┬'T´_匚匚囗ヽ.!ト-'  ト、
.   匚匚.L.⊥┴ '´     __]:|\.   !:.:\ー----,,
.    0 rーrーrーrーr‐f''T''T´l_ノ !  \. |:.:.:.:.ヽ:l;;;;;;;;;l:
.      r┴┴┴┴┴ ''u~; ̄  , l v  \!:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;l::
_,,.. -‐:.''!、u  ~U~      J~/    /|:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;!::
;;;;;;;l.:.:.:.:.:.:.:T1 v   _0:-‐::'´::: j~ /;;;;;;|:.:.:.:.:.:.|;;;;;l::::
;;;;;;;;!:.:.:.:.:.:.:.l;;`ー-‐7´:.:.:!、::::::: u  /;;;;;;;;;;;;| :.:.:.:.:.:!;;;l:::::
;;;;;;;;l.:.:.:.:.:.:.:.l;;;;;;;;;l/:.:.:.:.:.|;;;\   /;;;;;;;;;;;;;;;;;l| :.:.:.:.:.:|;;l:::::

┌─────────────────────────────┐
│ やる夫の重ね重ねの質問に、橋田は何一つ回答できなかった。    │
│ ただ「軍部の都合」「軍部の必要」を繰り返すのみであった。     .│
└─────────────────────────────┘


932 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:43:06 ID:DbL9Hla60


┌────────────────────────────────┐
│ 翌日やる夫は評議会に卒業期繰上げの経緯を報告した。             │
│ やる夫の表情は苦渋に満ち、しゃがれた声が更にかすれがちであった。  │
└────────────────────────────────┘


       /  ̄ ̄ ̄ \:        ミンナ申シ訳ナイオ……
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :      シカシ最早事態ハ我々ノ手ノ届カナイトコロデ
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。       大学ノ運営ガ決定サレル段階ニマデ
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:         進ンデシマッタンダオ……
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"


933 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:44:06 ID:DbL9Hla60


                              ,.ィ=t.、 i! i! i!. ,.ィ=t.、
                         | | | |_i!i=i!i=i!i_| | | |
                         | | | | |!l>=く..l | | | |
                         | | | | |く○ >| | | | |
                         | | | | |!l:TT:l!| | | | |
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
                         | | |ET〒夲〒Tヨ | |
                         | | | |:l_ _i从i_ _l:| | |
                    lニニニ二:| | | | | |!| |i| | | | | |二ニニニl
                    `△     | | | | |_|!|_|i|_| | | | |    △´
                        | |_.il._.i!_.| | | | |_|!|_|i|_| | | | |_.i!_.il_.| |
          lニニニ二二二二| | |i| |i| i| | | | | |!| |i| | | | | | |i| |i| | |二二二二ニニニl
 lニニニニニニ△    △      | |_|i|_|i|_i| | | | | |!| |i| | | | | |_|i|_|i|_| |     .△    △ニニニニ
 r┤.i! i! r=i   | |_i!_i!_| |_i!_i!_.i!_| |_|i|_|i|_i! | | | | |!| |i| | | | | |_|i|_|i|_| |_!i._!i_!i_| |_i!_i!_| |  .r=i. !
 | .|_|i|_l|_| |_i!_ .| | i! i! | | || || ||..| | |i| |i| |_>fffi==、r==t==jjj1l ̄|| |i| | |..|| || || | | i! i! | |. _i!_| |_|
 | .|_|i|_l|_| |_||_|.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| |_|i|_|i|_||T|l l|  |.|  l.|  |l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_i! i! | |. _i!_| |_|
 | .| |i| l| | | || |.| | l| l| | | || || ||..| |_|i|_|i|_||.|l| ||  |.|.,.、l.|  |l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_i! i! l木木木. |_|
 | .|_|i|_l|_| |_||_|.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| | |i| |i| ||.|l| || /.:::.\ |l l|  || |i| | |..|| || || | | i! i.z木木木木.|
 | .|_|i|_l| | |_||_|.| | l| l| | | || || ||..| |_|i|_|i|_||.|l| ||〃.::::::::: : ハ|l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_i!z木木木木木
 | .| |i| l| | | || |.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| | |i| |i| ||.|l| ||{{:::::::::::::::: }}|l l|  || |i| | |..||_||_||_| |_林林林林林林
森森森森森森森森森二二二二二二二二|Lli|_||{{:::::::::::::::: }}|l_l|_二二二l森森森森森森森|i|森森森
森森森森森森森森森森森森森森森森   .;    ,,,     .:':'        ,:,:,:,:,:,:,:,:,:,.... ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙

┌────────────────────────────────────────┐
│ 東大では既に9月下旬、正門の鉄扉が「銅鉄回収令」で供出されていたが、            │
│ それと同じ様にすでに当局は学生を単なる「資源」としか見なしていなかったのである。     .│
│ 構内では思わぬ暖かさに季節はずれの桜が咲き、来年の春を失ってしまった学生たちに     │
│ 哀れみの春を献上していた。                                            │
└────────────────────────────────────────┘


934 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:45:06 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────────┐
│ この日の評議会では、文部省が強要する「東京帝国大学報国隊」の新設も、しぶしぶ承認された。  ..│
│ 大学独自の「全学会」はそのまま残され、大学自治の場はきわどく残った。                     │
│ しかし報国隊の新設は、文部省の指揮権の浸透を容認したことになったのだ。                 │
└───────────────────────────────────────────┘


: : : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.:. ./彡ミ゛ヽ;)‐、. .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .  ./ :::/;;: ヽ ヽ::i:. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ..(_,ノ ̄ ̄.ヽ_ノ ̄


935 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:46:06 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────────┐
│ そして温存した「全学会」はいまだ活性を欠いていた。                                 │
│ 検見川農場の集団農耕作業からして常に参加者が割り当て人数を下回り、                │
│ 収穫時期に来たとうもろこしやサツマイモ、落花生なども収穫しきれずに放置される有様であった。   .. |
│ 農場はカラスの格好の餌場となり、見せしめに射殺された死骸が畑に晒されていた。             │
└───────────────────────────────────────────┘


        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
,:,,;;,,:,,;;,,,:,,;;,,:,,,,;;,,,:,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;,,,:,,;;,,:,,,,;;,,,:,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;,,,:,,;;,,:,,,,;;,,,:,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''""
;, ,;;ww,,;;,,w,;;, ,;;,ww-'", -';, ,;;ww,,;;,,w,;;, ,;;,www,;;, ,;;,ww,;;, ,;, -'", -'";, ,;;ww,,;;,,w,;;, ,;;,www,;;, ,;;,ww,;
wWw,;;, ,;;,wWw-'", -'"wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wwWw,;;, ,;;, -'", -'";,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,, -'",
w,;;, ,;;,www-'", -'"w,;;, ,;;,www,;;, ,;;,www,;;,..,,;;,,www, -'", -'"w,;;, ,;;,www,;;, ,;;,www,;;,..,,;;,,ww -'", -'"
wWw,;;, -'", -'";;,wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;;,wWw,;;, ,,wW, -'", -';;,wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;;,wWw,;;, ,;wW, -'", -'"
;ww, -'", -'",;;,www,;;,.,;;,w,;;, ,;;,www,;;, ,;;,ww, -'", -'",;;,www,;;,.,;;,w,;;, ,;;,www,;;, ,;;,ww, -'", -'"
, -'", -'";,wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;;,wWw,;;, ,;;,wW -'", -'";,wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;;,wWw,;;, ,;;,wW-'", -'"


936 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:47:06 ID:DbL9Hla60


┌──────────────────────────────────────┐
│ 卒業繰上げに関しては早急に対応する必要があった。                     .│
│ 来年度学生の学力低下については、本年度の春期休暇を短縮、来年度の夏季休暇を   .│
│ 全廃することで授業数の減を補うことになった。                             │
│ この措置には新聞も同情して、紙上で文部省の批判を行った。                  │
└──────────────────────────────────────┘


,,_________,,_________
|              昭和16年  11月8日
| ──────────────────       「文部当局はもちろん、学校当局も出来るだけ
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |       __
| |  О ゚  。 ノ  、。 ゚ О .   .|  | | | |  | 朝 |      速やかに確固たる方針を樹て、この社会不安を
| |.   ∩/。◎ ◎。ヽ∩-*-  .|  | | | |  |.. ...|
| |   弋ゝ (_人_) ノノ   ... |  ──  | 日 |      一掃することに務むべきである」
| |     |       |      |  | | | |  |.. ...|
| └───────────┘ | | | |  | 新 |
| ──────────────── |.. ...|     「比較的長い休暇があったればこそ、
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | . | 聞 |
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | .  ̄ ̄      教官は教材の更新、新たなる発見も可能であり、
| ────────────────
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |           学生もまた国民常識として当然味読すべき
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
| ────────────────         古典の研究や実務修練の機会を得てゐたと
| | | | | | | | | | | | :: | | | | | | | | | | | | | |.
| | | | | | | | | | | | :: | | | | | | | | | | | | | |            見てよからう」
| ──────────────────
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ̄       (『朝日新聞』S16.11.8)


937 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:48:06 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────┐
│ 軍と文部省に破壊された大学行政の惨状は、最早手の施しようがなかった。   ...│
│ 大学行政の大道はほんのわずかな期間で崩壊した。                    │
│ 全学会を中核とするやる夫の大学新体制も、それなりの意味を持ちえた期間は  │
│ わずか半年ほどに過ぎなかった。                                   │
└───────────────────────────────────┘


::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::                          :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::                            :::::::::::::::::::::::::::     やる夫には……
::::::::::::::::::::::::::::::                             :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::::::::::::::      やる夫には最早
::::::::::::::::::::::::::::                                ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::                                 :::::::::::::::::::::      何も出来ないんだお……
::::::::::::::::::::::::::                               :::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::           / ̄ ̄ ̄ \             :::::::::::::::::      63年生きてきて、
::::::::::::::::::::::::          /   :::::\:::/\             :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::         / ─ 。<一>─<ー>。           ::::::::::::::      これほどの挫折感や無力感を
::::::::::::::::::::::         |    .::。(((__人__)))         ::::::::::::
:::::::::::::::::::::  .       \、   ゜ ` ⌒´,;/゜     : : .. . ....  :::::::::::      味わったのは初めてだお……
:::::::::::::::::::  .,.        /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。          `.:、:::::
::::::::::::::::::,: '         / ,_ \ \/\ \             ,:::::::
::::::::::::::::',         と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.           ,..::':::::::::
::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


938 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:49:06 ID:DbL9Hla60


      __________              ┌───────────────────────┐
   r´ ´\                \              ..│ どうにもならない現実を前にして、             .│
   (    \   平賀及東大    \           │                                  │
    \     \              \           ..│ やる夫はそれまで丹念に続けてきた新聞の     ....│
     \     \                 \          .│                                  │
       \     \                 \        .│ 切り抜き作業を中止した。                  .│
         \    \                 \      . │                                  │
         \    \_________\   ..│ これ以上は彼のプライドが許さなかったのである。  .│
              \   r´=========r´    .│                                  │
                \ 《 三三三三三三三三三=      │ 「平賀及東大」と題されたスクラップ・ブックは       .│
               ヽゝ==========ゝ   │                                  │
                                  │ 4分の1ほどを残したまま書棚に押し込まれた。    .│
                                  └───────────────────────┘


939 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:50:06 ID:DbL9Hla60


┌────────────────────────────────────┐
│ 色づいた銀杏並木も落葉して冬を迎えた12月1日、徴兵検査が始まった。         │
│ この日のために断髪したイガグリ頭の学生たちは本郷・麻布の徴兵署に集まり、    │
│ 国歌斉唱、軍人勅諭奉読に続いて徴兵官の訓示を受けた。                   │
└────────────────────────────────────┘


          /                 ヽ
         ノ                ___l,,,,,,,,,,,,___
           |           _,,,..-='''''~~~____::::::::::: ̄~~'''ュ   今更最高学府の学生諸君に向かって
        |     _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::_,,-‐、ノノ 、〉::::::::::::::_,.=''
       _,,,|..-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::r''''~,="ツ, 、_ 〈__,,..=''''~      今日の我が国が置かれている情勢を
  _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ~''~,ィ'~(i~  乂
(~::::::::::::::::::::::::::::r=~ _,,,_  :::::::::::::::::::    '  ̄ノ    ヽ          述べる必要はない!!
 ~''''''''''''''''''''''~(::::: (("~ヽ~ヽ :::::::::       ..:r   )
         ):::::ヾ、  l|_、_ :::::::        r`ー'f           既に諸君の覚悟は出来ているのであろう
          (:::::::::::`l、  _,-、         /  ヽ
          ヽ:::::::::::ゝ,,_ ノ         '  ,イノ          平時ならペンを持って立つ諸君は、
          `i::::      :::l          .〈 〈
           \     :::l          ヽ1           いまや武器を持って祖国を守るのである!!
            \    ::ヘ       ノ    ソ
              \   :::ヘ    /    f
               \      _,,..=ー---‐


940 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:51:05 ID:DbL9Hla60


        ,.,,..::;;:::;;;::,.、,
      ,:r'^       `ヽ                     ┌──────────────────────┐
     /::          :::\                   .│ 素裸で体の隅々まで検査された学生たちだが、  .│
    ./::: ,,,-;;;;;;...,.....,...;;-;;;;...,.::::::i     ヽ人人人/       .│                                │
    i;;/'|i<_O_ヽ二( <O`゙iヽ;::::!    ノ      ゝ     │ この後、特に試験科目の多い経済学部の      .│
    l;′ヽ二/⌒ミ、二ニノ ヽ::l    ヽ 教  分 (     │                                │
   _,,l;    / ^` ^´ヾ、    :::l、   丿    か  (_.. . ..│ 学生には異例の夜間の期末試験が         .│
  i │  / ,r――-、 i    i" )  ̄ヽ 官  .り   (_  │                                │
  ゝ .l   l i.j" ̄ ̄`jl l   l゙ ;/   )     ま   (   . .│ 待っていた。                         │
   `''';   l |.l-='''''=‐/    ,r''''"   丿. 殿  し  ゝ    │                                │
    ヽ  ヽ,`'-―-" /  ,/l      ヽ    た (     │ 夜の教室は外套を着こんでも寒かった。        .│
     ヽ ゝ   ̄  /   .|       )!!  (       .└──────────────────────┘
     ,r| ヽ、ヽ::,,;;::: ゙,/  l,,     /⌒Y⌒Y⌒ヽ
  _,,,,/ ヽ,  `''-;;;;;;-'"   丿l
''"" /   ヽ i:   ;: _/  ヽー、、
   l     \   i/     l  `'''
   l_,,,=--‐''"゙゙;r-<゙,,,,,,,    /
         |O   ""゙''''″
         |
         |


941 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:52:05 ID:DbL9Hla60


  ( ⌒ )
   l | /                     .┌──────────────────────────────┐
  ∧_∧                  │ 巷では対英米戦の噂がそれとなく流れるようになって来た。        │
⊂(#・д・)   また配給統制よ!!  . │                                          ......│
 /   ノ∪                  │ 政治の手詰まりが国民の欲求不満を高め、                 .│
 しー -J |l|                  ..│                                          ......│
         人ペシッ!!            ..│ 戦争に衝撃的な変化を求める捨て鉢の空気さえ窺われてきた。     .│
       __               └──────────────────────────────┘
       \  \
          ̄ ̄


942 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:53:05 ID:DbL9Hla60


┌────────────────────────────────────┐
│ 何もかも、やる夫の憂鬱を膨らませる材料ばかりであった。                     │
│ 総長として本音をあからさまには出来なかったが、長男の謙一や次男の重孝には   .│
│ 顔をしかめて痛嘆した。                                     │
└────────────────────────────────────┘


       / ̄ ̄ ̄ \
     /  ~~~. \          学生を早狩りしてまで、戦争するのかねぇ……
    /  _ ノ Ξヽ、_   \
   .|   (ー)―(ー) .  |        イギリスやアメリカを敵にしちゃまずいお
    \ ::::(((__人__))):::: /
     /    `⌒´    ヽ         絶対にまずいお……
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


943 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:54:05 ID:DbL9Hla60


    / ̄ ̄\                        ___ _ゝ==ヘ、  ___
  /  ─  ─\    お父さん……          >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´.:.:<.
  /   (●) (●)ヽ                  < ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
 .|    (__人__) |                   / ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ
 .|      `⌒´  |                 /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ
 ヽ         /                  ̄/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|′
 / ヽ       ノヽ                  !/!:.:!:.:/ハ:.|:.ト、:.ト、:.|ヾ|ヘ!ヽ!:.:.:.:ヾ!
./ /   ∩ノ ⊃ |  |     .               ∨レヘL_」ヘ!ヾ}、,りrt≦二リr‐:.!     父さん……
(  \ / _ノ  |  |                     rrラにテ!     ヒ少 レゝ }
.\ “  /__|  |                     !!ヘ ゞ=′    ` ̄´ ソノ
 . \ /___ /                      ヾヘ  ′___    /リ
                                    \ ` ー ´  /  |
                                      \__ / /  |
                                    「::::||::|  「| ̄ ̄ ̄ ̄|


944 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:55:05 ID:DbL9Hla60


        /  / . : : : : : : : : : : : : : : . /   |  : : :|
       /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :/       l: : .  |
         ,: : : : l: : : : : : : : : : : : :x<_         l: : : : . |    ……米英を仮想敵国とする軍艦を
         l: : : : |: : : : : : : : : : ;イfヒかY`   , -―l : : : : |
        l: : : : !: : : : : : : : : /{ 辷ン       fヒかy: : : :|    設計する軍人でありながら、
       l : : : |: : : : : : : : :/         辷ソノ|: : : :/
          l: : : :|: : :| : : : : /        {:     /|: : :/     やる夫の姿勢はあくまでも避戦だったわ
        |: : : |: : :|: : : : ;'            /: : : /
        l: :/:ハ: : |: : : : |ヽ.     <二フ   /: /: /      彼は「抑止力」としての軍艦を追い求めたのよ
       /://: : }从 : : : |  \     ー  /l: /: /
     `フ://: : : : : :ハ : : |   \   . イ   !'i :/
     /: {:{: : : : : : : : ヽ |     `フ´: : :\  j/


945 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:56:05 ID:DbL9Hla60


          レく _ノ }-‐ >―- ′\          抑止力か……
          |// T" /    /   ̄`ヽ
 : : : :/ : : : : : ! /l  l /       /  /       |      今の自衛隊がそうであるように
: : :/l : :r ---‐く: : l , -l :/  ,イ  /| :    /
: :/  l : :l: : :|: : : : : :!/ ヘ /   / | /、| :l   /       考えとしては間違っていないよね
ヽ{  \{\:ト、: : : :d  「 |  /  _∨  Vl:  /
         Vノ'/|ゝ.  ハ |   l jティ/l: /         でも、今回の場合米英とのいさかいの発端は
         / {/  }  ヘ.!   ` / / ´
       ,、/{                 〉            軍縮条約での保有量を巡っての争いだったよね
     / \\    、   -、_ /
    /\  \\ / \_/´               兵器には常に戦争が内在していて、それが
   /    \  \ ス
  / , - 、  \  \}                    戦争への引き金になるのかな……


946 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:57:04 ID:DbL9Hla60


       /: : : : : :/{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      ./: : : : : :/ V: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : ヘ        そうよ、どれだけ戦争抑止力を軍艦に期待しても、
     /: : : : : :/   \: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :|
     ,' : : : : : ;'       \: : : : : : : : : : : :l: : : : : : : :|        情勢が悪化すればそれは戦争につながるの
      l : : : : : ;     _ ヽ: : : : : : : : : : |: : : : : : :|
      |: : : : : :l    /  _ ヽ: : : : : : : : :|: : : : : : : l        日本の場合は、大恐慌以来の国内経済の
      |: : : : : :|  ー'  ,ィf、_j㌧ Y: : : : : : : :|: : : : :/: /
     l: : : : : :|    / 弋しソ l: : : : : : : :|: : : :/: /        行き詰まりを中国への進出で解決しようとし、
     v: : : : ㌃x       `    l: : : : : : : |: : : :l: :l
      .v: : : l:弋:}        l: : : : : : : |: : : :{: :ヽ        それが欧米の反発を買ったことで更に経済が悪化して
        V: : |: Yノ        l: : :|: : : :/: : : : 寸¬iー---‐ァ
          v: |: :`:ーt.  、 -‐   l: : |: : :/: : : : : : :ヽ |:\-‐'   行き場のないはけ口を戦争に求めたの
        v|\: : : `ト 、´     l : |: :/: : : : : : : : : V: : : :\
         ゙l  ヽ: : :|  >ァ<ノレ|:/: : : : : : : !: : : |\: : : : ヽ  こうして整備された軍艦は、抑止ではなく破壊のために
            ヽ:| \ノ: : : :V: j': : : : : : : : |: : :/   \: : : l
               | /: : : :/: : : : : : : : : : /:/ \   ヽ:| 使われたのよ


947 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:58:04 ID:DbL9Hla60


 `フ´    . : : 〈 ニ /./ ̄`     __ -― 〈 ニ二└i . : : : : :
  { :/   . : : : :└ァ'´|          `ヽ _ 」_ ー _ノヘ : : : : : . . . . . : :    やる夫さんがどれほど
  l/ . : :/: : : : : : ::/   |             \└r=く   ヽ: : : : : : : : : : :
  { : /{:r⌒ ー‐/  / 〈               ∨ l\l      ̄ ̄`ヽ:ト、   「抑止のため」といっても、
  ∨   `    |   !  :ハ |             l l l\          リ
          l  \| 丶 \      |‐-\ \  l:   |             戦争を可能にする道具を作った
          |   \  l  \   .|   \ \|:   /
          ヘ、   ヽ |ーァ示\  l ナ示t―ァ}  /:              事実は間違いなく残るよ
           \   N 弋ン   丶  弋_ン / /ノ
              ㌧.、_\    ,       /ィ个く:_              やる夫さんもその「原罪」を
               ヽ           / |   ̄「` 、:
              /  丶 .._ -‐-   /   /   /   \         しょっているんだよね……
                / l   \ \≧ァーr<  /   /    / ヽ


948 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 21:59:04 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────────┐
│ やる夫が「抑止力」として求めた戦艦、大和型戦艦の第1番艦「大和」は、呉工廠での工事を終えて  ..│
│ 排水量69,100トンの巨体に仕上がり、近衛内閣総辞職の10月16日からは各種の             │
│ 公式試運転に入っていた。                                                │
│ これに乗り組む艤装員(艦の乗組員予定者)たちもその意気は高く、本来竣工時に掲揚すべき     .│
│ 軍艦旗を違反も承知で艦尾旗竿に翻すなど、はやる心を抑えかねていた。                      │
└───────────────────────────────────────────┘


:::::::::::::::::::::::::.................................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...................................................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........................
..............................................................................                                      ................................::::
.......................................                                    /                 ..................
                                    _rュj           /___/
                                     {ェェIュ一       /\/´
                                     ,,}‐‐ii|   /^'ヽ、 / /
                                  [ェェl :ウ  / ヽ、:/ /i´rュ.                     _
                      __,,r――ュ―'ニニコ|¨:「::r!!ュii,o,or!!ュr!!ュ{t=:}ェ―-、_               j|●|
 。;,、、,,_          __,,r――ュ  `r―‐r'r‐ュ|:l⌒l「-_r!!ュ::::_r!!ュr!!ュ::::r!!ュ└`―ュ´ェ´ ̄~`,――   r____/j| ̄
  \^.;;,.,、`"''―――――――‐`―― ´ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄〔 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::´;'``''';:;ー,ゞ:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.,,-,;-;,-;;.、、,,-、''‐--;;.:;.;:;;:..-;‐:;-:.:;.;:.;..-;;.、、,,-、''‐-;::
`",,""`";,,"""':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''`' ' - .,~'ー-,,_~~''''ー--.'ー-,,_~~''''ー--
    `" """'' `"     ,,`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´"""  """'' ` ,,`" """',,' ""'  ''''"''"    "" "~ "

戦艦「大和」(竣工時)

*基準排水量   69,100トン            *出力     150,000馬力
*全長.....      263.0m  .           *速力     27kt
*幅..   .     38.9m              *主兵装   46cm3連装砲3基、15.5cm3連装砲4基
*吃水    ...   10.4m                        12.7cm連装高角砲6基
*主機. . . . .  蒸気タービン4基、4軸   . *装甲     舷側410mm、甲板200mm~230mm
                                      主砲防盾650mm、弾火薬庫270mm
                            . *乗員     2,500名


949 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:00:04 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────┐
│ 昭和16年12月7日  徳山湾  戦艦「大和」艦上   │
└───────────────────────┘

                 ,_,,-‐-、
                r┤   lz
               r'^´ ̄ ̄`ヽ
      _      r‐r‐ァ'´,「 ̄ ̄ l\        ,__
     [_」コニニ二二| }'´ _,ノ───'、 :}^]二二ニニlニL,]
             ̄'イ´_,r=======ュ[
         __,,..-‐Fヲl´l Lk」」」」」」/〈Fヲ‐-..,,_,
     --'''""    ヘ ,[  rイ    /_kノ
            ___〕l  |     |`l__
              L|r、-l  |三| :|、[
             r、>イ⌒l〕ノ シヘ[^ヽ
            r'¨^l-‐=={---}=-lヘ                ,:r‐、、
            〔⌒l_tr'=ニニ二二ニヽ[^l             _,,-‐"{:l:::::ll
         、___, r'⌒l-‐ "" ̄ ̄"‐-、l^l        _,,-‐""   ヾニソ
          ヘr' ̄ ̄`l | ̄ ̄>< ̄ ̄l     __,,-‐"",,..-‐""" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          }X、r‐‐-イ:|   /___ヘ _l⌒l__,,-‐" r-// ̄      ,r‐‐、
         __」__ヽr-┐__r、__,,-‐─-、 , ( >-‐""^//    /^ヽ ̄ ̄フヘ
  _____>[二二∠_r-、_⊥_(((/    //    ,l   l, γヽ  )
   r───へ ̄ ̄フフ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,/    //     :{   } l  l//
   |      | //          /     //      'l   l' ヽノ/
   |      |'´/          /     //       `ー'--'/


950 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:01:04 ID:DbL9Hla60


         //           _      \
   _ ‐‐ 二 ‐ ´           / i丶     \
' 二 ─  ̄          _ /   r' t ヽ     ヽ
´            / ̄  〈 -=´  ヽ_ヽ、      )
、      _ -- ‐ ¨ ̄::::::::::::::::::::\ ヽ、  ノ ノ:::l __ -‐'
  ̄`Y´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_ゝl´/::::::l´
.     | ____oニニニニ二二二二二二二ニニ}
.     「: : : !: : : :\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、           ようこそ「大和」へ
.    }: r'¨|: : : : : ト、≧=- __::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.    l: { { ヽ: :ヽ: ヽ 之Zこヽ 7ァ‐‐ァzr‐┬─┬‐‐'
     } l l (\: :ト、ヽ   ̄´ /-‐ィ`┴'イノ: /: j            ……どうですかな、平賀中将
.   〈: ヽヽ-、 ヽ `ヽ     .::: |  /: イル'
    丶: `ミ¨}                l  7ィノ              この「大和」のできばえは
      l,从ト l           _ノ  ,'
   r'1\  ヽ     /  ___ z._  ,′
  / V: : :\ \_   ! ´ ---- ` /
/    \ : : `ー-->、       ∠_
\     \: : : : : : : : :\ __ _ノ::::::::\
\\     \ : : : : : : ://: :7、 ¨ ─-、:::\
::::::\\      \ : : : ://: :/ヽヾ     !:::ト、
::::::::::丶丶       \: :{ {: ∧\!ヽ_    |:::| |
::::::::::::∧ ヽ    , ヘヽ、}:ハ \| ヽニ==、」
:::::::/ ヽ ヽ  / /`> \}         }>>

高柳儀八(たかやなぎ ぎはち、1891年4月17日 - 1973年12月29日)最終階級:海軍中将。

海兵41期、海大25期卒。
重巡洋艦「鈴谷」・戦艦「伊勢」の各艦長などを経て、1941年11月、戦艦「大和」の第2代艦長に就任。
敗戦後の1945年8月20日、自決した大西瀧治郎中将の後任として最後の軍令部次長に就任。


951 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:02:04 ID:DbL9Hla60


      ____
     / ~~~\          やっぱりすごいですお、高柳艦長!!
   /(◎)―(◎).\
  /:::::( ((__人__)))::: \       やる夫が係わったこれほどの巨艦に乗艦できるなんて
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /       やる夫は嬉しくてたまらないですお!!
       ̄ ̄ ̄

┌───────────────────────────────────────────┐
│ この日「大和」は、標的への一斉発射という公式試運転のフィナーレを迎えた。                │
│ 「大和」は試運転基地の徳山湾から周防灘に乗り出し、九州北東部の姫島に向って一路南下した。  │
│ 事実上の計画者として立会いを許されたやる夫は、檣楼上部の艦橋に案内され、              │
│ 本艦関係者や工廠関係者に混じって控えめに位置した。                              │
└───────────────────────────────────────────┘


952 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:03:04 ID:DbL9Hla60


             ___ _rュ_ ___
              |ilililil|_{‐=‐}_|ilililil|         ...┌─────────────────────────┐
            ロニニi二{iニi_iニi}二iニニロ         ..│ 晴天の中一般船舶の通行を管制した内海西部の      │
         ;,;,,,,   iェ|ェェェェ|ェi   ,,,,;,;       │                                   .....│
          ̄ ̄ ̄'i|ii|iiiiiiii|ii|i' ̄ ̄ ̄       │ 海面は平らに広がり、巡航速度16ktで進む「大和」の   ..│
             __|゙゚|゙゚゙n゙゚゙|゚゙|__           │                                   .....│
               \_|Ξ|_i::i_|Ξ|_/         . │ 白い航跡だけが真っ直ぐに伸びていった。         ...│
               ェ´|ェ|ェェェ|ェ|`ュ          ...│                                   .....│
             ,,i ̄|li" ̄"il| ̄i,,           │ 姫島の東方海面で左に転舵した「大和」は           │
             ゛rュ`=|_Α_|=´rュ"           │                                   .....│
           .._゛rュ〔::o;o;o;;〕rュ"_,,        ...│ やがて野島と笠戸島の間に浮かべた標的に近づいた。  ..│
        _,,-[ロ´i(〇)_(〇)_(〇)!`ロ]-、_      └─────────────────────────┘
         ‐n[ロ´i(◯冫´o`ヽ、◯)!`ロ]´h‐
     i´ ̄ ̄ ̄ ̄`""´ i i   `"""´ ̄ ̄ ̄ ̄`i
::::::::::::::i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y                `i::::::::::::::::::::::::::::::::::
';',''"';:;i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i              `i;',''';:;';',''';:;,, ,;:;;''
';',''';:;"!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                 i;',''';:;';',''';:;,, , '''
"~'';'ー'',:;-、,-、;;..、、,:;;´ヾゞ'"´``゛゜`''';:;';ー-;,-;;.、、,,-、;ー,,、;:~"~'';:;''"'`
`",,""`";,,'''"':; `" ""'' "´';','''`"     ,,``' ' - .,~'ー-,,_~~''''""'`' ' `
    `" """'' `"     ,,`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´"


953 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:04:03 ID:DbL9Hla60


                         _
                      _,.‐''ニ;, ̄`ヽ、
                     ,r''´ 〃ノ'、ヽ、  `゙ヽ
                     ''‐r'´ ヽ、ノ  `丶.ノ
                      _l_―――‐ _ニfく              左舷前方標的確認!!
                   _,.-''フィj`;ぉ―‐ェヘ l:r{
               ,.- 、 ,.-'´,.-ァ'フ {{  /    /{゙j
         __,,..-‐'´  {´ ノ ´/ .`! 丶 -   ,r'               距離、3万!!
      r'''´       ヽ‐r‐'´   ,{  ,===、  !ト,
    ,.-‐'´゙ヽ、        ゞ    __/ヘヽ  ̄  ,.-''j ヽ
   /      `ヽ、__,. ,.-‐'´ ̄`''-ァ/  l '‐r;‐'´ /  ゙r-、
 /        ,rrヘ< l ,r――77/r‐ッヽ ll / r‐ 、  !_ `''ー- 、
. ',       _ノーヘ>j .!  _,-ニ '  ̄  ',ii/   `''‐` l!``‐- 、  `丶、
 `ー-、  ̄      ヽヽ 」r;-''´     /        ゙ヽヽ  ゙ヽ  ,rヘ
     `゙ー- ,,.._      7、ヽ     /          _ノ \ /  / |
          `‐-、   { `ヽヽ.  / ___,,..‐‐;:ニニニニ;-―‐'`/   !  l
             `゙ヽl   \Y-_ニ-‐'''"~   r''''ニニ」   /  l  ノ
               l゙,    |1        ヒニ-‐'''   /   .l  1
               | ヽ   | |               ノl   {   {


954 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:05:03 ID:DbL9Hla60


         ____
       /     \                         (……標的まで約3万メートル、
      /     \  \         。─────┬:┐
    /  u     (>)─\ ====l二二|______|;;;;;|    15センチ望遠鏡で見ても
    |        ( ((__人__)|         ◎ |      ̄
     \        .` ⌒/          〒|           標的にした筏に立てた背の高いキャンバスは
    ノ           \           | |
  /´               ヽ         .| |           頭が少し見える程度なんだお……)


955 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:06:03 ID:DbL9Hla60


┌────────────────────────────────────┐
│ 標的を視認した「大和」はゆっくりと直進する。                          │
│ 頃合をみて、艦長の高柳大佐が錆びた声で檣楼頂部の射撃指揮所に号令した。    │
└────────────────────────────────────┘



     //   〃 l, `ヽヽ、        `‐- 、ヽ_
.    //   〃 r' `ヽ_ ヽ`ー―- 、      `-ニヽ
   //  r' { _ '   r ´ ノ      ヽ、_       `}
   {   ノ  \` rr'´/           ̄`i ,.-'′
    `'ーヘ   `-´       _ -―‐_{j_」´
        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __,.‐‐'´:::::::::::::〉            発射用意!!
      '、______,,..ィ;エ j::/:::::::::::::;:;イ
      /::::::::! ´ゞ-l:/l/ ヽ ̄  彳:::;::::::::::j'/.!
      l}ハ::::;',   l       /''イ::::::/´:::}
        ヽ{ '、  '           イ:;イ´゙}::::く
         ` .',  丶         '´ j  >イ「             目標、標的!!
           ', ,rテ==ヘヽ   /''´/ !
             ヽ `ニニ~´  /  /   ヽ
             ',     /  /      ノ}
             '>r‐rr'''´  /     //`ヽ、
            ,.ィ { ||  /       //    `ヽ、
         ,.-'´/,.-i ヽjy''´,へ      , ', '       ゙ヽ、
      ,.-‐''_,、/rニ‐'' /  ヽ ヽ\  , ', ヘ          \
     / ,.-'´// " /     ヽ ゙ソ , ', '  ヽ、
    / /,.-ニ-'  /       `, ', '      \    _,. -‐
    { r''r'´  /          ヽヽ      /   /


956 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:07:03 ID:DbL9Hla60


;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:;;;;;:
:::::::::::::::::::::::::...........................                              .........................................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
...........................                                           ........................................................

       iニニニニニ~カ
            ,ク
           ,ク  _     _      _    _    _    _
          _,ク   //    //    ,//  /_/  /_/  /_/
             /,イ|    ,/,イ|    /,イ|
              |,|      |,|      .|,|      .;;;;rュ;;;;_         /,
                               ,__{ェェlIュ___,,       /__/
                               ,,}nin{ii{_,,,  /^'ヽ、 / /
                               {ェェェlェウo, / ヽ、:/ //
                               l゛゛゛l゛゛「/....:::::/ /i´_,iュ
                        ___。。。-7¬::‐「''i¨|riュ,o,o/rロュ''{t=:}
                       ___o'o;o;;;;/ i.〕i ̄i___ij,,_,,r''ュ''ュ''ュi''i'',,_,,|z''i|r'''''ヽ-           i
     ;,、、,,,,_________o'o;o;;;;/ i.〕 ̄ ̄|┴:┴'''ー_r''ュ:_r''ュ:_r''ュ_:'''ー_:|i ̄~ir' ̄ヽ==_r= r===_ /|
     ヽ",,、,,、.              ` ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄` ̄〕 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i
::::::::::::"´``゛゜''';:;''ー'',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;.、,,-、;;.,.,,-,;-;,-;;.、、,,-、''‐-、''-;;.:;.‐-‐-;:;;:..-;‐:;.
`",,""`";,,'''"':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`~~''''""'`' '.,~'ー-,,_~~''''""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''ー--.
    `" """'' `"     ,,`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´"""  """'' ` ,,`"'' ""' ''''"''"    "" "~ "'`'
'' `"  ,,`" ""    "'' ""' ''''"''    ,,  ''"'' ,, ,    ''" " "`   ,.,    ,, ''""''´`''"",,'゜゜`` ,,'゜゜``

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 18インチ主砲9門がいっせいに左90度の方向へ回る。じわっと砲口をあげ、必要な俯角を取る。   .│
│ 艦橋が一瞬、凍りついたように沈黙した。                                       │
└──────────────────────────────────────────┘


957 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:08:03 ID:DbL9Hla60


        _// ,.=;、 ヽヽ.  _ -ニ‐''´   _//_r' ⌒ヽ_ヽヽ     ゙ヽヽ.
      rニ-‐'´ _r<-;´`; ヽ、  ヽ{'"`     /  ヽ ヽ_  ノ`ノ ヽ       }
      '、__,.-‐'  `=‐' └、  _y‐、  ,.-‐'    ` ‐、jヒ-''´   ヽ    __ノ          /\     /|
       ヽ、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /´  .  `{ r1―――――――――-`rィ´    \ \、_ハノ  ヽ、|/ |
        rヘ`゙‐ぃー―rぃ‐11   .  y'´`r、_             _j}{       \)'
        { 〈  ̄ ' ヽ ̄ j !     /;::.::.:;i -≧;、______,,.r'''´::::}       /.
        `゙r!   、 _,.   f´     ト;::::;ヾ `'''´ ノ-‐'´、て;へ彳/::::/     ヽ,)     撃ち方、
         |  , -=-、  |      '、ヽ:l`     j      イ::;:イ      /.
          j、  `゙ニ゙´  ノ       ゙r1`            彳.ノ       ヽ
        _ノl `ヽ、_,.-'´ハ         }:i!        '      iィ′      _)     はじめ!!
     _,.-‐ll  l    ||  / }`ー- 、    `ハ   { r'=== 、,.   j/        ,)   ..
. ,.-‐'"´  _」l  ヽ.  ||  /  l r-、  `ーイ`ヽ\  ゙ ー―‐ '  ,. イ         /-、
´  _,.-‐''´ ||  ,.‐;ヘ. ll. / `- コ'、、 `゙ y'´{l  `゙`ヽ  ̄ ̄ /‐' ト,_          /ヘ
. く     」 !く/  ヽii/     >r7  ヽ     `''r r‐ '´   .j. llヽ、      /  //7/ヘ /l ト、 |
  l  _j-ニ-‐''     /  _,. -‐''´ //    l       | !    , '  'll `''-―-       /   V | ,l ヽ|
 /r‐'´      _∠-‐'''´      | l     l      |.|    , '    ll
 ヽ、ヽ、   ,.-''´          | |     ヽ    |.!  /     ll_
 l  j7ヽ`y'´         _,.-‐''´l |     ,.-、'、   || , ' /ヽ、   l l `ー- 、__
 ヽ/   /ヽ     _,.-‐''´     | |  ,.-;;ニ-'' >ヽ  ||ノ  ヽ、ヽ_` ァヽヽ
  {  | }   r''"~     _ - ' !<-‐ニ‐''´   丶/     `ヽ.ソ  ヽ `ー、


958 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:09:42 ID:DbL9Hla60


          ┃    ┃  ┃                                              ┃      ┃
          ┃  ━┛━┛                  ┃    ┃  ┃              ┃  ┃        ┃      ┃
              ┃  ┃ ┃   ┃  ━━━━  ┃  ━┛━┛    ┃  ━━━┛  ┃        ┃      ┃
          ┏━┛  ┛ ┛   ┃            ┃        ━━━┛            ┃    ━━┛  ━━┛
          ┃              ┃            ┃                      ┃        ┃      ┃
        ━┛      ━━━━┛  ━━━━━┛                  ━━━━━┛    ━━┛  ━━┛

                                             r=q_
                                          iニ=ニj==jニ==ニ!
                                           -{ェェェ}ェlコ=-+-  /
                                            {'''''''!"〈|',__|____/
                                            rj v |rqLVヽ__/            ''''  ,::::´   :::ヽ
                                           _r=====コ=jj|,スュ_        彡''      (:::..  ,,;;;):ノ  :::ヽ
     |                                       L|  j_,rHiLrハニ=ニ!    .||彡        ,,ゞ;;;,,, ''  (:::..  ,,;;;):ノ
     |                                     _Å三= ={ヨinl_ィ巡_   、''''  ,::::´   :::ヽ  ::::..  ::ヾ  ..::::)'
     |                               _,,__,,,,_,'-'-'=fニl-iィ巡ィ巡イ巛彡''      (:::..  ,,;;;):ノ:::..  ,;;;)  '' ::ヾ  ..::::)
     |                              .尸コ 、ー - '- ̄ヽ二ニ===-彡        ,,ゞ;;;,,, ''   ,,ゞ:::.. ''  .::::::  ,;;;)  ''
     |                        r=ニ、==ニニ===、,-'- '-゚- -'=ュロコ二、、ミミ''         ::::..  ::ヾ  ..::::)  :::::.:...:::.. ''  .::::::
:::::::::_:/|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;尸_-'_`_、__/__/_゚__ヽ二ニ==== (,,  ,,       (::.. (:::..  ,;;;)  '',;;;ノ ::´ :::ヽ  :::::.:...
::rJ´*`てjー-、_ _ ,、_ _ _nュ_ _ _, , , r=q=,ニ、fEEjニj''''''===''''''==='''''''=----=-- _ , --''''"''彡,,::         ,,ゞ:::.. ''  .::::::   ゞ::,,;;;ノ
::冫、ニ ` =   ``ア7ー -------------- - -- ' ' ' " " "        ミ       ::´ :::ヽ  :::::.:...
:::::`'ヽ,      メ0j'"                                      _,,..-ミ、      ゞ::,,;;;ノ
:::::::::::::::\                                       _,,. -‐''""´::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::ヽ                            _,, .. - ‐ ''' ""´´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::',                   _,, .. - ‐ ''' ""´´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::!         _ ,, .. - ‐ ''' ""´´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::i_,, .. - ‐ '''""´´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


959 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:10:09 ID:DbL9Hla60


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━,.二二二二、 ____ ̄ ̄  ――_――|\     /\     / |   //  /
 ___―===―__ ─     /._ノ  ~~~  \==  ̄ ̄ ̄ _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
 ̄ ̄―‐― i´`Y´`Y`ヽ(⌒)   / (◎),   ヾ、 .\   ̄ ̄__\                     /
 ――――ヽ_人_.人_ノ `~ヽ   / ( ( (__人__)(◎) .\_━ ̄ ̄ ∠  も、ものすごい爆風だお!!  >
         \___   \ |.     / .〉  ))  u |      /_                 _ \
__―_____ ̄ ̄ ̄\_ 〉\  /ー-〈    (⌒)/==  ̄ ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
 ̄___ ̄―===━___ ̄― `ニニ´   ノ  Y`Y´`Yヽ―― //   |/     \/     \|―
 ___―===―___   ――――(´ ̄   .i__人_人_ノ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  __ ` ̄ヽ      / ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=

┌────────────────────────────────────┐
│ 発射合図のブザーが全艦に鳴り響くや否や、主砲9門が轟然と咆哮した。        .│
│ オレンジ色の砲火、茶褐色の爆煙。巨大な船体が右舷に揺らぎ、爆風が一瞬に   .│
│ 艦橋内を走っていった。                                      │
│ 左舷側海面は爆風に叩かれ、ちりめん皺を広げた。                      │
└────────────────────────────────────┘


960 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:11:09 ID:DbL9Hla60


                   i                          i
  l\        ┌:,    ,!'|   ` .     l\        ┌:,    ,!'|   ` .
   ! | !ヽ. ,、 |\_|| ’ j  i! i    ,-、、  ! | !ヽ. ,、 |\_|| ’ j  i! i    ,-、、
    ! .| l l.|゙i |「`ヽ`i   { ||   /  /   ! .| l l.|゙i |「`ヽ`i   { ||   /  /
   l | l |! l └′/,/ :、,ィl! l! {′/  ;/    l | l |! l └′/,/ :、,ィl! l! {′/  ;/
    ! ヽ、 ̄ `'''  , `   Yl!|:  | |. /  /     ! ヽ、 ̄ `'''  , `   Yl!|:  | |. /  /
     ! r 二コ    | 、 ゙リN: ; !li└ヽ/ /゙:、   ! r 二コ    | 、 ゙リN: ; !li└ヽ/ /゙:、
    | |      }'′    i  ;}|! ,/ ,/    | |      }'′    i  ;}|! ,/ ,/
    ``'     ,:;:;:,!     ''′ ,. !/ _,,.-''   ヽ ``'     ,:;:;:,!     ''′ ,. !/ _,,.-''   ヽ
            (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .        (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .
       〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}       〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}
             j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ           j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ
       ’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :    ’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :
          ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,       ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,
            じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/          じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/
         丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z          丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z
        __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄       __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
~^'""~~~~^'"  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -~^'""~~~~^'" ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -~^'""~~~~^'~^'""~
        二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_        二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_
 ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~ ~~  ~~~  ~~~    ~~~ ~~   ~~~~
 ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~

┌─────────────────────────────────────┐
│ 天空を裂き、弧を描いて飛ぶ9発の砲弾は、発射から40秒で双眼鏡の視野の中に    │
│ 9本の水柱を描いた。                                          │
│ 一瞬宙に止まった水柱がゆっくりと崩れると、遅れて遠雷のような弾着音が響いた。   │
└─────────────────────────────────────┘


961 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:12:09 ID:DbL9Hla60


         //           _      \
   _ ‐‐ 二 ‐ ´           / i丶     \
' 二 ─  ̄          _ /   r' t ヽ     ヽ
´            / ̄  〈 -=´  ヽ_ヽ、      )
、      _ -- ‐ ¨ ̄::::::::::::::::::::\ ヽ、  ノ ノ:::l __ -‐'
  ̄`Y´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_ゝl´/::::::l´
.     | ____oニニニニ二二二二二二二ニニ}
.     「: : : !: : : :\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、         ……弾着のばらつきも
.    }: r'¨|: : : : : ト、≧=- __::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.    l: { { ヽ: :ヽ: ヽ 之Zこヽ 7ァ‐‐ァzr‐┬─┬‐‐'        少ないようだ
     } l l (\: :ト、ヽ   ̄´ /-‐ィ`┴'イノ: /: j
.   〈: ヽヽ-、 ヽ `ヽ     .::: |  /: イル'          まあ、上々の出来だろう
    丶: `ミ¨}                l  7ィノ
      l,从ト l           _ノ  ,'
   r'1\  ヽ     /  ___ z._  ,′
  / V: : :\ \_   ! ´ ---- ` /
/    \ : : `ー-->、       ∠_
\     \: : : : : : : : :\ __ _ノ::::::::\
\\     \ : : : : : : ://: :7、 ¨ ─-、:::\
::::::\\      \ : : : ://: :/ヽヾ     !:::ト、


962 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:13:09 ID:DbL9Hla60


                       _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ_' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―-イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ      さすが「大和」だお!!
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::( ( i´  人  `i )):::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |     これだけの力があれば
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /     数年は米英を寄せ付けないお!!
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 射撃の結果は関係者達を一様に満足させ、大艦巨砲の極致を瞥見した興奮が全艦を包んだ。       │
│ 内心では戦争を忌避するやる夫ですら、自家撞着の快感に浸っていたのである。                   │
│ 鋼鉄の巨艦が命あるように機能する姿は、やる夫には殺戮の目的を忘れさせるほどに美しく見えた。  .│
└────────────────────────────────────────────┘


963 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:14:09 ID:DbL9Hla60


┌─────────────────────────────────────────┐
│ 誇らしげに転舵した「大和」は徳山湾に戻り、一斉射撃の疲れを癒すかのように錨を下ろした。   │
│ 艦から降りたやる夫は、市内の旅館で工廠関係者のねぎらいを受け、大学行政の           │
│ 心労を忘れさせるような歓談の酒を過ごした。                                │
└─────────────────────────────────────────┘


                       。 ゚。
                       ((,.)´)´)´))
                        |~U~゚ ̄.|゚o
      ____           .「ニ| u    | O        みんなありがとうだお!!
     / ~~~\       , っΞl!.    |
   /( ◎)―(◎)\   /   i L| ____ .|          今日ばかりは大学のことを忘れて
  /:::::( ((__人__)))::: \/  ノ . ̄''──┘
  |     |r┬-|       |  /                  大いに飲むんだお!!
  \      `ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


964 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:15:09 ID:DbL9Hla60


┌───────────────┐
│ 昭和16年12月8日  午前7時  ...│
└───────────────┘


  /  | |        / | |: : : |
/  /| |      /   | |: : : |   チ                            |  おはようだお、
  /  | |┐  /  / | |: : : |   ュ                          |
/    | |┘/  /   | | : : :|  ン                          |  今日は清々しい朝だお
      | |/  /     |〉==:|                              \
      | |  /       | |: : : |  チ                             ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /| |/         | |: : : |  ュ                               ____
_//| |________________| |: : : |  ン                              / ~~~\
_|「 ̄ ̄||_____rl___|:_:_:_|                               /( ◎)―(◎)\
 ̄|l___|| *==== r」 [] cx   \                            /:::::( ((__人__)))::::: \
   ̄ ̄ ̄                \                           |     |r┬-|       |
 ̄ ̄ ̄「.「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「.                           \    ` ⌒´     /
     ||               | |                          ,. ‐'/ `<,ム,,、 _/´  ̄ く
   []|| []            | |.                      ,. ‐'"./:::. ...... :::::o::::::"''"...:::::::..', `゙ヽ、
     ||               | |.                   ,. ‐'"   /:::::. ::i:::::::   ::::...    :::::::::: i   / ̄ ̄`゛'' -、
__ チ ______________|_|                ,. ‐'"    /   :::l    :::::o    .,:     l /: : : : : : : : : : : :
   チ ───── 、             _      ,. ‐'"      /::.  .:::::::./i:::::  ::::::::   ,,イ:::.   l/: : : : : : : : : : : : : : :
  チ           \       .-‐''"    ゛'' -、,,__     /::::::::  :::::/ i   :::::o::::: /  ........ :lヽ、: : : : : : : : : : : : : :
  ・       ×       \  ,. -‐'"               `ヽ/       /  /::::..     /   :::::::::::li  \: : : : : : : : : : :
. ・ \             ,.-‐'"´: : : : : :                /   ..::::::.. / ̄゛''-、,,     /      :/l    ゛''-、,,: : : : : :
                                  ,r ''"\   :::::::::/        ̄゛/::::::::.   :/ l        ゛'' ─
                                 (_   人_,,.-‐''"         /::::::::::::   :/ヽ,ノ
                                   し'              /     ..::::::/   \


965 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:16:08 ID:DbL9Hla60


       厂二二二二二二二´┐
       ! |   ._..─-..   ! .!
      ,! .!  /     .\ |  !            さて、ラジオでも聞いてみるかお
      ! .|   !   .,.ッ=;;、 ! .|  !
      .!  !  .| ./'く // l .|  ! ポチッ
      l │ ノ゛ `'、 ン゛ / . |  !            今朝の放送は……
     .|  |,/ \ .,ィ,,.. ‐゛ │ !
‐'''^゙'''~│/    .シ'¬――- !  !
          /──────,!
         i,゙         /
          l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


966 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:17:08 ID:DbL9Hla60


                >              |_|    /
        >        <                |_|   <     臨時ニュースを申上げます、
      <           >               |_|  /
        _______________|_|__      臨時ニュースを申上げます、
        | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
        |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |     大本営陸海軍部発表、12月8日午前6時、
 ...._「 ̄  ...|├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
        |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l【121Ghz】l┤::| ̄Z_  帝国陸海軍は今8日未明、西太平洋において
        |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
        |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|      アメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れリ────
        ┴───────────────‐ー┴ \l\


967 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:18:08 ID:DbL9Hla60


              ,. -─────────‐- .、           __,ノ
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\          )    __上_  / 、、
           /        ~~~         \      -=ニ.   口 | 七 ' 7二  ヽヽ/   | | |
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \       ,)     ノヽ||/ / 、_   ./   。 。 。
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \     ⌒ヽ      ̄ ̄
       / ━━|  |. ┃ .| | :::━━━::| |. ┃ .| |━━ .\     ノ-、
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \     ⌒ヽ, -、/^ヽ「`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
    /     ..  / / /   ::|::   \ \ \  ..     \
   /         ::::: |  |  |      |      |  |  | :::::       ヽ
  |          |  |  |      |      |  |  |          |     やる夫はそんなこと
  |          \ \ \__/\__/ / /          |
  |                |       |               |     聞いていないお!!
  |                |r─‐┬──、|                |
  ヽ                |/   |    |              /
    \              \      /             /
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             /

┌─────────────────────────────┐
│ 突然のニュースに冷たいものがやる夫の胸中を駆け抜けた。     .│
│ 前日の「大和」艦上で味わった技術者の快感は、一気に萎えた。  .│
└─────────────────────────────┘


969 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[sage] 投稿日:2012/12/21(金) 22:19:09 ID:T9iPUT1I0

始まったか・・・


968 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:19:08 ID:DbL9Hla60


          ___
          /\:::::::::/\.                 と、とりあえずすぐに帰京しないといけないお
        /:::<◎>─<◎>::\
      /::::::( ((__人__)))::::: \              東京に帰って情報を集め、大学として開戦に
      |     ` ー'´  u   |
      \  u   :::::     /              対応しないといけないんだお!!
      /    :::::::::::::::::::    \
    /                 \  〈〈〈 ヽ
                      (〈⊃  } }

┌──────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は帰京を急ぎ、徳山発が午前11時25分の各等寝台急行を拾い、一等の個室に入った。     │
└──────────────────────────────────────────┘


970 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:20:08 ID:DbL9Hla60


      ∧       ∧
     /  ヽ___/  ヽ          海軍の戦闘は空母を中心とした機動部隊が
   /::::::          \
  /::::::   ヽ     ノ    ヽ       ハワイを奇襲したことで始まったそうです
  |:::U  ●        ● :::::|
  |:::::::      / ̄ |  U..::::::!       同時に陸軍はマレー半島に上陸し、
  ヽ::::::..... U  ├--┤ ....::::ノ
   >:::            <         また香港にも攻撃を加えてイギリス軍と
  /   /⌒ヽ.    /⌒ヽ
  /   /  九l    (つ  i        戦闘を開始しました!!

┌────────────────────────────────────────┐
│ 駅に止まるたびに興奮したボーイが新たな情報をやる夫にもたらし、広島を過ぎるころには   │
│ 緒戦の大綱が判明してきた。                                             │
└────────────────────────────────────────┘


971 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:21:08 ID:DbL9Hla60


────────────────────────────────┐
                                                    │
   ii   _,rv┬┬、  ____/⌒!                           ├────────────────────
    -l´ ̄`¬¬¬´ ̄,r‐、  __=l                               │: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   iiL_ r'´⌒ヽ、__ゝノ.- ‐…'´                                  |
      (´二) ̄`´                                        |               ゼンキ ハッカンシテヨシ!
      `‐'  __              _ _ __ _             ,r'⌒ヽ |           _n_
           (___ii     ||    _  ,イ ||  ||  || `lヽ、         /Ell-2|│ _______l:_fiュ__________
               || i´l ̄ | ̄`─┴‐┴‐┴‐┴'´ ̄ ̄"''  ̄ ̄ ̄´   └‐|│ _| ̄| ii}三三r‐¬iiil_l}{__}{__}{_二二二二ュII_l_l_iコ
────────────────────────────────┤ヽ ̄ ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ
                                     _ixi_  (:: :: :⌒ :: ::ソ |""`````````````````````````````````````
                                        _rュ_|Zl γ´:: ノ:: ソ :ゝ |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
                                   |ユ l乙(:: :: ノノ ノ  )   ├─────────────┬──────
                         ソーインタイカーン!!    ‐ ─ (´:: ::ノ :: :: :: .ノ   _|  ス告布戦宣ニ英米・国帝   │
                               _r─i  (:: :: :: :: :: ::ノ_ r ‐│                       大 │
       ギャー                    __、__,,, iエiエエi :(´:: :: ::ノ ノノ┴┴┴|  ̄|  :::::::::::::::::::: 本 │
     l\     r─、___ ──r‐‐'¬r┴─‐i | ̄ `..ゝ:: :: ::::彡│`─'  iii. |  :::::::::::::::::::: 営 │
    \ \,r 、   \.       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  :::::::::::::::::::: 発 │
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~│  :::::::::::::::::::: 表 │

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 夕刻にはボーイが夕刊を配達してきた。                                             │
│ その一面には「帝国・米英に宣戦を布告す」と大見出しが走り、陸海軍の華麗な進撃が列記されていた。    .│
└──────────────────────────────────────────────┘


972 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:22:08 ID:DbL9Hla60


┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫が特に熱心に読んだのは、天皇の名において出された「宣戦の大詔」であった。  │
│ 古典的忠誠心のやる夫にとっては、大詔が総てであった。                      │
└──────────────────────────────────────┘


         /   . :7´ .:./.::::\:::.::.::.::.::.:`ヽ、::.:.:.:`ヽ、
       /  . .:.::_{__::.:{_,r‐…‐ 、::.::.::.::.::.::.:.::ヽ::.::.::.::.::.:.,     「天佑ヲ保有シ万世一系ノ皇祚(こうそ)ヲ践(つ)メル
.      /  . .:.:.::`ア´ ̄     ヽ::::.::::.:.::::.::.:.::,::.::.:.:.:. .:,     大日本帝国天皇ハ昭(あきらか)ニ忠誠勇武ナル汝有衆ニ示ス。
      ′. .:.::::::::/r{_}う≧====ヘ::::.:.:. .:.:.::.::.}___::.:.:j     朕茲(ここ)ニ米国及英国ニ対シテ戦ヲ宣ス……
      ' .: .:.:::::::/´`ー'′_`ー=ァ≠≦ム:.::.: :.: .::.::ト-  二}     億兆一心国家ノ総力ヲ挙ケテ征戦ノ目的ヲ達成スルニ
     ; .:.:.:.::::::::{__ノ }`ー '´〃汽示;ミ;:.:.:. :.:.:.:::i::.:.:.:.:.::::|     遺算ナカラムコトヲ期セヨ」
     l :.::.:.::::::::::厂x=ミ、     trく:]:::} }::.:. .:.::.::::l::.:.:.:.:.::::|
     l :.:.:::::::::::::V iLノ}       {辷少',ノ:.: .:.:.:.:::l::.:.:.:.::::::|     「……列国トノ交誼(こうぎ)ヲ篤クシ万邦共栄ノ楽ヲ
     | :.::::::::::::::::{、{込j     `ー=彡'/.: .:.:.::.:.::::|:::.:.:.:::::::l     偕(とも)ニスルハ之亦帝国カ常ニ国交ノ要義卜為ス所ナリ。
     | :.::::::::::::::::ト`ー'リ        / /.:: .: .::::;:::.:.::::::::::l     今ヤ不幸ニシテ米英両国卜釁端(きんたん)ヲ開クニ至ル
     { :.:::::.:.:::::::::',  }       / .イ.:::: .:.:::::;'.::.:.:::::::::::l     洵(まこと)ニ已ムヲ得サルモノアリ豈(あに)朕カ志ナラムヤ……」
      ', ::::::.:.:::::::::ト、  `ー__¬ /´//.:::.:::::::/.::.:.:::::::::;:::|
      、:.:::::.:.::::::|:!`:...        //i:|:::::::〃.:.:.:::::::::/.::.|    「……皇祖皇宗ノ神霊上ニ在リ
       ヽ::.、::.::.::从 .:.::`ト  __ . イ厶从__/' .:.:.:.:::::::/.::::.:|    朕ハ汝有衆ノ忠誠勇武ニ信倚(しんい)シ祖宗ノ遺業ヲ
       \ト-r┘:.:.:::::l::::乙{ r「 ̄「Y´7 .:.:.:::::::::/.:::::::::|    恢弘(かいこう)シ速ニ禍根ヲ芟除(さんじょ)シテ
.            l .:.:.::::::∧::{^V⌒7 _ノイV .:.:.:.:::::::厶_::::ヽ:|     東亜永遠ノ平和ヲ確立シ以テ帝国ノ光栄ヲ保全セムコトヲ期ス」
.            |:.:.::::::/___ソ∨ _,// 〃.:.:.:.:::::::/´ \___>
.   , ァ=       l:.::::::/ / / /  /.:.:.:.:::::::::/    //
   { {    `ヽ./|:.:::::{/   _{/   /.:.:.:.:.:::::::/   //


973 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:23:07 ID:DbL9Hla60


         ____
       /_ノΞ ヽ_\
     / (◎)―(◎) \              ……やる夫にとって陛下は絶対な御方だお
   / ::::::(((__人__))):::::\
   |      ~~~   u  |              その陛下が御決めになられた開戦に
 _  \            /     ___
ヽ  ̄`"¬ー--、,,,_   _,,,、-ー"´ ̄´....,., /      今更やる夫は何もいえないお
 ∨ ;:;朝日新聞;;:; `Y´ ;;::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /
  ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /        しかし、「豈(あに)朕カ志ナラムヤ」という御言葉からは
   ', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/ijknw/;;:;::: /
  {⊃;;:;:;;:;::;:;;;:;::;:;;::: l ;;:;;:;;:;:;:;;;:::;:;;:;⊆}        陛下の避戦の御意思が伝わって来るお
   ヽ⊃) ̄7;;:;:;:;::;;:;: l ;:;:;:;;:;::;:;::;;::; ⊂ノ
   / /__7;;:;;;:;;::;;;; l ;;:;;:;:;:::;:;;::;;;:;: /         やる夫はかつて何度かの御前講義や
   / ;:;:;:;;;;::;:;:;:;::::;;;:;:; ! ;;:;::;:;:;;:;;:;::;:; {
  ノ / ̄/ ̄/ii7lkl/7 i []ikllihXCV ヘ、_        大学行幸で陛下の御尊顔を拝したお
   ̄`"¬--、,,,.__¬ }L ]_,,,、-ー"´ ̄
             ̄`´                 きっと今そのお顔は苦しさに歪んでおられるお……

┌──────────────────────────────────────┐
│やる夫は身近に接した天皇の温顔を思い浮かべながら、何度も「豈朕カ志ナラムヤ」    .│
│の一条を読み返した。                                         ...│
└──────────────────────────────────────┘


974 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:24:07 ID:DbL9Hla60


     /   /./    _ヽ      ヽ
     ハ ///   ー' ィヶf㌦      l          ……開戦に至る細かい経緯や陰謀論その他に
      l / /      弋ンハ     | |
      |'   レfミ㍉       |    /! |          触れる気はまったくないけど、11月26日に手渡された
     |   l Vン l        | /l/:::| ゝ _ ,
     |   |    '       | /::::::∧   ノ       いわゆる「ハル・ノート」を日本政府と統帥部は
     l   |:、   ー'´ ̄   j/:/!::::::::Vヽ \
     丶   |:::ヽ    __,ノ|ノイ:::::::::::::::::l  |      アメリカの最後通牒と受け取り、東條内閣は
      \ !::::::::\∠-- 、  `寸 ̄`>、:::!   |
        l\:::::/ ⌒ \\  \     ̄ ̄ 〉     12月1日の御前会議において、12月8日の開戦を決定したの
          /        \\  \  、__/ ヽ
          /        \\  >  _ ノ|    立憲君主である天皇は、それに反対は出来なかったの


975 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:25:07 ID:DbL9Hla60


      /  -―‐}入\               |ノ
   , -―' __   /`ト-r个:x.__,,ノ⌒l h   ノ       ……遂に開戦か……
  /        `丶     l  |\   〈 jノ jx:く
  |   、       \ r-、 |ヽ \  |     |        なんていうか、誰か一人が決めたんじゃなくて
  ヽ   |\\\  l |ノ/´ ',|    /ヽ. ト、 |
   .\ ‘《 _,>ャヘ l./ ヽ  | |     /  }ノ jノ         いつの間にか「日本の行く道は唯一つ」っていう
     \トペソ  }ノ   ノx|,_  /
         ) ,,      {  〈〉`'ァ=-―- 、         雰囲気が出来上がって、みんながそれに乗っかったって
       〈          >'゙´      \
    r--‐'´ ̄.>‐‥¬'´             \      感じだよね……
  l\⌒> '"´                    ヽ
  l l l\                        ヽ   天皇やその他良識派が何を言っても避けられなかったんだね
 l l l l l l\          _,,,... -r=ニ. _       ヽ


976 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:26:07 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────┐
│ 灯火管制により車内も車外も薄暗いままであったが、やる夫は眠る事は出来なかった。     │
│ 翌9日午前7時30分、列車が東京駅に到着すると、やる夫はいったん自宅に立ち寄った後  │
│ 大学に駆けつけ、午後零時半からの詔書奉読式に挑んだ。                       │
└───────────────────────────────────────┘


        ____
      /:::::::::::::::: \         「戦時下ト雖モ教育ノ重大性ハ愈々痛感セラレルノデアリマス。
     /:::::: ─三三─\
   /──( ◎)三(◎) \      古人ノ言葉ニ冷眼熱腸トイフコトガアリマス。学生諸君ハ
    |:::::::::::::::( ((__人__)))  |
   \:::::::::::   |r┬-|   ,/      現下ノ危局ニ挑ンデ何時ニモ国難ニ殉ズルノ覚悟ヲ固メツゝ、
    ノ     `ー'´  \
 . /´  .     |\    /|     一層ノ努力ヲ以テ沈着ニ学業ヲ修メ、負荷ノ大任ヲ全ウ
  |       /⌒ノ  \/ ( )
  ヽ     / / |       |     スルニ務メネバナリマセン」


977 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:27:07 ID:DbL9Hla60


      ____
    /:::::::::  u\            「シカシテ、一旦召サルレバ、直チニ筆ヲ捨テ剣ヲ執ツテ
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ◎)三(◎)\ fつuu     勇躍征戦ニ赴クベキデアリマス。諸君ノ先輩ニシテ軍ニ従ヒ
 |::::::::::::::( ((__人__))) | |   |                             スク
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |     義勇公ニ奉ジ、護国ノ鬼トナラレタ者モ尠ナクナイノデアリマス。
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´       諸君ハコノ忠死者ノ心ヲ以ツテ心トシ、以テ事ニ当ルナラバ、
 / /       /
                       何事モ恐ルゝニ足ラヌノデアリマス」

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 奉読式の後の訓示は、『帝国大学新聞』が「咽喉を痛めた総長が肺腑から絞る”学徒報国”の叫び」    .│
│ と伝えたほど愛国心を前面に出したものとなった。                                    │
│ しかし、その悲痛な訴えは総長としていわざるを得ないものだったのだ。                       │
└────────────────────────────────────────────┘


978 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:28:06 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────────┐
│ 緒戦の戦果は、耳を疑うほど圧倒的であった。                                   │
│ 海軍航空隊のハワイ奇襲では、真珠湾に停泊中の戦艦が5隻沈没、3隻大破、軽巡洋艦1隻中破、   .│
│ 標的艦1隻沈没、駆逐艦2隻沈没、その他航空機180機以上が破壊されて                    │
│ 太平洋艦隊の主力に長期戦闘不能の打撃を与えた。                                  │
└───────────────────────────────────────────┘


;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;
:::::::::::::::::::::::::...........................                   .........................................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
...........................                                ........................................................


          ,__|__,
          ,_|_,                      _i_、_i_、
       ,' ,'_|rュo_                   |  |
       ,' ,'~llェェlil                   |  |
      _,'_,'__,||_|:|________________l_l_
        ̄└二ヾヽ´"┴'┴'┴'┴"// //二二iiュ/
       \rjliーiーiヾヽ ̄ ̄_i_i:iーiー//_//iーiーiーi二l
       lニl| ̄l ̄:ヾヽ ̄ ̄li  ̄// //: ̄ ̄l ̄|│        _|_    _i_,_,
  _ij_     └,,| ̄l ̄ ヾヽ _::iーiー//_//ーiーi ̄l ̄|┘       _|____i_j_,'         _._
  _,i,,j,_     t;;フ', ', ̄', ヾヽ_,,i、,// //__ _  ̄,'.::,'t;;フ         _', ̄ __,/j''        _ij,,
...l ̄l ̄l.................i´ ̄ ̄ ̄゛´ヾ , ''` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i...............................''i_',_i_ ,/_i ..........................i,,、j..........
:::;';'´,`.';.;::::::;;:;:::::|:::::::::::::::::::::::::::::Y             |::::::::::::::::::::::::..::.:.l ̄ l'' ̄ l:.:.:::.::::::::::::::::::.:.:.:.::::::::::
''.´,::',"'';',;:' ';:':; ;:'i:::::::::::::,.,.,;';`'"` '´´゛゜`';,''';ー:;、、,_.,.i;',''';:;';',''';:;,, ,:;;'';:;'''´ `"'''';'; '',,,',:; '', ;'',,,',:; '', '',,,','
'"'`"'';'; '',,,',:;,ー'',:;''-、,-';'';;.., ´    ``  ゛゜`''';:;';ー-;,-;;.、、,,、;,,、;:~"~'';:;'';:;''`"'';'; '',,,',:;;:;:;''`"'';'; '',,,,',
'`' ' ``",,""`";,,'''"':; `""'' "´';','''`" '' ' ''  ,,``' ' - .,~'ー-,,_''''""''"':; `"" ''" "   ''" "''",,'
  `" """'' `"     ,,`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´" ,,  ''"''  ,,  ''"''''"   ,,
'' `"  ,,`" ""    "'' ""' ''''"''    ,,  ''"''    ''"" "''"''    ,, '''"'' ,,    , '''"'' ,,

ttp://www.history.navy.mil/photos/images/h50000/h50931.jpg

ttp://www.history.navy.mil/photos/images/g10000/g19942.jpg


979 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:29:06 ID:DbL9Hla60


┌─────────────────────────────────────────┐
│ 12月10日には、同じく海軍の基地航空部隊がシンガポールから出撃したイギリス東洋艦隊の  ...│
│ 戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」、巡洋戦艦「レパルス」をマレー半島の東方海面に葬った。    .│
└─────────────────────────────────────────┘


                                  ┼
                                  |
                                  ┼-                     |
                                  ┼                    -┼-
                                \ \||\    ___       ____  士  /
                             __/´| ̄|_|___\   |==|      |= =|  /| /
                             |=-ヨェ=ヨエ/ロ|:ヽ,, |:::::・:::|      [二=二] / K´─・
                              ̄|::::゚==|::|二==ェヽ,,|:::::::::::|ゞュ    :|::  :| / |
                            /ヽ, | ¨ ¨ |:;|≡┐三= 三==ユ三=ゞ===|::  :|≡===ゞ__
                    =====-/´ ゙̄|: |´|:\≡;;;_:_;_|:;:|鬱ェ二|k|;:=--=ゝ |:::::::::::::|三|__;|::;;;エ___ _y
;、__  \   ,,,,      ====-/ ̄ ̄|≦| ̄ ̄|\||`|≡:; \|:::|´;|エ≡h:h:k:kロ=:ェ |三::三|三| ::ェ||;:;:ユ|「二|-,,,,,,,y,,,,x___,,,,,,,o,
\ ゚   ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 `ゝ ' ' ' ' ' '       :   :  :   :   :   :  : ' ' ' ' ' '  :  :  :  :   ' ' ' ' ' '::  :  :  :  :  |
:::::::"´``゛゜''';:;''ー'',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;. ̄ ̄、, ̄,-、;;.,.,,-,;-;,-;;.、、,,-、''‐-、''-;;.:;.‐-‐-;:;;:..-;‐:;.,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,
`",,""`";,,'''"':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`~~''''""'`' '.,~'ー-,,_~~''''""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''ー--."`";,,'''"':; `" """'' `゙゙`゙゙`
    `" """'' `"     ,,`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´"""  """'' ` ,,`" """'' ""' ''''"''"    "" "~ "'`',,`" """'' ""' ''''"''"
'' `"  ,,`" ""    "'' ""' ''''"''    ,,  ''"'' ,, ,    ''" """ "`" "`   ,.,    ,, ''""''´`''"",,'゜゜`` ,,'゜゜``'""''´`''"",,'゜゜`` ,,'゜゜``

ttp://www.history.navy.mil/photos/images/s300000/s301094.jpg


980 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:30:06 ID:DbL9Hla60


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 陸上の戦闘も破竹の勢いを見せ、12月11日にはグアム島、23日にはウエーキ島、25日は香港と   .│
│ 敵の要衝に日章旗が上がった。                                             │
│ マレー半島に上陸した陸軍部隊はシンガポールへと南下を続け、フィリピンのルソン島にも        │
│ 陸軍部隊が上陸、南北から首都マニラを目指した。                             │
└──────────────────────────────────────────┘


                    ______
                    ヽ==☆= /
                  _∩( ・ω・)∩  チハタンばんじゃーい
                  ヽ)=(ニ(=====)ニ)==))
                   /二ヾヽ二ヽ//_ /
              ・ニニ/ ̄/志 :|:  l`r-┴──o
     ___ _____/_/_____:|:__| l|-┬ゝィ ̄ _
    〔(___((/__/_____/__ヘ_l三l | ̄( (ニニニ・___
     ,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-、--、 ヽ ̄ (O  厂、--、
    ,=´ (◎)) ̄ ̄ ̄◎) ̄ ̄ ̄(◎)r ⌒ヽ}三}'  ̄ ̄ ̄☆ ̄'\ヽ}三},
   {γ⌒,ヾ  =(ニニニニニニニニニニ(≒  | 〇 l}三} ̄ ̄ ̄ ∪ ̄ ̄ソノl}三}
   { | 0 |r´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`ヽ ゝ__,ノ}三/_______/ノ}三}'
   ヾヽ__ ノゝ 人 人 .人 人 人 ノノ___,=/}三/ゝ 人 人 ノノ__,=/}三/
    `‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'-'‐'‐'-´--´‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'-'‐'‐'-´--´


981 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:31:06 ID:DbL9Hla60


┌────────────────────────────────────────────┐
│ 新聞は刺戟的な大見出しで、ラジオは「敵は幾万」「軍艦マーチ」の伴奏つきで、                    │
│ 立て続けの戦果を報じた。これで国民一般の欲求不満は、衝撃療法を受けたかのように消し飛んだ。   │
│ 明治以来の白人コンプレックスは、有頂天の優越感に裏返った。                          │
└────────────────────────────────────────────┘

,,_________,,___________,,_______
| (3)  16版                昭和16年    12月11日
| ───────────────────────────
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                   大
| |   -*-       -*-   |  | | | |       英   比  本
| |      ( );; ;;;)  -*-   |  | | | | 見     国   島  営
| |   ( );; ;;;)( );; ;;;) .    .|  ── た     新   方  発
| |   ((;;)''  ((;;)''   .     |  | | | | か.    戦   面  表
| |   ,ヘ     へ  .      .|  | | | | 米     艦   に
| | ~~~~~~~~~~~~~~~~       |  ──...英     を   転
| └.───────────.┘ | | | | .傲     轟   進
| 轟沈せる英国戦艦─ 10 日 ,  | | | | .慢.    沈   中
| ────────────────.は     せ   の
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 許.     り
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | .さ
| ────────────────.ぬ ─────────
| | | | | | | | | | | | :: | | | | | | | | | | | | | |.      | | | | | | | | | | |
| | | | | | | | | | | | :: | | | | | | | | | | | | | |       | | | | | | | | | | |
| ───────────────────────────
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ̄徴用品 ̄| | | | | |


982 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:32:06 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────┐
│ 世間では米英を見下して白人コンプレックスを晴らす風潮が広まる。            │
│ 街では米英を腐すざれ歌が流行り、やる夫の東大でも、理学科の某教授などは   │
│ 「今後英語は一切講義に使いません」と鼻息も荒く宣言したほどであった。       │
└───────────────────────────────────┘


\               ¦         /
  \             ¦        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /   _/\/\/\/\/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ  /     \                     /
     \ / く  l   ヽ._.ノ   ', ゝ \     < 英語は講義に使わないよ!! >
     / /⌒  リ   `ー'′   ' ⌒\ \   /                     \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\|\/\/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |
  --- ‐   ノ           |
          /            ノ        ----
         /           ∠_
  --   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    - _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)


983 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:33:06 ID:DbL9Hla60


┌────────────────────────────────────┐
│ 当局の言論統制も、国民の優越感を増長させるように計画された。             │
│ 開戦の翌日には内閣情報局が出版関係に、日本の戦略的優位を鼓舞することや   .│
│ 敵愾心を執拗に植えつけることなどの一方的な「世論誘導方針」を押し付けた。     │
│ やる夫にはそれら総てが苦々しく思えた。                             │
└────────────────────────────────────┘


       / ̄ ̄ ̄ \         やる夫は三度の外遊で米英人と親しく交わっているお
     /  ~~~. \
    /  _ ノ Ξヽ、_   \      その経験からして、緒戦の勝利は彼らの指揮を沮喪させるどころか
   .|   (ー)―(ー) .  |
    \ ::::(((__人__))):::: /      彼らの戦意を決定的に固めるだけだお
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ       彼らの「ガッツ」をみんな知らなさすぎるんだお……


984 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:34:06 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────┐
│ 12月27日に挙行された3ヶ月繰り上げ卒業式でも、やる夫は米英の実力を率直に認め、  ...│
│ 一時的な興奮を厳に戒めた。                                        │
└───────────────────────────────────────┘


               ___
            /~~~\                ────敵は富強を誇るものであり、
          /\  /   \
         /(◎)三(◎))   \             その強靭にして執拗なる国民性によって
           |:::( ((__人__))):::::   |
         \ ヽ|r┬-| /   /'''ー- 、.._        容易に屈服を肯んぜず、
        /: : : |:`i`ー'´´ /l : | : : : : : : : : ハ
      ハ: : : : : | : l.\_/  ,': : | : : : : : : : /: ヽ      長期持久戦へと我を導くことは
.      l: :l: : : : :|: : l ,.イ_:>、/ : :/: : : : : : : :l: : : :〉
      l: : l : : : : >'l |::| /`<: : : : : : : : :|: :/ 〉     蓋し疑なきところであります────
.      l\ |: : : : :\:ヽ|:::|./: /: : : : : : : : : |/: /:|
     l\`l : : : : : : \∨/: : : : : : : : : : : |/:/:|
.     l: : :`| : : : : : : : : Y´o : : : : : : : : : : : |/: : : |


985 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:35:05 ID:DbL9Hla60


..      ____
     / ―  -\         ……冷静な目で日本の国力を見れば、とても長期持久戦には
.  . /─(●)─(●)
  /:::::::::::(((__人__)))\       耐えられないんだお
  |       ` ⌒´   |
.  \           /       だからこの開戦は無謀の一言でしかないんだお
.   ノ         \
 /´            ヽ       やる夫は速やかに講和に動いて欲しいんだお……

┌────────────────────────────────────┐
│ しかし、その無謀な開戦のために卒業繰上げが強行され、その卒業生2,251名は   .│
│ 学力不足のまま単なる消耗品とされたのである。                        │
│ やる夫の表情は苦悩に陰るばかりであった。                            │
└────────────────────────────────────┘


986 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:36:05 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────────┐
│ 文部省による直接的指導も開戦と共に強化され、既に12月24日付で大学・高等学校・専門学校に    │
│ 共通の「戦時学徒自戒五条」が天下っていた。                                       │
└───────────────────────────────────────────┘


         , ───── 、
        /       ,.-‐.、`‐、          一、学業研鑽に精励し国家の負担に応ふべし
       /./`::‐、._,.‐':´:::::::::::::::ヽ ヽ
       /./:::::`-、_ ,- '::::::;:::‐':::::::l.   !         二、質実剛健の風を養い気節を尚ぶべし
.     |' ̄~`'‐、:::::::::, ‐'"~´ ̄ ::::::!   |
       l. ―- :::::::::--─ :::::::/   |         三、規律を重んじ礼儀を正しくすべし
      │==。=, ::::==。=== :::| l⌒i |
     │ `‐-‐/ :::ヽー-‐ ' ::::|.|,ヘ |. |         四、感謝奉公の念を持し進んで勤労に服すべし
.      | 二'〈_,、__,、__〉`~`二、:|!_ノ  !
        |/ ,,,;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;,,,, l::::|ヽ  |\.       五、保健衛生に留意し勉めて身体の練磨に励むべし
       l 匚匚匚匚匚匚匚lヽ:::|: ヽ |:::::\
      | `┴┴┴┴┴┴┴':::::!:: ヽ|::┃:::i`‐
.      !、   ====  ::::::::::/::  ゝ::┃:::|:::
      ,. ‐'`i‐ 、  ::::::::, ‐ ' ´::  /;|::┃:::|:::
   ,. ‐'´┃::::|::┃:`i‐ '"´:::::::::::  /;;;;;;|:::┃::::|:::


987 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:37:05 ID:DbL9Hla60


          ____
        /      \ ( ;;;;(          ……いまさら言われるまでもなくそんなことは
       /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
     /  ─(─)─(─ /;;/          やる夫が大学新体制の理念として取り入れたことだお
     |   ::::::(((__人__) l;;,´|
     ./      ∩ ノ)━・'/           だから文部省の要請は事務的に受け入れるけど、
     (  \ / _ノ´.|  |
     .\  "  /__|  |            東大ならではの解釈を取り入れないといけないんだお
       \ /___ /

┌────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は受け入れた五条に独自の注釈を加えるよう命じた。                             │
│ 特に第一条については、「或は一時の興奮に駆られて狂奔呼号するが如き、或は自我独善に堕して  ...│
│ 空論を弄するが如きは、断じて時局下に於ける学生の態度にあらざるなり」との文面まで示した。     .│
└────────────────────────────────────────────┘


988 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:38:05 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────────┐
│ 昭和17年(1942年)を迎え、なおしばらくは日本の勝ち戦が続く。                       │
│ 文字通り向かうところ敵無しの日本軍は、開戦後四ヶ月足らずで西太平洋から東インド洋にいたる   │
│ 制海権、制空権を手中に収め、石油・ゴム・錫鉱・ボーキサイトなどの戦略物資を生産する          │
│ 資源地帯をもぎ取った。                                               │
└───────────────────────────────────────────┘

                             ___
     ___    .___,,__             |__☆_|__
    __|__☆___ヾ  ./_☆_ヾ.  ,,,,,,,  ___,,,,,___  /」^Д^)ノ
     (O∀O了  (,^ワ^)ノ,/☆ヾ γ___☆_ヾ _|___|_
    ⊂  ⊂ )  (⊃___/メ(゚∀゚)ノ∩ `ワ´>ノ\___ヾ
     ( (  )___と_)_)/  |  (__/__/__________/_
     し し| ̄       O--つ/    白 | 丘百/((==ヾ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ___\
  ___,,,,,___   ___,,,,,,_    __,,,__   .___.[ ● ]  \ \ ● \\
 γ___☆_ヾ γ___☆_ヾ  /_☆_ヾ  |-∞-|        \  ̄ ̄ ̄  \
..∩ ´ワ`)ノ○ ´ー`)ノヽ(^ー^∩∩(^Д^∩____/~~~~┬~~~ 〉
 (__//iiii\__//iiiiiiiii|___/,ノiiii丶| Y ,ノiiii/  ヾヾ.|    /  /
 | | |iiiiiiii| | |iiiiiiiiiii|  |~iiiiii|  |||iii| ◎ .||||| ~~~~┴~~~
 (__)_)iiii(__)_)iiiiiiiiiし`Jiiiiiiiiiiiiし`Jiiiiiiヽ__///iiiiiiiヽ__///
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


989 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:39:05 ID:DbL9Hla60


┌────────────────────────────────────────┐
│ 予期せぬ大戦果に国民も、そして軍首脳部ものぼせ上がり、己を知らずの驕慢を深めた。   .│
│ 各地は戦勝祝賀会に沸き、「次はオーストラリア、次はインド」の声まで囁かれるに至った。  ...│
└────────────────────────────────────────┘


バンザイ  バンザイ        ヤッター  オメデトー
   ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧      ∧_∧
 (^(,, ´∀`)) ・∀・)(ヽ    )')((・∀・ /')    ((∀`*/゙) ))
  ヽ    /ヽ    ノ ヽ    ノ  ノ   ノ      ヽ   〈
   ノ  r ヽ /    | /  O | ( -、 ヽ      |    i)
  (_,ハ_,),_,/´i,_,ノ (,_,/´i,_,ノ  し' ヽ,_,)      し'"ヽ,_,)


990 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:40:05 ID:DbL9Hla60


┌──────────────────────────────────┐
│ しかしやる夫は前線将兵の勇戦に感謝しながらも、米英蔑視に傾く風潮には    │
│ 批判の姿勢を緩めなかった。                                  │
│ 彼は4月1日の入学宣誓式の告辞でこう述べた。                     │
└──────────────────────────────────┘


               ,、
             //                         ────偏狭固陋なる排外的独善の
           ///)
          /,.=゙''"/                        傾向に累せらるるならば、国家永遠の
         i f ,.r='"-‐'つ      ____
         /   _,.-‐'゙~      / \ΞΞ/ \         発展は到底望むべくもありません
        ,i    ,二ニー;      /(●)―(●)   \
        ノ    il゙ ̄ ̄     /::(((_人_))):::::  |       ましてや学術の世界は日進月歩にして
      ,イ「ト、  ,!,!        |   |-┬r|     |
     / iトヾヽ_/ィ"___.    \.  `'ー`    /       その広大、深遠なる事計り知るべからざる
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l        ものがあります
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、    我らはまた常に外国にも学ぶの心がけを
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐  忘れてはなりません────


991 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:41:05 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────┐
│ また、米英蔑視を主導する国家主義勢力に対しては、こう直言した。    │
└───────────────────────────────┘


                ____
              /. \ Ξ /\                   ────国体主義思想と称するものにして
             / ─( ●)─.(●)
           /  ::::::( ((__人__)))                  似て非なる仮面を被るもの、
           |       |r┬-|   |
            \        `ー'´ /                  独善的で却って日本精神に悖るが如きもの、
              」-ゝr―‐==; 十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____    感恩の真心を欠くが如きもの、
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦_ _ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i   /       \\(_.人 ヽ._ ヽ  或は独善排他的にして矯激なるものも
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ /  /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  /  /         ,(  \  ノハ  また少なくないのであります────
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /   ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./    ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"    ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\


992 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:42:05 ID:DbL9Hla60


          ___
         /     \           やる夫自体は開戦に反対でも、
       /   \ , , /\
     /  ─(●)─(●) \        軍人としていったん開戦したからには全力を傾けるのが
      |  ::::::( ((__人__)))::: |
     \      ` ⌒ ´  ,/         やる夫の守るべき規範であり、倫理なんだお
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ       戦争に協力できるよう技術者を育てるんだお!!
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

┌───────────────────────────────────────────┐
│ その一方でやる夫は、戦争協力のための技術者育成や、大学による技術協力に                 │
│ 大いに力を入れている。                                                 │
│ 事実、新入生2,615名のうち422名は戦争技術者大量育成のため創設された第二工学部の        │
│ 学生だったのである。                                                  │
│ 彼らは入学宣誓式の翌日、建設半ばの千葉県稲毛の校舎で不便を偲びながら聴講を開始した。    .│
└───────────────────────────────────────────┘


993 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:43:10 ID:DbL9Hla60


┌───────────────────────────────────────┐
│ 為すべき事は為し、批判すべきは批判するやる夫に対して、批判された右翼勢力からは    │
│ 「アカだ、左翼だ」との罵詈が上がった。                                  │
│ これに対しやる夫は動ぜず、4月12日の創立記念祝賀式では批難の調子を更に強めた。    │
└───────────────────────────────────────┘

                                              .┌i「゙il
                                              ! :l i
                                          r‐、.  ゙i ヽヽ
              ____                        i.__,>-┴-゙ l!
             / \ΞΞ/ \                     r'_,.--、__ l!
            /(●)―(●)   \                   レ'"二:、  !
           /::(((_人_))):::::  |                   .ト-'" ノ ,! .!
           |   |-┬r|     |                  rヽ. く ./  i!
            \.  `'ー`    /                   人(ト、 ヾy ,!
             ,ト.二._/__,┴i                   _ノ. \ト、 j_ヲi)
             「r=t;T゙Ff 二! ] li     _,.-―-、_        「トー'  \_/,リ
        _,..:-r-‐j=ミ- l __ヲ_,.-‐<)ニニf =、\\\      入ヽ   i、_フ[/
  ,r=―‐ッ==‐‐'",.ニ‐‐≧十'゙ >-、     ,r゙ー-ニ、_\\>、_,.-/  \\  し ,r'
 ,レタ__/ \   i' ,r‐‐i l ! f"「 ̄>゙i   /      ̄ ̄         \ー' :ダ
 V//  r.、」  .l  ̄!L.j l .L」 i"  i   しr                  ゙ーr'
 レレ' i  .L_   l  .l  ./ _ .l  i   -=;'                  ,/
  ( "i ┌‐'  .l ヾ' 「! ! l  l ,フ .ノ  -‐┘                  /
  ,レ.ノ  .ト--  ヽ、 ゙" l .i! l!  ゙"/   -ニフ      _         /
  ]  !  し== ,.-、_゙‐-' ! ゙ー",.:-‐‐-、゙`i      /   ゙̄ー--、____/

  ________∧__________________________
/                                                   \
|  我らは徒に資源の利用にのみ心を惹かれ、眩惑されて、大東亜の盟主としての
|  高邁なる識見と、知性と、特性とを涵養するを怠ってはならないのであります
|  大東亜の建設に当たって、学術の力の要望せらるるは当然であって、
|  これなくしては、東亜諸民族の心服を勝ち得るに足る建設は不可能であり、
|  今後一層我が学術の飛躍的発展を図らねばなりません


994 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:44:04 ID:DbL9Hla60


                 _____
                / ヽ   /  \
              // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
             /  ヽゞ-' ノ ̄ ヽゞ-' ノ ヽ
           ./:::::( ( i´  人  `i ))::::::::::ヽ
          、|      `‐‐'  `--'       |
          l|       |-‐┬‐-|         |
          l \     ヽ___/       /        ────若しも諸君が、米・英の勢力を東亜より
     ヘ   .∧} __\              /
     | ヘ   / 〉__,、__}::::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ        駆逐するに心驕り、徒に夜郎自大となって、
     |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ  我が学術は外国に学ぶものなし等と考えるに至るなら、
 \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__
   >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/  蓋し非常なる偏見といわねばなりません
  / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }
  | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |
二 ̄ ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ
三三ム  iミムー   `¨´   `゙寸三'ー──--、       : : :
三三_ム |三ハ、 ハ  r≦三ミx   ___   ,/三=≧= 、___,r‐、__:
三三三i .|三三三ミ   |三三三リ  |三ソ ,イ三三|


995 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:45:04 ID:DbL9Hla60


                ____
              /. \ Ξ /\
             / ─( ●)─.(●)
           /  ::::::( ((__人__)))                   我等は常に、我が国固有の学術を尊重すると共に
           |       |r┬-|   |
            \        `ー'´ /                   国体の本義に照らし、その取捨には慎重なるべき事は
              」-ゝr―‐==; 十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____     勿論でありますが、学び得べき限り、充分これを外国に
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦_ _ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i   /       \\(_.人 ヽ._ ヽ   学ぶの心掛けを忘れてはいけません
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ /  /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  /  /         ,(  \  ノハ   而して我等はいうまでもなく利を先にすべきでなく
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /   ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./    ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,  義を先にせねばならぬのであります────
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"    ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\

┌───────────────────────────────────┐
│ やる夫は更に原住民を無視した収奪の傾向を察知して、これが米英蔑視の    .│
│ 延長線上にあることに警鐘を鳴らした。                           .│
│ このような言葉は現に戦争を遂行している指導者たちこそ聞くべきであったが、  .│
│ 彼らの「夜郎自大」は最早救いがたいほどに広まっていたのである。           │
└───────────────────────────────────┘


996 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:46:04 ID:DbL9Hla60


       /               .ィ'   l
      /             . -‐  ´ |    l    ……「夜郎自大」が広まったのはやはり
     ,           /        |   l
     |            ∠`ヽ         |    |    海軍において航空攻撃を主とした攻撃の戦果が
     |   l :|    /{りハ     __ |   ,'
     |   | :|    /`¬′  / ィァャ、|  /    あまりにも大きなものだったからね
     |   | :|    /        ,  {りノ V:: /
     |   | :|  :/      丶   /: : /     特に英戦艦2隻をマレー沖に葬ったことは
      j :! ノイ|  :/    __      /: : /
    /: :/  ハ :/ 、    -`    イ: : /       航空主兵論者を天狗にするには充分だったわ
 ト- : : : /    :ハ|  \      ィ  l: :/
 ` ー:/   :/      \_  イ | j:/        同様の戦果を水上部隊だけで挙げるには
    /     {      /: :  j  \/
   {: . {   \    {: : : .       \        相当の犠牲が必要と見られていたからよ


997 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:47:04 ID:DbL9Hla60


    : : : : :rf千㍉y/     /  _,|      \./⌒ヽ
. .  . : : : : : :[_}↑/ /    / ∠、|     |    \  |       でも、真珠湾攻撃の戦果って
: : : : : : : : : : :厂/Vl     /{: : | __ハt.    ト、    ',   |ー、
:/⌒ヽ: : : :/〃l :l|  : :/ y\|=x` \   |⌒\:   |    |      不意打ちだから挙げられたものじゃないの?
{     ー' 〃 |: 八{ : : :| } |lしj:|   \:|ff㍗!:|:  |    ーァ
       l|   V:/ヘ\: l   弋r{゚     liし| {:|:  /: : : : : イ     アメリカだってバカじゃないし、
       8   v{ 〈   \   ̄     { ゞ'゚ ノ: :/): : : : :}ノ
      ∧   ヾ、_    u         イl「 ー-イ: : :/       一度準備を整えて正面から戦えば、
      ∨    \入        r―┐  / l|  _,ノ-‐'
             } \       ̄   / 〃             そんなに簡単に勝てるはずがないよ……
             |    丶.      /  8
            ノ     }` ー'´   ノl
            /l      {       }ノ
     , -―r< ||      ト、_
     /     \ヽ! |―-、   ヽヽl|\


998 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:48:04 ID:DbL9Hla60


        /             /l  ヽ
        ,         /  .   l       ええ、そうよ
          l       /     ヽ  l
          |      /-―  , -‐ヘ  !       戦艦多数を真珠湾で破壊されたアメリカは、
        .       /7テf  / イテf|! |
        ', 1:   / ゞ'      ゞ'リ '       ここで一気に航空主兵に舵を切るわ
         l |:l:l |       '   / /
      、_ノ 从| |    -‐   イ /        彼らは真珠湾で被害を受けなかった空母を中心として
      \ / :八 | > . _/: { l/
         /:/   {ヽ!   /:l: : : \         機動部隊を編成し、日本に奪われた小島を空襲して
        /:/ / l {      {`j: :j: :   ヽ
    , <´ { {  トゝー 、 -/イ}: : } 人       徐々にその反撃のための力を溜め込んでいくの


999 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:49:04 ID:DbL9Hla60


         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ィ: :ハ
        /     -――――   ≠´ lー ハ     そして先手を取ったはずの日本海軍は、
        / : : : : : : : : : : : : : >'´      l: : : :|
         l: : : : : : : : : : : : /、       |: : : :|     緒戦の勝利に驕って自分たちの勝利の原因の
         |: : : :l: : : : : : : /_、\     _」: : : :!
        V: : :|: : l: : : : ハヒナ`    二´ |: : : :|     分析と、その更なる応用を怠るの
        V : |: : | : : :/ `¨       {ヒナ↑: : /
        l: : l: : | : : l       { `¨ /| : /      例えば柔軟な空母の運用、目標発見のための
        l: : ヽ: ! : : |          /: : /
     ゝ-‐' : : : j人: : :|    / )   /: : /       偵察能力の強化、得られた情報の速やかな分析などね
      \/: : : : : :l\:レ- 、 `  /| : /l/
         /:/: : :l: : :|/     Y´{  |:/         そして英戦艦2隻を葬った事実から、なぜ戦艦が
      /:/: : : :|: : :|     |:`ア′
        l: |: : : : l: : /        Vく            こうも容易く沈められたかを分析すべきだったのに
      V{: : : /レi    ___ |: :}
        ヾ : //  | /   | ヽ〉ノ           それも怠ったわ
        ト{   くl     |/ \
       |`    |      |    ヽ          そのツケは、そう遠くない先に数倍になって跳ね返ってくるの
       ...!     |      |     }


3 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:51:00 ID:DbL9Hla60

   /  _          |_
  //  ,       /_ノ人-――- 、_
  {  //      /ヘニ/´ ̄ ̄`, -、\
  \{ {  /´ ̄` ー/ / /    / /  ヽ \ /⌒ヽ        ……つまりやる夫さんが心血を注いだ艦船が
      \{    / / /   ,/  /     \h   |⌒l
             l/ /l|  /」∠_| /  ,    ‘《    /      失われることになるんだ……
            ○ lハ  lfr示㌧V /{  l   |   {_,
          /lハ ゝ. ヽ代少  ∨、| /   /    _ノ      米英との戦争を忌避していたやる夫さんなのに、
           |/ V        fr刈/  / \  } }
               /       ' ゞ゚ノ___/   }ノー'       起こさなくていい戦争が彼の傑作を
        ___ ,/  ヽ    _   /  ○
      r-┴  〈    /\__,.  イ  /l             失わせることになるんだね
   _,⊥ --、  \-、〈-、       l/
   {  /   \   ヽニヘ ト、                    やる夫さんの悲痛な叫びを、指導者たちは
   l |     l\ーヘ=l |i
   ヽ.|      〉l|\_\l/ l                   誰も聞かなかったんだね……
     〈 _」∠、ノ |   \l| 〉
     }`Y´ ̄〈   |     ||/


4 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/21(金) 22:52:00 ID:DbL9Hla60


            /: : : :       : :_:}: : ヽ
           /      . . . . . :ァ'´  {:   ヘ       彼らは最早自己保全以外は何も
             / . . . : : : : : : : /    v: : . l
         /: : : : : : : : : : /- 、_,     v: : :l       考えていなかったのよ
            ,: : : : : : : : : :/テ示ミ    /ー-l : : l
       .. l: : : : : : : : : ハ {:り     示ミy: : :|      ……さて皆さん、本作もいよいよ大詰めとなりました
           l: : : : : : : : ;' `     { {:り 小: :!
          、: :l: : : : :l           ; : /      次回は日一日と悪化していく戦況と、
          ',: :|: : : : l     -‐ 、    /: /
           l :|: :l: : |      ´    イ: /        残り少ない命の炎を必死に燃やして総長職を
       、_ ノ: :l:从 : | 丶、    /レj:/
         ` ーァ: /!: : :トj    >rイ: :{  |'         勤め上げようとするやる夫を描きます
           /:::/: : : : : {       l: :}: : :`ヽ.
        _」::/: : : : :l: :ゝ._    V: :j: : : :ハ        皆さん、どうか最後までお付き合い願います
      /  {: :{: : : : ト- ' __,./`ヘj: : : :}: }
     /    ``ヒ:_: : :` ー// -  ト.: : ノノ `ヽ
     |         ̄ /      |イ    |


5 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/12/21(金) 22:53:01 ID:DbL9Hla60


             _/   -―- 、  `Y´ └t            、 |
      /⌒\ _/⌒丶       \└t  入       ト、  V
   r―ノ   r/_」  l   l        \ `フ{〈  ー一'⌒)ノ  }/
   l     7  :.、 l   |\_\ \   l / l l       /′
   |       ,   l\、 | -‐  \ l  |   l
 ト- '       || l |-> 、!  ィ=ミ  V /-、   |            クライマックス近しか……
  `7 /  ,. 人t  N,ィ=     , ,   l /イ´ l /|
   V  /ゝ{  l\ l〃  '       /´   // ゚l            あまり明るい内容にはなりそうにないけど、
    {  l    |  `ト   _  -‐ '      r=彡′
    \_廴  ゚l   、          /l/               でもこういうときだから明るくしなきゃね
               \         l
               丶 __,.     |_
                  r」 _ -‐'´/へ、
                /ノヘ  /  / 丶 _            それじゃあ、次回もよろしく!!
                ///  /l/  /    , \
            , -‐/ /7¨Y / __/    /    l
             /l 〈  l/  l/  \      /    l         みんな、幸せゲットだよ!!
             l |/  l   /    / __ 」 /     |
             | l{   |   /   /   | | /    |
           〈 | \ v ノ  /l      l '{     |



第22話  学徒動員  終わり

第23話  死生、命あり  へ続きます


6 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/12/21(金) 22:53:30 ID:DbL9Hla60


◎第22話「学徒動員」


平賀やる夫                東京帝国大学総長:やる夫(AA)


東條英機              総理大臣:東條英機(実在人物)

近衛文麿              総理大臣:菅 直人(実在人物)
橋田邦彦              文部大臣:坂崎孝太郎(賭博黙示録カイジ)
木戸幸一              内大臣:藤原佐為(ヒカルの碁)
高柳儀八              戦艦「大和」艦長:トダカ一佐(機動戦士ガンダムSEED)

コーデル・ハル             米国務長官:タバサ(ゼロの使い魔)

徴兵官                ハートマン軍曹(フルメタル・ジャケット)
学徒兵                ジョーカー(フルメタル・ジャケット)
「大和」士官             アマギ一尉(機動戦士ガンダムSEED)
寝台列車のボーイ            モナー(AA)
理学科某教授           ジュウシマツ住職(AA)


平賀謙一              やる夫の長男:やらないのか夫(AA)
平賀重孝              やる夫の次男:衛宮士郎(Fate/stay night)


昭和天皇              皇神楽耶(コードギアス)


7 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/12/21(金) 22:55:27 ID:DbL9Hla60


本日の投下は以上となります。読んでくださった方、お疲れ様でした。

次回の投下は来週、12月27日(木)PM9:00からとなります。
年の瀬も押し詰まったあわただしい時期ですが、よろしくお願いいたします。


8 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[] 投稿日:2012/12/21(金) 23:00:00 ID:T9iPUT1I0

お疲れ様です、来週も期待しています!


9 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[sage] 投稿日:2012/12/21(金) 23:00:08 ID:J4w/LJZo0


いよいよ終わりがみえてきましたね


10 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[sage] 投稿日:2012/12/21(金) 23:11:13 ID:jdfR1PDw0

乙でしたー
もうこっから先は聴くも涙語るも涙だなあ

ところでバカ丸出しの疑問で申し訳ないんだけど、
当時の寝台列車って、ホテルの従業員みたいなボーイが必ず常駐してたんかな
それともやる夫の乗った列車がたまたまボーイが乗り込む編成だったんかな


11 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[sage] 投稿日:2012/12/21(金) 23:19:36 ID:EdFVE6zk0

>>10
ボーイさんは2等寝台以上にはいたみたいね。
戦後も40年代初頭までいたらしい。
かの百閒先生の「阿房列車」でも「ボイ」って出てくるよ。


12 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[sage] 投稿日:2012/12/21(金) 23:27:52 ID:jdfR1PDw0

>>11
おお、ありがとうございます
戦後で40年代初頭までって事は1960年代末ぐらいまではいたんですね
そういう古典的な高級列車に乗ってみたかったわー


13 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[sage] 投稿日:2012/12/21(金) 23:31:47 ID:pooLI6RM0

>>1おつでしたー
前スレのプリンス・オブ・ウェールズのAAは>>1頑張った。


14 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[sage] 投稿日:2012/12/22(土) 00:17:04 ID:CBudiWqw0

しかし、机を並べて学んだ仲間が設計したキング・ジョージV世級が、自分の作品に比べて”酷く残念な出来”になったのをどう思っていたのだろうか


15 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[sage] 投稿日:2012/12/23(日) 14:32:00 ID:B4oJatkk0

16インチ砲搭載艦で最強の攻防力と戦績を誇るKGⅤが”酷く残念な出来”とか寝言にも程がある
同排水量で8万馬力の中速戦艦を金剛代艦として平賀は設計していた訳だが、
英海軍がそんなん建造していたらビスマルク追撃戦やそもそもレパルスと戦隊が組めなくて出て来れない


16 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[sage] 投稿日:2012/12/23(日) 15:47:27 ID:n7vK1yo.0

キングジョージVって、16インチなんて積んでたっけ?


17 名前:クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで[sage] 投稿日:2012/12/23(日) 16:03:01 ID:B4oJatkk0

14インチと間違えたよー
ゴメンね


18 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:51:00 ID:5/sez7ss0

キングジョージ五世級はチャーチルに「戦艦の様なもの」と揶揄されたからね
同級のプリンス・オブ・ウェールズは航行中の戦艦として世界で初めて航空機に沈められたりと悪い印象が強過ぎる
ビスマルク追撃戦でもボコボコにされてたしな


19 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/24(月) 21:05:40 ID:1lMxYdT20

>>15
いや、英国の本命はライオン級だったしKGⅤは実際粗製濫造とまでは言わないまでも「間に合わせ」の感がつよい艦じゃない
ビスマルクがいなきゃ多分存在すらしなかったよ


20 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/24(月) 21:23:15 ID:HIIOu3Co0

軍縮条約に縛られてたから、ドイツ戦艦や条約終了後の
大和級のような自由な設計とはいかなかったそうだ。
設計を始める時期ですら条約で決まっていたとか。


21 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/25(火) 07:55:09 ID:NhauSnu20

橋田邦彦って医学者で戦時中は「科学する心」を唱えてたから精神主義一辺倒の陸軍を
合理的な方向に引き戻そうと考えて東條と仲良くしたんじゃない?


22 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/25(火) 10:40:39 ID:QH7TQ/Eo0

>>21
内実はどうであれ、戦後にA級戦犯容疑食らってるところを考えると、
当時は平賀と同じような見方をしてた人が多数だったってことじゃないの?

東條ですら見方を変えると「御上を守ってわが身に罪を引き受けた忠臣」になるわけで、
人の評価は難しい。



スポンサーサイト


 

NEXT    PREV
««     »»


2013/01/05 12:05 | やる夫が軍艦総長になるようです。COMMENT(0)PageTopカテゴリ&記事一覧

コメント

コメントの投稿

・ ネタバレ。

・ 内容に関する異論・反論ではなく、作者への個人攻撃。(罵倒、誹謗、中傷等)

・ 内容の伴わない作品批判。(例:「つまらん」等の一言コメント)

・ その他、荒らし、度が過ぎる煽り等。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。