ヘッドライン(NEWS)
ヘッドライン(やる夫)
最新記事
注目記事

[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです えぬじいふ 6
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(エピローグ)」
[10/15] GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9.5話 「やる夫・新たなる挑戦!(後編)」
[09/15] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十五話 『ホスピタル』
[08/15] コンビニアイアンメイデン #30
[08/15] 全裸の王様 【 メリーさん 】 & コンビニアイアンメイデン #28、29
[08/15] 全裸の王様 【 赤ちゃんはどこからくるのー? 】
[08/15] 橋の下の超人
[07/18] やる夫たちは五竜亭の常連客のようです 【練習問題その6 チーズと食いしん坊と公平な分け方】
[07/18] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 6 )
[07/02] 誠は黒い医者と呼ばれるようです【ブラックジャック】 第四十四話 『赤ちゃんのバラード』
[07/02] ストライクウィッチーズ祭り
[07/02] やる夫は○○と相乗りするようです 第12話『Lを貫いて/こわれそうなアイのうた ( 1 ) 』
[07/02] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #29
[07/02] ほむら氏と長門さん 【 修道院 】
[07/02] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 5 )
[06/23] 【デモンベイン】やる夫は魔を断つ剣です【機神飛翔】 #28
[06/23] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 4 )
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 終幕 【完】
[06/22] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第十話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・後編 【完】
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・中編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 2 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 3 )
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第九話
[06/21] やらない夫と蒼星石のリアルスティール 最終話・前編
[06/21] 俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~ 【第四章】 第三話 『親の教え』 ( 1 )
[06/21] 水銀燈は体で返すようです(仮) ― 恋とはどんなものかしら? ― 17 ( 2 )
[06/21] クリスタル氏と長門さん 【 縦笛 】
[06/21] やらない夫は潜水艦を追うようです  ~The Hunt for HALZION~ 第八話

スポンサーサイト

 関連カテゴリLoading...... スポンサー広告 記事一覧 Loading......

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告PageTopカテゴリ&記事一覧

やる夫が軍艦総長になるようです。 第ニ部 第9話 死生、命あり

 関連カテゴリLoading...... やる夫が軍艦総長になるようです。 記事一覧 Loading......

 
 

24 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/12/27(木) 21:01:09 ID:y9Qa97YM0


                      .. -‐‐-ミ
       .               , '´""´ ̄`゙⌒ヽ、
                   ,イ: : ................   `)`。
                  f: :-‐: . .  ..,,,,,,  ..:  i
                  {: :云ミ、: :',ニニミ ヽ. }
                 __{‐(.ィtッ、)ー( ィtッ、)―‐r‐ミ
                 (i:、l: `ー‐'.:: :.`ー‐': . : i'ぅ i}
                    ヽc}::. . : 、,,,;.    ,'"ノノ
       .             ゙圦: : .,, ‐-‐ 、`   .jー'´
                   ヽ: :.`二二´  ,イ
                    〉、..     /.∧
                   ,ィ/(:::`ー―彡' //aV⌒ヽ、     ____
           _____   rミ‐fj/{ミヽ、:. _,ィ≦'⌒))'〈 /0≫`ーァイ´ァ、`))ミ)
        r‐≦升〕8〕≦'>'´i个、raY´fro))ノ>'´ニ>‐-=__f´( `ー彡')),イハ
        { (_, -‐イノri:i´    i::i トミシヘii彡'´ニニ○ニニニニ圦二二彡ィ≦ ヽヽ
       . 〉、__,ィ≦ム', i:i    i::i /0()0/ニニニニ○ニニニニ/ l/ / 「 l ', ヽY } }
       ../ ノ } } }ハ i:i    i:_j`^´i_「 ̄ Tf  ̄.r‐-r‐{ { | | l  | l l /
       八/ ノ/ /ニiム i:i    〉 ○ 〈|  /::i i : |i i| :ム ヽ .l l l / //ノ
         ヽ/_j_ノニニ}ニ', i:i   ゙¨M¨´゙テ´゙テ´゙テ´゙テ'テ'´ゝ、{_j_j_/-'‐'´ニム
         /ニニニニニjニニ', i:i  トイ^トイ(___)(___)__)  ) .)ニニマニニニニニニ=ム
         ,'ニニニニニ∧,ィニム i:i ゙マMヌ i::i マニニニ`¨´ー'ニニニlニニニニニニニニ厶
        ムニニニニ=fミ// ○ム i:i     i::i マ○ニニニニニニニ{ニニニニニニニニニ
       . ムニニニニ={0)≪=ニニム i:i     i::i マニニ__NMNィ_ムニニニニニニニニニ
       .ムニニニニニムvfミ○ニニ厶 i:i      i::i マニ> (○<ムニニニニニニニニニ
       ムニニニニニニムVニニニニニニ', i:i     i::i マニ≧wv≦ニムニニニニニニニニ

     ┌──────────────────────────┐
     │                                     ...│
     │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
     │                                     ...│
     └──────────────────────────┘
           原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

25 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:02:25 ID:y9Qa97YM0


| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!
|                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!! | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
\__________  ________/.  |
                 | /               .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
                 | /                \
    〉       |  _, -―- 、⌒ー、           ,  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /  ,       r宀くx. -―/⌒ \  し1       /. : : : : : : : : :/:ヽ
   { /{  , ---人__/   /|     \ く      /: : : : : : : : : : : :l: : : :',
    ∨八{  // |/   | ∧ l   |   V´     /: : : : : : : : : :> '´l: : : : i
     }'  ` /  l ||   /y≠Vヽ  h| |     ,: : : : : : :/:/    l: : : : :l
       ♀  vヘ、 {/ {rツ`  rテV /     |: : : : : :/⌒   -、|: : : l: |
       {}   { ヘ \{ `゚゙   〈{シ' /      l : : : : /=ミ`  _   |: : :/:/
            ゝ     ヽ _ ´厂       ヽl: : : l   ,  -=ミj: : :l/
          l ̄ ̄l 、      /          j:ハ: :|  ,、 _   /l: : l
         , --、ヘ.n  | 丶-‐<           _ノ : N、 Lノ  /: :l: :.|
      /   /^\ 寸ニ{\ / n          `ァ: : : /こヽく: : : :.ヽ:.!
       /   〈  ⌒ゝ'. } / / レヘ      / ̄/: : : /  --、J|: : : : : Y
       l    lハ   〈\V /ノ /⌒ 〉.     /  レ{: ::|  イ´ |j: : : :|: :ハ
      /   / 〉  /\V 〈 し、 /      〈   l人: |   |  /ノ: : ノレ  |
      / _ //  /   [|  l  イ1      l/   \.人 / _ノ ̄ノ   /
    /  /   /  ̄ \l/|  l〈        〈   /{  /l  ト、 く/  l/
    | r/   /     /' |   ヽl       l  ∧_/「 |`Y  |/   /
   〈/´   /  「l   { 「l|     |      /l /    ート-' ̄l   /l
    l    / 〉   |」   〉 |」 \_/     /-|     /|   ヽ /-|


26 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/12/27(木) 21:03:13 ID:y9Qa97YM0


            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。

 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html


27 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:04:27 ID:y9Qa97YM0


             _,  -―‐- .._
         , ´ , -―    `ヽ
       /  /          \         ……さて、長々と続いた本作品も
      〃  /{             ',
      /  /  l                l        いよいよ終わりが近づいてきました
     ,  /   ',              |
      | 仁ニ、 ヽ            |        これからやる夫の最後の奮闘を描くことになりますが、
     V |´i;|   ',      l     ,
      Vl "    l      ,'    /        その前に日増しに悪化していく戦況を描きます
      く        !      /    /
       L.‐'    |  / /     {         真珠湾やマレー半島での勝利に浮かれる日本に対して、
        ヽ    |  /' /      | 丶 __ ,
         `Tフ^ | 〃|/     t、 _,ノ      最初の一撃から立ち直ったアメリカは、
          |'/ レ'    l     \
        /ト--‐'    ハ       ヽ      その本来の実力を発揮して、瞬く間に日本から
          /  `ァ‐'  / /  \     l
       { ト-‐'   / /  ヽ ヽ   | |     主導権を奪い返すことになるの
       `ファー一ァイ/      \|  //
       / /  /|/        l /´
        / /   〉  |/        |/


28 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:05:38 ID:y9Qa97YM0


             __, r――- 、
        -―rーr'´ -‐ _」´ ̄    `t‐く´ ̄`ヽ
       (    {,ニレ'´  /      ⌒ヽ]: .  (_      まあ、元々勝てっこない戦争だしね
     r )  : : :/   {           ',: :   `',
     {_  . : : :{  :l :/\、 卜\:ヽ   l: :   ノ     でもやっぱりアメリカは恐ろしいよ……
      _) : : :r个 : :ハ{-‐' \j 'ー-\!  |: : : : {
      `Y: :r: {_ | \{⊂⊃   ⊂⊃}:_x个ト: : : ._フ
       丶{ー'♀人」          Lノ♀'ー}ノ
           /八  ,、_,、_,、   八\
              人 /> 、 __ , イ\ 人


29 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:06:38 ID:y9Qa97YM0


.



========================================================================

              第二部第9話(通算第23話)   死生、命あり

=========================================================================



.


30 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:08:37 ID:y9Qa97YM0


┌───────────────────────────────────────────┐
│ やる夫が「夜郎自大」を戒めた創立記念日から6日後の4月18日、東大に登学していた学生たちは   .│
│ 上空から突然響いた聞きなれぬ鈍重な爆音に思わず空を見上げた。                    .│
└───────────────────────────────────────────┘


       '' ,,)   ,,) ヾ‐、             r :´ `; ‐、 _ ,r‐、        '' ,,,:::;;,,,,,
          ,,)  ヾ  ,,)          ,, (,, `  ''  ' ,,) ,,ノ‐、
   ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::''''''''          r (,,  ゞ .::  '´`;   ,, '' ^'‐、  ..
                           ''''''''::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::''''''''' '''..

                                                    ''、-、 - ,r' `'', ‐ ,,
         ''                                           ,. ー!,   (,,,  、'  )
                .. -|  ..、     :´‐`:     .. -|  ..、                  l,  '',r'⌒''  ..::゙ィ
 ___          :   ,..!.、-_--_-__i' ´`:゙!__-_--_-..!.、  ::       ___     ,r' '',r' `、 ‐ ,,::..  )
  """  ''''''   ̄― ̄--i'◎,!、o二o,,ii、‐ ,,ii,,o二o、i゙◎i-- ̄― ̄  '''''' """     _ ''  ,r'⌒''l,    ,..::゙ィ:,r'⌒''
               :.. ゙ ‐:' ..:゙     〇    :.. ゙:‐'' ..:゙              ,r' `',´ `'、 ‐ , ⌒y `' ,,):,,,r'⌒''
                 ゙゙ r゙: ""          ゙゙ :゙:; ""             _ 、ー!、,   ,r'⌒  '',r' `'  ,.l,  ),, ゝ
                               . . . . ........:.:.:::::::.:.:... . .` . (,,,  、 ‐,´ `' _´ `' _ ,r'⌒''::(::..  )
                          .  . . . . ....:.:.:::::::::::::::.::::::::::::::::::.:.:.. . .  (,, 、 ‐`,, '' ,r'  `'  ..:::'' ,r'⌒''
                     .  ..  . . . . . ....:.:.:.:.::::::::::::::::.::.::::::::::::::::::::::::.:.:.. . . ..;;,  ,l::.  !、,,    ..::  (, ..::(,,

          L二 ̄l ロロ   __,「 l_   __,,「 l_   __,,「 l_   __,,「 l_
           __,,l|    └‐,  ┌┘ └‐,  ┌┘ └‐,  ┌┘ └‐,  ┌┘
         └―‐┘    </l_,l      </l_,l      </l_,l      </l_,l    ロ  ロ  ロ


31 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:09:37 ID:y9Qa97YM0


                                ,!ヽ
                           ,!ヽ、    ,!  ヽ
                     _,..ィ´ ̄`)-‐‐‐''   ヽ
                     /  ´`)'´          !、      おい見ろよ!!
                   /  i-‐'´   , ○     `!
            lヽ、  /  Y    ,! ヽ-‐‐/     u    l      何だあの濃い緑色の双発機は!?
         .  l >‐'´`   l   ノ   ヽ_/          ノ
           ,ノ    o   ヽ  l            _,イ       あんな形の爆撃機は見たことがないぞ!!
          i'.o  r┐      ヽ、 ヽ、_      ,..-=ニ_
          l   ,!-l、      ノヽ、,           ヽ
          ヽ        _,.ィ'.  ,!         、   `!、
           `ー-、_    く´    l          ヽ    l
              ,!    `!   l              ヽ、__ノ
              l   `!  `!  !              l
               l  l. l  , l  ヽ、 、_ ,ィ      ノ
              l、_,!  し'  l   l   `l      l

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 大講堂の時計台をかすめた双発機は、低空飛行で大学裏手の上野から赤羽方面にむかい、 .....│
│ やがて爆撃の黒煙がどこからか立ち上った。                                │
│ 遅れて空襲警報のサイレンが慌しく鳴り響き、人々はようやくこれが米軍の空襲であることに  ....│
│ 気がついたのである。                                             .│
└─────────────────────────────────────────┘


32 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:10:37 ID:y9Qa97YM0


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 見慣れぬ機体の正体は、本州東方海面に忍び寄ったアメリカ機動部隊の空母「ホーネット」から    │
│ 発進したドゥーリットル中佐率いるB-25双発爆撃機16機のうちの1機であった。              │
│ 不意を突かれた陸海軍は、邀撃に成功したのが陸軍航空審査部の三式戦闘機1機のみという     │
│ 醜態を晒した。                                                   │
└──────────────────────────────────────────┘


;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........     ....................::::::::::...........::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;::::: ....................::::::::::.....    ......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.(,.(⌒;);,⌒ヽ /:
;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........     ....................::::::::::...........::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::(,.(,;( ; ,.)'.'.;';.'.)'';,ノ
                                              ,.,(;,  ;:;',.'.)'',',;,.'.ノ´.,
                                               /'ー''' '' ヾ
                                          _
                        f.i                   ||
                        | |       rュ _ _ _ _ _ _ __||
                        | ト====ニニニフ `r- - ‐ ‐ ' 'リ
                        V´    /   !
                    ミ        /__   i       ミ _ _ _ , , , , - - - - - - ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐;
                      ミ  , -、_ _ _ _(´_ _`)  r:- - ‐ ‐;'´`ミ、        _, , , - - - ‐ ‐ ' ' ' "´
  _ _ , , - - - - ‐ ‐ ‐ ' ' ' " ", ' "ミ´'´ ヽ   /´    ;    / ≡ミヽi- ‐ ‐ ' ' "´´
 ヽ‐ - - -,- - - - - - - - - - / ミ  ヽ.r‐-=!ー-一  .,r‐' '"´i ,r‐ミ‐、 |
      '´              レ'´`ヽ, /  /-:‐:-、  ,' ≡≡≡≡o ,リ
                  彡( )ミ、ノ   iニ:二:ニ/ /     `ー ミ'、
                彡  ` ´ ミ、   iニi___iニj /          ミ、
               彡       ミ、  iN|_._レ' ./           ミ、
             彡         ミ ヽ、_ _.ノ             ミ

米空母ヨークタウンから発艦するB-25
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/dc/Army_B-25_%28Doolittle_Raid%29.jpg/1024px-Army_B-25_%28Doolittle_Raid%29.jpg


33 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:11:36 ID:y9Qa97YM0


       \`ー――‐\::::::::::::::::::::::::::ヽ /::|::::::_,...-―ァ:::::::::::::::::::::∠..-‐:::::::/
         \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ ':::::::::::::/,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          __>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::_,.:::::::::: <_
      ´ ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄/::::::::::::::::::::::::\
     ヽ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::___\  ……帝都が空襲されたのは
       ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::::::::\   `
          >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 「ヽ::::::::::::::::::::::::\    確かに不幸だったが、
     _,. -‐' ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::: ト、:::::::::::i::::!::::::::::::::::::\__>
      `ー ―‐ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::| V:::::::::ト、::::::::::::::::_::\_    これで俺が主張する
          /::::::::::::::::::::::::::::`/<:/ |:::ト、:::::::::::i::::L ム:::::::::L、::i:::!:::::::\  ̄`
        ///::::,._イ:::::::/::/j::::::/≧ミ!::| !:::::::::::::ト、|匕^V:::::「|:::|::::ト、:::::::::\     ミッドウェイ島攻略作戦の
        /  /:::::{  |::::/:/ ,ィ代辷ア,ハト、ヽ::::::::::| 代辷ア ヽ| .|::|::::|ヽ`ー―ヽ
          /:::::::ム |:∧!  ! ` ¨ ´  !  \::::|  ` ¨´    レト、V ヽ!       認可が間違いなく下りるな
         'ア:::::::::ヽ !` '.           ;. i   ヽ         レ' 冫ヽ
        ´ ̄ フ:::,.ィ\. '.       〈 !          / /          ミッドウェイ島を攻略し、反撃してくる
           // |::::::`ハ.        ヽ. ,.          /「
          ´   jハ/ ト、                  /、|             米艦隊、特に空母部隊を叩く
                  Vヽ.   ,.-―‐ -- 、   ,イ、
                      /|\     ,. - 、    / | \            空母を捕捉撃滅しないと俺たちに
                /   |  \      /   |    ヽ
               /   i |    > -- <    |    ヽ          勝ち目はない!!
                  _/    レ|            |ヽ     ト、_
           / /     | !            ! |     | 、 ヽ

┌───────────────────────────────────────┐
│ 初の帝都空襲は戦争指導部に拭いがたい屈辱感を与え、ここに山本五十六が主張した   .│
│ 敵の足元での機動部隊覆滅という乾坤一擲の大作戦が発動されるに至った。           │
│ また、米国の領土であったアリューシャン列島にも大量の兵が投入される。             │
└───────────────────────────────────────┘


34 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:12:36 ID:y9Qa97YM0


┌───────────────────────────────────────────┐
│ 指導部は更にアメリカとオーストラリアの連絡を絶つべく、ニューギニア東南部の要所            │
│ ポートモレスビーに兵を送り込むことを企図する。                                  │
│ 攻略部隊の支援についた空母部隊と、それを阻止すべく送り込まれた米機動部隊との間で       .│
│ 史上初の空母対空母の激闘が珊瑚海で展開され、米側は空母「レキシントン」沈没、1隻が大破し、   │
│ 日本側は軽空母1隻を損失、空母「翔鶴」が大破した。                              │
│ 互角の戦闘にも見えるが、ポートモレスビー攻略が中止されたことでアメリカは勝利したのである。    │
└───────────────────────────────────────────┘

;;;;;;:::....     . ....;;;::::::... . .           . . : : : :.:.:.::;:;:;:;:;;:;;:;;;:;;:;:;: : : :. . . . . . . . .
:::::::,''''     ''''''' ' '                   '' ' ' ''';:;:;:;:;;;' ' ' ' ''
,,,,,.,.,.,.,.,.,. . .. .                            ,.,,.,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,.......
 ' '' ' ''                                 ' ' ' ''''''' ' ''



             i
           ―┼o‐
         ,' ,' tji/j_
         ,'_,'__riニiェェェi!                     ,
        ,:'_,:'__,,〕ニlニij_|_      ___________l|_______
        `""t_ニニr'" 、_、、匕辷,―,.,――――――‐l|――‐,.,ー_,-"`ー'
        _,,ー-|r゚-ュ、!、-`迂ー┘" ', .';'; :::::::::::::::::::::::::::::::l| ::::::::://ー'}jニ="
        }--ヽ,、ヽ,、辷{ニ|: : `iニiニi_; ',  ';';::::::::::::_,,:rっ';‐´O‐';-'、;_ji"
       ,辷{ニニj_´,ィ,_jェ、j: : : {ニj_i_,,.. .-、‐';'""、.,   --―;――-;'~´;
 ‐┼―┼干ヘ,_|_,,.j二,:-―:、;```゙''ー`゙'';';'` `ヾ;゙``ヾ`ゞ、、., .,、 ,:'´ : :;'´゙;'´
...,.,.,,,.. ̄ ̄}_二、}__,,..:i:ヽ:.:.ヾ;` : :`゙;、 ヾ  `゙;、: :. :、.,,.ン`ヾ、.: `;': : ;'_,.,´,ノ,´..,.,.,,,...,.
;::;;:;;:;:;;;:;:;:;::;:;:;.ヽ_:ヽ__,,..-‐ゞ`  ':,,:.:.. . , -'"``ヾ . : . : . . .` 、:, -'´_,,.-‐''",.;:;::;:;:;:;;:::
~""''';';ー-;:'ー:;'';'`'ー '"~:... .`ヾ..,,_,:-ー'' ''" ,,""`'',,、  `"`,,、 "`,,.,.、´"''´`''  ""''
、,;_;'`;,,、_,..;;、-,`、ー;:,''ー'';:''゜"´´''" ,,"""'',,、  "`",,、 "`,,.,.、`''""'   '´`''""''  "
--ー''''~~_,,-ー'~- ' '´'゛゛''" ,,"""'',,、  "`",,、 "`,,.,.、`''""    '''""''""    ''´`''

炎上・沈没する米空母レキシントン
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/83/Large_explosion_aboard_USS_Lexington_%28CV-2%29%2C_8_may_1942.jpg


35 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:13:36 ID:y9Qa97YM0


┌──────────────────────────────────────────────┐
│ そして昭和17年(1942年)6月5日から7日の3日間にわたってミッドウェー島をめぐって行われた海戦で     │
│ 日本海軍は遂に決定的な敗北を喫する。                                          │
│ この海戦で日本海軍は機動部隊の中核をなしていた主力空母4隻とその艦載機を一挙に喪失したのだ。   │
│ こうして日本はこれ以降戦争における主導権を失った。                                      │
└──────────────────────────────────────────────┘


     ,'  ,´'    、;         ,; - 、            `       ,r'`
      ´`,.;  `、, ,'           ,、, ,'                   ' ,´
                              +            ,、
        ,                      ,;|,};=n、         '"
       '_,`                     ,,:;|r'-ー}
、、      ,.r-ーーt '' 'ニ ^ "二"" ""´ "~"~"~ ̄ ̄~ーf~^ ̄ ~`,;;''" ^` ''' ー;‐;-,,- .、 、.、.,. _
~ゞ,ヾー、、 /____       '―'"                  ,;:      '::::::::;:         ̄^~/
゙'' ‐-、ー ;,^v-|IXl「 ̄~Tt7t7t7ff=r_y''ー=r_y=r_yーtー---、-r_t==r_t=ー―rー'ーー‐――、,ー ―,ー'
,;:,,,;- 、、_;,-;``゙'' ‐-,、、.,--ーーーー[------「----「;:::,{rョョョッ7'´‘ー'I I゛ー'^”~~ ̄}}____/ |I-┴^ニフ
,r; (   _゙'',、、~^''"" "゛"' ゙'' ‐''-,,.,.;;、-,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;-,、-,,、、.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;;;,,、、..;;、-,、-ー;:,ー,,;'y;'´
_, ;:\ (,ゝ`ー`ァ,、.--ー''''~~_,,-ー'~,. - ' '′'"" ~" "" "''"'''' '"" ''""" "´,,     "´ ;:
   \ ̄ヽ,r-ゝ)゙'-.、                /
     \ ,iヘ、    .゙'‐、             /                ,´,'`、、.、.,.
      `yヾ \     ゙''‐、.        ,_,.ィ=<~'^ヽ、     ,r'ゝ   ,. '′ ,´,'
      ;<::: \;:.\     ゙''‐、_   ,ィ=ュ、~>"i!| },ヾ`i     ヽ,ゞ    ``、,´"         ,
       `ヽ::::\:::.\ ,r:、 _, -;;>-r=、,r'i~ i|,r'}  }, iI }                       `、´,'
          \::::\:::,7 :! i, ';;;;;;;;;;;,r'´ヽ、} ,i!,r'   ;7 ,/      ,' `:、
 . ,, 、,_       \:,,:y' i !;;;;;;;,. '"   ^     ,.;'/       `,、, ,'           , 、 `ャr'
(`   、.``` ' - 、.、., `;/. ; `ー'"    ,yiヽ    `゙''‐、.、                  `、,´   `  `ャr'
 ゙''‐、_  ` - 、,  ~^/.  :  ,.-'    ':`kノ ,.'' /   ",r''‐>-、._                        `
    `゙''‐、._     /   :i,. '' _'く、  ,r' ,.::,'',/   ,/     ``''ー-.、,_
        `゙'' -、y' ,   ,_  ゛^<~゙`''`-'、_ ー-,r'='-、、,        ``'ー-、,,_
           /_,,ゝy、 ` 、   `' 、_   `''-r'";:::::::::...`゛:゛`:''‐-、.、__、(>"´`:゙'、;‐,.、
           `6r'´ ゙`''-.、;'`    `-.、  "-,、.、_:,:::::::::::::::....... ..:;/   ̄\i ̄ノ  `ヽ
                  `゙''-.、  ,_  ヽ       ``^'' ‐- :、;、:,_/^``'''‐ -:、、.__,  _,ノ
                     ゙''-'、_ヽ ,ノ                      `~´
                        ~^

急降下爆撃を受けて炎上する空母「飛龍」
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/95/HiryuBurning.jpg/1024px-HiryuBurning.jpg


36 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:14:36 ID:y9Qa97YM0


             ____
        ,、-''"    _,、_  ``ヽ、
      /   /'>_<'\    l
     (   /   ㌧゙元゙_,ノ`ヽ、 ノ
      \/,、-'ニニニニニ'ー-!'      こ、こんな結果国民に公表できるわけがない!!
       E_''"______ミ!、
       /   \    / ヽ        一体どうすればいいんだ!?
        |    ・     ・  |
       l u    l´ l `l   l
       ヽ      `-´`-´  ノ
       _,,>:‐、-,r 、 _,r┐<,,_


             ____
        ,、-''"    _,、_  ``ヽ、
      /   /'>_<'\    l
     (   /   ㌧゙元゙_,ノ`ヽ、 ノ
      \/,、-'ニニニニニ'ー-!'        お、落ち着きましょう……
       E_''"______ミ!、
       /           ヽ      止むを得ません、ここは水増しした戦果を公表するしか……
        | P――〇――〇―‐|
       l  u   l´ l `l   l
       ヽ      `-´`-´  ノ
       _,,>:‐、-,r 、 _,r┐<,,_

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 動転した海軍当局は、ミッドウェイ沖海戦の空母4隻喪失を1隻喪失、1隻大破にすり替えただけでなく     .│
│ 敵空母エンタープライズ型1隻撃沈、ホーネット型1隻撃沈という架空の戦果を軍艦マーチ付きで発表した。 ....│
│ 合わせて空母、航空機の一挙増勢を決め、既に全開であった日本経済に不可能なまでの負担を強いた。   │
└──────────────────────────────────────────────┘


37 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:15:36 ID:y9Qa97YM0


    /: . . . . . . . . . . . . . -― '   1: : : l
    l: : : : : : : : : : : ∠         !: : :|      ……このような戦況の変化は、
    |: :|: : : : : : :,ィfテミ \_  _ l: : : :|
    |: :|: : : : : :/ `¬    ィfテミ7: : :/       やる夫にも影響を与えずにはいられなかったわ
    l: :|: :|: : :/        `¬ /: : :/
    ,: :j: :j: : ;         {    /: : :/        悪化する戦況に引きずられるかのように
    /: /イ: :| 、   - 、  /:/: :/
―/: / :|l: :|  \     イ:/: :/         この頃からやる夫の体調に悪化の兆しが見えるの
/: : /: : :从v:|   />rイ: : /|: : /


38 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:16:36 ID:y9Qa97YM0


┌─────────────────────────────────────┐
│ ミッドウェイ島沖海戦の惨敗は一般には知られる事はなかったが、やる夫の耳には     │
│ 密かにその詳報が届いていた。                                       │
└─────────────────────────────────────┘



      / ̄ ̄ ̄ \           ううう、やる夫が心血を注いだ八八艦隊の名残である
     /   :::::\:::/\
   / ─ 。<一>─<ー>。       「赤城」「加賀」が海の藻屑と消えてしまったんだお……
   |    .::。(((__人__)))
   \、   ゜ ` ⌒´,;/゜        それに空母を一挙に4隻も失っては、
   /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \         到底米艦隊には太刀打ちできないんだお……
  と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


39 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:17:35 ID:y9Qa97YM0


         _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、 ',       ソレニ、田園調布ニセッカク見ツケタ借家ガ、
   ─ ( `┬;;;:::┬′)─(ィ===yl
        ⌒゙''''''´"        }       大家ノ都合デ立チ退キヲ迫ラレタンダオ……
     l!            u   ./
   i! |l  ( ( /´   |   ゝ)/        ゲホッ、ゴホッ!!
\  l| l      ゝ、____人_____ソ
  ` .、  ι     、::::::::::ノ/          ヤル夫ハドウスレバイインダオ……
   :ミ:ー.、._        ̄  ``'''ー-、

┌──────────────────────────────────────┐
│ 心労の重なるやる夫はこの頃、以前からのしゃがれ声がひどくなっていた。           .│
│ やる夫はこの時、既に喉頭結核に罹っていたのだ。                            │
│ 検査の結果喉頭には明確な結核性湿潤が現れていたが、やる夫は入院することもなく  .│
│ X線の患部照射を受けながら登学を続けた。                              │
└──────────────────────────────────────┘


40 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:18:35 ID:y9Qa97YM0


       /::`::´:::::::`丶、       ┌──────────────────────────────┐
       |-‐‐―一‐‐‐-',、      . │ 7月になり、茹だるような炎暑が押し寄せる。                │
     <-''" ̄ ̄ ̄ ̄"シヾゝ      . │                                          ......│
     / (◎)―(◎))─ \       │ 本来なら夏季休業に突入するはずの夏は、第三学年の卒業が   ......│
      |\.(((__人__)))./:::: |    ...│                                          ......│
     \_|   `⌒´   |u__/      . │ 半年繰り上げになったことで休業が全廃となる。            ......│
     /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ     │                                          ......│
     i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ     .│ 学生たちと炎暑を分かち合うようにしてやる夫は登学を続けた。     .│
    {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}   . └──────────────────────────────┘


41 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:19:35 ID:y9Qa97YM0


         ___
        /~~~ \           ヤル夫ノ身体ハモウダメカモシレナイオ
      / ―~~― \
     /   (◎)―(◎)  \        デモ、総長トシテ自分ノ肉体ガ持ツ限リ
     | \.(((__人__)))./ |
     \ |   `⌒J´  | /        大学家族ノ苦悩ヲ一身ニ受ケナイトイケナインダオ……
     /              \

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫の決意は、大学家族の家長としての気力であった。                                │
│ しかし、すでに大学の自治は夢のまた夢となり、戦争の突風が家族的大学を吹きぬけていたのである。   │
└─────────────────────────────────────────────┘


42 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:20:35 ID:y9Qa97YM0


           _,,..,,,,_            .┌────────────────────────────┐
         ,./ ,' 3  `ヽーっ       │ 学生たちに対する逆風は卒業期繰上げだけではなかった。     │
      ,.-'''`.,l   ⊃ ⌒_つ'''-,,    ...│                                         .│
     ( ,i'。'゙  `'ー---‐'''''" ゙゙''  )    .│ 米櫃から食べ放題だった学生食堂の米飯は盛りきりとなり、    │
     .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,...-'゙|     . │                                         .│
      l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|    .│ 大学界隈のレストランでは、食用蛙がから揚げチキンの      │
       'l,             ,/    ..│                                         .│
       \          /       ..│ 代用にされ始めていた。                         │
         ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙         .└────────────────────────────┘
         ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙

   l三三三三三三三三三三三三三|


43 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:22:03 ID:y9Qa97YM0


┌──────────────────────────────────────┐
│ 8月5日、大和型戦艦の第二番艦「武蔵」が三菱長崎造船所で竣工した。           .│
│ しかし、既に海戦の様相は艦対艦から空対艦に変わり、「武蔵」に続いて建造中だった  .│
│ 第三番艦(第110号艦)はミッドウェイ沖海戦を機に空母への改装が決定したのである。   │
│ 燃料消費の莫大な大和型戦艦は、後方での「床の間の置物」にならざるを得なかった。   │
└──────────────────────────────────────┘


                                   _皿_
                                  {ロ}ニ(( ))ニ{ロ}
                         ヾ、 |  _,,,,、. ---|ュェェェョ|
                         ヾヾ|! |"!i i i゙、  | ェェェョ}
                       ヾ!|i. |^^^^^^、 Eヨョニ=-}
        \        \   {ロ}小_|♀∩♀゙=「U; :…:i:|_     /        /       /
. | ./       \        /ニニi| .|(‥)♀(‥)♀(‥)U≦≦|_i二二゙、      /       /
._|/==ロ===≧≧ /ニニ三ニi≧| ̄「≧「|≧≧(‥)ー(‥)ー(‥)≦≦|_「 ̄l._i二三二二゙、__i二三二ニ゙、_   ____,,,,,;;;---ーーーj
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]] ̄ ̄ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ♀ /
`ヽ_,,,,,,,,,,、...................................................................................................................................................................................................................................(
    し=ιニ__          __________________                         )
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


44 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:23:12 ID:y9Qa97YM0


            /          `ヽ\
           /                }ハ
         /              /{  '
          /             /  ‘.  ',
        ,            /    l  l
        |    l      /        l  l       補給路の伸びきった日本軍は、徐々に
        l    |      ,イニ¬  ァニ|  |
          l   |     ハノリ`   fi.ノリ1   l       米軍の反抗に晒されていくわ
            l    l:    / ー'     ー' |  /
         l   : : :l: :  l     丶    l /         8月7日、ソロモン群島のガダルカナル島に
            l : : :l: :l:   l     __    / /
          l : : :|: :|:  l    ´ ニ´  ..:': /         突如アメリカ軍が上陸したの
          l: /:/: :jハ  | \    /l: :/
         //:/: : : : :N:|  \__/l j:/           この小島をめぐって日本軍とアメリカ軍との間で
          /: :/  : : :l:| `   |: : : | {'
          /:_:/  : : :l:|    」: : . \            激戦が展開され、太平洋戦争でも有数の激戦地となるの
      x<´ i    : : :l:l _   ヽ: : .  ヽ
     /   \ l  l : : :ト`ー   ´ レ1:  l|、
     /     l \ \ : :\  ̄ ̄ 8 /:  /∧
     |     ヽ `¨ 丶ーテ' ー-ァー ' イ |


45 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:24:12 ID:y9Qa97YM0


                 ,  -――-  .._
             , <´    _     `丶
            /   ィ<´         '、
          /  //j             ヽ     これに対し日本海軍も制海権を得るために多数の艦船を投入し、
         /  /'/ ,              l
         l  /X __ l                  |     後に第一次・第二次ソロモン海戦と呼ばれる海戦を
         |. :://カメ、_.:'        /      l
          r―' {ソ  /         /       ,     展開したけれど、多数の戦果を挙げながらも
            }  `::: /;        :/        /
            〉、  //    /   :〃      /      制海権確保という目的は遂に達成できなかったわ
        /|  / /   :/ : :/   /    /
          /ノ{_   ,/   /: :/    /:   /
       /´ /: :厂/  /: ://    :/: : : /
          ///lイ: :_://   : :/: : :  {
        ' /: : ∠∠彡'    : :/く: : : . \_
       /. : :/`ァァ: : :  : : :/   \: : 厂`


46 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:25:12 ID:y9Qa97YM0


          レく _ノ }-‐ >―- ′\
          |// T" /    /   ̄`ヽ
 : : : :/ : : : : : ! /l  l /       /  /       |
: : :/l : :r ---‐く: : l , -l :/  ,イ  /| :    /       敵の艦をたくさん沈めたからといって、
: :/  l : :l: : :|: : : : : :!/ ヘ /   / | /、| :l   /
ヽ{  \{\:ト、: : : :d  「 |  /  _∨  Vl:  /         それがすぐ勝利に繋がるとは限らないんだ……
         Vノ'/|ゝ.  ハ |   l jティ/l: /
         / {/  }  ヘ.!   ` / / ´           戦争って難しいね……
       ,、/{                 〉
     / \\    、   -、_ /
    /\  \\ / \_/´
   /    \  \ ス
  / , - 、  \  \}


47 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:26:12 ID:y9Qa97YM0


          ____
        /~~~ \
      / _ノ Ξヽ、_  \        (もったいない使い方をするからだお……
     /   (◎)―(◎)   \
     | \.(((__人__)))./ |       何で輸送船隊を叩かなかったんだお……)
     \ |   `⌒´   | /
     /              \

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 第一次ソロモン海戦(サボ島沖海戦)では米重巡洋艦4隻沈没、1隻大破、駆逐艦2隻中破という      │
│ 赫々足る武勲を挙げたが、本来の主目的であったはずの上陸船団への攻撃は行われなかった。   │
│ 戦略的敗北ともいえるこの戦いで失った唯一の艦が野心作古鷹型の「加古」であると聞いた        │
│ やる夫は、不満を露にしたという。                                         │
└───────────────────────────────────────────┘


48 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:27:11 ID:y9Qa97YM0


┌─────────────────────────────────────┐
│ この頃、大学の事務当局はある一つの難問を抱えていた。                    │
│ それは、東條首相が9月末に繰り上げられた卒業式に出席して祝辞を述べるという   │
│ 半ば強制的な申し込みを受けたことだった。                              │
└─────────────────────────────────────┘


       , -;‐;‐;-;、
      / __ ‐-‐___ ',          ……評議員の諸君、やる夫総長が大の東條首相嫌いなのは
        |  -` ̄- |
      ,|_(二)ー(二)_.|_         周知のことと思う
     { |´  、,}   `| }
       `! / 小.ヽ  |'         そもそも陸軍大将と海軍中将では相性が悪すぎる
      |   、、 '  |
     ノ{\ 、___, /ハ\        この申し入れ、どう処理すべきかね?
   / { ヽ >ーく  / |  \
  ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,|  ,ハ
  / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |

寺沢寛一(てらざわ かんいち、1882年7月15日 - 1969年2月5日)理論物理学者・数学者。

当時東京帝国大学評議員、理学部長。後に総長事務取扱。
多年にわたり東京帝国大学理学部物理学教室の運営に力をいれる。


49 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:28:11 ID:y9Qa97YM0


        ___
     /´ ニ三ニ  ヽ\
    //         l ヽ         文部省のほうはどう言っているのですか?
   l ,j          l  l
   |' ,,iiiiiiiiii, 、iiiiiiiiiiii 、 ヽ ト、        そういうことは本来、
  '~| { ィェュ、H ィェュ、 l─l、ノ
  ヽ|  ー一' ! `ー一'  lリ}         橋田文相のほうから仲介に入るのではないのですか?
    |ヽ  ,; ' ・ ・ 'ヽ、  ノ |'
    l  r、_,、_,r、   l
    ト、   ー-'' '   ノ
     ノヽ、 __  ,,ィ'\
   __/ l` -、__, - '    ' - 、_
, - '    ヘ/ ヽ

今井登志喜(いまい としき、1886年6月8日 - 1950年3月21日)西洋史学者。

当時東京帝国大学文学部長。都市の発達史を中心に西洋とくにイギリスの社会史を研究。
かつて田中、舞出らと気脈を通じて土方排除に動く。
戦後登呂遺跡調査会委員としてその発掘に係わる。


50 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:29:11 ID:y9Qa97YM0


    ,、-―――──-、
   ,r‐、;;;;;;;;;;;;;,r――-、;;;ヽ
.  〃-、ヽ__,r'",r'"二  |;;;;;|        わしは……
 〃=-、`ー'",、r'"u  ノ;;;;;;;|
 | ==   ===  |;;;|-、 、       そんな事は知らん……
. | `ー゚1  トー ゚ '"ノ .|;;|こ| |
  |,-、rL u.」`二_  |;;|ノノ       適当に……処理しろっ!!
.  |n,,,,,,`ー' ,,,,,,,,, ,rヾ リ、;;|
  |H干干干干干 ヲ | `、;|
  ヾー'" ̄ ̄ `┴'" /  `;|
   ヽ、 三  u  /  ,r/ヽ
    `ヽ、__, -‐'",,r'"/  /\
       ヽ  /;;;/  /'⌒ヾ、
\___________________________/
              ○
              ο
              o
       , -;‐;‐;-;、
      / __ ‐-‐___ ',          ……橋田文相は東條首相とやる夫総長の
        |  -` ̄- |
      ,|_(二)ー(二)_.|_         二人の組み合わせに恐れをなして早々に
     { |´  、,}   `| }
       `! / 小.ヽ  |'         我々に善処しろと一方的に押し付けてきたよ
      |   、、 '  |
     ノ{\ 、___, /ハ\
   / { ヽ >ーく  / |  \
  ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,|  ,ハ
  / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |


51 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:30:11 ID:y9Qa97YM0


        ___
     /´ ニ三ニ  ヽ\
    //         l ヽ         ……いくら総長が嫌っているからといって、
   l ,j          l  l
   |' ,,iiiiiiiiii, 、iiiiiiiiiiii 、 ヽ ト、        一国の首相が来学したいというのを
  '~| { ィェュ、H ィェュ、 l─l、ノ
  ヽ|  ー一' ! `ー一'  lリ}         無下に断るわけにはいきますまい
    |ヽ  ,; ' ・ ・ 'ヽ、  ノ |'
    l  r、_,、_,r、   l          なんとか総長の威厳を傷つけない範囲で
    ト、   ー-'' '   ノ
     ノヽ、 __  ,,ィ'\          しかるべく処理しましょう
   __/ l` -、__, - '    ' - 、_
, - '    ヘ/ ヽ

┌───────────────────────────────────────┐
│ 東條首相の来校については、評議会の中でも「招かれざる客など大学に入れるな」という   │
│ 極論する向きも少なくなかった。                                     │
│ しかし、結局受け入れの方向で話しが進み、事務当局では双方の顔が立つような       .│
│ 式次第を組み上げるために細部にわたって知恵を絞った。                         │
└───────────────────────────────────────┘


52 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:31:11 ID:y9Qa97YM0


┌───────────────────────────────────┐
│ 9月25日の当日は、秋晴れとまではいかなかったがますますの晴天であった。    .│
│ 東條首相は陸軍大将の軍服姿に秘書官一人を従え、オープンカーを駆って      │
│ 東大に向かった。                                           │
└───────────────────────────────────┘


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
 | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|   |.  \
 |_||_|  |_||_|   |    \
                  |     |                                 /   /
 | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|   |     |____                            ___┐     /     /ヽ
 |_||_|  |_||_|   |     |..     |\                     /  |´            , へ
                  |     |LlLl LlL |.  \                   |___/    /      |   |
 | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|   |     |======= |    |                     /       ./       ヽノ
 |_||_|  |_||_|   |     |LlLl LlL |    |               /         ./           |
                  |     |======= |    |               /        /         |
 | ̄|  ⌒ヽ ̄|| ̄|   |     |LlLl LlL |    |                /         /             |
, ⌒(:::::::::::...  ヽ |   |     |======= |    |          /           /           |
::::::::::、⌒:::::::::::::  )  |     |LlLl LlL |    |_                                    i
:::::::::::: ' :::::::ヽ⌒ヽ  |     |======= |    |llll |\    /
ゝ:::::ヾ:: `ヽ(::::::::::::::: ) |     |LlLl LlL |    |llll |  |_
::::::: 、⌒ヾ :::::::::::ヽ   | , .⌒ヽ !======= |    |llll |  |lll |\
(:::::(⌒:::::::://:::::::::::)  (:::::::::::ヽ⌒ヽl LlL |    |llll |  |lll |  |
::(::: :::ヾ::://::::::::::::: `)ヽ::::ヾ::::::::: `)::::⌒) !    |llll | _________、
::::ヽ:::::::::| (::::::::::::: ノ (:::::(⌒::/::: ノ::::(:::::  )  |llll |[||   ||   ||コ]  |::|   ≡
 (::::::ヽ! |::/::)     i ゝ::| |: ノ ) =ヽ:::||:::ノ   |llll |_||   ||   |L   |::|
 |_||__| |::)_||_|   | (::| |::ノLlLl L || |    |-‐r┴─‐┼─‐┴|====r'|`l
     | |        |  | | i     l'l'l'l_,...-‐',○ !lニ☆ニl:l○〉≡ヲ| -|ヨ|L!               _,,-- =-
     | |        | |~|~|~|~|_,...-‐' ̄   r Y‐|l|三三| {Y─r‐ ト、 ./ ,-、 〉 ≡3       ,r''"   ,,,,
  |~|~|~|~|~|~||l__,,.. .- ‐ '  ̄ ̄        L___」l|三三|_L____」:::ヽL/_/:::∨       _,;‐''
-‐'  ̄ ̄ ̄ ̄                   {l==:l二二l===l}ゝニソ ヾゝニソ    _,,.r''"
                                            -‐''"


53 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:32:11 ID:y9Qa97YM0


            _,   -──- 、_
        , -‐''´       |    `''ー 、
      /          |       ヽ
      l     _,. -‐─☆─-、    l
     _ヽ  /,  -───- 、 ヽ、 /__           (……わざわざ幌付きの車を仕立てたのは、
     ヽ  ヽ/ ,.. ====== 、_  i´     ヽ
        }'´ヽ、_,. -──-、_ `7        '.       卒業生や教職員が整列して
   -―  /ミl‐-、 _, -‐ 、_ , ‐-、`‐l           l
  ´ `,   li´`i   l ‐= }}~{{´ =-、}‐r,´ `,   //   |        出迎えるだろうからだ
     l   'ヾ"l   ゝ、_ノ! lヽ、_ ノ l/   l      |
  、 ノ    ゝ!   ,.イ,,, ,,ヽ   ノ   ノ ...     |       今期の卒業生は約二千人、
  ´ ̄`,  ̄ . l  /,,,,,ィミミミ、,ヽ , l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`,
  ::..  l   . ヽ l ゙゙゙゙゙‐‐‐゙゙゙゙ノ//        ::::..  l      さぞ出迎えも派手であろう……)
  :::::... |    ./ \   '''   ,イ   :::::...        |
     __/ ̄!   ヽ、   / l-、_  _      │
_, -‐''´     \ l`ー、`~i´, -‐i l   ` ー- 、      │
ヽ          \`ー、l | l,.-‐'/        `ヽ   .│
 l           `ーr‐ 'ゝ-'´           l


54 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:35:58 ID:y9Qa97YM0


┌──────────────────────────────────────┐
│ ところが、東條の車が正門をくぐっても、正門から講堂へ通じる銀杏並木をくぐっても、   .│
│ 出迎えどころか人っ子一人見当たらなかった。                              │
│ ただ並木の中ほどで掃除人夫が恭しく頭を下げたに過ぎなかった。                 │
└──────────────────────────────────────┘

; ;ゞ ;" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ " "" ゛;"" ゛;"; ゞ:.   ; ゞ゛; ;ゞ ;" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ
ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ;;  ;" "ゞ; ; ; ゞ゛ゞ゛;ゞ:.y.;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;  ゛;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ;
:ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;:_/ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛ゞ゛;ゞ:.y.;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;""ゞ;  :ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;:_ヽゞ ;"
"ゞ ; ;";;;;""ゞヾ:;;_;_;/"ゞ ; ;"/" ヾ ヾ ;ゞ ;" ;ゞ ;" "ゞ ; ; ;ヽ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;\:__;;ゞ; ; ; ゞゞ; ゞ
 ;;;;;; ; ;ゞ;;ノ;ノ″ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;゛;ゞ:.y.ノゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ;;" ゞ゛);ヾ ; ;ゞ ;"ゞゞゞ; ; ; ヽ;;ゞ; ; ; ゞゞ
:;;; ;;;;.....:::/ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;ゞ:.y.ノy.ノゞ ; ;ヾゞ ; ;ヾ ;;" "ゞ; ; ゞ(.ノゞ ゛ ; ;ヾ ;ゞ\:::; ;;;ゞ゛;;ヾゞ ;
;....;;;::::;i;..ii|ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;ゞ:.y.ノゞ.ノゞ ; ;ヾ;..ヾ ; ;ゞ;" "ゞ; ;ゞゞ (ゞゞ ; ; ゞ゛;ヾ ; ;ゞ;iii;;i;;;:.,,;;:.:::,,,
:::: ;;;..;.ii:i| ; ;";;;;"ゞヾ:;;__;/"ゞ ; ;" ;"/" ヾ /" ヾ ;ゞ; ( ゞ ; ;ゞゞ ;" "ゞ; ; .ノゞ;;ヾ;;|ii::i;;....:....:::...
::..;;;.::.. :ii| ;; ;ゞ;;ノ;ノ″" ヾ ;ゞ ;" ;" "ゞ ; ;"ゞ ; ;;;)`(ゞ;ゞ ; ;ヾ (;ヾ ;;ゞゞ;";ゞ;\:__;::;;;..::.;; :::...;...;
:::.::;.;;;.:i;:iii|;;;.....:::/ゞ゛;ゞ:.y.ノゞ ;" ノ ノヾ ;ゞヾ ;ゞ ;" "ゞ;;ゞ ; ;ゞ( ;;"\:__;;ゞ;|ii;;;iiii;;.|iiii.i....:::. ;::::,,,;
:;;.:. ..;;.ii;i|;;..;;.ii;i|;ノ;ノゞ゛;ゞ:.y.ゞ ; ; ; ;); ;ゞ ;); ;ゞ ;"; ;ゞ ;" "ゞ; (ゞ ; ;ヾ ; ;;ゞ|ii::i;ii;;.|ii::i;ii;...::,,,;;. .;
;;;....;;::;...;;ii|;;.;;ii:i;i|.;;ゞ:/ノ;ノゞ゛;ゞノ:.ノ:.y.ゞ ;y.ゞ ; ;ゞ)゛(;;ヾゞゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ゞ|ii;|ii::i;;ii;.|i..iiii.:::. ;;;..::,,,;;
::;...;;:..;i...iii|;;.;;ii;;:;i|i;;;;i|.;;i|ノ;ノゞ ; ; ; ; ; ゞゞ;;ヾゞゞ;;ヾ );丶(ゞ; ; ゞ;ゞ;; |ii|iii;|ii;;|ii;i|.ii;ii;..:|ii::i;:...:::::,,,;;;:
:..;;;.;;;.:;:;i.;ii|;;.;;i;;:;i|;ii:;i|.;;i|;i|;i|.;;.iゞ  ;  ; ;   ;       ;; ;;.,ヾi,;;|;i|i;|i;i|ii;i|ii;;|ii;i.ii;;:|ii.iii,,;;:.:::,,,;;..,
;;;....;;::;...;;.ii|;;.;;ii::;i|i;;iii|.;;i|;;|;i|ii|      ` ,,, ` ,,,..     ` ,., .|ii|;i|;;i|i;;;;|ii;;|ii;ii;;;i.|.iii::. ;...;;;...:::.
::;...;;.;;ii:i;;;:;i|;;.;;ii::i|;;i:ii|;i;i|ii|;;| .,,,.     ,,. 'ニ二ニ、ニニ =、.,.,,   ..|;;|ii;|ii:;;|ii:i;|;;ii:i;;.;|ii:::i;;;:;i;...;::;.
::;...;;.;;;;ii:i;:;i|.;...;iiii|;;i:ii|i;;i|iii.,..,. ,.., .,  `l|__j|___|;|___|[__)|`  ., ,,.,.iii|i;i;;|iii;;|.;;ii:i;;;|ii:i;;;:;i::;...;::;.
::;...;;.;;ii:i;;;:;i|i;;i:i:;ii|i;;iii|;iii,. ,,.. ,.. ,.,..,.,.. , '-- 、 - ‐ '';;',:.:l.:l:;::l_,,,  ,..  ii:ii|ii;.i|i;;iii:i;:|i:;.i:i;;;:;i:..;;.;;:::;
::;.;;:..;;.;;ii:i;;i|;;i:iii;ii|;ii;iii   ,,.. ,   ,〇;|l(*)Il|:○r::,.=、、::l,´,:‐、l       iii;iii|ii:i;;;:;i|i:i;;;:;i::;...;::;.;
.;... .;;:.;:;iii;i|;;i:iiiii;i  ,,.. ,...`  ,.,.....i..:.::;i====i:___;.:,jii´i:l_,j_;ji´!」 ,..,,, . `,..   ii:iiiii;i|iii;i.;...;;.;;:.; ::
iii;;ii:i;;i:i;:;iii;;ii ,,.. ,.. ,.,... .. ,,,..,  .===========l ,j.,.,., lil ,j,    .,,.,.,    .,,  iii;;ii:i;;i:i;:;iii;
  .,.  .,. ` .,.,,, .,  .,. ,..,  `~´        `~´  `~´    ` ,..,   ,..,. ,..,    .,.


55 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:36:24 ID:y9Qa97YM0


  j   |i ;i 〃/ _,                      }!'
 ;i'    i; /∠_,.-'                        i!|
 i!   !_,',/                          j; !
 {  _,.' ノi                        ヽ、 {; レ;'´      ┌─────────────┐
 ゙'ー'",ノ´ L,_,,.-,,.ッ            ,         ヾ,j; イ        │ 東京帝国大学  大講堂  ...│
 _,.-'"j;;' r‐'"´  iレ'          `ヽ__    ヽ!   `!;;i'  /       └─────────────┘
i'´ヽ、 |; ,,!    /'___/--、'        ` ̄ヽi'   i   !;::l 〃
:{ _ i:lヾ、 :;! _____ 〃 __________________________________`ヽ、 j! ___ {;:::レ'/ :
::i...!;i....,i!  i ..... //.................................................................... ヽ、.... j;;::' / !
...!.j;;!/'j, ' {, /,/ ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;: `!,i;:;:;!; ::{  j:
:::}: :'/'{ ::;  レ' / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;::::::::::.:.:.:.::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;: ヾ;゙';::: ! j;'
..ハ;;'!" !;;' "´/ ;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::.:.:.:.:.:..:.:.:.::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::;:;:; ヾ;;,::' レ'{;;
;;} };;〉 },,,, i' :::::::::::::::::::::::::.:.:.:.. . ./\.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゙!;:::i'゙´j..
;:! j;:i  j;;: ,} :::::::::::::::::.:.:.:.:.:. . ./   \. .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::: {;;:::l _i;;
:j |;::i  !;' .,! .:.:.:.:.:.:.: . . . . ./. ┌─┐ \. . . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. };;::::レ´!;:
| .!;::{  {!,,,,i. . . . . . . .  /   │└│   \. . . . . . . . . . I;;'"::;;/i:;
 l;;::|  i!,.7l.      /     └─┘    \       i;;;;::::i' i!;,:
 |;;::} j!:' !      |                  |       j;;:::: i! |,':
 i;;:::l || ,;|       |   l⌒! ┌i┐ l⌒i   |       {;;:::: ,! j,;:
__|;;::;l__l!, ;| __________|   ├l┤ ├l┤ ├l┤   !_____________ };;:;:;:;!/....
‐|;;;;:.|‐j!,,. ! ‐‐┬‐┐   ├l┤ ├l┤ ├l┤  ┌‐┬‐‐┬ {::;;;:: /,,;;:
‐|;;::;;l‐{i, ''; } ‐‐┼‐┤   ├l┤ ├l┤ ├l┤  ├‐┼‐‐┼ i!;;::,.i! ::''.
 };;;;;|,j|  ,.i| ‐‐┼‐┤   ├l┤ ├l┤ ├l┤  ├‐┼‐‐┼ 1;:::::| il ,,
 i;;;;;;;1l ;;i}{ ‐‐┼‐┤   ├l┤ ├l┤ ├l┤  ├‐┼‐‐┼ !':::::l i|.:.:


56 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:36:51 ID:y9Qa97YM0


         , -=‐~-へ__,,- 、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;ゝ
       ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ,/;;;;;;|         お待ちしておりました、東條首相
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノハ;;;;;;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;、 , ;;;;;j:::;;;|        庶務課長の石井でございます
       |;;;;;;;;;;;彳   =  〈 - 〈;;;;ル
      |;;;;;;;;イ6        _ l  )シ         総長は二階の応接室におります
      );;;;;;;;.^     ,__、,_ /ゝ
       ヒi_,| ヽ    ー /           ご案内いたしますので、どうぞ……
        ,,, -/\  \___/
     ―'|  \  \    |\_
       |   \  \.  / 〉 \ ̄
        |__,\  / ̄〕/ 、/

石井勗(いしいつとむ):東京帝国大学庶務課長。


57 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:37:25 ID:y9Qa97YM0


    -------- ̄ ̄ ̄--------┛┗__
ヽ ̄ ̄                ┓┏ --
 ヽ_________________________________________/
  |          ☆       |
   ̄-二二二二二二二二二二二---              /\     /| /\
  |    ̄---______________________-- ̄       \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ  ヽ
  | ____ ______________》  《___________|         \)'
 /⌒ ̄ /  ________ |=/ ________ ヽ         /.
 | 6  |    ●  |ミ |   ●  |        ヽ,)  貴様の挨拶なぞいらん!!
 ヽ   ヽ    ̄  |ミ  丶  ̄  .ノ|       /.
  ヽ_    ̄ ̄ ̄ ̄ミ   ヽ ̄ ̄  |       ヽ   出迎えは貴様1人か!!
   |        /(     _)   |       _)
    |      /   ⌒ -  ヽ  |        ,)   総長はなぜ出てこん!!
     ヽ   / iiii|||||||||||||||ii_ 丶|        /-、
     |    《   ̄------ ̄ ..》|          /ヘ
  / \.\       ̄ ̄    |         /  //7/ヘ /l ト、 |ヘ /l ト
 /   \ \          //\           /   V | ,l ヽ|  V | ,l
/   / ヽ \  ̄------- ̄/へ  \
   / ☆ ヽ \     // ☆\ \
    ヽ ☆ ヽ \  //  ☆ /
      ヽ ☆ ソ  / ヽ \ ☆ /
       ヽ / /  ヽ  \/


58 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:38:44 ID:y9Qa97YM0


   ,ィチミチミ:、
  ,ィ:::::::::ィ"ヾ::::t          わ、私にそんなことを言われましても……
  {:::ィ" = (=fr::}
  〈::::{ヾ   ! リ::〉          ともかくご案内いたします
  ヾlヾ、 = /;;/
ー=イ ヤ、 ~ ノハ=ー-:、      こちらへ……
   > ヤ ,A / .<   ./l

┌────────────────────────────────────────┐
│ この時、総長を除く教授、助教授をはじめ、卒業生2,130名、その家庭連絡者は総て         │
│ 東條の来場に先立って大講堂の式場に入ってしまい、誰も出迎えには行かなかったのだ。     │
│ 残っていたのは石井庶務課長1人だけであった。                              │
└────────────────────────────────────────┘


59 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:39:38 ID:y9Qa97YM0


       _____
       / _     _\
.    /      ̄` ´   \                          ……総長ノヤル夫デスオ
.  /  ─ (  ● ) ─ ( ●)- \
. /         /   !   ヽ    \   ___,. -、               少シ患ッテオリマシテ、
/   \  ( ( ゝ__ノ ゝ__ノ)) / ヽ ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
|     |      ` ⌒ ´   |     `''''フく _,. -ゝ┴-r-、       コンナ声デ失礼シマスオ
|                        |__,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
ヽ      _____      /   / _,. く  / ゝ_/ ̄|        ……式ノ開始マデハマダ少シ
:.ヽ‐'''!-‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_/ にニ'/,.、-t‐ ┴―'''''ヽ
  \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_    時間ガアリマスオ
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ     ドウゾ、ソチラデ掛ケテオ待チクダサイオ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ


60 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:40:37 ID:y9Qa97YM0


           _,-ー' ̄ ̄ ̄`ー-、
          r'´      |     `ヽ、
        r'´    ___|_ _    ヽ
        l   r' ´__☆_ `ヽ、  l
         ヽ r';´=──── == j- '´
          l `ヽ'´  ̄ ̄ ̄ ̄` --Ll
          k';_ ` ̄_ ̄ ̄二`─'~l          ……………………
         f^ヽ``l´セユY`k'ヤユヽ`。
          ヽl  `-、_丿 lヽ__ ノソi
           l   , .r_、_,hヽ  ノ
           ヽ  r,yllllllllllllllk) l
            l  '  ̄`- ' ̄ソノ
         _ノ´~\ __ _ /ノl
     _ ,-ー´  ヽ  ,、`ヽ__,_ ノ ,、kヽ-、_
  rt-'~        ヽヽヽ  | k ' /ノ     `ー 、

┌────────────────────────────────────┐
│ やる夫はイギリス仕込のジェントルマンらしく型どおりの挨拶を丁重に済ませ、       │
│ 東條に椅子を勧めた。                                          │
│ 東條はろくな返事も返さずに身を沈め、それ以降押し黙って会話一つしなかった。  .│
│ やる夫のほうもまた、渋い表情で押し黙っていた。                        │
└────────────────────────────────────┘


61 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:41:37 ID:y9Qa97YM0


             , -──-- 、
          /'^ニニ'´ ̄`ヽ ヽ
         / ̄l_,u / ̄` l  |
         /≧ゞ `<≪ u 」  |              わしは知らんぞ……
        /,ニ/ u l~-``r /,:=、 ,'
        /rri≧-=ニニヽ //r,リ/               知らんぞ何も……
        lヾ=ユ王l王l王} /<.シ/
        \ ー-  _ / :| /\               二人の間で何があろうと
          >r‐ ~´   :|/  |`'''ー-  、.._
     _,.. -‐'7  ト、    /|   |       >‐ 、    わしには何のかかわりもないぞ……!!
    /|    ./  :| \/   |.   |       /    ヽ
   / |  n〈 ,. っ| , 介、  | _ n n    l     |
.  /   | ! {/∠‐''ニ⊃d \ lr| } { {.{ {  n |     |
  /    | | , '",, ''ニニ⊃d   ゙トヽヾ ヽ ヽ._ノ } |     |
. /     ,、ノ  ' ,. - ',.ニ⊃|d   :l \ 、 、゙、  / :|     |
/   /  \_, -‐'´|.   ´    |   ヽ_,,. ヘ  |     |

┌────────────────────────────────────┐
│ 応接室には既に到着した橋田文相が通されていたが、二人の間を取り持つでなく   │
│ 隅の方で身を縮め、文相としての補佐を放棄した。                        │
└────────────────────────────────────┘


62 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:42:37 ID:y9Qa97YM0


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 気を利かせた石井庶務課長の手配で、式の予定の時間割は繰り上げられた。                │
│ 式は首相と文相の入場を待ち受ける形となり、東條はやる夫のとなりにいったん腰を降ろした。    │
│ 引き続き始まった式次第では、東條がまず祝辞を述べた。                            │
└──────────────────────────────────────────┘


           __,,―''''''"'"" ̄ ̄` ;;-,,
         ,''" :.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:..:.:.:.:.::.:.:.'、
           |.:.: ―'''" ̄ ̄ ̄ ` '''..:.:.:::l       ────我々は必ず米英を撃滅し、
            ヽ|       ☆  ヽ/
  .           l―''''''" "  ̄ ̄`'''';;;l         そのために善謀勇戦せねばなりません
             l_,ー--==ニ=ニ=-、l
          |      (●)  (●)|         古今東西を通じて諸君の如く切実に聖業の貫徹に
         (6-------◯⌒○- |
          |  〃 _||||||| |        翼賛し奉ることが出来るといふ感激と誇りとを持って
           \ //__/ /
         .   |\____/           世界の檜舞台に出て行く事の出来る人達は、
          _/::_:: ̄=~/:Oヽ=;ヽ
       ,,==-‐': ̄ ̄:::|::::::::: ̄:::::''‐:.、     未だ嘗て歴史にその例を見ないのであります────
        /:::::::::::`::::::::::::::::::::|O::::::::::::::::::'i:::',
       ,/:::::::::::::::::l::::::::::::::::::|::┌┬┬┐|::::',


63 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:43:37 ID:y9Qa97YM0


           __,,―''''''"'"" ̄ ̄` ;;-,,
         ,''" :.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:..:.:.:.:.::.:.:.'、                           ハナムケ
           |.:.: ―'''" ̄ ̄ ̄ ` '''..:.:.:::l       ────それでは諸君に、私から餞の言葉を
            ヽ|       ☆  ヽ/
  .           l―''''''" "  ̄ ̄`'''';;;l        三つ、送りたいと思います
             l_,ー--==ニ=ニ=-、l
          |      (●)  (●)|        これはあくまで、私個人の信条であります
         (6-------◯⌒○- |
          |  〃 _||||||| |        まず第一に「真の日本精神」であります
           \ //__/ /
         .   |\____/          これは常に心の『ゆとり』を存して、春風自ら沸き出づるの
          _/::_:: ̄=~/:Oヽ=;ヽ
       ,,==-‐': ̄ ̄:::|::::::::: ̄:::::''‐:.、     境地に身を置くものであります
        /:::::::::::`::::::::::::::::::::|O::::::::::::::::::'i:::',
       ,/:::::::::::::::::l::::::::::::::::::|::┌┬┬┐|::::',


64 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:44:37 ID:y9Qa97YM0


  ク    ク   || プ  / ク   ク  || プ  /
  ス  ク ス _  .| | │ //. ス ク ス _ | | │ //
  / ス   ─  | | ッ // /  ス   ─ | | ッ //
  / _____  // /          //    (ゴミ箱を自ら調べて歩くほどの
.  /   l⌒l l⌒l \  ))   ____
. / / ̄| ,=| |=、| ̄ヾ   / ____ヽ       世知辛い東條さんの行政と、
/ ̄/ ̄.  ー'●ー'  ̄l ̄ |  | /, -、, -、l  ))
| ̄l ̄ ̄  __ |.    ̄l ̄.| _| -| ,=|=、 ||        心の『ゆとり』なんて全然違いすぎるじゃないか……)
|. ̄| ̄ ̄  `Y⌒l__ ̄ノ ̄ (6.   ー っ-´、}
ヽ  ヽ    人_(  ヾ    ヽ    `Y⌒l_ノ
  >〓〓〓〓〓〓-イ   /ヽ  人_(  ヽ
/   /  Θ  ヽ|  /    ̄ ̄ ̄ ヽ-イ

┌────────────────────────┐
│ 東條のこの言葉に、卒業生の間から失笑が起こった。 . │
└────────────────────────┘


65 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:45:36 ID:y9Qa97YM0


           __,,―''''''"'"" ̄ ̄` ;;-,,
         ,''" :.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:..:.:.:.:.::.:.:.'、
           |.:.: ―'''" ̄ ̄ ̄ ` '''..:.:.:::l       ────第二に、「不断の勉学」であります
            ヽ|       ☆  ヽ/
  .           l―''''''" "  ̄ ̄`'''';;;l         私は常に『努力即権威』ということを標語とし、
             l_,ー--==ニ=ニ=-、l
          |      (●)  (●)|         今なお乏しきに鞭打っているのであります
         (6-------◯⌒○- |
          |  〃 _||||||| |        そして第三に、「鉄の如き身体」であります
           \ //__/ /
         .   |\____/          私は四十年の軍隊生活の経験によって、この確信を
          _/::_:: ̄=~/:Oヽ=;ヽ
       ,,==-‐': ̄ ̄:::|::::::::: ̄:::::''‐:.、     常に新たにして参っているのであります────
        /:::::::::::`::::::::::::::::::::|O::::::::::::::::::'i:::',
       ,/:::::::::::::::::l::::::::::::::::::|::┌┬┬┐|::::',


66 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:46:36 ID:y9Qa97YM0


  ク    ク   || プ  / ク   ク  || プ  /
  ス  ク ス _  .| | │ //. ス ク ス _ | | │ //
  / ス   ─  | | ッ // /  ス   ─ | | ッ //
  / _____  // /          //    (「鉄の如き身体」といっても、東條さんの見た目じゃ
.  /   l⌒l l⌒l \  ))   ____
. / / ̄| ,=| |=、| ̄ヾ   / ____ヽ       全然説得力がないよ
/ ̄/ ̄.  ー'●ー'  ̄l ̄ |  | /, -、, -、l  ))
| ̄l ̄ ̄  __ |.    ̄l ̄.| _| -| ,=|=、 ||        「乏しきに鞭打っている」のは分かるけどね……)
|. ̄| ̄ ̄  `Y⌒l__ ̄ノ ̄ (6.   ー っ-´、}
ヽ  ヽ    人_(  ヾ    ヽ    `Y⌒l_ノ
  >〓〓〓〓〓〓-イ   /ヽ  人_(  ヽ
/   /  Θ  ヽ|  /    ̄ ̄ ̄ ヽ-イ

┌────────────────────┐
│ 学生の間から、二度三度と失笑が漏れた。 ....│
└────────────────────┘


67 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:47:36 ID:y9Qa97YM0


┌─────────────────────────────────────┐
│東條の後に橋田の形式的な祝辞が続き、最後にやる夫が立ち上がった。          │
│顔色は悪く、その声は最早聞き取れないほどにしゃがれていた。                │
│しかし、その告辞には一貫した信念と真情がこもり、卒業生の胸を打ったのである。   ..│
└─────────────────────────────────────┘


                ________
           /              \           諸君、おめでとう……
          /    ⌒     ⌒    \
        /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \        開戦以来国民の中には、ひきつづく赫々たる
       /   ─(   ◎ l─ l ◎    )─   \           ナ
        |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |      戦捷に狃れて、軽率にも漸く米英軽侮の傾向が
        |   \ ( ( (    人     ) ) ) /   |
       \   |     ハ从从从从从ハ   |  /      見られますが、敵の生産力は極めて侮りがたきものがあり、
        \         ー一          /                    ゴウ
        /                  \        またその学術の力は毫も軽視を許しません……
       /                        ヽ


68 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:48:36 ID:y9Qa97YM0


                                              .┌i「゙il
                                              ! :l i
                                          r‐、.  ゙i ヽヽ
              ____                        i.__,>-┴-゙ l!
             / \ΞΞ/ \                     r'_,.--、__ l!
            /(●)―(●)   \                   レ'"二:、  !
           /::(((_人_)))::/  |                   .ト-'" ノ ,! .!
           |   |-┬r|   |  |                  rヽ. く ./  i!
            \.  `'ー`    /                   人(ト、 ヾy ,!
             ,ト.二._/__,┴i                   _ノ. \ト、 j_ヲi)
             「r=t;T゙Ff 二! ] li     _,.-―-、_        「トー'  \_/,リ
        _,..:-r-‐j=ミ- l __ヲ_,.-‐<)ニニf =、\\\      入ヽ   i、_フ[/
  ,r=―‐ッ==‐‐'",.ニ‐‐≧十'゙ >-、     ,r゙ー-ニ、_\\>、_,.-/  \\  し ,r'
 ,レタ__/ \   i' ,r‐‐i l ! f"「 ̄>゙i   /      ̄ ̄         \ー' :ダ
 V//  r.、」  .l  ̄!L.j l .L」 i"  i   しr                  ゙ーr'
 レレ' i  .L_   l  .l  ./ _ .l  i   -=;'                  ,/
  ( "i ┌‐'  .l ヾ' 「! ! l  l ,フ .ノ  -‐┘                  /
  ,レ.ノ  .ト--  ヽ、 ゙" l .i! l!  ゙"/   -ニフ      _         /
  ]  !  し== ,.-、_゙‐-' ! ゙ー",.:-‐‐-、゙`i      /   ゙̄ー--、____/

  ________∧__________________________
/                                                   \
|  実に今次の大戦は武力戦たると共に、思想、経済、学術の戦でありまして、
|  かの敵を知らず、己を知らず、はたまた精神力、生産力、学術の
|  昂揚なき国は敗るるより他ないのであります!!


69 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:49:36 ID:y9Qa97YM0


               ,、
             //
           ///)
          /,.=゙''"/                        ……諸君は須らく今後の実生活に於いて
         i f ,.r='"-‐'つ      ____
         /   _,.-‐'゙~      / \ΞΞ/ \        理想は高きに持し、実践は低きに始め、
        ,i    ,二ニー;      /(●)―(●)   \
        ノ    il゙ ̄ ̄     /::(((_人_)))::/  |      堅実に正道を進まねばなりません
      ,イ「ト、  ,!,!        |   |-┬r|   |  .|
     / iトヾヽ_/ィ"___.    \.  `'ー`    /       一旦職に就いた以上、徒らざる自負心、若しくは
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l        誤れる矜持よりして、仕事の選り好みをするなどは
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、    最も忌むべきであります……
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐


70 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:50:36 ID:y9Qa97YM0


                ____
              /. \ Ξ /\                    決して功を急いではなりません
             / ─( ●)─.(●)
           /  ヽ::::( ((__人__)))                   功を急ぐとは、
           |    |   |r┬-|  |
            \        `ー'´ /                   自己の名利を急ぐの意味であって
              」-ゝr―‐==; 十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____     これを大にしては国を誤り、
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦_ _ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i   /       \\(_.人 ヽ._ ヽ   自己の周囲にあっては、先輩・同僚を
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ /  /       ヽ-ゝ. \   /   ハイセイ
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  /  /         ,(  \  ノハ   排擠し、結局は自らを誤り、
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /   ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./    ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト  事を破るにいたるのであります!!
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"    ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli


71 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:51:35 ID:y9Qa97YM0


┌─────────────────────────────────────┐
│告辞に聞き入る学生の姿は、東條の場合と顕著な対比を見せた。             ...│
│それを肌に感じたのか、式が終了して退場の際に東條は演壇の突先に進み出て、   ....│
│右手をゲルマンの独裁者よろしく斜め上方に突き出して絶叫した。               │
└─────────────────────────────────────┘


                   _,-ー' ̄ ̄ ̄`ー-、
                  r'´      |     `ヽ、
                r'´    ___|_ _    ヽ
                l   r' ´__☆_ `ヽ、  l
                 ヽ r';´=──── == j- '´
                  l `ヽ'´  ̄ ̄ ̄ ̄` --Ll
           ,rヘ      k';_ ` ̄_ ̄ ̄二`─'~l         諸君!!
         /゙i  i^ヽ   f^ヽ``l´セユY`k'ヤユヽ`。
        /゙i i  i  i    ヽl  `-、_丿 lヽ__ ノソi
.       / / i  i,  i     l   , .r_、_,hヽ  ノ          しっかりとやってくれ給え!!
.       / ,  .i!  i!  i' __   ヽ  r,yllllllllllllllk) l
.        i i ::i!  ll |f j.   l  '  ̄`- ' ̄ソノ
.      l .::j ::i__ lj  ∨/} _ノ´~\ __ _ /ノl
      j ´      .:::ソ  i、 ヽ  ,、`ヽ__,_ ノ ,、kヽ-、_
      i   ー-´/ ̄ゝ |   ヽヽヽ  | k ' /ノ     `ー 、
.      |      }:    .::ム:    \~,- t ~/        /ヽ
      l         ::/      ~l _(~)_ ____ ______l  l、
      、      .....:/       l |_|_|_|_|.|_|_|.| | | | | | | |0 lヽヽ
       `ー 、- ⌒¨¨/´        l`-+-' `-+-'-'-'-'-'-'-' lk   l
          \ /:::::::::::::......    l .;'"`; ;'"`;;'"`;;'"`;'"`;)) l  ヽ
           ` ー-         ヽ.`'''' `''' `'''' `'''' `'''   l   ヽ


72 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:52:35 ID:y9Qa97YM0


┌──────────────────────────────────────┐
│ この日にあわせて発行された『帝国大学新聞』は東條にも土産として渡されたが、      .│
│ その1面トップには、あの思想狩りで大学から身を引いた矢内原忠雄が寄稿した文が    .│
│ 掲げられていた。                                               │
└──────────────────────────────────────┘


                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、          「……近頃時々妙な噂を聞く。勉強する学生は
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l         評判が悪く、勉強しないで鍛錬に熱心なものほど評判がよいと……
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{         勇ましく往け、君の持つ最善の所有物を犠牲として国に尽くせよ。
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{         君の持つ最善の所有物は学問である……
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'         その愛をしっかりと抱いて、命ぜらるる処、何処へなりとも
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、         勇ましく出て征け。
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\      君の生をして真理愛者の生たらしめ、君の死をして
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\   真理愛者の死たらしめよ」


73 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:53:35 ID:y9Qa97YM0


      ___
     /~~~ \                 (さすが矢内原くんだお!!
   / ⌒~~⌒ \
  /   (◎)―(◎)  \              やる夫の言いたいことを的確に掴んでいるお!!)
  | \.(((__人__)))./ |
  \ |   |r┬-|  |  /
  /     `ー'´    \


74 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:54:35 ID:y9Qa97YM0


┌────────────────────────────────────────┐
│ 矢内原の論文に全面的な賛意を示したやる夫は、半年繰上げ卒業から6日後に開催した   ..│
│ 新入学生2,600名の入学宣誓式で矢内原論文を追認した。                     ...│
└────────────────────────────────────────┘

                                         カリソメ
               , -‐- 、       ____        ……若シ旬且ニモ世上、学問ト錬成ハ別個ノ
                 /     :.    /      \
              '       : / \ΞΞ/ \     モノデアツテ、所謂鍛錬ノミガ錬成ノ主タルモノトスルガ
                 |       }.  (○)─(○)  .\
           , --‐‐ヘ:.     .:} ::( ((__人__))):::::  l    如キ考ガアリトスレバ、コレハ謬見ノ甚ダシイモノデアリ、
        __/      ヽ::.   .:::ハ   |il!il!il|    /
      /        |.:\ .:.:://∧   |ェェェェ|    ァ ト、   学問スルコトソレ自体ガ、錬成ノ大切ナル一方途デ
     __/  、     ∨::;::::::::〈             / i |  ヽ
    /     ヽ     ∨:/.:::::::\ ∧  x个x'^ヽ.j j|  i アルコトヲ深ク悟ルベキデアリマス
  .〈  ヽ   ヽ.      ∨.::::::::::::::)ー=彡' |  \フ ゝ、   !


75 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:55:35 ID:y9Qa97YM0


               ___
            /~~~\                世上、国家主義思想ト称スル物ニハ徒ニ
          /\  /   \
         /(◎)三(◎))   \             独善排他的ナルモノノアリマス
           |:::( ((__人__))):::::   |
         \ ヽ|r┬-| /   /'''ー- 、.._         諸君ラハ皇国民トシテノ本義ニ悖リ、
        /: : : |:`i`ー'´´ /l : | : : : : : : : : ハ
      ハ: : : : : | : l.\_/  ,': : | : : : : : : : /: ヽ       日本精神ヲ汚シ、学生タルノ本分ニ違反スルガ
.      l: :l: : : : :|: : l ,.イ_:>、/ : :/: : : : : : : :l: : : :〉
      l: : l : : : : >'l |::| /`<: : : : : : : : :|: :/ 〉      如キコトナイヤウ切望致シマス……
.      l\ |: : : : :\:ヽ|:::|./: /: : : : : : : : : |/: /:|
     l\`l : : : : : : \∨/: : : : : : : : : : : |/:/:|
.     l: : :`| : : : : : : : : Y´o : : : : : : : : : : : |/: : : |

┌────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫はこの日の告辞で特に世論を誘導する「偏狭固陋なる排外的独善」に関して警告を鳴らした。  ..│
│ たとえさまにならないしゃがれ声でも、声が出るうちに訴えておかなければならない、               .│
│ そんな焦燥すら感じさせる告辞であった。                                           │
└────────────────────────────────────────────┘


76 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:56:35 ID:y9Qa97YM0


         ___
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \              ┌────────────────────────┐
  ... ........../::::::::::::    `            │ そして、やる夫の衆人の前でのまとまった告辞は、    │
  ... ...../::::::::::::::::      \..         │                                    │
..... ..........|::::::::::::::::::         |           │ この日が最後となったのである。               .│
 ..... .......\:::::::          /         ..└────────────────────────┘
  ... ..........>::::        <
  ... ........( |::        / )
... ...   .......`|:::::::     /
  ... ...... ....|:::::::::人  /::..
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_)...
 ... ...... ....  >__ノ三三....
.. ........ ..........三三三三.... .
. ..    ... 三三三三三....


77 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:57:35 ID:y9Qa97YM0


    __         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .'  ヽ`ヽ       |  この頃、ガダルカナル島周辺ではわずか数ヶ月の間に日米で大激戦が展開されたわ
.  ! i 人 !      |
   )W゚ ‐゚ノ!|     <  細かく解説する余裕はないので概略で紹介するけど、日本海軍は戦略的敗北を重ね
   ソ)ル並ル'、      |
  (ソ[:工:]<)       .|  ガダルカナル島の日本軍は補給を絶たれて、島は「餓島」と化していったのよ
    ヒ!ヒ!        \____________________________________



*10月11日:サボ島沖海戦(エスペランス岬沖海戦)。
        戦果:重巡洋艦1隻損傷、軽巡洋艦1隻損傷、駆逐艦1隻沈没。
        損害:重巡「古鷹」、駆逐艦「吹雪」沈没(撤退中に更に2隻の駆逐艦を失う)。
        米側は夜戦で初めてレーダー射撃を実施、日本の夜戦での初めての敗北。

*10月13日:戦艦「金剛」「榛名」、ヘンダーソン飛行場艦砲射撃。翌日には重巡2隻による砲撃を実施。

*10月24日:ガダルカナルで日本軍第2師団の総攻撃。26日までにほぼ粉砕される。

*10月26日:南太平洋海戦。
        戦果:空母1、駆逐艦1沈没。駆逐艦1大破、空母1中破、戦艦1、軽巡洋艦1小破。
        損害:重巡1大破、空母2中破、駆逐艦2小破。
        米軍の稼動空母が一時的に0隻になる。日本側も航空機搭乗員を多数失う。

*11月12~15日:第三次ソロモン海戦。
        10月13日に続いて戦艦による艦砲射撃を試みるが米重巡艦隊の突入によりこれに失敗。
        撤退中に米戦艦部隊と砲撃戦となり、戦艦「比叡」「霧島」、重巡「衣笠」を失う。
        14日にはガダルカナルへ向かう第38師団輸送船11隻が米軍航空隊に攻撃されほぼ全滅。
        これ以降日本側はガダルカナル島周辺海域の制空権を失う。

*11月30日:ルンガ沖夜戦。
        ガ島支援の為輸送任務についていた日第二水雷戦隊と米第67任務部隊との遭遇戦。
        戦果:重巡洋艦1隻沈没、3隻大破
        損害:駆逐艦「高波」
        戦術的には日本海軍最後の大勝利であったが、目的である輸送任務には失敗。


78 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:58:35 ID:y9Qa97YM0


                   _r、___
                  、〕____L〔                  ┌──────────────────┐
               =ニ二|, 人 {二ニ=             │ やる夫が携わり、愛した艦が次々と    .│
                 「「 ̄ ̄l"‐ュ__,             .│                           .│
              --‐‐'イ'ニニニニ"‐-ト┴-            │ 海の藻屑と消えていった。        .....│
                ‐-}__r:!::ュ__/_{/             │                           .│
                  〔:::::::r┘___lz-               │ 重巡「古鷹」はサボ島沖海戦で、     ..│
                 >:::::L_:l  [て ̄           ...│                           .│
                 ゝ____\__L__]            ..│ 戦艦「比叡」、重巡「衣笠」は         .│
                r' ̄`Y´tr┐::r-z'             .│                           .│
                r、〕_ニニニニニ‐-rニlj   Y        .│ 第三次ソロモン海戦で失われた。      │
                ̄L〕_]゚::::゚[___}⊥{rl」r  」L         .│                           .│
                 l |   | ̄ ̄|lⅤ ^ゝ^lk        .│ 「比叡」はやる夫が造船官初期に設計を  |
              r‐ヘ'z┴--┴─イ:l\ヾ ̄\v[        .│                           .│
              L 凵/\ ̄TTl::]__べゝ===〔      ...│ 担当した艦であった。             .│
              ゝxv──=====rz‐ュ ̄了__、L、     ..└──────────────────┘
             r'>o--へへ ̄⌒ゝ:__]rトュ「Lj____べ_
  ______ o─o─o─'<l] ̄ ̄`\..。。。l。Lr/___|
-:〔 ̄ Y`´^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄二 ̄ ̄ ̄ ̄         .|──────────
  \ |   /^)      .\___L、            |,
   ヘ|    ´              ]           __」
    |   。 。 。 。 。 。 。   L       ,,,-‐''"
    L              ,,,,,.......  ---‐‐‐"""
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


79 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 21:59:34 ID:y9Qa97YM0


        , -‐' ニ、-、
       /      .  \               ……ここに至って平賀設計は遂にその
      /        }     ヽ
     ./        ハ     、l              脆弱性を明らかにするの
     ,        / ヽ.   \
     |          /   \、  \           元来巡洋戦艦である「比叡」は防御力が低く、
     |         :/  、___ l\   ヽ
     l |   {  :/_   ィ==、!}: {\   |         重巡の射撃による舵取機室の浸水で行動の自由を失い、
     丶ゝ、 \{=、     ' '/: : :ーヽ ノ- 、
      人\ヽ. \  '_  /: : :    -―\イ     敵空母機の空襲による被害も相まって自沈したわ
     _// : :l}\ト、\´_/\: : : : : : ; --、 |/
    `7{   :{  }ァヽ| /   / >一个ー一リ       また、巡洋艦では片舷に被雷すると中心線にある
      | V{: : :‘ァ_\ /  / /    |:\
      l  |` ーァ'´ |/\/ /    | ̄         隔壁のせいで浸水が片寄ってしまい、大傾斜を起こしたの
     ヽ ヽ    |    |    /


80 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:00:34 ID:y9Qa97YM0


    /⌒ ー-ァ'´ -     -‐{_:::::::::::人      _      \
 r-/  _rf´ ̄`    -―‐- 、└t=く  ゝ. __,ノヘ、   〉  厂
 ヽ   [:::::!           \ l ハ         |  /|  /
 t┘   }/゙|                 l_  l        レ' l/     ……やる夫さんはその欠陥に
  `7 人/ ヽ、 l   卜 \  l  |ハ |
   レ′ |  、\、  |,二,.__\|  |〈 | /                 気がついていたのかな
       ヽt  N弌\|ハノl | 亅|  / ノイ
       \ 入リ   ー'  j/ / 〈                  もし気がついていたとしたら、
            `T´ ′      /   ',
          ゝ. - ―   /    ゝ. __ ,、_            相当苦しんだだろうね……
            `> 、__/ \       }}  `l ー}`丶
           /  |ー| -- 、{{     }}-‐ ノーノ    \


81 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:01:34 ID:y9Qa97YM0


                       _,,...,,,...,_
                   ,,..-‐''::::::::::::::::::::"''‐- 、.,_            . ┌──────────────┐
                 ,-'''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶、         ..│ やる夫の体調は戦況と共に  ..│
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       ...│                      │
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     │ 悪化の一途を辿っていた。    .│
──── 、       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    │                      │
::::::::::::::::::::::::::\   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     │ 11月頃から喉頭が痛みだし、......│
:::::::::::::::::::::::::: ::: \/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   ..│                      │
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     │ 次男の重孝に麻酔薬を       .│
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  ....│                      │
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  ....│ 吹き付けてもらわないと     │
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   │                      │
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    .│ 食事も喉を通らなくなった。   │
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ...│                      │
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::.:;;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /      │ 家族は移り住んでいた       .│
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /´\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /        . │                      │
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   \:::::::::::::::::::::::;,.,___r:::::::::::::::::::::::::|         ..│ 世田谷区代田の借家の       |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       \::::::::::::::;:|─・─‐\:::::::::::::::::::ノ       ....│                      │
::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /           ̄ ̄ ̄ .・: 、∵ ̄ ̄            .│ 洋室を病室に当て、重孝が .. .│
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /                  ,;), :;.(;;;ヽ ”、             .│                      │
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             :;.ノ;;) ”、、;;;;;               │ その看病に当たった。       │
:::::::::::::::::::::::::::::: : /              : ”    ヾ               └──────────────┘


82 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:02:34 ID:y9Qa97YM0


         ,ィ ,イ/⌒Z__
         ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ        重孝さん……
      ∠:::::::::::f::fノナ弋:::/弋l::l:::::ハl
      ../::::::::::::|::|( ●) (●|::|ル゙        お見舞いに来たのだけれど、
      人λ::::(|::| ,,  r‐ァ  .,|::|
        .|:::::::|::|、   ̄ ノ::|::|         お義父さまの具合は……?
       、ノ::::::::|::| ヘ___Y゙:::::|::|
       .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、
       /:| .y / | ヽヽヽヽ `ヽヽ ←長男謙一の妻輝子



         _ , --.ー.`γ^‐- 、
        ∠:::::: ゙;:;  丶 :::: `ヽ
        /:::/:::i:i ::; ::  ::: :: ゝ        ……正直に言えばあまり……
        κ:::λ::i ::i :::! :::i :: ::..j
        レ′:::::! ::! ミ;;、::i : ::: ノ        いまや結核が移るからと
         ヘ::/-i≦ |/V _≧- j::z´
         《-j丶-‐ .:` --‐ i ソ         母さんですら病室にいれない状態です
          ヘ    ,    ,'
           \. - -  ,イ           申し訳ありませんが、義姉さんも
             ト - .イ !、
            ノ ;: .:;j  ≫j ‐- 、      洋間を仕切るガラス戸から覗くだけにしてください……
       _ , -‐ヘ 、__   /__, /:::::::::::: >、
     √::::::::::::;:/ゞ    , へ::::::::::::::,::::::::: ヽ


83 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:03:34 ID:y9Qa97YM0


       //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:. ハ.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      イア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:/l/  レヘl ',:.:.:リ、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:ト、:.:ヽ.
       /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ.:iリ ─==ニュ、レ'  \.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l!
        /ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.Ⅵ    __≧ァヽ.    \:.:.:.:.イ:.:.:リ.:.:.:.:.:.:ト、
         |.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ'⌒'.l:.:.:.:.:レヘ|  マ’  仡弌ャ、`丶. /./ l/l/l.:.:.:.:.:.:.:l!    なんで、なんで父さんが
         レ1.:.:.:.:./  ヘ. |:.:.:.:.:l     '.  l 夾 i トヾ >ィ     レ1.:.:.:.:リ
          レ1:.:.:l   〉l∨Ⅵ     ヽ 弋こソ ,   ´   ,イニャ、./ィ NY     こんなに苦しまないと
           |.:.:人  ヘ             ` ‐一      トィ.こャ,ハノ
           レ1.:ハ ヽ.                    代リリ 〉        いけないんだ……
            |:.:.:.:ム.     u                、` ー'’l
            |.:.:.:.:.:l  i                    _  〉   l        父さんは今まで一生懸命
            レ1.人l  l                         /
          レリ    ヽ           r ──ュ      /         やってきたじゃないか
          ハ.___ \            ──     /
      l二三三三     ̄lニl l               /           それがどうして……!!
      |               lニl ト、             /
      |               lニl | 丶           /
    ,へィlト、              lニl |    > __ _ /
二 ̄  =‐-へ         lニl |     /ー─────t
         `         lニl |      /          l


84 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:04:34 ID:y9Qa97YM0


     ______________  __________
   {\              `\               \
     \\               \                 \
      \\                \                \
        \\               \               \
         \\                \                   \
           \\               \                  \
            \\__________\ ___________\
             \ソ三三三三三三三三三三ミ彡三三三三三三三三三ヘ
               `く三三三三三三三三三三入三三三三三三三三三三ゝ

┌────────────────────────────────────────┐
│ 重孝の日記は、病人を持つ一家の苦しみをそのまま書き綴っていた。              ....│
│ 「十一月二八日。二日程前から急激に寒さが訪れた。冬がやつてきた。父の病ひ、ずつと    │
│ 心配の種である。                                               │
│ 此の冬を維持すればもう安心なのだ。悪化する傾向がないらしいのが有難い。         ...│
│ どうか治つてくれゝばよいと思ふ。此の冬はたのしみにして居たスキーも諦める積りだ。      │
│ 最後の学生生活に残念だが、父の病には代えられぬ」                         .│
└────────────────────────────────────────┘


85 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:05:33 ID:y9Qa97YM0


                /                         \
             / 7           、\  、 }、    、
            /イ      ィ   イ 人 ト、}、( \∧ } i_ \
              / { / /}人ト{ハヘ / )/  Y  / ̄  }ハ 〃 ハ
             レハ∧'`丶、   ( / .; u;/x===ァ  レ'(   } l
             /   ハ {{下㍉      ィチ万}} }}      // j
                 '. 弋tリ       弋:少       ノ /
                 ', ` ̄;,       ̄ ̄   u  r‐ヘ  {
                  、;;.   /::::.             l  ハ从_
                    _,. \  `' __, --、     . '
              ,.....::::´::::::::::\   ヾ__二}   /  |
          ,....::´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、         /    j
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ /    /
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   `ヽ、    /

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 「十二月四日。雲が低く垂れ、初冬の憂鬱な天気が終日人の心の上にもたれ懸つてゐた。     .│
│ 父の病ひは依然回復の兆を見出せない。食事の時、それは気忙しい。                │
│ 父の病室まで何度足を運ぶか分からない。                                ..│
│ 女中が一人で、母が年を取ってゐるのに良く働かれるのが涙ぐましい。               ...│
│ 戦争が次第に拡大されてゆく。凡ゆる方面から生活への圧迫が加はる。                │
│ そして家には病人を持つ特有な陰鬱が立ち込める」                            │
└─────────────────────────────────────────┘


86 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:06:33 ID:y9Qa97YM0


        ____
     ; /ノ|||| ヽ\;
   ; /( ◎)─(◎)\ ;         やる夫は、やる夫は病人なんかじゃないんだお……
  , /::::::\(__人__)/::::: \;
  ; |    | |r┬-| |    |,,        やる夫はまだまだ働けるんだお……
  ′\      `ー'ォ    /´
    ./  ⌒ ̄ ̄`r:´> ) :
    (_ニニ>-‐'´/' (/ ;
    ; |     | ;
    ' \ ヽ/ / :
    , / /\\ .
    ; し’ ' `| | ;
          ⌒

┌──────────────────────────────────────────┐
│ しかしやる夫は病気を自覚していながら、病人と見られることを拒否した。                  │
│ 11月中の適当な休養が体調を戻したと言い張り、12月1日には、海軍の要請で設けられた       │
│ 熱帯農業員養成所の入所式に出席、続いて5日には、新装なった第二工学部の開業式に出席、   .│
│ 更に8日には、開戦一周年の大詔奉戴式に出席した。                                 │
└──────────────────────────────────────────┘


87 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:07:33 ID:y9Qa97YM0


┌──────────────────────────────────┐
│が、数日を経ずに再び体調が崩れ、時に38度に達する発熱症状が現れた。    .│
│医師は絶対安静を命じ、好物の酒も厳禁した。                    ....│
└──────────────────────────────────┘


         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ;         l⌒ '"⌒ ヽ、
       |          u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)─(ー-))::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'


88 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:08:33 ID:y9Qa97YM0


            ____
          /      \
         /─ 川 ─   \         (さすがにこの状態では
       / ( ◎)―(◎)    \
       |ヽ(( (__人__) ))/u  |        もう総長職を続けるのは無理だお……
       \|   ` ⌒´  |  _/
        / l        ヽ           総長任期は12月20日までのあと半月足らず
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l           これを機に勇退するのがスジだお……)
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|
 /          `ヽ }/
            / //
  ,,, __ ___ _/ /_/

┌────────────────────────────────┐
│ 総長任期の満4年はすぐそこに迫っていた。                        │
│ 前々からやる夫再選の下馬評が高かったが、やる夫は体調を考慮して    │
│ 次期選挙への出馬辞退の意向を評議会に伝えてあった。              │
└────────────────────────────────┘


89 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:09:33 ID:y9Qa97YM0


【決定】                      . .      ┌──────────────────────┐
          ゚・ *:  : *・          .      │ ところが、総長候補を選出する協議会では、    .│
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜      .      │                                │
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *       .    │ 大多数の票がやる夫に投じられてしまった。   .....│
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜          │                                │
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧             │ 彼らには、最早やる夫以外に              .│
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)              ..│                                │
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ            │ 頼れる人物などいなかったのであろう。      .....│
    u-u (l    ) (    ノ u-u             └──────────────────────┘
         `u-u' `u-u'


90 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:10:33 ID:y9Qa97YM0


       , -;‐;‐;-;、
      / __ ‐-‐___ ',          ……ということで、われわれ二名が
        |  -` ̄- |
      ,|_(二)ー(二)_.|_         学部長代表として協議会の意思を伝えに参りました
     { |´  、,}   `| }
       `! / 小.ヽ  |'         やる夫総長、どうか次期も努めていただきたく思います
      |   、、 '  |
     ノ{\ 、___, /ハ\
   / { ヽ >ーく  / |  \
  ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,|  ,ハ
  / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |


91 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:11:32 ID:y9Qa97YM0


        ___
     /´ ニ三ニ  ヽ\
    //         l ヽ          私も寺沢君と同じ考えであります
   l ,j          l  l
   |' ,,iiiiiiiiii, 、iiiiiiiiiiii 、 ヽ ト、        現在の状況で総長職を務めえるのは
  '~| { ィェュ、H ィェュ、 l─l、ノ
  ヽ|  ー一' ! `ー一'  lリ}         やる夫総長しか居りません
    |ヽ  ,; ' ・ ・ 'ヽ、  ノ |'
    l  r、_,、_,r、   l          なんとか総長職を留任していただきたく
    ト、   ー-'' '   ノ
     ノヽ、 __  ,,ィ'\          ここにお願いに上がりました
   __/ l` -、__, - '    ' - 、_
, - '    ヘ/ ヽ


92 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:12:32 ID:y9Qa97YM0


    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //         ……あんなことを調子よく
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!         あの人たちは言っていましたけれど、
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"              この上仕事を続けては
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /          父様の体が持ちませんわ!!
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\
// l       /\!          !    /.::::::::         父様!! きっぱりと断ってください!!
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::


93 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:13:32 ID:y9Qa97YM0


           / ̄ ̄\
         ノし. u\.i||i./\
         /⌒` (○) (○)ヽ                 お母さんのいうとおりです!!
        .|    (__人__) |
        .|     `|::::::|  .|                  お父さん!!
        ヽ     .l;;;;;;l  /
          ヽ    .`ー' .ノ: i |i ||            これ以上仕事を続けたら
         /⌒       ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::        \ ||     |i           命に係わりますよ!!
    :: (「    `rノ ::       \   ||i
     :: ヽ   ノ ::           \
       |   | r          「\   \


94 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:14:32 ID:y9Qa97YM0


                                /! .ィ
                           /i/.:.:/イ 'ー─‐ァ
                     ァーュイ.:.:.:.:.:.:.:.:レ´.:.:.:.:.:.∠ - ‐─ァ
                    ,.ィ仁.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/           大学の先生たちは
                     <.:.:.:.:.:.:.:ー一.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`丶、
                   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ーt一 `      卑怯だ!!
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!.:.:.:.:.:ヽ
                 `ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://メ ,.ィァ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l!        絶対安静の病人に
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ/'   `℡、l,.ィ'’ア >ィ:.:.:.:ト、リ
                    'ー┐.:;仏ヘ:.:/    ! ̄,ィ圦\// // リ         激務を押し付けて、
                    l:.:仁  〉!    ヽ 之リ',_ ` ィ≦!r'レ'
                    l:.:.ヽ ヘl      ` ー"  ̄   {ソ            自分たちは責任から
                   レ'マ:.:.刀        .ィニ 、  ,.>
                         マ/ 八      / ヽ.   〉 l            逃げるつもりなんだ!!
                       リ   ヽ.    i    ; / /
                      /   i   \   `ー一'’/
         ,.ィ ニ ニ二二仁ニイ    !    丶. _ _/
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l!.:.:.|     i     /二三ヽー─‐──一 ュ、
        /i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ;   !    /,    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ.:.:.ヽ.
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l           イ   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
      l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,_.\  ゝ     -‐  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノL._
     ∨.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>'" \\        /><.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.>'´.:.:.:.:.:.:.:ハ、
        〉.:.:ハ.:.:.:.:.>'"        \\ .   //   `マ.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙>rュ、
        !.:ヽ.:.:i:.:.:/              \\ //       ゙マ.:.:;'.:.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ


95 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:15:32 ID:y9Qa97YM0


  ::::::  ::   ____
  ::::::  :::: /_~~~\
  ::::  ::::/  ~~~  \
 ::::  /:::    ─    ─ \                …………死生、命アリ…………
 :::  |  ::─ .(_)─(_)  |
  :::   \ \( ( (__人__))),/
  ::  ノ      ` ⌒´   \  ポツリ
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


96 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:16:32 ID:y9Qa97YM0


             ,ri ,r'ム----┐
          lV´: レ'; ; ; ; ; ; ; ;'--z___
        _,,,,,,,_!`: : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; >
      <_,;,; : : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; `,、              (……父さん、今なんて?
      _,r'; ; : : : ; ; : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;`、
    ´7: : : : : : : ; : : : : ; ; ; ; `ヾ、,;,_; ; ; ; ;/ ̄ヽ、
   ∠´,;r': : : : : ; : : ; ; : : ; ; ; ヾ;ヾ、! `ヾ、ヽヽ,ノヽト、          「死生、命アリ」?
    /´: : : : : : : : ; : ; : : : ; ;、ヾ__ヽ    `   ,ノ !_ゝ、
    レi: : ; : ; ; ; : : ; : : : : `ヾ--` / ,r''''ヽ  u   <   `ー-.
     !: : : : ; : : : : :、: :ヾ、'''ー` / /i´ ̄`!       !           どういう意味なんだ、父さん……)
    ,!_;!: : : : : : : : : ヾヾ、!   ,!| l ` フ′      !
        レ!: : : : 、: : :ヾ、!    レ    ´       !   ヽ
         Vi : 、: ヾー‐‐`    '             !    ヽ
         ヾ、`、_ヽ _,,,r‐,,r,,-.,_      _,     l
          `  `ー‐‐'ー ` -ノヽ    /ノ   ,/  ̄''''''ヽ
                 `ヽ ___ ,,..-‐‐‐‐‐'7      `
                          /
                          /


97 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:17:32 ID:y9Qa97YM0


  ..      ____
       / ―  -\
  .  . /─(○)─(○)              大学ガドウシテモ留任シテクレトイウノダカラ、
    /:::ヽ( ( (__人__)))\
    |   |    ` ⌒´   | |
  .  \           /             オ断リスルワケニハイカナイオ……
  ::  ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


98 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:18:32 ID:y9Qa97YM0


           {: : : : : : : : : : :: :: ::_\          \\  \
           }: : : : : : : : : :: :/   \__      ヽ.ヽ   ヽ
           {: : : : : : : : :/ /    ',   ヽ`ヽ.    l |   〔
          /: : : : : : :/   ,'  l   !   l {_  :l |
          \: : : ::/ l   |  l   l   |  : : }  l |
    /|       }: :./ |  l l  |   |    l  l: :{   ! :l  /
  / : !   _  ヽ,'  |  l|  l   |   |  l: :L.  | ! /',
_ノ   :└ ' ´  /  l |  :l  :i l   l|__」: 斗.イ :|: : :ト、 l |イ||l
    } ー┼¨  /  |',  l |l !  ll:  , -- 、 l:|: : :i: ハ. |」 | i
    レ Cト   {__  l l :|  /l  ',  |l: / f´:::::.ヽ Y: : /::|ヘ |」/ | l
           /  Vヽ ',/ヘヽ ヽ j ! ヾーい jノイ :| { 〈   |
    ー/┐ヽ  〈    V ヽ//「::::ヽ 丶    `¨´  /! :|/ /  !
    / _/     ヽ  , ト、 ヽハ乂:い,          |:l ::| / __l
            // :/>、ヘ.U¨^ヽ , ―- 、    !:! : :!// _,
|     つ     厶/ :/  |  : ト、   ヽ(  丿   |,! :|イ'´
}_   /  / ̄ / :/  | :: :| \    ̄    /!| :l
   \ ・  /    / :/  /l : ::|    `   ー‐ '´>l:| :|

┌─────────────────────────────────┐
│ 家族の説得を黙って聴いていたやる夫は、しゃがれた声で結論を告げた。  .│
│ それ以上の事はやる夫は何もいわなかった。                         │
└─────────────────────────────────┘


99 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:19:31 ID:y9Qa97YM0


┌──────────────────────┐
│ 12月12日、臨時の学部長会議が招集された。   .│
└──────────────────────┘


                        -  - 、
                     / (◎ ◎)ヽ
                     ゝ(_人_);ノ .
             ∧_∧    (  <V>  ).      ∧_∧
            ( ´∀`) / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄\  (・∀・ )
            (  <V>)/           旦 ⊂<V>⊂)
            ┗┳┐ /               \┌┳┛
          ∩_∩  /                  \  ∧_∧
          ( ・∀・)/                     \(゚Д゚,,)
          (  <V>つ[三]                  旦 ⊂Y⊂)
          ┗┳┐/ 旦                       \┛


100 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:20:31 ID:y9Qa97YM0


            ____
          / ~~~\          ……マズ諸君ニハソノ大多数ガ
        / ─    ─ \
       /   (○)─(○)  \       ヤル夫ノ総長職留任ヲ支持シテクレタ事ニ
      .| \:( ((__人__))):/. |
       \ |    `⌒´   | /       感謝シナケレバナラナイオ
       /           \



             ____
            /    \         コレヲ受ケテヤル夫ハモウ一期総長職ヲ
     .    /   ~~~ \
     .  /    ―   ー  \      続ケル事ヲ決心シタオ……
       |   ─ (○)─(○)  |
     .  \ ヽ ( ((__人__)))/     タダ、気ガカリナノハ、身体ノ関係デ
     .   ノ    ` ⌒´   \
      /´             ヽ    ヤッテユケナクナルカモシレナイトイウコトダオ


101 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:21:31 ID:y9Qa97YM0


            ____
          / ~~~ \         ……シカシ、別段身命ヲ賭シテ引キ受ケルトイウ意味デモナイオ
         / ─    ─  \
       /   (○)─(○)   \      今マデモ病弱ナ身体ヲダマシダマシヤッテキタノダカラ、
       .| \:( ((__人__))):/ . |
       \ |    `⌒´   | /      ココ一・二ヶ月ホド静養サセテモラエレバ、本復スルオ
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
       /      ,⊆ニ_ヽ、  |       静養中モ、火曜ト土曜ハ医学部ノ付属病院デ診察ヲ受ケネバ
      /    / r─--⊃、  |
      | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |       ナラナイノデ、必ズ登校スルオ……


102 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:22:31 ID:y9Qa97YM0


                               ___
       , -;‐;‐;-;、               /´ ニ三ニ  ヽ\
      / __ ‐-‐___ ',              //         l ヽ
        |  -` ̄- |             l ,j          l  l
      ,|_(二)ー(二)_.|_             |' ,,iiiiiiiiii, 、iiiiiiiiiiii 、 ヽ ト、     (引き受けないと言い出したら
     { |´  、,}   `| }           '~| { ィェュ、H ィェュ、 l─l、ノ
       `! / 小.ヽ  |'            ヽ|  ー一' ! `ー一'  lリ}      どうしようかと思っていたが、
      |   、、 '  |              |ヽ  ,; ' ・ ・ 'ヽ、  ノ |'
     ノ{\ 、___, /ハ\            l  r、_,、_,r、   l       これで一安心だな……)
   / { ヽ >ーく  / |  \     .     ト、   ー-'' '   ノ
  ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,|  ,ハ          ノヽ、 __  ,,ィ'\
  / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |        __/ l` -、__, - '    ' - 、_

┌──────────────────────────────────────────┐
│ やる夫の総長留任の内諾には、家族に「死生、命あり」と洩らしたような悲壮感は全くなかった。  ...│
│ 各学部長とも、やる夫が演出した元気に安堵しこれに乗ってしまったのである。               │
└──────────────────────────────────────────┘


103 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:23:31 ID:y9Qa97YM0


┌─────────────────────────────────┐
│ 12月15日に行われた評議会でも、やる夫は留任を認める発言を行った。  ....│
└─────────────────────────────────┘


      ___
     /~三 ~\            ……ヤル夫ハ幾百万ノ将兵ガ生還ヲ期セズニ
   /( ○)─(○)\
  /ヽ:( ((__人__)))/:\          勇躍出征スルコトヲ範トシナガラ、
  |.  |   |r┬-|  |   |
  \    `ー'J    /          留任ノ意ヲ決シマシタオ……
  /              \


104 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:24:31 ID:y9Qa97YM0


  \       |    |     /          /
    \      |    |    /        //     ..┌────────────────────┐
\    \     |   |           / //  .  │ やる夫の言葉のその奥にあった真意を   .....│
\                               ..   .│                            ....│
                                .. ..│ 評議員たちは誰も分析しようとはしなかった。...│
    ハハ                            .│                            ....│
    (ロ゚=)    ハ ハ      ∧∧   ∧ ∧       . .│ こうして評議会はやる夫の留任を         │
 ヘn |  、 ヽ  (∀゚=)    (∀゚ =)   (Д゚*=)      .│                            ....│
 `ー、`(´`´_ノてγ(´) ⌒ヽ   /  =ヽ /  =ヽ      . │ 正式に決定したのである。           ....│
   / ̄/⌒ノ `ーヽ_ノ ヽ / |  Y(´9/     = |     └────────────────────┘
  (__,ノ |  |    //=ノ /  |   | ヽ  |(´ヽ |  |
     (_)  / | Y  (_/ / /`ー|\ `  ノ


105 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:25:31 ID:y9Qa97YM0


 /       r'ニ二 7  /´ ̄`   ――- 、  ` Y ニ 二[                ノ
/ /      [ 二 ー// {             \ [_ 二一_].              く
l / /  _      `7ー/   l     、       \L. _ ノ |              r、|
/ | /` ー一' /      l     l \ \       V〈   ` ー一 ⌒\  l\|
レ'´レ'´        ,' /   | ∧     |  \ \ 1   l! l             レ'
           | l   Ⅳ≦\   l  ≧ニ>、.|   l||             何で!?
           N   l/´fr::ハ \ t_  fr::ハ`Yl|  ハ. |
           | ヘ   ! r:ヒtン  `¨   ヒtン。 |  /||              何で誰も止めなかったの!?
           |  \t。゚, ,    ,      , ,゚。ノイ /´|
          ♀   l`    rァ‐-― 、     l-‐ '  ♀             死ぬかもしれない重病なんだよ!!
            {フ   人    {/    }   /    {フ
                   \  ` ニニ ´  /-、                  いや、それ以前に何でやる夫さんは
                _/ >  _   イ:::   \_
            _/    :::::|      |:::l     \              総長職を引き受けたの!?
            \     lノl     ∨      /


106 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:26:30 ID:y9Qa97YM0


          /             \
         /          /       ヽ
        〃             /         ハ           私にも分からないわ、ラブ……
         /                    l
       ,            ,             |           やる夫は留任を決めた理由を
      ハ          /          |
      l          〃        |  ,           家族にも全く語っていないから……
      |          /l          |  /
      l           /::::l        l  ,            ただ、このように学内で圧倒的な支持を得ても、
       . l        /::::::::l          ,i  l
         Ⅵ      /::::::::::::l      / l  l           未だに彼を粛学の責任者として
        l:l    // ノ   l    / /  l  \
       .从   //     l |:  / /   l、 \ゝ        批判する人もいたの
       /ハ  l/}> ` ⌒ N: /レ'     l \ ヽ
         ヽ |/  / `T"j|/ |     l / \l_        だからやる夫はその責任を受け止め、
         /lヘ.|  l  /l]   l/ - l    |    \
          / /    l ハ[lゝ __ ノ  /  |   /⌒ \    負うつもりで大学に殉じようとしたのかもしれないわ
          |  | |   ト{ l]  ∠  イ  / ,'  /    |
          |  ゝ.    l\ [l   /7 ノ   /ノ /      |
          l   l\  \ l]  ゝ二  イ  /       |


107 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:27:30 ID:y9Qa97YM0


         /: : : : : : : : : : : :/l: : : : ハ
          /: : : : : : : : : : /   l: : : : : !        それより批難されるべきはやはり
        ,: : : : : : : : :/    l : : : : |
         | : : : : : xく_    __,ノ1: : : : |        病人に責任を丸投げしようとした大学当局ね
        |: : : : :/fィi|`   ´lfィi|l: : : :l:'
           !: l: :.:代ツ     弋ソ|: : :〃         もしもやる夫の病状が重いものであることを
         ヽ!: : l      '     l: : /
          l: : :!    ---   l: :/           知っていながら慰留したのだとすると、
         、_|: : |:.\     / |:/l
            /⌒l: :/:l>-<l: |: j': :し1         大学の自治が評議会の名で未必の殺人を
         /   |: l:/     トl: : : : く
        /|   ,ハ:l_ー 、  , -j: :ノ: : : }         犯したといってもいいのよ
     _,厂`/   イ: :トァー---‐´フ: : ノ:ノ`ヽ
   //   k  /!ー〒  ̄ ̄ 彡イ´ ヽ / l
    |  |  |ー  \ l        |   V  |
  〈 l  \ /´ ̄ ノ l      |  /l   |


108 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:28:30 ID:y9Qa97YM0


          レく _ノ }-‐ >―- ′\
          |// T" /    /   ̄`ヽ
 : : : :/ : : : : : ! /l  l /       /  /       |
: : :/l : :r ---‐く: : l , -l :/  ,イ  /| :    /        殺人……なんて言う気は私にはないけど、
: :/  l : :l: : :|: : : : : :!/ ヘ /   / | /、| :l   /
ヽ{  \{\:ト、: : : :d  「 |  /  _∨  Vl:  /          あまりにも無責任だったとは思うよ
         Vノ'/|ゝ.  ハ |   l jティ/l: /
         / {/  }  ヘ.!   ` / / ´            やる夫さんはいわば軍艦「東大」の艦長だけど、
       ,、/{                 〉
     / \\    、   -、_ /               艦長の振舞があまりにも毅然としすぎていたから
    /\  \\ / \_/´
   /    \  \ ス                      みんなが頼り切っちゃったのかなぁ……
  / , - 、  \  \}


109 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:29:30 ID:y9Qa97YM0


┌───────────────────┐
│ やる夫の病はよくなる兆しはなかった。    .│
│ 重孝は懸命に看病を続けた。          │
└───────────────────┘

            ∬∬
            ____
          /ノ:::::::ヽ_:\
        /( ー):::::(ー)\    ウーン
       /ヽ:( ((__人__))):/\    ウーン
       |:::::::|   ー-u'   |:::::::::|
       \              /
  / ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒/^)
. //##############/ /
//##############/ /


110 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:30:30 ID:y9Qa97YM0


                 ,ヘノゝー'へ、
                _.,/.:.:.:.".:.:.:.:.:.:.:ヽ、
             i'¨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヽ、.:.:.:.:ゝ           (……熱がどうしても下がる気配がない
           ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i  \:.:ゝ
             ∧:.:.:.:.:.:.:.:ヽlヽ/ _!_ ,!ヾ
          i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、〃 < ム \_           この1週間ずっと37度2、3分あるんだ
          'ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ         ,′
            ヾ.:.:.:.:.:.r‐、ゝ     , 、 l
            ヾ.:.:.人ヽ __       !           不治の病なのかもしれないけど、
              ヾ、ミi   丶  ,,-─ '
               /  !    |´
                  /   i    ,i               どうにかして直してやりたいよ……)
               ,-<,,        ,;;∧、
              /   "¨─ 、__ .,/   \
            /       \ ,/ !     ヽ
         /   _      ,_       i


111 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:31:30 ID:y9Qa97YM0


┌────────┐
│  12月21日   ...│
└────────┘


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´              ……重孝、今日から
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」               病院から看護婦が来て
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |               日中は父様の世話をして
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、             くれることになったのだわ
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、         だから父様の事は任せるといいわ
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j


112 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:32:30 ID:y9Qa97YM0


           ,. '":::::::::::::::::::::::::`ヽ.
     .    /::::::::く:::::::╋::::::::>:::::::::\
        〈:::::::::;:::--- 、─ァ -- 、:;:::::::::〉
         ,〉'"      `'´     `ヽ!
        /: : : : : : : : : : ,ィ: : : : : : : : ヽ          ……看護婦の松田です
        j: : : , i: //i/l: / \ : : : :、: : : `,
       ./ ノ丿 ijV ´ i/   ヽ、、 : ヾ、':リ
      丿イ: ,: l -‐‐   ー- i: : : :ヽゝ!         今日からやる夫さんのお世話をさせていただきます
       ´j: : : i l 、_,`   ´,_,,i: : : ヽ:i/
        !:、 : :.l.'´ ̄`    '´ ̄'l!: : l !}ィ'
        ヾ、.:.:i     、,     ソ,: / !ノ          よろしくお願いいたします
         ヽソヽ.   ー--‐   /:/i/`
           `' >、     ,.ィ'/、`
               〈 ゝ`ニニ´イ .j
      __,、-‐,イー、_:. :. :. :. :. :{-、_
     /:: :: :: :: :: ::li:. :. :. :. :. :. :. : `il:: :: `ー―、
    /:: :: :: :: :: :: ::li:. :. :. :. :. :. :. :. il:: :: :: :: :: :: ::ヽ、
  . /:: :: :: :: :: :: :: _li:: ,、-‐_つ.-、_il_:: :: :: :: :: :: :: }
  . ヽ:: :: :: :: :: :: (○/ r'´/// ○):: :: :: :: :: : /
    {:: :: :: :: :: :: :: ::/   ////:: :: :: :: :: :: :: :: i


113 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:33:30 ID:y9Qa97YM0


                  ______  }\
                  ..:‐ミメ、 :.:.:.:∨ .:. \ ,/
              _彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨{_             松田さんですか、
              _ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘.
             `7 :.:.:.:.:.:i{ | :. | :. ト、:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.\           よろしくお願いします
                  厶イ:ハ:.:.八{\{\{__\八:.:}:.:.:.:.:.:.ヽ
                 }八{: V‐    ´ ,ィ≠ミ、V :.:.:.:.: ト、}          ……正直に言うと俺、
               \,ィ'f㍉      ヒこリ 》 }/.:.:.:.:.;
                    /} ヒリ}    `¨¨´  }/⌒V            いま少し鼻風邪を引いていて
                ヽ.   ′        ノ 丿
                    、  ー─一    __/             父さんの看病するのがちょっとつらいんです
                   \          /Ⅳ
                   \    .    |               好子(妹)も流行性感冒で臥せってますし……
                    |`¨¨´      |
                    |           . __             本当に助かりました
                 _ . -‐ ' }   /       /ニニ==ー
                 -=ニ/               /ニニニニニニニニニニニ`ヽ   父さんの喉洗いの役目も今日で終わりですね
        /ニニニニニニニヽ        -=ニニニニニニニニニニニニニニニニi
          /ニニニニニニ/\ \   <ニ>'゙⌒\=ニニニニニニニニニニニニ|
.         /ニニニニニ/   .\ `´ニ> ´       \ニニニニニニニニ二二|
        /=ニニ二/        `ー             \ニニニニニニニニ二|
.       {ニ二二/                       ∨=ニニニニニニニ|


114 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:34:29 ID:y9Qa97YM0


┌────────┐
│  12月22日   ...│
└────────┘


             _ , --.ー.`γ^‐- 、
            ∠:::::: ゙;:;  丶 :::: `ヽ
            /:::/:::i:i ::; ::  ::: :: ゝ
            κ:::λ::i ::i :::! :::i :: ::..j                松田さんのおかげで休養が取れて、
            レ′:::::! ::! ミ;;、::i : ::: ノ
             ヘ::/レ仆 |/V レヘ j::z´     _,r‐√!-,       おかげで僕の鼻風邪も
             《-j ,==、:` .,==、i ソ   γ'   ..i {
              ヘ    ,    ,'     {    .丶}       すっかり良くなりましたよ
               \  r‐-,  ,イ      ゝ    /
                 ト - .イ !、     .r=‐-‐‐γ       好子の流感も快癒したし、
                ノ ;: .:;j  ≫j ‐- 、 >:::::::::: /
           _ , -‐ヘ 、__   /__, /:::::::::::: >|:::::::::::: |        後は父さんが良くなってくれれば……
         √::::::::::::;:/ゞ    , へ::::::::::::::,::::::::|::::::::::::: |
        ./::∧:::;/   ゙丶 ^    \::::/;;i::::::i:::::::::::::: |
        /::::;;;;;;{´  :::..     ...    y!;;;;i:::::|:::::::::::::: |
       ./::::::;;;;;;;)   ::...      ....  {i;l;;;i::::|::::::::::::::: |
      /:::::::::;;;;λ    ::..      .   ヾ.!;;i:::!::::::::::::::: !
     ./:::::::::::;;;;;{ :::...        ....:::  j l ;i:|::::::::::::::: }
     , i:::::::::::::;;;;;l :: :::.....  ......::::::::    /  |γ::::::::::::: /
    r ::::::::::::;;;;;/」 ::   .::"    .....:::::/   |レ:::::;;;::::::ソ
    κ´‐-::_;;;/ | :::::.......   ::..     /   `ー--‐´


115 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:35:29 ID:y9Qa97YM0


          ,, ー' " ̄``' ' 、
        , '"          丶、
       /     ,,..:,、.,...、、 、   '、
      '/ ,  .:: :リハヘヘヘ'ヽ、,,:: :   、          そうですか、それはよかったですね
      /    iリ`'´,   'ー--  `゙w:,  、
      l  ::、,' '",,     ´,ィ,‐t、 |リ :l
     ´i  .:'、 ,,ィt'_';、   '`‐`'` l::,:.:,'           ……やる夫さんなんですが、
      ヽ, : ::、ヽ `' ´       ,/:::::/
       'ヘ:::::::iヘ    、,    'ハ/            今、熱が高くてなかなか下がらないんです
         ヽ;'´ ヽ、   -_‐' ∠ ̄,フ
               ,> 、‐_´__,-‐´ ノヾ'、         ずっと38度のままなんです
             ゝ ̄ ̄  /´゙,`ヽ、
             .《ゞ>  / , '´   `丶、       午前中に大学に出かけられたみたいですが、
         ,-‐‐"´|,-‐‐‐‐-、r´      , 'へ,
          i::::/○´-‐‐‐‐--◯      r´:::::::::|     それが良くなかったようで……
         .レ' /     、◎ユミ`'、 /´:::::::::::::i
        /. /     // 、巛フ, ' ./:::::::::....:::/
        丶::::|,:::::::::::::::::|i|:::::::::`´:::::::|ー-- _/_>
         ゝ:::i:::::::::::::::::|il::::::::::::::::::イ|三`'‐‐-/
        /::: ノ  ........《i:::::::::::::::::::::|\ u匚/


116 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:36:29 ID:y9Qa97YM0


                /                         \
             / 7           、\  、 }、    、
            /イ      ィ   イ 人 ト、}、( \∧ } i_ \
              / { / /}人ト{ハヘ / )/  Y  / ̄  }ハ 〃 ハ      な、なんですって!!
             レハ∧'`丶、   ( / .; u;/x===ァ  レ'(   } l
             /   ハ {{下㍉      ィチ万}} }}      // j     畜生、何てことに……
                 '. 弋tリ       弋:少       ノ /
                 ', ` ̄;,       ̄ ̄   u  r‐ヘ  {      無理をおして外出なんかするから!!
                  、;;.   /::::.             l  ハ从_
                    _,. \  `' __, --、     . '          大学なんて放っておけばいいんだ!!
              ,.....::::´::::::::::\   ヾ__二}   /  |
          ,....::´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、         /    j
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ /    /
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   `ヽ、    /


117 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:37:29 ID:y9Qa97YM0


               _ __
           ,  ' ´   ``゙ー‐、、
         , '"           `丶
        丿   ,    、      , :::\          ……なんでも奥様が
        '/  , リハヘヘへヘ 、、  `ヽ:::::ヽ
        |:::tw'     ーー `ヽ、::::: ..::i::::`、        漢方医を手配したそうですよ
        i ::| '"´_    r,ィt‐.、゙リ,::.::::|l:::::ヘi
        丶ヾrt=,、   ' ゝ'ソ リ: :::i wノ`         これからその人に診てもらって、
         リ、、.ゞ‐´       'レiノ`
          丶ヽ  、,     /ソ             漢方薬を服用するんだとか
           `゙`丶、 -‐'   .∠´ |Γ,フ
                ,>‐、'´ __,-‐´ ノヾ'、         解熱に効果があるそうですよ
               ゝ ̄ ̄  /´゙,`ヽ、
               .《ゞ>  / , '´   `丶、
           ,-‐‐"´|,-‐‐‐‐-、r´      , 'へ,
            i::::/○´-‐‐‐‐--◯      r´:::::::::|
           .レ' /     、◎ユミ`'、 /´:::::::::::::i


118 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:38:29 ID:y9Qa97YM0


              ___ _ゝ==ヘ、  ___
              >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´.:.:<.
            < ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
           / ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ       そうですか……
          /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ
           ̄/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|′      うまくそれが効いてくれると
            !/!:.:!:.:/ハ:.|:.ト、:.ト、:.|ヾ|ヘ!ヽ!:.:.:.:ヾ!
            ∨レヘL_」ヘ!ヾ}、,りrt≦二リr‐:.!        いいんですが……
               rラ __     r==、 レゝ }
               !ヘ'" ̄`          ソノ
              ヾヘ  ′___  u /リ
                  \ ` ー ´  /  |
                  \__ / /  |
                「::::||::|  「| ̄ ̄ ̄ ̄|


119 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:39:29 ID:y9Qa97YM0


┌────────┐
│  12月26日   ...│
└────────┘


            ∬∬
            ____
          /ノ:::::::ヽ_:\
        /( ー):::::(ー)\    ウーン
       /ヽ:( ((__人__))):/\    ウーン
       |:::::::|   ー-u'   |:::::::::|
       \              /
  / ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒/^)
. //##############/ /
//##############/ /


120 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:40:29 ID:y9Qa97YM0


                 ,ヘノゝー'へ、
                _.,/.:.:.:.".:.:.:.:.:.:.:ヽ、
             i'¨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヽ、.:.:.:.:ゝ           (もう年の瀬だけど、父さんの看護のせいで
           ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i  \:.:ゝ
             ∧:.:.:.:.:.:.:.:ヽlヽ/ _!_ ,!ヾ            一向にそんな気がしないな……
          i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、〃 < ム \_
          'ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ         ,           最近の父さんは水を飲んでも喉が痛むそうだ
            ヾ.:.:.:.:.:.r‐、ゝ     , 、 l
            ヾ.:.:.人ヽ __       !           12月初旬のまだ元気だと言い張っていたころに
              ヾ、ミi   丶  ,,-─ '
               /  !    |´              戻って欲しいよ
                  /   i    ,i
               ,-<,,        ,;;∧、             あの総長職を押し付けられて悩んだ1週間ほどで
              /   "¨─ 、__ .,/   \
            /       \ ,/ !     ヽ          一気に悪くなってしまったものな……)
         /   _      ,_       i


121 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:41:29 ID:y9Qa97YM0


     _,--'、,_
    r´::::::::从ミ
    {::::::::ィ孑ホ',                          (……来年になればきっと病は良くなるよ
    '、:::(`' `¨_7
    _,r辷 , -'                          早く来年になってくれればいい
  /`、ゝ__|/l、__
 /   .|  ヘ-| ,∧                         僕は神仏にご加護を願い、
.∧   i   ∨;;,} ,'
/   /  ,.,.ヽ;l/         , -、              そしてなぜかご加護を信じている
   /   ' ,{ ,i        イ   \
   ハ    ;',ヾ,`!     /       \            きっと、父さんはよくなる
  / ∨     }<    /    __     \
  /  t,     /`> 、´    / ` 、    \        昭和17年よ、早く去ってしまえ!!)
. /   <   /      `</     \    ゝ-,
/    |l /          ` 、__   \    `、_
- ___/ } イ      へ、       `l---- 、`、   /、___

┌───────────────────────────────────┐
│ だが、やる夫の症状は悪くなる一方であった。                          │
│ にわかに激しく咳き込み、痰が切れずに苦悶する場面が多くなってきたのだ。   .│
└───────────────────────────────────┘


122 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:42:29 ID:y9Qa97YM0


┌──────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫が病に苦しむこの頃、ガダルカナルの日本軍は戦うどころか、飢餓・悪疫の極限状態にあった。     .│
│ 最早補給もままならず、12月中旬には潜水艦による隠密輸送も中止されていた。                ....│
│ このためようやく撤退の論議がされ始めたが陸海軍の面子の張り合いから決定は遅れた。          ....│
│ しかしついに、12月31日の御前会議においてガダルカナルからの撤退が天皇に裁可された。          │
└──────────────────────────────────────────────┘

          /.:::::::::::::::,:≦三≧ミ、ix≦三≧、::::::::::::::::::l:::|
            h:::::::::::::/´              ',::::::::::::::::l:::|
            l::::::::::::::{====○(_)○====}:::::::::::::::l:::|
            |::::::::::::::|           ____|:::::::::::::::l:::|
            |::::::::::::::|‐==≧ミ、 ヽ,√,x云ミj::::::::::::::::!::|       今はガダルカナルにこだわるよりも
            |::::::::::::::l xイ⌒ト      小廴ハ:::::::::::::::l:::|
            |::::::::::::::{ {{ 比刋      込少 ノ.::::::::::::::l:::|       全局を見て、どう敵を屈服させるかを
            |::::::::::::::ト、 `竺゙        ̄´ ,'::|::::::::::::!:::|
             i{::::::::|::::|::ヘ      {     /.:::}::::::::::::}:::|       考えるべきでしょう
       , ァ=ミ、::::!:::|::::::ヽ、   r= ,   く.::::/.::::::::::ハ:}
        //    \ト、|::::::::::::>  `こ´ /|rァ::/.::::::::::,'.::::::'.       この撤退の方針に最善を尽くすように
      { {       |::::::::::|::::::{_く_}   ー ´f⌒/{/.::::::::::/.::::::::::'.
      | |      _|::::::::::l ̄ | }   ,rf// }/.::::::/.:::::::::::::::'.
      | {    / |::::::::::l   | f⌒//´  /.::::::/`ヽ、:::::::::::'.
      ト、ヘ.   /  |::::::::::l   | |//    /.::::::/     \::::::::::. -‐─ ァ‐
      | Vハ./    |::::::::/   jレ'´     /.::::::/      Y´     //
      |  Vハ    |:::::∧ /      /:::::::/       }  -‐ ´ イ
      |  Vハ    |:::/ ∨        /}::::::/      /  -‐ ´ .ノ


123 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:44:00 ID:y9Qa97YM0


        _,,. -‐ァ ''"´        -‐ ´      l: : : : : : :     ……日本軍を敗北に追い込んだのは
_ ,,. -‐= ニ ´: : : : : /  ̄ ̄`          -―――-∧: : : : : :
  |: : : : : : : : : : : : / -――- \         ´ ̄行f 于テ1: : : : : :    結局「補給戦」というものに対する
  l: : : : : : : : : : : :/≧行f 于ミ           rヒ 辷ソリ |: : : : : :
  l : : : : : : : : : : /  ヒ 辷ン′        `ァァー―¬1: : : : : :    認識と能力の差ね
 !: : : : : : : : : ; `フブ¨´                       l: : : : : :
  v: : : : : : : : :l         l                |: : : : : :    日本の補給路は延びきっていたし、
   V : : : : : : : !i         /                   |: : : : :
   v: : : : : : : |:l                           |: : : : :     輸送に必要な船腹量も確保できなかったわ
    V: : : : : : |ハ                        |: : : : :
    ',: : l: : : :l: ハ        , ―― 、            |: : : : :     そして海軍は艦隊決戦にこだわるあまり、
     ',: :|ヽ: : l: : :ゝ.        __            |: : : : :
     ', |  ',: !: : : : \                    |: : : : :    充分な船団護衛ができなかったの
      ',|  ',: : : : : : ! \                /:|: : : : :
      l    ,: : : : :|   \             /   |: : : : :    だから輸送船が次々沈められ、そして陸軍は飢えたの
      i   l: : : : : |    l:\             /    j: : : :/:


124 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:45:00 ID:y9Qa97YM0


    //l/   |              \ :| l |
    ///     ∧       |             V:| l |        そもそもすぐ近くの中国でだって
   //,′   | ∧ l   l\ \         V' l |
  ○ | :!   :l |_人ヽ.   l、__\ \  l     | |  ○        戦争に苦労していた日本軍が、
  / }ハ |   lハ| __ \、 l   _\l\トl   :|/  / }
  {/  `!  l| 彡≡ミ \|  ィ≡≡ミy1: : /l  }ノ         遠く南の島で戦えるはずなんてないんだよね……
        、  |ハ u            l: : /.ノ
       \lゝl      l        ハ:/〈_           日本はきっと敗れるべくして敗れたんだろうね
      /  | ::\          /j/ l .:.:/`ヘ、
     /   | : ::| >、 (二ニつ .  ´   / .:/     \
   /   |  \::|   >-‐<       / .:/      ヽ


125 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:46:00 ID:y9Qa97YM0


            , -―‐- .
             /        丶
            .              \
         /             /}
        ,                 /l |
        |            ム リ        そう、まさに日本は敗れるべくして敗れたの
        l        |     /lj} {
        .        l     / `゙ 〉        これ以降日本軍は広げすぎた前線を次々
         Ⅵ    | !   /   _/
           }:|  : :l lハ   |  ´/          米軍に食い破られ、兵たちはあるいは圧倒的な戦力の前に
       _ ノ/   : /  |∧ 厂lフ
        / : : :/  ゝ {V:ヽ            玉砕し、あるいは補給を絶たれて空しく餓死していくの
       /  : :∠..| :  l ニハ: |
       l : : :/  ゝ {:_: . `フレ | ̄l_         そして失われた兵を補充するために学生を
       ゝ{: :l    \ ̄ー8/}/ /!
          ヽ|     V    |   /        学業半ばで徴兵して、最前線に送り込んでいくのよ
         ト、   ∧ーrr:〈/^V
          l V ,  ∧ l | 〈,   〉
           l ∨   ∧ /   /
            l  V    V、  /


126 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:47:07 ID:y9Qa97YM0


             , -―- 、_
            / . : : : : : : :i:`ヽ.
            /. : : : : : : : : : :}: : : ヘ
         /. : : : : : : : : : : :.人: : : :ハ
         /-‐: :i : : : : :_:./  Vー-:|       東大でも昭和19年8月までに3千人以上が兵役についたの
           l: : : : |: : : :.∠_`  ーl: : : :|
           |: : : : |: : ィ代゚jl`  fハjY: : :|       彼らの多くが速成の士官として教育され、
          |: : : : !: : |`宀′ { ゚‐'l|: : :,
         、_ノ: : : :人: :|       /!:.:./        最前線で磨り潰されてゆくのよ
       /: : :l::{: : v:|\  ´`/ j: /
       /: : : :.:l:: : : ::ヾト、>イ   /'         海軍では海軍予備学生、陸軍では甲種幹部候補生などが
        {/: : : : ゝ、: : : >-\
       V: : /-‐'  ̄ /´ ̄`\          大学生を採用した士官養成制度よ
         |V/、___,/ ̄ ァ ̄`l
        | l'        l  /     |
       | |       ヽ |     |
       /、|        |   \.〉


127 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:48:00 ID:y9Qa97YM0


: : : ノ /l/     l    l      \/ ハ ゝ : : :
 ̄  / /     |  |     |\     V !   ̄
    l l   ∧  |\   |  \    | l        いわゆる「学徒出陣」だね
    | |   |ー\.l―\ l ー―\l  | |
    ♀ ゝ.  l/ハ心ト  ヽ{ イ心ハy|  / ♀        病に倒れたやる夫さんが学徒出陣を
   り  l\ {℃ぅソ     ヒt℃。}/l り
       \l ゚     l       ゚l/           見なくてすんだのはある意味では
        ゝ          イ
       / \  ⌒ ⌒  / \            幸運だったのかな……
       /     l>   <l    \


128 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:50:00 ID:y9Qa97YM0


          /: : : :       : :_:}: : ヽ
         /      . . . . . :ァ'´  {:   ヘ        そうよ、きっとそれは天がやる夫に与えた
          / . . . : : : : : : : /    v: : . l
       /: : : : : : : : : : /- 、_,     v: : :l        「慈悲」だったのよ
         ,: : : : : : : : : :/テ示ミ    /ー-l : : l
         l: : : : : : : : : ハ {:り     示ミy: : :|       ……さて、次回の本作はいよいよ
         l: : : : : : : : ;' `     { {:り 小: :!
        、: :l: : : : :l           ; : /       最終回となります
        ',: :|: : : : l     -‐ 、    /: /
         l :|: :l: : |      ´    イ: /.        いまや燃え尽きようとしているやる夫の
     、_ ノ: :l:从 : | 丶、    /レj:/
       ` ーァ: /!: : :トj    >rイ: :{  |'          命の炎の最後の輝きをどうかみなさん
         /:::/: : : : : {       l: :}: : :`ヽ.
      _」::/: : : : :l: :ゝ._    V: :j: : : :ハ         見届けてください
    /  {: :{: : : : ト- ' __,./`ヘj: : : :}: }
   /    ``ヒ:_: : :` ー// -  ト.: : ノノ `ヽ       本日はどうもありがとうございました
   |         ̄ /      |イ    |


129 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:50:30 ID:y9Qa97YM0


  レァナ'   r冖勹」. -‐ァ'´ ̄`丶
    {⌒ヽ  \/丶 /      \     /⌒\- 、
      丶-〃  、/-‐      \」-―-イ        \__,
          // /⌒ヽ     ――{{ー  ー}}       /
       // |     ̄`丶  /ヘr-- イ           \     ……やる夫さんの最後に
        /{   |          \  /∧  \_      、   |
       |   l:| |  卜、     レv′l      ̄`ヽ八 }ノ     どうか幸せが訪れますように
        t{  Nゝt  |ー \、|   |.ノ_  |         }ノ
       | \|\ ,\|ゞ≡=l|  / / \
       l   fニニ、ヽ _ / /, /    }
       /  /ニニ._Y }ー/イー//   /                みんな、幸せゲットだよ……
        | -‐イ`ニ⊃ / /  l/    .'
        |   ゝT二.ノヽ/\_,/   /
        八_/八    \//   /
      / ゝニニス\    \  /



第23話  死生、命あり  終わり

最終回  「終章」へ続きます


131 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:51:13 ID:y9Qa97YM0


◎第23話「死生、命あり」


平賀やる夫                東京帝国大学総長:やる夫(AA)


平賀カズ                やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)


平賀重孝              やる夫の次男:衛宮士郎(Fate/stay night)


東條英機              総理大臣:東條英機(実在人物)

寺沢寛一              東京帝大理学部長:樹 慶蔵(もやしもん)
今井登志喜             東京帝大文学部長:伊武雅刀(実在人物)
橋田邦彦              文部大臣:坂崎孝太郎(賭博黙示録カイジ)
矢内原忠雄             元東京帝大経済学部教授:安西光義(SLAM DUNK)

石井勗                東京帝国大学庶務課長:里見脩二(白い巨塔)
松田看護師             平賀家通いの看護師:山岸風花(ペルソナ3)

海軍高級参謀           もにゅ(「アッツ島の戦いにできる夫達とやる夫達は参加するようです」)
東大卒業生             野比のび太/ドラえもん(ドラえもん)


平賀謙一              やる夫の長男:やらないのか夫(AA)
平賀輝子              謙一の嫁:やんねえ香(AA)


山本五十六             連合艦隊司令長官:上条当麻(とある魔術の禁書目録)


昭和天皇              皇神楽耶(コードギアス)


132 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/12/27(木) 22:51:45 ID:y9Qa97YM0


本日の投下は以上となります。読んでくださった方、お疲れ様でした。


今回描写した平賀総長による卒業生への告辞ですが、原作の著者である内藤初穂氏は
工学部船舶工学科の卒業生としてこの場に立ち会われ、その全文を記録しておられたそうです。
また、『軍艦長門の生涯』『山本五十六』などの戦記作品を多数発表された
作家の阿川弘之氏は文学部の卒業生として同じくこの場に立ち会われたのですが、
面白いことに東條の祝辞の一部を憶えられているのに、平賀の祝辞は
冒頭の挨拶の「諸君、おめでとう」の一語以外は全く憶えておらず、
後年に『軍艦長門の生涯』を発表されたときに内藤氏に平賀告辞の引用をお願いして
引き受けていただいたとか。
ちなみに卒業後に内藤氏は技術科士官、阿川氏は兵科予備士官に進まれています。


次回、第24話はいよいよ最終回となります。
投下は新年、1月3日(木)PM9:00を予定しております。
変更があるようでしたらまた告知します。よろしくお願いします。


133 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/27(木) 22:55:53 ID:5Ak6jPZU0

乙ー
日本の問題は補給といわれるが、これは能力を考慮せずに進みまくった前線の問題だよなあ


134 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/27(木) 23:08:30 ID:h4exwLb60

乙でしたー
国家も個人も悲壮感漂ってるなあ

まあ、総長職を丸投げされたやる夫は可哀想だけど、
そのやる夫が設計した脆弱な艦に乗せられた方はもっと可哀想


135 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/27(木) 23:11:54 ID:9xGDxq9g0

上から要求されたスペックを満たさないといけないから何とも言えんわ
だから、確立された技術でしか建造を許さなかったんだろう


136 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/29(土) 13:09:31 ID:aegdHOH20

やる夫の設計において、ダメージコントロールに問題はあったのだろうけど、
内線電話を嫌い、未だ伝声管を用いていて、この伝声管が区画の密閉性を
損ねたなんて話もある。
また各国によって用兵思想も違うだろうしねぇ…


137 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/12/30(日) 19:16:57 ID:FcbOwAks0

おつ、ついに最終回か
あの体で総長を引き受けるのも、時代や考え方なのかなぁ



スポンサーサイト


 

NEXT    PREV
««     »»


2013/01/06 20:58 | やる夫が軍艦総長になるようです。COMMENT(0)PageTopカテゴリ&記事一覧

コメント

コメントの投稿

・ ネタバレ。

・ 内容に関する異論・反論ではなく、作者への個人攻撃。(罵倒、誹謗、中傷等)

・ 内容の伴わない作品批判。(例:「つまらん」等の一言コメント)

・ その他、荒らし、度が過ぎる煽り等。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。